2007年版 外国為替証拠金取引の動向と展望

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

店頭金融先物取引(外国為替証拠金・保証金取引)市場の参入企業の経営実態を通じ、市場動向と展望を明らかにする。

発刊日
2007/06/28
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 194頁
資料コード
C49104700
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
264,000
240,000
24,000
396,000
360,000
36,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

調査概要
Close

1.調査目的
 

店頭金融先物取引(外国為替証拠金・保証金取引)市場の参入企業の経営実態を通じ、市場動向と展望を明らかにすることを目的とした。


2.調査内容

目次参照。尚、個別取材企業の収録内容は以下の通り。
 

●企業概要:企業名、金先登録番号、住所、代表電話、設立年月、資本金、代表者、従業員数、主な株主と構成、店舗数(全社、外為取扱店)、取引チャネル、サービス名、取引開始年月、契約形態、カウンターパーティ、資金管理先と方法、事業内容、企業経歴(参入の経緯)
●経営戦略・事業戦略(現状、今後)
●システム戦略
●会社組織図
●業績推移、見通し
●取引実績、取引通貨の特徴(2005年~2008年見込み):外為預り残高、外為口座数、外為実働口座数、1口座当たり平均預り残高、年間取引額、月間平均取引額、年間取引額別客数・件数、1人当たり平均取引回数、通貨別売買額、売買比率、証拠金額帯別顧客数
●商品概要(取引チャネル別):新商品の開発状況、既存商品の変更点、商品名、取り扱い通貨、取引単位、証拠金、売買手数料、レバレッジ、受注時間、取引可能時間、追証の有無と基準、ロスカットの有無と基準、両建ての有無、スプレッド、決済前でのスワップの引出の可否、他
●顧客特性、動向:ターゲット層と獲得顧客層、取引振り、法人取引の需要・実績、年代別顧客数、男女別顧客数、年間の新規顧客数
●営業実態:広告、宣伝、販促策、セミナーの実施状況、参加者の変化、既存顧客の囲い込みの施策
●金融商品取引法の施行対応:内部管理体制、その他の取組み、注力点
●収益性:収益増強、収入源の多様化、手数料の引下げについて
●資本政策と自己資本規制比率
●財務諸表等


3.調査対象先
 

外国為替証拠金(保証金)取引市場において、金融先物取引業者として実績がある企業、新規参入企業等を任意抽出。


4.調査期間
 

2007年4月~2007年6月。


5.調査方法
 

当社専門社員による個別面接取材及びアンケート調査。

リサーチ内容

第Ⅰ章 総論編

1.業界動向
2.市場規模
 

(1)預り証拠金残高(市場規模)推移
(2)預り残高シェア
(3)口座数
(4)口座数シェア
(5)取引高

3.顧客開拓の2層化進む
 

(1)ドルから他の通貨へ、買いから売りへ
(2)顧客の2層化模索

4.金融商品取引法への対応
5.経営戦略と事業戦略
 

(1)経営戦略
(2)事業戦略

6.システム戦略
7.将来展望


第Ⅱ章 各論編

1.業界構造
2.企業間の収益性格差が顕著に
3.取引実績
 

(1)実働口座
(2)預り証拠金額帯別の構成
(3)1口座当たりの平均預り残高
(4)通貨別取引額
(5)取引額別の取引件数、顧客数

4.顧客属性
 

(1)ターゲット層とその相違
(2)取引振り
(3)年代別口座数構成
(4)男女別口座数構成

5.営業実態
 

(1)新商品の開発
(2)既存商品の変更点
(3)広告、宣伝、提携、販促、セミナーの実施状況
(4)既存顧客の囲い込みの施策
(5)年間新規顧客獲得数
(6)法人需要の取り込み


第Ⅲ章 個別企業編

1.(株)外為どっとコム
2.セントラル短資オンライントレード(株)
3.第一商品(株)
4.(株)FXCMジャパン
5.(株)マネーパートナーズ
6.トレイダーズ証券(株)
7.オリックス証券(株)
8.松井証券(株)
9.エース交易(株)
10.日本ユニコム(株)
11.三菱商事フューチャーズ証券(株)
12.FXプライム(株)
13.(株)ジェイ・エヌ・エス
14.(株)サイバーエージェントFX
15.カネツGKGoh(株)
16.エイチ・エス証券(株)
17.ai明治FX(株)
18.NTTスマートトレード(株)
19.日興コーディアル証券(株)
20.(株)ジャパンネット銀行

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
264,000
240,000
24,000
396,000
360,000
36,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています