2008年版 放射線治療市場の将来展望

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2007/12/26
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 665頁
資料コード
C49114330
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

440,000
400,000
40,000
880,000
800,000
80,000
1,320,000
1,200,000
120,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

こちらのマーケットレポートは、会員制ライブラリー(YDB/ヤノ・データ・バンク)でご覧いただくことはできません。

第1章 放射線治療市場の実態

1. 放射線治療の概略
  (1)放射線治療とは
  (2)放射線治療の歴史
  (3)放射線の種類
  (4)放射線治療機器の歴史
  (5)放射線治療の概要
    ①放射線治療の分類
    ②放射線治療の詳細
      a.一般的な放射線治療
      b.定位放射線治療
      c.強度変調放射線治療(IMRT)
      d.イメージガイド放射線治療(IGRT)
      e.小線源治療
      f.ガンマナイフ
      g.サイバーナイフ
      h.陽子・重粒子線治療
2. 放射線治療機器の市場動向
  (1)市場概要
  (2)高精度放射線治療機器の上市
    ①Tomotherapy(トモセラピー)
    ②TRILOGY(トリロジー)
    ③Novalis(ノバリス)
    ④Synergy(シナジー)
3. 放射線治療市場の実態
  (1)放射線治療市場への参入企業
    ①放射線治療機器
    ②放射線治療システム
  (2)放射線治療機器の実態
    ①稼動実態(シェア)
      【直接加速器(リニアック・IMRTなども含む)】
      【定位脳放射線治療システム】
      【小線源治療装置】
    ②納入実態(シェア)
      【直接加速器(リニアック・IMRTなども含む)】
      【定位脳放射線治療システム】
      【小線源治療装置】
  (3)放射線治療計画システムの実態
    ①稼動実態(シェア)
    ②納入実態(シェア)
  (4)参入企業の実態
    Hi-Art株式会社
    ブレインラボ株式会社
    株式会社バリアンメディカルシステムズ
    シーメンス旭メディテック株式会社
    エレクタ株式会社
    三菱電機株式会社
    株式会社東洋メディック
    シー・エム・エスジャパン株式会社
  (5)放射線治療支援サービス会社の登場
    ①株式会社アキュセラ
    ②株式会社アムテックス
  (6)放射線治療者数の実態


第2章 放射線治療市場の展望

1. 放射線治療市場における問題
  (1)スタッフ不足の問題
  (2)職制の認知
2. 広がる粒子線治療
  (1)民間主体による粒子線治療施設
    ①財団法人脳神経疾患研究所 附属 総合南東北病院
    ②財団法人メディポリス医学研究財団『メディポリス指宿・粒子線治療研究センター』
    ③株式会社東京ベイ・メディカルフロンティアセンター
    ④株式会社名古屋先進粒子医療研究所(INAQ)
  (2)公的施設
    ①名古屋市
    ②佐賀県
    ③山形大学
    ④群馬大学
3. がん診療連携拠点病院と放射線治療施設
4. 放射線治療の最新動向
  (1)新しい治療方法
    ①炭素イオン治療
    ②マイクロビーム細胞照射
    ③ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)
    ④マンモサイト放射線療法(乳腺部分照射)
  (2)新しい治療機
    ①ルネッサンスシステム1000
    ②MHI
    ③ガンマナイフ Perfexion
    ④体幹部サイバーナイフ
  (3)新しい技術
    ①超小型X線源
    ②小型加速器
    ③4D治療計画装置
    ④小型重粒子治療装置
5. 放射線治療市場の展望
  (1)放射線治療者数推移の予測
  (2)放射線治療市場規模推移の予測
  (3)患者数からみた放射線治療機器の台数
  (4)放射線治療市場の方向性


第3章 放射線治療に関するアンケート調査

1.調査要綱
2.調査趣旨
3.アンケート回収先属性
4.アンケート結果
  問1 放射線治療における人員は満足されていますか、不足されていますか。
  問2 放射線治療のスタッフ構成(医師と診療放射線技師と医学物理士の総数(兼務含む))と
  平均的な1日当たり人数と総適正人員(お考えの範疇)をお聞かせ下さい。
  問3 貴院のがん疾患における年間の新患者数はどのくらいですか。
  問4 がん疾患の新患者数の内、放射線治療を行うのはおおよそ何%くらいですか。
  問5 その放射線治療の内、他病院から放射線治療を行うための
  紹介患者はおおよそ何%くらいですか。
  問6 放射線治療の推奨(決定)はどのようになされていますか。
  問7 放射線治療の有用性などの説明会を行ったことがありますか。
  問8 所有する放射線治療機の導入に際して、治療方法選定(治療機種選定)と
  メーカー決定要因、予算捻出(申請)科をお答え下さい。
    【治療方法選定】 多数存在する放射線治療機(方法)から、
    所有する放射線治療機(方法)を選択した理由
    【メーカー決定要因】 同一治療方法で複数存在するメーカーから、
    所有するメーカーを選択した理由
    【予算捻出(申請)】 購入の際、予算を捻出(申請)した科の状況と
    実際に行った科を選択して下さい。
  問9 放射線治療計画システムのメーカー/機種決定要因をお聞かせ下さい。
  問10 放射線治療部門情報システム(治療RIS)についてお答え下さい。
    ①導入有無、導入検討についてお答え下さい。
    ②導入済、納入中、発注済の方、そのメーカー名をお答え下さい。
    ③導入済、納入中、発注済の方、そのメーカーの決定要因をお聞かせ下さい。
  問11 位置決めで用いる検査機器は何ですか。
  機器(CT、MRIの場合性能まで)、メーカー名、機種名をお答え下さい。
  問12 位置決め精度を向上させるために行っていることはありますか。
  問13 IGRTにおいて、重要と考えられる機能、性能、項目は何ですか。
  問14 高精度放射線治療を行う上で重要と思われる機能、性能、項目は何ですか。
  問15 小線源治療を行っているところのみ、お答え下さい。
  使用している線源とその購入先をお答え下さい。
  問16 小線源治療の前立腺癌に対する永久挿入療法を行っている施設のみお答え下さい。
  挿入する線源の本数は、どのようになっていますか。
  状況と平均的挿入本数をお答え下さい。
  問17 日本放射線腫瘍学会における認定放射線治療施設について、
  該当する認定施設の内容とその状況をお答え下さい。
  問18 次に導入する/したい(発注しているものは含めず)放射線治療機は何ですか。
  また、それを阻害する原因と思われるものは何ですか。
  問19 年間における放射線治療件数(実照射人数(新患+再患))を
  それぞれの内容に沿ってお答え下さい。
    ①全体の放射線治療件数(実照射人数)をお書き下さい。
    ②診療報酬区分による治療件数(実照射人数)と治療目的別による内訳をお答え下さい。
    ③使用機器と対象疾患別で、それぞれの治療件数(実照射人数)をお答え下さい。
  問20 小細胞肺癌の治療に対して予防的全脳照射(PCI)は、どの程度行っていますか。
  それぞれお答え下さい。
  問21 最も注目している放射線治療に関する技術/治療機などありましたら、お答え下さい。
  問22 現況を100とした場合、3年後の放射線治療件数はどのくらいになりますか。
  貴院で行っている治療に限らずお考えの範疇でお答え下さい。
  問23 放射線治療に関する医師、医学物理士、技師などの
  スタッフ全般に関してのご意見などをご自由にお書き下さい。
  問24 放射線治療全般に関してのご意見をご自由にお書き下さい。
【クロス分析】
1.スタッフの充足度
  (1)医師
  (2)診療放射線技師
  (3)医学物理士
2.年間治療件数とスタッフ数
  (1)年間治療件数と医師総数のクロス集計
  (2)年間治療件数と診療放射線技師総数のクロス集計
3.次期希望設備別の阻害要因


第4章 放射線治療施設個票

放射線治療施設個票の見方
北海道
医療法人函館市立函館病院
医療法人社団 カレスアライアンス日鋼記念病院
医療法人彰和会北海道消化器科病院
総合病院北見赤十字病院
青森県
八戸日赤病院
岩手県
岩手医科大学附属病院
岩手県立中央病院
宮城県
宮城県立がんセンター
秋田県
医療法人明和会中通総合病院
JA平鹿総合病院
山形県
山形大学医学部附属病院
茨城県
JA取手協同病院
友愛記念病院
総合病院水戸赤十字病院
水府病院
勝田病院
聖麗メモリアル病院付属 脳神経外科
 聖麗ひたち 日立サイバーナイフセンター
栃木県
独立行政法人国立病院機構 栃木病院
国際医療福祉大学病院
群馬県
独立行政法人国立病院機構 高崎病院
脳血管研究所美原記念病院
独立行政法人国立病院機構 西群馬病院
埼玉県
さいたまガンマナイフセンター
独立行政法人国立病院機構 埼玉病院
防衛医科大学病院
千葉県
船橋市立医療センター
国立がんセンター東病院
順天堂大学浦安病院
千葉労災病院
帝京大学ちば総合医療センター
東京都
三井記念病院
財団法人自警会 東京警察病院
国際医療福祉大学三田病院
東京医科歯科大学医学部附属病院
日本医科大学付属病院
東京都立駒込病院
博慈会病院
東京都立墨東病院
牧田総合病院
日本赤十字社医療センター
都立大久保病院
慶應義塾大学病院
立正佼成会付属 佼成病院
武蔵野赤十字病院
杏林大学医学部付属病院
都立府中病院
公立昭和病院
立川病院
医療法人社団 三翔会
おか脳神経外科東京サイバーナイフセンター
医療法人徳洲会東京西徳洲会病院
独立行政法人国立病院機構 東京病院
神奈川県
横浜市立みなと赤十字病院
横浜南共済病院
横浜市立市民病院
大船中央病院
茅ヶ崎市立病院
平塚共済病院
新潟県
新潟県立中央病院
石川県
金沢赤十字病院
福井県
若狭湾エネルギー研究センター
長野県
相澤病院
信州大学医学部附属病院
飯田市立病院
国立中信松本病院
長野県立阿南病院
岐阜県
岐阜県総合医療センター
国立病院機構 長良医療センター
大垣市民病院
静岡県
静岡県立がんセンター
静岡県立こども病院
聖隷浜松病院
愛知県
西尾市民病院
JA安城更生病院
刈谷豊田総合病院
名古屋第一赤十字病院
名古屋共立病院
藤田保健衛生大学病院
トヨタ記念病院
医療法人大雄会総合大雄会病院
津島市民病院
三重県
鈴鹿回生病院
済生会松阪総合病院
京都府
京都第二赤十字病院
洛西シミズ病院
医療法人 徳洲会 宇治徳洲会病院
市立福知山市民病院
独立行政法人国立病院機構 舞鶴医療センター
大阪府
財団法人住友病院
都島放射線科クリニック
大阪市立総合医療センター
大阪警察病院
関西電力病院
国立循環器病センター
特定医療法人社団愛仁会高槻病院
独立行政法人国立病院機構
大阪南医療センター
近畿大学医学部附属病院
市立貝塚病院
兵庫県
神戸大学医学部附属病院
先端医療センター
新須磨病院
兵庫県立こども病院
西宮市立中央病院
姫路中央病院
明石市立市民病院
兵庫県立粒子線医療センター
奈良県
近畿大学医学部奈良病院
和歌山県
向陽病院
鳥取県
島根県立中央病院
島根大学医学部附属病院
岡山県
岡山済生会総合病院
岡山大学病院
岡山赤十字病院
独立行政法人国立病院機構
南岡山医療センター
独立行政法人労働者健康福祉機構
岡山労災病院
広島県
たかの橋中央病院
広島市立安佐市民病院
広島大学病院
山口県
山口県立総合医療センター
独立行政法人国立病院機構 山陽病院
山口大学医学部附属病院
徳島県
徳島県立中央病院
愛媛県
住友金属鉱山株式会社住友別子病院
公立学校共済組合四国中央病院
高知県
独立行政法人国立病院機構 高知病院
福岡県
医療法人天神会 新古賀病院
佐賀県
佐賀県立病院好生館
独立行政法人国立病院機構 嬉野医療センター
長崎県
長崎市立市民病院
熊本県
熊本市立熊本市民病院
独立行政法人国立病院機構 熊本南病院
大分県
永冨脳神経外科病院
独立行政法人国立病院機構 別府医療センター
大分大学医学部附属病院
宮崎県
県立日南病院
独立行政法人国立病院機構 宮崎病院
鹿児島県
鹿児島大学医学部・歯学部付属病院
社会福祉法人 恩賜財団 済生会川内病院
県立北薩病院

【 参考資料 】
放射線治療施設一覧

【 図表一覧 】
図表1-1 放射線治療の歴史
図表1-2 放射線の種類
図表1-3 放射線治療に使用する線種と治療名、治療機器名
図表1-4 粒子エネルギーの変遷と放射線治療の技術開発
図表1-5 加速器の進歩と到達エネルギー
図表1-6 放射線治療の分類
図表1-7 強度変調放射線治療技術の概要
図表1-8 医療用小線源の種類
図表1-9 主なI-125永久挿入密封小線源治療実施施設
図表1-10 ガンマナイフ 稼動施設
図表1-11 サイバーナイフ 稼動施設
図表1-12 放射線の生体内における線量分布
図表1-13 粒子線治療の高度先進医療と実施施設
図表1-14 世界の粒子線治療施設
図表1-15 放射線治療機器の主な対象がん部位
図表1-16 高精度放射線治療機器の薬事承認
図表1-17 放射線治療機器の主な参入企業と機種
図表1-18 放射線治療システムの主な参入企業と機種
図表1-19 直接加速器(リニアック・IMRTなども含む) 稼動シェア
図表1-20 定位脳放射線治療システム 稼動シェア
図表1-21 小線源放射線治療装置 稼動シェア
図表1-22 直接加速器(リニアック・IMRTなども含む) 納入シェア
図表1-23 定位脳放射線治療システム 納入シェア
図表1-24 小線源放射線治療装置 納入シェア
図表1-25 放射線治療計画システム 稼動シェア
図表1-26 放射線治療計画システム 納入シェア
図表1-27 トモセラピー 国内納入実績
図表1-28 Hi-Art株式会社 支店・営業所
図表1-29 ノバリス グローバル納入実績グラフ 1997~2007年
図表1-30 ノバリス 国内納入実績
図表1-31 ノバリス 世界納入実績
図表1-32 TRILOGY 国内納入実績
図表1-33 日本におけるサービス統括拠点
図表1-34 TRILOGY 世界納入実績
図表1-35 シーメンスの放射線治療機器の販売体制
図表1-36 ONCOR 納入先
図表1-37 ガンマナイフ納入施設
図表1-38 Synergy納入施設
図表1-39 三菱電機の粒子線治療装置納入実績&予定
図表1-40 放射線治療に関する製品群
図表1-41 粒子線治療施設支援サービス会社一覧
図表1-42 アムステックによるソリューション あきらめないがん治療
図表1-43 年間における放射線治療件数(実照射人数)の分布
図表1-44 がん疾患新患者の内放射線治療を行う割合分布
図表1-45 がん患者の内放射線治療を行う患者の割合の欧米比較
図表1-46 放射線治療者数(年間実患者数)の違い
図表1-47 <放射線治療市場(治療分野)規模推移(2000~2005年)
図表1-48 放射線治療機器市場規模額推移(1996~2005年)
図表2-1 放射線科医数と医師総数に占める割合
図表2-2 放射線治療におけるスタッフ数の満足・不満足
図表2-3 不足しているスタッフ
図表2-4 スタッフの充足度
図表2-5 2008年度「がんプロフェッショナル養成プラン」選定取組の概要
図表2-6 医学物理士の兼任状況
図表2-7 粒子線治療施設 開設年表
図表2-8 悪性新生物による死亡者数推移(2000~2006年)
図表2-9 高度先進医療技術に係る費用(2005年6月1日~2006年6月30日)
図表2-10 高度先進医療における粒子線、重粒子線治療件数推移
図表2-11 粒子線治療施設 導入計画・構想
図表2-12 メディポリス指宿・粒子線治療研究センター概要
図表2-13 『メディポリス指宿』コンセプト
図表2-14 メディポリス医学研究財団の運用
図表2-15 メディポリス指宿 4つのセンター
図表2-16 名古屋高度先進医療センター
図表2-17 都道府県別にみた死因簡単分類別死亡率(人口10万対)
図表2-18 粒子線がん治療施設との医療連携スキーム
図表2-19 群馬大学小型重粒子線照射施設の整備
図表2-20 がん専門医療機関の役割
図表2-21 HIMACにおける重粒子線治療の登録患者数推移(1994~2006年)
図表2-22 放射線治療患者数の推移(1990~2015年)
図表2-23 がん疾患と放射線治療者数推移
図表2-24 放射線治療市場規模 将来推計(5年毎2020年まで)
図表2-25 都道府県別35歳以上人口と放射線治療施設、設備合計台数
図表2-26 リニアック1台あたりに対する35歳以上人口上位下位10位
図表2-27 悪性新生物新患者数とリニアック1台あたりの新患者数
図表2-28 リニアック1台あたりに対する新患者数上位下位10位
図表2-29 国策によるがん対策の変遷と放射線治療の方向性
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

440,000
400,000
40,000
880,000
800,000
80,000
1,320,000
1,200,000
120,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。