2007年版 ドラッグストアにおける化粧品事業の実態と展望

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2007/09/14
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 268頁
資料コード
C49203300
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

第Ⅰ章 ドラッグストアを取り巻く状況

1.薬局・薬店の現状
  1)薬局・薬店数の推移
  2)ドラッグチェーンの現状
  3)業態開発の動向
2.化粧品市場の他の一般流通の動向
  1)量販店
  2)コンビニエンスストア


第Ⅱ章 市場の現状と動向

1.化粧品販売部門のポジショニング
  1)ドラッグストア
  2)卸
  3)化粧品メーカー
2.参入企業動向
  1)ドラッグストア
  2)卸
  3)化粧品メーカー
3.ドラッグストアにおける化粧品事業市場規模推移(2002~2006年度)
4.ドラッグストアの化粧品市場における売上シェア
5.ドラッグストアの店舗特徴分析
  1)タイプ別店舗分析
    (1)タイプ別概要
    (2)基本特徴
    (3)売場展開の特徴
    (4)売場づくりの特徴
    (5)接客対応の特徴
    (6)固定客化策、カウンセリング対応
  2)他流通ルートとの店舗等傾向比較
    (1)流通ルートの概要
    (2)流通ルート別の今後の可能性
6.大手ドラッグストアの化粧品販売の方向性
  1)スキンケア
  2)メイクアップ
  3)ヘアケア
7.問題点と課題
  1)ドラッグストア
    (1)薬事法の改正で競争が激化すること
    (2)化粧品のPB商品化は難しいこと
  2)卸
    (1)求められる物流機能が高度化していること
    (2)卸に求められる機能が変わってきていること
  3)化粧品メーカー
    (1)返品が増加傾向にあること
    (2)商品情報の伝達が難しくなってきていること
8.化粧品事業の将来展望と市場規模予測(2007~2009年度)


第Ⅲ章 有力企業の戦略分析

<ドラッグチェーン>
  1.化粧品事業の位置付け
  2.販促方法
  3.売り場戦略
  4.今後の戦略
<化粧品卸>
  1.化粧品事業の位置付け
  2.販促方法
  3.今後の戦略
<化粧品メーカー>
  1.一般流通ルート及びドラッグルートの位置付け
  2.販促方法
  3.今後の戦略


第Ⅳ章 ドラッグストアにおける化粧品購入に関する消費者調査

□回答者属性と調査概要
1.化粧品の購入金額
  1)スキンケア
  2)ヘアケア
  3)メイクアップ
  4)フレグランス
2.化粧品のドラッグストアでの購入金額
  1)スキンケア
  2)ヘアケア
  3)メイクアップ
  4)フレグランス
3.よく購入する化粧品メーカー
4.最も化粧品を購入するドラッグストア
5.最も化粧品を購入するドラッグストアの場所
6.最も化粧品を購入するドラッグストアでのポイントカードの所有状況
7.最も化粧品を購入するドラッグストアに行く状況
8.最も化粧品を購入するドラッグストアへの来店頻度
9.最も化粧品を購入するドラッグストアでの化粧品購入頻度
10.化粧品を購入するドラッグを選ぶ理由
11.ドラッグストアの店員からの化粧品カウンセリング経験
12.カウンセリングの内容・接客の満足度
13.ドラッグストアの店員からの化粧品カウンセリングの必要性
14.ドラッグストアであれば良い(美容関連の)サービス
15.ドラッグストアのイメージ
  1)知っているドラッグストア
  2)好感が持てるドラッグストア
  3)安心感・信頼感があるドラッグストア
  4)値ごろ感があるドラッグストア
  5)高級感があるドラッグストア
  6)スタッフの対応が良いドラッグストア
  7)化粧品の品揃えが豊富なドラッグストア
  8)流行感があるドラッグストア
16.ドラグストアのイメージ(チェーン毎)
  1)キリン堂
  2)コクミン
  3)サンドラッグ
  4)スギ薬局
  5)ダイコクドラッグ
  6)ドラッグセガミ
  7)マツモトキヨシ
  8)薬ヒグチ
  9)イイズカ薬品
  10)ウエルシア
  11)ウェルパーク
  12)カワチ
  13)くすりセイジョー
  14)くすりの福太郎
  15)クリエイトエス・ディー
  16)ツルハドラッグ
  17)トモズ
  18)ドラッグストアスマイル
  19)ドラッグストアバイゴー
  20)ドラッグセイムス
  21)ドラッグてらしま
  22)どらっぐぱぱす
  23)ハックドラッグ
  24)ミネドラッグ
  25)ヤックスドラッグ
  26)アルカドラッグ
  27)ジップドラッグ
  28)ドラッグイレブン
  29)ドラッグストアサーバ
  30)ドラッグユタカ
  31)ライフォート
17.ドラッグストアへの意見・要望


第Ⅴ章 有力企業の事例研究

<ドラッグストア偏>
  株式会社 アライドハーツ・ホールディングス
  ウエルシア関東 株式会社
  株式会社 カメガヤ
  株式会社 クリエイトエス・ディー
  株式会社 サンドラッグ
  株式会社 住商ドラッグストアーズ
  株式会社 セイジョー
  株式会社 マツモトキヨシ
<化粧品日用品卸偏>
  株式会社 あらた
  株式会社 大木
  中央物産 株式会社
  株式会社 東京堂
<化粧品メーカー偏>
  株式会社 伊勢半
  コーセーコスメポート 株式会社
  株式会社 資生堂
  株式会社 ベーネコスメティクス
  株式会社 明色化粧品
  株式会社 ロート製薬


第Ⅵ章 ドラッグストアチェーンリスト

□主要ドラッグストアリスト(176社)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。