2007 ミリ波ソリューション

発刊日: 2007/07/28 体裁: A4 / 162頁
資料コード: C49300100 PDFサイズ:
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス / 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

はじめに(調査対象の定義)


Ⅰ ミリ波の歴史

Ⅰ-Ⅰ ミリ波黎明期
Ⅰ-Ⅱ FWAの低迷
Ⅰ-Ⅲ これまでの課題と新技術
  Ⅰ-Ⅲ-Ⅰ ディスクリートからMMICへ
  Ⅰ-Ⅲ-Ⅱ ミリ波ユニットの小型化
  Ⅰ-Ⅲ-Ⅲ キラーアプリケーションの登場
  Ⅰ-Ⅲ-Ⅳ コスト削減技術にもメド


Ⅱ 車載用ミリ波デバイスの市場動向

Ⅱ-Ⅰ 76/77GHz LRR
  Ⅱ-Ⅰ-Ⅰ 76/77GHz LRR 市場推移
  Ⅱ-Ⅰ-Ⅱ 開発費の回収と末端価格設定
  Ⅱ-Ⅰ-Ⅲ 搭載車種の拡大
  Ⅱ-Ⅰ-Ⅳ レーザーレーダの高性能化と棲み分け
  Ⅱ-Ⅰ-Ⅴ 自動車メーカ各社の前方検知レーダの考え方
Ⅱ-Ⅱ 76/77GHz LRR メーカーシェア
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅰ 初期段階では欧州高級車が市場を牽引
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅱ ミリ波デバイスのサプライチェーン
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅲ 国内76GHz帯認可の経緯
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅳ ミリ波ACCの技術指針改正
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅴ 国土交通省がトラックへプリクラッシュ導入支援
Ⅱ-Ⅲ 24/26/79GHz SRR
  Ⅱ-Ⅲ-Ⅰ 24/26/79GHz SRR市場推移
  Ⅱ-Ⅲ-Ⅱ 不透明な日本のUWB SRR認可
  Ⅱ-Ⅲ-Ⅲ 欧州では搭載車輌が増加中
  Ⅱ-Ⅲ-Ⅳ 総務省情報通信審議会で議論されるUWB
  Ⅱ-Ⅲ-Ⅴ SARAが描く日本の24GHz帯UWB
  Ⅱ-Ⅲ-Ⅵ KOKONプロジェクトによるSi系MMICの開発とマーケット
  Ⅱ-Ⅲ-Ⅶ NICTの26GHzUWB SRR&通信共用システムにトヨタが協力
Ⅱ-Ⅳ 乗用車市場とミリ波
  Ⅱ-Ⅳ-Ⅰ 乗用車市場の世界動向
  Ⅱ-Ⅳ-Ⅱ 日本/韓国 コンパクトクラスへの期待
  Ⅱ-Ⅳ-Ⅲ 北米 24GHz帯が先行普及か?
  Ⅱ-Ⅳ-Ⅳ 欧州 ミリ波レーダの先駆者
  Ⅱ-Ⅳ-Ⅴ 中国 C-NCAPによる安全ムードの盛り上がり
  Ⅱ-Ⅳ-Ⅵ 高級車市場
  Ⅱ-Ⅳ-Ⅶ ミドルクラス
  Ⅱ-Ⅳ-Ⅷ コンパクト、軽自動車市場
  Ⅱ-Ⅳ-Ⅸ 商用車(トラック)市場
    トラック用前方検知レーダのパイオニア Eton VORAD
    ミリ波効果の「見える化」
    レーダ複数搭載がすすむ
    工作機械へもミリ波が・・・
  Ⅱ-Ⅳ-Ⅹ 車車間、路車間通信市場


Ⅲ 民生用ミリ波デバイスの市場動向

Ⅲ-Ⅰ 60GHz帯ミリ波WPANとは
Ⅲ-Ⅱ ミリ波WPANユニットの価格動向
Ⅲ-Ⅲ ミリ波WPANアプリケーション
  Ⅲ-Ⅲ-Ⅰ ミリ波WPAN市場規模の予測(W/W)
  Ⅲ-Ⅲ-Ⅱ キオスクモデル ミリ波WPAN市場(国内)
  Ⅲ-Ⅲ-Ⅲ 薄型テレビ(FPD)市場動向
    フルHDの光通信デバイス製品
  Ⅲ-Ⅲ-Ⅳ デスクトップPC&液晶モニタ
  Ⅲ-Ⅲ-Ⅴ プロジェクタ
  Ⅲ-Ⅲ-Ⅵ セットトップボックス(STB)/DVD録画再生機
  Ⅲ-Ⅲ-Ⅶ デジタルビデオカメラ(DVC)
Ⅲ-Ⅳ キオスクモデル市場
  Ⅲ-Ⅳ-Ⅰ キオスク端末
  Ⅲ-Ⅳ-Ⅱ モバイル端末
Ⅲ-Ⅴ その他


Ⅳ.自動車メーカ各社の動向

Ⅳ-Ⅰ トヨタ自動車
  Ⅳ-Ⅰ-Ⅰ ハリアー(’03)
  Ⅳ-Ⅰ-Ⅱ セルシオ(’03)
  Ⅳ-Ⅰ-Ⅲ クラウンマジェスタ(’04)
  Ⅳ-Ⅰ-Ⅳ レクサスGS(’05)
  Ⅳ-Ⅰ-Ⅴ レクサスLS(’06)
  Ⅳ-Ⅰ-Ⅵ カローラアクシオ(’07)
  Ⅳ-Ⅰ-Ⅶ トヨタが描く安全対策「0-NIZE」とミリ波レーダ
Ⅳ-Ⅱ 本田技研工業
  Ⅳ-Ⅱ-Ⅰ アコード(’02)
  Ⅳ-Ⅱ-Ⅱ インスパイア(’03)
  Ⅳ-Ⅱ-Ⅲ オデッセイ(’03)
  Ⅳ-Ⅱ-Ⅳ MPV、SUVに搭載が進むホンダの安全戦略
  Ⅳ-Ⅱ-Ⅴ ホンダの安全に対する理念
Ⅳ-Ⅲ 日産自動車
  Ⅳ-Ⅲ-Ⅰ シーマ(’99)
Ⅳ-Ⅳ 富士重工
  Ⅳ-Ⅳ-Ⅰ レガシィ(’03)
Ⅳ-Ⅴ マツダ
  Ⅳ-Ⅴ-Ⅰ MPV(’06)
Ⅳ-Ⅵ ダイムラークライスラー
  Ⅳ-Ⅵ-Ⅰ メルセデスベンツ Sクラス(’05)
  Ⅳ-Ⅵ-Ⅱ SiGe搭載を視野に入れた開発ロードマップ
Ⅳ-Ⅶ BMW
  Ⅳ-Ⅶ-Ⅰ 5、7シリーズ
  Ⅳ-Ⅶ-Ⅱ 3シリーズ(’05)と今後のコンセプト
Ⅳ-Ⅷ アウディ
  Ⅳ-Ⅷ-Ⅰ A6(’05)
  Ⅳ-Ⅷ-Ⅱ Q7(’06)
  Ⅳ-Ⅷ-Ⅲ Audiのアクティブセイフティロードマップ
Ⅳ-Ⅸ 日野自動車
Ⅳ-Ⅹ いすゞ自動車


Ⅴ ITSの世界動向(車車間、路車間通信)

Ⅴ-Ⅰ 日本
Ⅴ-Ⅱ 欧州
Ⅴ-Ⅲ 北米
Ⅴ-Ⅳ 路車間、車車間通信の現状と展望
Ⅴ-Ⅴ 路車間・車車間通信におけるミリ波の可能性


Ⅵ 民生/産業用ミリ波の最新動向

Ⅵ-Ⅰ IEEE802.15.3 Task Group 3c(TG3c)
  Ⅵ-Ⅰ-Ⅰ TG3cの概要
  Ⅵ-Ⅰ-Ⅱ 活発化してきたTG3C
  Ⅵ-Ⅰ-Ⅲ NICT/CoMPA
  Ⅵ-Ⅰ-Ⅳ WirelessHD Interest Group
Ⅵ-Ⅱ 放送中継無線伝送
  Ⅵ-Ⅱ-Ⅰ フジテレビ、NTT
  Ⅵ-Ⅱ-Ⅱ NHK放送技術研究所


Ⅶ.最新技術動向

Ⅶ-Ⅰ 車載用レーダ
  Ⅶ-Ⅰ-Ⅰ GaAs MMICs/ガンダイオード
    GaAs MMICsの最新動向
    ダイムラークライスラーにみるGaAsの位置付け
  Ⅶ-Ⅰ-Ⅱ Si / SiGe
    車載用SiGe系MMICのインパクトは?
    信頼性を担保するフルカスタム
    InfeneonのSiGeVCO
  Ⅶ-Ⅰ-Ⅲ GANダイオード
  Ⅶ-Ⅰ-Ⅳ アッセンブリ/集積化
  Ⅶ-Ⅰ-Ⅴ CMOSチップ
Ⅶ-Ⅱ 民生用ミリ波通信モジュール
  Ⅶ-Ⅱ-Ⅰ CMOSプロセス
  Ⅶ-Ⅱ-Ⅱ パワーアンプ/LNA
    CoCで化合物半導体が生き残り
    アンテナオンチップでアンプレス
    NRDガイドでアンプレス
    中距離キオスク端末のボトルネックに期待か?
  Ⅶ-Ⅱ-Ⅲ アンテナ、ミキサ
    京セラ
    シャープ
    NEC


Ⅷ.主要メーカ動向

Ⅷ-Ⅰ 半導体関連
  Ⅷ-Ⅰ-Ⅰ ユーディナデバイス
  Ⅷ-Ⅰ-Ⅱ Intel
  Ⅷ-Ⅰ-Ⅲ 新日本無線
  Ⅷ-Ⅰ-Ⅳ IBM
  Ⅷ-Ⅰ-Ⅴ フリースケール
  Ⅷ-Ⅰ-Ⅵ インフィニオンテクノロジーズ
  Ⅷ-Ⅰ-Ⅶ 富士通
  Ⅷ-Ⅰ-Ⅷ 東芝
  Ⅷ-Ⅰ-Ⅸ 大学等研究機関
    東京大学
    UCLA
    University of California
    National Taiwan University
    University of Florida
    Georgia 工科大学
Ⅷ-Ⅱ モジュール等
  Ⅷ-Ⅱ-Ⅰ 沖電気工業
  Ⅷ-Ⅱ-Ⅱ NEC
  Ⅷ-Ⅱ-Ⅲ 村田製作所
  Ⅷ-Ⅱ-Ⅳ エムメックス
  Ⅷ-Ⅱ-Ⅴ 京セラ
Ⅷ-Ⅲ 車載用レーダ
  Ⅷ-Ⅲ-Ⅰ デンソー
  Ⅷ-Ⅲ-Ⅱ 富士通テン
  Ⅷ-Ⅲ-Ⅲ Delphi
  Ⅷ-Ⅲ-Ⅳ オートクルーズ/TRW
  Ⅷ-Ⅲ-Ⅴ ホンダエレシス
  Ⅷ-Ⅲ-Ⅵ M/A-COM(タイコエレクトロニクスメイコム)
  Ⅷ-Ⅲ-Ⅶ BOSCH
  Ⅷ-Ⅲ-Ⅷ 日立製作所
  Ⅷ-Ⅲ-Ⅸ 三菱電機
  Ⅷ-Ⅲ-Ⅹ オートクルーズ/TRW
  Ⅷ-Ⅲ-ⅩⅠ コンチネンタル/TEMIC(ADC)


図表目次

図 1 国内の周波数ごとの主な電波用途
図 2 FWAのメリット/デメリット
図 3 車載用ミリ波レーダ市場規模推移(76/77GHz LRR)
図 4 自動車各社の前方検知センサへの取り組み
図 5 LRR市場形成期(2003年)の参入メーカとアプリケーション
図 6 車載用ミリ波レーダシェア(2006年、76/77GHz LRR)
図 7 SRR市場規模予測(24/26/79GHz:W/W)
図 8 24GHz UWBレーダ:世界の認可状況
図 9 BMWの24GHzセンサ
図 10 国内エアバッグ生産台数
図 11 欧州における24/79GHzSRRの2段階計画
図 12 KOKONプロジェクトのミリ波レーダのコストダウンロードマップ
図 13 KOKONプロジェクト参加企業一覧
図 14 NICTが開発した24GHzUWBレーダ
図 15 上海モーターショーにみるデンソーミリ波レーダ展示(中央のユニット)
図 16 グリーンを基調にしたAUTO SHANGHAI 2007におけるホンダブース
図 17 C-NCAPで初の5星を獲得したオデッセイ
図 18 イートンボラッド社によるミリ波レーダ効果の「見える化」
図 19 イートンボラッド社による費用対効果プレゼンテーション
図 20 イートンボラッド社 Accident Reconの画像
図 21 トラックにみる統合ソリューション概念
図 22 ファクシミリ市場の形成過程
図 23 26GHz UWB短距離レーダ・通信共用システム
図 24 世界の免許不要バンド一覧(57-66GHz)
図 25 ミリ波WPANモジュールコストの推移予想
図 26 ミリ波WPAN利用モデル
図 27 ミリ波WPAN市場規模推移(W/W)
図 28 ビクターが製品化したGビット光無線通信システム
図 29 日本GITのUWBを使用するWirless Video Adapter
図 30 予想される国内キオスク拠点
図 31 ハリアーに初搭載されたミリ波レーダ連動プリクラッシュシステム
図 32 セルシオ ミリ波レーダ検知によるプリクラッシュセーフティシステム
図 33 クラウンマジェスタ ミリ波/CMOSセンサフュージョン
図 34 富士通テン製 24GHz帯 侵入センサ
図 35 トヨタ自動車 ミリ波レーダ連動プリクラッシュシステムの進化
図 36 レクサスGS プリクラッシュセーフティシステム
図 37 LS460に初搭載されたリアミリ波レーダ(富士通テン製)
図 38 レクサスLSに搭載されたセンサフュージョン
図 39 カローラアクシオαエディションに標準装備されたプリクラッシュシステム
図 40 ミリ波ACCを分かりやすく説明するカローラアクシオ
図 41 トヨタ自動車による交通事故死亡者シミュレーション
図 42 ホンダHiDSシステム
図 43 ホンダHiDSの車間・車速制御機能
図 44 シーマに搭載されたミリ波レーダ
図 45 レガシィ搭載ミリ波レーダ
図 46 複数搭載されるベンツSクラスの前方検知レーダ
図 47 ベンツSクラスの第2世代PRE-SAFE
図 48 BMWに搭載されるミリ波レーダ
図 49 Q7に搭載された低速追従兼用ミリ波レーダ
図 50 24GHz帯を使用したAudi Side Assist
図 51 カメラを使用したAudi lane assist
図 52 日野プロティアに搭載されるミリ波レーダ
図 53 いすゞ「ギガ」2搭載されたVAT
図 54 ITSにおけるミリ波の位置付け
図 55 SiemensVDOの道路標識検知システム
図 56 TG3cにおけるミリ波WPAN標準化スケジュール
図 57 非圧縮HD映像多重無線システム(6回線)
図 58 指向性切り替え型誘電体アンテナ
図 59 放送用レールカメラの無線伝送システム
図 60 NHKが描くミリ波を利用した無線アホドックネットワーク
図 61 UMS 周波数逓倍器
図 62 DCのレーダ開発状況
図 63 infineon 77GHz SiGe VCO with PA
図 64 京セラ製 セラミックアンテナ
図 65 シャープとスカパーが開発したアンテナ
図 66 NECが開発したダーバーシチアンテナ

表 1 MMICとディスクリートの比較
表 2 車載用ミリ波レーダ(LRR)単価、販売数量推移表(76/77GHz LRR)
表 3 ミリ波レーダ出荷台数/シェア(2006年、76/77GHz LRR)
表 4 ミリ波ユニットメーカと搭載車種(76/77GHz:07年時点)
表 5 1997年当時の自動車用ミリ波レーダ周波数割り当ての状況
表 6 欧米の24GHzUWB認可状況
表 7 欧米のSRR普及予測
表 8 新車登録台数(05年1月~12月)
表 9 世界の自動車販売台数
表 10 イートンボラッド社の商品ラインナップ
表 11 キオスクモデル市場予測
表 12 薄型テレビ世界需要動向
表 13 PC用液晶モニタ世界需要動向
表 14 プロジェクタ世界需要動向
表 15 セットトップボックス世界需要動向
表 16 デジタルビデオカメラ(DVC)世界需要動向
表 17 ミリ波WPAN利用モデル
表 18 ミリ波WPAN利用モデル別人気得票数
表 19 NICTを中心とする共同提案参加企業
表 20 WirelessHD 参加企業
表 21 WirelessHDの主な特徴
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C49100800 2007 拡大するブルーレーザ市場
C48116500 2007年版 中国自動車部品の世界調達実態 ~メーカー別・部品別詳細解剖~
C48118300 2007年版 商用車市場の現状と展望
C48300900 ネットワーク化するドライブレコーダ市場の新展開とその戦略
C48116430 2006年度版 太陽電池部材市場の現状と将来展望