2008年版 マンション市場の徹底研究

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

激動の中にあるマンション市場を徹底的に市場調査した。

発刊日
2008/10/16
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 305頁
資料コード
C50101200
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

調査概要
Close

調査目的:主要なマンションデベロッパーの実態を基に主に分譲マンション市場の実態と将来性を分析し、将来に向けての
       課題を提示いたしました。本資料が当業界をはじめ関連業界各位の経営資料としてお役に立つことを
       目的として作成致しました。
調査対象:マンションデベロッパー
調査方法:専門調査員による直接面接取材/公表データ収集及び文献調査
調査期間:2008年3月~2008年9月

リサーチ内容

総論

◆マンション市場の変遷
◆分譲マンション着工動向
◆分譲マンション着工戸数予測
◆分譲マンション供給動向
◆不動産業者の倒産相次ぐ
◆今後の業界動向
◆首都圏中古マンション販売状況
◆首都圏中古マンション市場規模
◆マンション市場の回復はいつからか?


第1章 マンション市場の外部環境分析

1. 新設住宅市場
  (1)新設住宅着工戸数推移
  (2)新設住宅着工戸数予測
2. 日本における住宅市場の特徴
  (1)日本の住宅事情
  (2)住まい方の変化~核家族化・単独世帯数の増加~
  (3)持家率
  (4)持家取得意欲
3. 日本の住宅投資状況
4. 住宅ストックの状況
  (1)住宅ストックの推移
  (2)住宅ストックの状況
5. 人口・世帯数の状況
  (1)人口の推移と将来予測
  (2)総世帯数の推移と将来予測
  (3)人口の分布と移動
6. 地価動向
  (1)総論
  (2)圏域別地価動向・住宅地
  (3)圏域別地価動向・商業地
7. 住宅ローン
  (1)住宅金融公庫から住宅金融支援機構へ
  (2)フラット35
  (3)購入者側の住宅ローンに対する意識
    1. 住宅ローンの決定主体
    2. 住宅ローンの情報源・影響力のある媒体
    3. 住宅ローンを選ぶ決め手
    4. 住宅ローンの金利タイプ
    5. 住宅ローンの借入状況
  (4)住宅ローン市場規模
  (5)住宅ローン金利の決まり方
  (6)金利とマンション需要
  (7)住宅ローン金利の家計に与える影響
  (8)住宅ローン減税
  (9)自宅を活用した住宅ローン
    1. リバースモーゲージ
    2. ホームエクイティローン
8. マンション業界に関連する注目すべき施策・諸制度・法規制
  (1)住生活基本法
  (2)耐震計算書偽装問題の影響
  (3)建築基準法改正
  (4)改正建築士法
  (5)特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律
  (6)200年住宅


第2章 分譲マンション市場動向

1. 分譲マンション着工動向
2. エリア別マンション着工戸数の検証
  (1)主要エリア別分譲マンション着工動向
  (2)首都圏着工動向
  (3)近畿圏着工動向
  (4)中京圏着工動向
3. 分譲マンション着工戸数予測
<参考>鉄道新線、高速道路開通、新駅設置等
  (1)新幹線
  (2)鉄道
  (3)新駅
  (4)道路
4. 分譲マンション供給動向
  (1)全体動向
  (2)エリア別供給動向
  (3)首都圏エリア別供給動向
  (4)近畿圏エリア別供給動向
5. マンション販売価格動向
  (1)マンション販売価格全体動向
  (2)首都圏マンション販売価格動向
  (3)近畿圏マンション販売価格動向
6. マンション契約率の動向
  (1)首都圏マンション契約率の動向
  (2)近畿圏マンション契約率の動向
7. 2007年度デベロッパー業績概要
  (1)総合不動産デベロッパー
  (2)分譲マンションデベロッパー
8. 今後の業界動向
  (1)2008年度以降の業界動向
  (2)現況マンションマーケットの受け止め方と今後の見通し
9. マンションメーカーシェア、ランキング推移
10. コスト分析
  (1)分譲マンションのコスト分析
  (2)建材価格推移
11. 倒産状況
12. 財務健全性分析
13. 各社在庫状況
14. 低価法の適用
15. 各企業の経営計画「定性的目標」
16. 各企業の経営計画「定量的目標」
<参考>マンションブランド名一覧

第3章 マンションストック市場分析

1. マンションストックの推移
2. 中古マンション市場
  (1)中古マンションの価格動向
  (2)首都圏不動産流通市場の動向
    1. 首都圏中古マンション価格動向
    2. 首都圏中古マンション流通量
    3. 首都圏中古マンション市場規模
    4. 中古マンション市場が新築マンション市場に与える影響
3. マンションリフォーム市場
  (1)マンションリフォーム市場概要
  (2)耐震・改修マーケット
  (3)マンションリフォーム市場規模
4. 中古マンション再生事業
5. マンション建替
  (1)法律の整備と現状
  (2)民間企業の取組
<参考>建替事例一覧
<参考>ヴィンテージマンション


第4章 マンショントレンド

1. 超高層マンション
2. 投資用マンション
  (1)投資用マンションの市場動向
  (2)不動産投資会社の動向
  (3)賃貸住宅の期待利回り
  (4)投資用マンションの今後の動向
3. エコマンション
  (1)環境問題とデベロッパーの取組
  (2)複層ガラス
  (3)外断熱工法
  (4)給湯器
4. 設備トレンド
  (1)設備に対する各デベロッパーの取組
  (2)緊急地震速報システム
  (3)カーシェアリング
<参考>マンション設備一覧
  (1)共用施設
  (2)住宅設備
5. 子育て支援マンション
  (1)自治体の取組
  (2)民間企業の取組
6. シニア向け分譲マンション
  (1)シニア向け分譲マンションとは
  (2)デベロッパーの取組
7. ペット共生マンション
  (1)ペット可マンションの動向
  (2)ペット共生マンションの特徴


第5章 有力マンションデベロッパー 個別企業票

近鉄不動産株式会社
株式会社クレアスライフ
株式会社大京
株式会社タカラレーベン
藤和不動産株式会社
東急不動産株式会社
株式会社日本エスコン
日本綜合地所株式会社
株式会社フージャースコーポレーション
株式会社明豊エンタープライズ
株式会社モリモト
株式会社ランド
三井不動産レジデンシャル株式会社
三菱地所株式会社
住友不動産株式会社
東京建物株式会社
野村不動産株式会社
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています