2008年版 法人向けコミュニケーション市場の展望と戦略(ユーザー調査編)

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

企業の通信ネットワーク構築やインフラ導入に関する決済権者「884名」からのアンケート調査結果をレポート。
「IP電話」「デュアル端末」「ユニファイドコミュニケーション」「FMC」を中心に、コミュニケーション導入状況や今後の導入意向など、ユーザー動向を属性別(業種別、規模別)にまとめた調査レポート。

発刊日
2008/10/31
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 241頁
資料コード
C50206500
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
396,000
360,000
36,000
594,000
540,000
54,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

調査概要
Close

調査目的:企業の通信ネットワーク構築やインフラ導入に関する決済権者(選定および最終決済)に対してアンケート調査を
       実施することで、現在の法人コミュニケーションの導入状況や今後の導入意向等に関する実態を把握する。
調査期間:2008年9月3日~10日
調査項目:主要6業種内で、50名以上の企業に勤務しており、会社の通信ネットワーク構築やインフラ導入に関する
       決済権(選定もしくは最終決済)を有している884名
調査方法:Webアンケートによる
 

リサーチ内容

第1章 総括

1.コミュニケーションの現状について
  1-1.関連用語の認知度
  1-2.コミュニケーション課題
2.現在のツール導入状況と導入プロセスについて
  2-1.導入状況
  2-2.導入プロセス
3.今後の導入意向について
  3-1.コミュニケーションツール
  3-2.ユニファイドコミュニケーション
  3-3.FMCサービス
4.各ツールに関する総合分析
  4-1.ツール導入予定と期待する効果の関係
  4-2.コミュニケーション課題とツール導入予定の関係
  4-3.コミュニケーション課題とユニファイドコミュニケーション導入意向の関係
  4-4.コミュニケーション課題とFMCサービス導入意向の関係
5.サービスベンダへの提案


第2章 コミュニケーションの現状

1.関連用語に関する認知度
  1-1.全体
  1-2.基本属性別
    (1)ユニファイドコミュニケーション
    (2)FMC
    (3)IPセントレックス
    (4)モバイルセントレックス
    (5)テレプレゼンス
    (6)NGN
    (7)SaaS
    (8)シンクライアント
    (9)グリーンIT
2.コミュニケーションに関わる課題
  2-1.全体
  2-2.基本属性別
    (1)日常の意思決定が迅速にできていない
    (2)上司と部下のコミュニケーションが十分ではない
    (3)経営層と社員のコミュニケーションが十分ではない
    (4)雇用形態の違う従業員間のコミュニケーションが十分ではない
    (5)拠点間でのコミュニケーションが十分ではない
    (6)部門間でのコミュニケーションが十分ではない
    (7)通信コストが増加している
    (8)通信・ネットワーク機器などのシステムが一元管理できていない
    (9)導入したコミュニケーションツール・サービスが、有効活用されていない
    (10)どのツール・サービスを導入すれば良いのかが分からない


第3章 現在のツール導入状況と導入プロセス分析

1.現在のツール導入状況
  1-1.全体
  1-2.基本属性別
    (1)IP電話機
    (2)IP電話システム
    (3)デュアル端末
    (4)構内PHS
    (5)インスタントメッセンジャー
    (6)音声会議システム
    (7)テレビ・ビデオ会議システム
    (8)テレプレゼンス
    (9)Web会議システム
    (10)グループウェア
    (11)ソーシャルメディア
2.導入プロセス分析
  2-1.全体まとめ
    (1)導入・検討のきっかけ
    (2)導入意向者
    (3)選定理由
    (4)最も重視した選定理由
    (5)期待通りに得られなかった効果
  2-2.IP電話機の導入プロセス
    (1)導入・検討のきっかけ
    (2)導入意向者
    (3)選定理由
    (4)最も重視した選定理由
    (5)期待通りに得られなかった効果
  2-3.IP電話システムの導入プロセス
    (1)導入・検討のきっかけ
    (2)導入意向者
    (3)選定理由
    (4)最も重視した選定理由
    (5)期待通りに得られなかった効果
  2-4.デュアル端末の導入プロセス
    (1)導入・検討のきっかけ
    (2)導入意向者
    (3)選定理由
    (4)最も重視した選定理由
    (5)期待通りに得られなかった効果


第4章 今後のコミュニケーション導入意向

1.コミュニケーションツールの導入予定
  1-1.全体
  1-2.基本属性別
    (1)IP電話機
    (2)IP電話システム
    (3)デュアル端末(携帯電話端末)
    (4)デュアル端末(PHS端末)
    (5)構内PHS
    (6)インスタントメッセンジャー
    (7)音声会議システム
    (8)テレビ・ビデオ会議システム
    (9)テレプレゼンス
    (10)Web会議システム
    (11)グループウェア
    (12)ソーシャルメディア
2.ツール導入により期待できる効果
  2-1.全体
  2-2.基本属性別
    (1)IP電話機
    (2)IP電話システム
    (3)デュアル端末
    (4)構内PHS
    (5)インスタントメッセンジャー
    (6)音声会議システム
    (7)テレビ・ビデオ会議システム
    (8)テレプレゼンス
    (9)Web会議システム
    (10)グループウェア
    (11)ソーシャルメディア
3.ユニファイドコミュニケーションに関する導入意向
  3-1.全体
  3-2.基本属性別
    (1)プレゼンス管理機能
    (2)電子電話帳機能
    (3)シングルID
    (4)1社員1電話番号
    (5)ボイスメール機能
    (6)FAXのメール受信機能
    (7)ソフトフォン
    (8)スケジュール共有機能
    (9)アプリケーション共有機能
4.導入したいアプリケーション(優先順位別)
  4-1.全体
  4-2.基本属性別
    (1)最も導入したいアプリケーション
    (2)二番目に導入したいアプリケーション
    (3)三番目に導入したいアプリケーション
5.ユニファイドコミュニケーション導入にあたっての不安
  5-1.全体
  5-2.基本属性別
6.FMCサービスの導入意向
  6-1.全体
  6-2.基本属性別
    (1)FMC導入意向「サービスタイプ①」
    (2)FMC導入意向「サービスタイプ②」
    (3)FMC導入意向「サービスタイプ③」
    (4)FMC導入意向「サービスタイプ④」
    (5)FMC導入意向「サービスタイプ⑤」
7.FMCサービス導入にあたっての不安
  7-1.全体
  7-2.基本属性別
8.会社の経営環境について


【参考】 アンケート調査票
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
396,000
360,000
36,000
594,000
540,000
54,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。