2009年版 パン市場の展望と戦略

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

大手メーカー・ベーカリーの企業戦略など、パン業界の市場動向や将来展望について市場調査を実施した。

発刊日
2008/12/26
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 410頁
資料コード
C50207800
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
231,000
210,000
21,000
346,500
315,000
31,500
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

調査概要
Close

調査目的:当調査は、全国のパン関連企業の事業戦略、及び取扱商品の動向を調査・分析し、パン市場の現状と
       今後の市場見通しを明らかにすることを目的とする。
調査対象:パン市場参入企業 30社/その他関連企業
調査方法:当社専門研究員による直接面接取材、及び電話取材を実施
       消費者調査については、インターネット調査を実施
調査期間:2008年10月~2008年12月
 

リサーチ内容

第Ⅰ章 注目業界動向

1.変貌するパン業界、次の売場と商品は
2.参入企業のビジネスパターンと変遷
3.コンビニはPB焼きたてパンの比率をアップ
4.全国12,073店体制、セブンイレブンの焼き立てパンビジネス
5.競合激しい量販店パンコーナー、高まるPB比率
6.有力ベーカリーは商品力と業態開発で差別化
7.ベーカリーカフェ、ベーカリーレストランの注目動向
8.ロングライフパンは生協ルートがキーに
9.見直される量販店のインストアベーカリー
10.健康志向にマッチしたベーグル
11.冷凍パン生地市場は輸入品、高付加価値品で活性化
12.原料価格の高騰と消費減退の影響
13.中国原料への不安と国産シフト
14.中食市場は堅調、駅ナカ立地の商業施設が増加
15.内麦の使用増加と米粉パンの生産拡大
16.学校給食で地産地消が拡大
17.メタボ対策とパン需要~「からだスマイルプロジェクト」がスタート
18.パン関連統計データ分析(商業統計表、工業統計表、米麦加工食品の生産動態調査)


第Ⅱ章 マーケットの現状分析と展望

1.パンの総市場規模推移(2003~2007年度)~2007年度は1兆3,658億円
2.商品別市場構成比(2007年度)~菓子パンの構成比が更に上昇
3.末端チャネル別市場構成比(2007年度)~量販店とその他チャネルが拡大
4.地域別市場構成比(2007年度)~関東は38.8%、近畿は18.7%
5.メーカーシェア(2007年度)~上位10社で占有率62.8%、更に寡占化
6.商品別メーカーシェア(2007年度)
  (1)食パン~上位3社で61.3%を占有
  (2)食卓パン~山崎製パンとフジパンの2社が他社を大きくリード
  (3)菓子パン~ヒット商品に恵まれた山崎製パンがシェアアップ
  (4)デニッシュ~ベーカリー商材はシェア分散
  (5)フランスパン~大手ベーカリーチェーンが上位にランクイン
  (6)調理パン~コンビニベンダーが上位に進出
  (7)冷凍パン生地~タカキベーカリーがトップ
7.全国地域別メーカーシェア(2007年度)
  □全国
  □北海道
  □東北
  □関東
  □中部
  □近畿
  □中国
  □四国
  □九州
8.商品別動向
  (1)食パン~PB食パン席巻、中間価格帯に活路、バラエティブレッドが好調
  (2)食卓パン~食パンをシリーズ化し、健康志向、こだわり商品で面展開図る
  (3)菓子パン~企画と販促の連動が不可欠、PB対応でアイテム数増加
  (4)デニッシュ~ベーカリーで主婦の購買を喚起
  (5)フランスパン~裾野が広がりバラエティ化進む
  (6)調理パン~食材の高級化、本格化が進行
  (7)冷凍パン生地~コンパクトベイクオフシステムで小規模ユーザーが増加
9.末端小売動向分析
  □コンビニ~フレッシュパンが更に拡大、店内焼成も増加
  □量販店~食パンはPB拡大、バラエティブレッド等に健康志向を追う
  □百貨店~店舗のS&B進み、高級ブランドベーカリーが安定
  □一般小売店~メーカーの看板ショップルートは衰退の一途
  □ベーカリー~冷凍生地利用チェーンは再考の余地
  (1)コンビニのメーカーシェア~山崎製パンがトップシェア
  (2)量販店のメーカーシェア~上位3社で75.8%
10.パンの消費動向分析
11.パン市場の拡大要因・阻害要因と2012年度展望
12.パンの総市場規模予測(2008~2012年度)~5年先の市場規模は1兆3,876億円
13.パンメーカー業績ランキング
  □売上高ランキング
  □売上高伸び率ランキング
  □税引後利益高ランキング
  □税引後利益率ランキング
  □従業員1人当り売上高ランキング
  □従業員1人当り税引後利益高ランキング
14.パンメーカーの材料仕入先ランキング


第Ⅲ章 有力企業の市場戦略分析

1.事業の基本方針と方向性
2.商品政策(商品開発体制、商品開発ポイント、品揃え)
3.生産体制と衛生管理(HACCP、AIB)対策
4.焼き立てパン、冷凍パン生地への取組状況
5.直営店、FC店の出店状況
6.営業展開状況とコンビニ、量販店、生協との取引状況
7.販売促進策(キャンペーン、消費者対策)、物流対策
8.今後の市場戦略


第Ⅳ章 ベーカリーにおける商品開発と食材購買状況調査

1.店舗の特徴(立地、年商、従業員数、店舗面積、商品構成)
2.商品特徴(売れ筋商品と価格)
3.最近の特徴的な商品傾向
4.情報収集状況(新商品情報、食材情報の入手方法)
5.商品販売上の留意点
6.新商品発売状況、商品改廃のタイミング
7.消費者情報の収集方法
8.現在、注目している(使用してみたい)食材
9.今後、お客様に提供したいサービス
10.原材料の利用状況(原材料比率、原材料仕入れのポイント)
11.冷凍パン生地の使用状況とメーカーへの要望
12.原材料仕入先(メーカー、卸)に対する不満、要望
13.今後の原材料使用見通し

□アンケート回答ベーカリー一覧


第Ⅴ章 朝食におけるパンの消費動向調査

□調査の実施概要と回答者属性

1.朝食の状況
  (1)朝食を食べる回数(1週間当たり)
  (2)朝食にかける時間(1回当たり)
  (3)朝食でのパン食の回数(1週間当たり)
  (4)朝食で重視する点
2.パンの購入状況
  (1)パンの購入回数(1週間当たり)
  (2)パンの購入個数(1回当たり)
  (3)パンの購入金額(1回当たり)
3.朝食でパンを食べる理由
4.朝食で一番多く食べるパン
  (1)朝食で一番多く食べるパンの種類
  (2)朝食で一番多く食べる食パンの枚数
5.朝食で食べるパンの購入状況
  (1)朝食で一番多く購入するパンのブランド名(メーカー名、店名、製品シリーズ名)
  (2)朝食で食べるパンの個数(1回当たり)
  (3)朝食でのパンの購入金額(1回当たり)
6.朝食で食べるパンの購入場所
7.朝食でのパンの調理時間
8.朝食で食べるパンの調理方法
9.朝食でパンを食べる時に一緒に食べる食品・飲み物
10.朝食で食べるパンの適当と思う価格
11.朝食で食べるパンへの不満や要望
12.今後、朝食で食べたいパン
13.今後、朝食で食べたい食パンの枚数
14.今後、朝食で食べたいパンを選んだ理由
15.今後のパンの購入見通し


第Ⅵ章 注目企業の個別実態(30社)

○イーグルデリカ~ローソンシェアアップと取引先の多様化の2本立て
○イケダパン~南九州地区で愛される「イケダ」ブランドを再構築
○伊藤製パン~価格競争から価値創造へ変革
○オイシス~スイーツ新工場竣工、OISIS10の新しい柱に
○オリオンベーカリー~岩手県産原料使用のロングライフパンが好調
○カフェクロワッサン~ファストカジュアルカフェでブランド力を強化
○カワ~アメニティ重視の店舗展開、4年後売上高30億円目指す
○木村屋總本店~工場閉鎖で事業再構築、効率化追求
○神戸屋~創業90周年、「Fresh & Pure」を企業文化へ
○神戸屋レストラン~パンの美味しい食べ方と出会いの場を提供
○コメダ~ユッタリくつろげる空間演出、愛知県中心に333店舗展開
○コモ~「無添加」「体にやさしい」「おいしい」コモのパンを打ち出す
○サンジェルマン~ブランド別店舗類型による出店展開
○サンマルクホールディングス~6業態の店舗網を広げる、重点地区は関東
○三味~パン売上高は2桁成長を堅持
○敷島製パン~超熟発売10周年イヤー、更なる認知度促進
○白石食品工業~第一パンの仙台工場買収で大幅に規模拡大
○第一屋製パン~勝てる領域へ経営資源を集中
○タカキベーカリー~リテイルサポート事業、石窯パンで差別化
○たけや製パン~おいしさ創造企業として、秋田の食文化をリード
○トオカツフーズ~創業40周年、トオカツレボリューションに取り組む
○ドンク~「ドンク」ブランド、価値の確立
○日糧製パン~安全・安心な道内産原料を使用し需要を喚起
○パネックス~パネトーネ種における日本の先駆者
○フジパン~2度の価格改定にも関わらず、売上、利益ともに好調推移
○フランソア~「スローブレッド」シリーズが企業姿勢を表し好調
○フルハウス・ジャパン~2009年、「ホールドバゲット」のFC展開開始で飛躍の年へ
○マイカルカンテボーレ~高度に標準化し2012年度100億円体制目指す
○山崎製パン~ベストクォリティ・ベストサービスを実践
○わらべや日洋~セブンイレブンを主要顧客とする中食業界のトップ企業


第Ⅶ章 全国主要製パン企業名鑑(310社)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
231,000
210,000
21,000
346,500
315,000
31,500

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。