2008年版 フラワー&グリーンビジネス白書

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2008/06/13
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 345頁
資料コード
C50202400
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

第Ⅰ章 フラワー&グリーンビジネスの最前線

1.生産 ~MPS等で消費者に安心・環境配慮を訴求~
2.流通 ~市場法改正に対するネットワーク化とマーケティング展開力の強化~
3.小売 ~花き関連のイベントやアイテム等の提案による需要の喚起拡大~
4.生産・流通・小売 ~グローバル化と各分野の一体的なマーケティング展開力の発揮~
5.ガーデニング需要 ~野菜、ハーブ、果物を栽培するベジタブルガーデンの人気高まる~
6.農水省の花き事業 ~重油価格高騰対策を本格化~
7.花き産業の現状と2013年の中期展望 ~ネットワーク化と需要創造により業界伸展へ~


第Ⅱ章 フラワー&グリーンビジネスの業界動向

1.花き類の生産規模推移と2013年予測
  (1)花き類の生産額推移(2000~2007年)
  (2)都道府県別花き生産状況(県別花き類生産額ランキング:2006年)
  (3)主要伸長品種
  (4)農水省による花き生産・需要見通し
  (5)花きの種類別2013年市場規模予測
    ①総市場 ~2013年の総生産額は2007年比101.0%へ~
    ②切花市場 ~花き流通全般を巻き込んだマーケティング戦略の取組み~
    ③鉢物市場 ~販売チャネルの多様化に対応する供給体制の強化~
    ④花壇用苗物市場 ~新品種の開発による活発な市場の新陳代謝~
    ⑤花木市場 ~公共投資減少基調の中、民間需要拡大に期待~
    ⑥球根市場 ~新品種導入による国内生産活性化に期待~
    ⑦芝・地被類市場 ~特殊緑化の注目度が高まり、緑化施工資材として需要増~
2.花き生産・研究の現状と展望
  (1)新品種の登録状況
  (2)花き関連の遺伝子組換え植物(GMO)の一覧
  (3)農水省のバイオ技術支援策
  (4)有力種苗メーカーの花き種苗戦略
    ①国内戦略
     ~消費者を意識したトータルな種苗開発とマーケティング戦略への取組み~
    ②海外戦略
     ~グローバルネットワークによるアグリバイオ事業の展開~
    [有力種苗メーカーの個別実態]
    □MID都市開発
     ~「そだつ街をつくる」をスローガンにグランドカバーによる都市空間の緑化推進~
    □カネコ種苗
     ~独自品種開発により、ハイテクと国際化にチャレンジする農業総合企業~
    □キリンアグリバイオ
     ~グローバルネットワークによる高品質で新たなアグリバイオ事業の展開~
    □サカタのタネ
     ~優れた品種の研究開発により、タネから生まれる「価値」を世界に届ける~
    □サントリーフラワーズ
     ~プリザーブドフラワー、野菜苗分野への参入により事業分野拡大~
    □タキイ種苗
     ~「豊かな地球への貢献」のための高品質の種子の開発と世界市場への供給~
  (5)有力種苗メーカーの注目切花品種
  (6)変貌する花き生産の2013年展望 ~海外産増えるも、国内生産は微増~
3.輸入切花の現状と展望
  (1)国内切花市場における輸入切花のポジショニング
    ①統計的な位置づけ
    ②輸入切花の役割と機能
  (2)輸入切花の市場規模推移(2003~2007年)
  (3)切花の品種別・国別輸入状況
    ①切花―国別(通関ベース)
    ②切花―品種別(通関ベース)
    ③葉物―国別(通関ベース)
  (4)切花輸入団体の一覧
  (5)切花輸入商社の動向
    [有力切花輸入商社の個別実態]
    □オーシャン貿易
     ~工夫をこらした切花の開発輸入で新しい市場を創出する~
    □クリエイト
     ~世界規模のネットワークと徹底した品質管理でユーザーの多様なニーズに対応~
    □日商岩井ミートアンドアグリプロダクツ
     ~安全・高品質な商品のより一層のショート・サプライチェーンを構築~
  (6)切花輸入商社の国内シェア
  (7)変貌する輸入切花の2013年展望
4.花き流通の現状と展望
  (1)花き卸売市場取扱高推移(1999~2007年)
  (2)花き卸売市場(業者)取扱高ランキング
  (3)2007年の大田花き市場、大阪鶴見花き市場の取扱状況
  (4)注目卸売業の市場戦略
    ①大手有力卸売企業の市場戦略
    ②インターネット花き流通
    ③切花のバケット流通
    ④光を利用しての新規生産・鮮度保持輸送システム
    ⑤鉢物トレーの回収・リサイクル
    ⑥MPSの推進
    [有力花き卸売企業の個別実態]
    □オークネット
     ~鉢物オークションの開始により、花き業界流通のスタンダード化を目指す~
    □大田花き
     ~「MPS」認証とシンクタンク設立によるブランド強化と新たな優位性の創出~
    □ジャパンフラワープログレス
     ~生きたまま素早く、花のコールドチェーンバケット流通を実現する~
    □鶴見花き
     ~光を利用しての新規生産・鮮度保持輸送システムによる花き物流の最適化~
    □豊明花き
     ~JFIグループ結成による川上から川下までのシステマティックな流通の実現~
    □フラワーオークションジャパン
     ~バケット流通を通して卸売市場機能の担い手となるリーディングカンパニー~
  (5)変貌する花き流通の2013年展望 ~花き流通の将来像~
    ①市場法改正に向けての業界の動き
    ②花き流通の将来像
5.花き小売業の現状と展望
  (1)花き末端市場推移(2001~2007年)
  (2)花きの末端市場構成比と変化
  (3)注目花き末端販売チャネル動向
    ①ホームセンター
    ②量販店
  (4)商業統計分析
    ①花・植木小売業
    ②苗・種子小売業
  (5)花き小売店売上高ランキング
  (6)花き末端チャネルの現状
    ①花き小売店 ~花に関する記念日やイベント、アイテムの創出による業況への寄与~
    ②量販店 ~花売場の場所の移動による期待度アップ~
    ③生協 ~地場産花きの取扱いによる地産池消の推進~
    ④ホームセンター ~新規出店規制や加速する業界再編への対応強化~
    ⑤百貨店内店舗 ~海外デザイナーなどによる高級花きショップのステイタス維持~
    ⑥インターネット販売、その他
     ~コンテンツマネジメント充実による顧客サービス強化~
  (7)末端販売チャネル別の有力花き小売店舗動向
    ①単独路面型店舗
    □花良品有楽町店
    □青山フラワーマーケット本店
    □モンソーフルール自由が丘店
    ②駅・ターミナル型店舗
    □小田急フローリスト本店
    □きりしまフラワー新橋店
    □コノカ阪神西宮店
    ③量販店
    □ジャスコ品川シーサイド店
    □コープリビング甲南
    □とうきゅうフローラ自由が丘店
    ④百貨店内店舗
    □京王百貨店屋上園芸店
    □阪急百貨店7F園芸売場
    ⑤ホームセンター内店舗
    □ジョイフル本田新田店
    □カインズ神戸深江浜店
    [有力花き小売関連企業の個別実態]
    □小田急ランドフローラ
     ~園芸事業の普及を通じて人々の豊かで美しい生活環境の創造を目指す~
    □クリエイティブ阪急
     ~光合成を促す専用照明器具付展示棚の開発による「インドアフラワー」の拡販~
    □ゴトウ花店
     ~「高品質の花をより美しく」をテーマに時代をリードしたライフスタイルを提案~
    □ジャパンフラワーコーポレーション
     ~フラワービジネスをベースにした「花生活創造企業」を目指す~
    □千趣会イイハナ
     ~通販サイト「イイハナドットコム」により「いい花」と喜びを顧客に届ける~
    □東光フローラ
     ~花きの仕入、販売及び花の専門店の経営に特化し、営業力の強化を図る~
    □パーク・コーポレーション
     ~「Living With Flowers Everyday」をテーマに心豊かなライフスタイルを提案~
    □日比谷花壇
     ~カジュアルブランド「Verry Merry」含め、4ブランドで店舗展開~
    □ユニバーサル園芸社
     ~「緑のプロフェッショナル」として花と緑のある心地よい環境を生み出す~
  (8)変貌する花き末端市場の2013年展望


第Ⅲ章 フラワー&グリーンビジネスの需要動向と今後の市場展望

1.花きの需要分野別市場構成比 ~カジュアルギフト、ホームユースで需要拡大~
2.家計調査年報分析
3.余暇に関する調査(レジャー白書)
4.花き需要の分野別動向
  (1)一般花き小売店需要 ~販売チャネルやブランド展開の多様化による需要拡大~
  (2)新興花き小売店需要 ~花き新興小売店は新業態店等によるタ店舗展開に注力~
  (3)通信販売(カタログ)需要 ~切花、ガーデニング、関連資材で幅広く提案~
  (4)通信販売(インターネット)需要 ~オフライン上のブランドイメージをECに踏襲~
  (5)生け花・フラワーアレンジメント需要 ~初心者向けからプロ養成スクールまで~
  (6)ブライダル装花需要
  (7)葬儀装花需要
5.インターネットユーザーのインターネット通販需要(切花・アレンジメント商品)動向調査
  □回答者属性
  (1)インターネット通販の利用状況
  (2)切花・アレンジメント商品購入状況
    ①切花・アレンジメント商品のネット通販での購入動機
    ②ネット通販での切花・アレンジメント商品購入開始時期
    ③切花・アレンジメント商品購入時にインターネットサイトを選んだ理由
    ④切花・アレンジメント商品取扱いサイトの閲覧頻度
    ⑤切花・アレンジメント商品取扱いサイトの最頻閲覧曜日
    ⑥切花・アレンジメント商品取扱いサイトの最頻閲覧時間帯
    ⑦ネット通販での切花・アレンジメント商品の購入頻度
    ⑧ネット通販での切花・アレンジメント商品購入時の1回当たり購入金額
    ⑨ネット通販で購入する切花・アレンジメント商品の使用目的
    ⑩ネット通販でよく購入する切花・アレンジメント関連商品
    ⑪ネット通販で切花・アレンジメント商品購入時に重視している点
  (3)ネット通販での切花・アレンジメント商品のネット通販非購入理由
  (4)ネット通販非利用者の状況
  (5)店舗での切花・アレンジメント商品の購入経験
  (6)切花・アレンジメント商品の不満点
    ①男女年齢別分析
    ②店舗・ネット通販購入別分析
  (7)切花・アレンジメント商品への要望点
    ①男女年齢別
    ②店舗・ネット通販購入別分析
  (8)インターネットでの切花・アレンジメント商品購入予定
    ①切花・アレンジメント商品の今後のネット通販利用意向
    ②今後の切花・アレンジメント商品の購入予定額の傾向


第Ⅳ章 注目マーケット動向の現状と今後の展望

~伸長するプリザーブドフラワー市場~
1.注目度高まるプリザーブドフラワーの市場概況
  (1)プリザーブドフラワーについて
  (2)プリザーブドフラワーの特徴
  (3)プリザーブドフラワーのウィークポイント
  (4)プリザーブドフラワーの歴史
2.主要参入企業動向
  □アスク
   ~コロンビアの自社農園選りすぐりの花材によるフロールエバーブランドの拡大~
  □大地農園
   ~独自の技術で加工する国内プリザーブドフラワーメーカーの先駆け~
  □東京堂
   ~プリマテ等の副資材開発によるプリザーブドフラワー文化醸成への寄与~
  □モノ・インターナショナル
   ~ヴェルモントなど主要4ブランドを中心に豊富な花材の輸入卸を展開~
3.プリザーブドフラワー業界の主なプレーヤーと流通フロー
  (1)主なプレーヤー
  (2)流通フロー
4.プリザーブドフラワー市場の現状と今後の市場展望
  (1)プリザーブドフラワー市場規模(2007年度:メーカー出荷価格ベース)
  (2)プリザーブドフラワー市場規模(2007年度:末端市場)
  (3)今後の市場展望
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。