2009年版 カー用品産業白書

市販カー用品を対象とし、市販カー用品の現況・動向を製品分類別や機能別に調査したマーケティングレポート。

発刊日: 2009/08/25 体裁: A4 / 217頁
資料コード: C51109400 PDFサイズ:
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:自動車産業に関連する事業を展開する企業、団体
       カー用品関連企業(メーカー、小売業者ほか)および関連団体
調査方法:当社専門調査員による直接面談取材ならびにアンケート調査を基本とし、電話・メール取材を併用
       当社過去実施の調査データ、官公庁等調査資料からの考察
調査期間:2009年5月11日~2009日8月18日

リサーチ内容

第1章 カー用品市場の定義と市場規模算出範囲

1.調査対象と市場規模算出範囲
2.カー用品分類
3.語句説明


第2章 自動車を取り巻く環境とメーカーの取り組み

1.自動車ユーザー
  1-1.自動車ユーザーの動向
  1-1-1.乗用車保有状況
    ①乗用車保有台数の推移
    ②乗用車新車登録(販売)台数
    ③平均使用年数の推移
  1-1-2.自動車用品への年間支出額
  1-1-3.運転免許保有者数
    ①男女別運転免許保有者の推移
    ②年齢層別運転免許保有者数
    ③将来人口(2005年~2030年)
  1-2.自動車ユーザーに対するカー用品関連企業の意識
  1-3.カー用品が果たせる役割
  1-3-1.自動車保有状況・用品支出とカー用品の関連性
  1-3-2.運転免許保有者の状況とカー用品の関連性
2.盗難(自動車盗・部品ねらい・車上ねらい)
  2-1.盗難件数
  2-1-1.自動車盗
    ①認知件数の推移
    ②発生場所別認知件数の推移
  2-1-2.部品ねらい・車上ねらい
    ①認知件数の推移
    ②発生場所別認知件数の推移
  2-2.防犯への取り組み
  2-2-1.自動車業界全体での取り組み
    ①自動車盗
    ②車上ねらい・部品ねらい
  2-2-2.メーカーの取り組み
  2-3.カー用品が果たせる役割
3.交通事故・交通違反
  3-1.交通事故・交通違反の発生状況
  3-1-1.交通事故発生件数の推移
  3-1-2.年齢層別負傷者数の推移
  3-1-3.年齢層別死傷者の状況
  3-1-4.状態別死傷者数の状況
  3-1-5.事故類型別死傷者数の状況
  3-1-6.原付以上運転者(第1当事者)の主な法令違反別交通事故状況
  3-1-7.自動車同乗中(6歳未満幼児)のチャイルドシート使用有無別死傷者数の推移
  3-1-8.原付以上運転者(第1当事者)の飲酒運転による交通事故件数の推移
  3-2.安全性への取り組み
  3-2-1.政府としての取り組み(関連省庁・各自治体)
    ①道路交通法改正
    ②交通安全啓蒙活動
    ③飲酒運転対策
    ④乳幼児・妊婦への安全対策
    ⑤高齢者運転免許自主返納
  3-2-2.自動車業界全体での取り組み
    ①国・他業界との取り組み
    ②自動車業界での取り組み
    ③タクシー業界など事業用自動車での取り組み
  3-2-3.メーカーの取り組み
    ①自動車メーカーによる交通安全への主な取り組み
    ②製品開発
  3-3.カー用品が果たせる役割
4.環境問題
  4-1.自動車が関連する主な環境問題
  4-1-1.地球温暖化
  4-1-2.オゾン層破壊
  4-1-3.大気汚染
  4-1-4.騒音
  4-1-5.廃棄物処理
  4-2.エネルギー・資源問題
  4-3.環境問題に対する取り組み
  4-3-1.自動車に対する法規制
  4-3-2.環境保全に対する政府の取り組み・支援
  4-3-3.自動車メーカーの取り組み
  4-4.カー用品が果たせる役割(カー用品メーカーの取り組み)
5.道路交通への取り組み(高度道路交通システム)
  5-1.ITSへの取り組み
  5-2.これまでの主な取り組み
  5-3.カー用品が果たせる役割


第3章 カー用品市場の背景と現況

1.カー用品市場を取り巻く環境
  1-1.自動車アフターマーケットの全体像
  1-2.自動車部品・用品の流通経路
  1-3.補修部品関連市場
  1-3-1.市場規模
    ①補修部品
    ②自動車整備業
  1-3-2.自動車整備業の現況
    ①市場概況
    ②業態別参入動向
2.カー用品市場の現況
  2-1.市場規模
  2-1-1.市販カー用品
  2-1-2.純正カー用品(国内自動車メーカー)
  2-2.市場概況(製品分類別)
  2-2-1.タイヤ
    ①市場規模
    図表-乗用車用市販タイヤ市場規模
      乗用車用市販タイヤ国内販売量
      乗用車用国産タイヤ・種類別販売量
      乗用車用タイヤ偏平率別販売比率
      乗用車用市販タイヤ・メーカー別国内出荷数量-夏タイヤ
      乗用車用市販タイヤ・メーカー別国内出荷数量-冬タイヤ
    ②市場概況と今後の方向性
    ③メーカー戦略
    機能別にみるメーカーの取り組み
  2-2-2.アルミホイール
    ①市場規模
    図表-アルミホイール市場規模
    アルミホイール・メーカー別国内出荷金額
    ②市場概況と今後の方向性
    ③メーカー戦略
    機能別にみるメーカーの取り組み
  2-2-3.オーディオ・カーナビ関連
    ①市場規模
    図表-オーディオ・カーナビ関連市場規模
      オーディオ・カーナビ関連・品目別出荷構成
      オーディオ・カーナビ国内出荷数量・金額
      カーオーディオプレイヤー・メーカー別国内出荷金額
      カーナビゲーション・メーカー別国内出荷金額
    ②市場概況と今後の方向性
    ③メーカー戦略
    機能別にみるメーカーの取り組み
  2-2-4.車内アクセサリー
    ①市場規模
    図表-車内アクセサリー市場規模
      車内アクセサリー・品目別出荷構成
      車内アクセサリー国内出荷金額
      ドリンクホルダー・メーカー別国内出荷金額
      ルームミラー・メーカー別国内出荷金額
      マット・メーカー別国内出荷金額
    ②市場概況と今後の方向性
    ③メーカー戦略
    機能別にみるメーカーの取り組み
  2-2-5.オイル・ケミカル用品
    ①市場規模
    図表-オイル・ケミカル用品市場規模
      オイル・ケミカル用品・品目別出荷構成
      オイル・ケミカル用品国内出荷金額
      ケミカル用品・メーカー別国内出荷金額
    ②市場概況と今後の方向性
    ③メーカー戦略
    機能別にみるメーカーの取り組み
  2-2-6.消耗品
    ①市場規模
    図表-消耗品市場規模
      消耗品・品目別出荷構成
      消耗品国内出荷金額
      バッテリー国内出荷数
      オイルフィルター・メーカー別国内出荷金額
      エアフィルター・メーカー別国内出荷金額
      ワイパーブレード・メーカー別国内出荷金額
      点火プラグ・メーカー別国内出荷金額
      バッテリー・メーカー別国内出荷量
    ②市場概況と今後の方向性
    ③メーカー戦略
    機能別にみるメーカーの取り組み
  2-2-7.機能用品
    ①市場規模
    図表-機能用品市場規模
      機能用品・品目別出荷構成
      機能用品国内出荷金額
      ETCセットアップ数
      チャイルドシート国内出荷量
      キャリア・メーカー別国内出荷金額
      チャイルドシート・メーカー別国内出荷金額
      盗難防止装置・メーカー別国内出荷金額
    ②市場概況と今後の方向性
    ③メーカー戦略
    機能別にみるメーカーの取り組み
  2-2-8.ドレスアップ用品
    ①市場規模
    図表-ドレスアップ用品市場規模
      ドレスアップ用品・品目別出荷構成
      ドレスアップ用品国内出荷金額
      シート・メーカー別国内出荷金額
      ホーン・メーカー別国内出荷金額
      ランプ・バルブ・メーカー別国内出荷金額
    ②市場概況と今後の方向性
    ③メーカー戦略
    機能別にみるメーカーの取り組み
  2-2-9.チューンナップ用品
    ①市場規模
    図表-チューンナップ用品市場規模
      チューンナップ用品・品目別出荷構成
      チューンナップ用品国内出荷金額
      チューンナップ用品・メーカー別国内出荷金額
    ②市場概況と今後の方向性
    ③メーカー戦略
    機能別にみるメーカーの取り組み
  2-3.カー用品小売業の現況
  2-3-1.市販カー用品業態別販売勢力
  2-3-2.業態別参入動向
    ①カー用品量販店
    ②メーカー系タイヤショップ
    ③ディーラー
    ④整備工場
    ⑤ガソリンスタンド
    ⑥ホームセンター
    ⑦その他
  2-4.2次流通(中古カー用品市場)の現況
  2-4-1.市場規模
  2-4-2.市場概況
    ①市場現況
    ②有力企業の取り組み
    ③主な中古カー用品店一覧


第4章 カー用品市場の展望

1.市販カー用品における市場規模予測と今後の見通し
  1-1.市場規模予測
  1-2.中古カー用品市場の影響
  1-3.純正カー用品市場の影響
2.分野別にみる今後の動向
3.機能別にみる今後の動向
  3-1.安全面
  3-2.快適性
  3-3.環境面
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C49201300 2007年版 ブロードバンド白書
C48205400 2006年版 IP電話関連機器市場
C48116430 2006年度版 太陽電池部材市場の現状と将来展望
C50301700 2008-2009 車載モータの最新動向と市場展望
C50109400 2008年版 世界半導体パッケージ市場の現状と展望