2009 MESソリューション市場の実態

大手ERPベンダーの参入で大注目となった、製造現場の「見える化」ツール-MESソリューション。各ベンダーの最新動向や戦略をもとに市場の構造分析を大胆に実施、MES市場の背景に潜むビジネス課題を浮き彫りにする。

発刊日
2009/09/30
体裁
A4 / 183頁
資料コード
C51110500
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:MESソリューション市場の概要を把握するため、ソリューションベンダーを中心に、各社の取り組み状況を
       調査した。本調査結果は、当該関連企業及び担当者のMESソリューション事業に対する経営策定の参考に
       資する事を目的としている。
調査方法:公開情報、当社に蓄積されている情報、直接面接取材などを併用し調査した。
調査期間:2009年2月~2009年9月

リサーチ内容

Ⅰ 概要

1.本レポートの概要
  1.1.伝統的MES市場とホワイトスペース
    図表 1 MESセグメント図(伝統的MES市場)
  1.2.最新プレイヤー動向
    図表 2 プレイヤー動向概要
  1.3.MESソリューション市場中期予測
    図表 3 MESソリューション売上高予測(2007年~2011年予測)
  1.4.MESソリューション市場 新規参入の狙い目
    図表 4 MESセグメント図(伝統的MES市場)


Ⅱ 本論

2.MESを取り巻く背景
  2.1.MESとは
    図表 5 MESの3層モデル
    3層の違い
    図表 6 各層の特徴
    MESの11機能
    図表 7 MESの11機能
    本レポートではMES機能を4つに整理
    図表 8 MES11機能の4分類化
    MES定義の難しさと本レポートにおける定義
    図表 9 3層と対応する製品
3.MES市場の成り立ち
  3.1.MES市場の歴史的経緯
    MES層のセグメント構造-業種と階層による整理
    図表 10 MES層内部のセグメント構造
  3.2.プロセス業
    図表 11 MESセグメント図(プロセス業)
    MES以前から同等ソリューションが確立
    同領域における市場規模感
  3.3.ハイテク産業
    図表 12 MESセグメント図(ハイテク業)
    MESが競争力の決め手に
    MESが不可欠な理由と市場規模感
  3.4.加工組立業
    図表 13 MESセグメント図(加工組立業)
    立ち遅れるMESソリューション
  3.5.自動車産業(ALC)
    図表 14 MESセグメント図(自動車産業)
    独特の進化を遂げるMES同等ソリューション
  3.6.伝統的MES市場のポジショニング
    図表 15 MESセグメント図(伝統的MES市場)
    既存領域ではプレイヤーも固定的に
4.プロセス業/加工組立業の違い
  4.1.プロセス業/加工組立業 業種の違いがMESの違いを生む
    停められない/停められる
    図表 16 ビール工場の製造工程
    システムが支える/人が支える
    規模の単位が大きい/規模の単位が小さい
    単位変換の必要がない/必要がある
    図表 17 各層の特徴
    標準的/千差万別
    MESの領域小/MESの領域大
    プロセス業には加工組立業のノウハウも
    図表 18 半導体の製造工程
    図表 19 粉洗剤の製造工程
    造ることの管理がカギ/調達・在庫管理がカギ
    つながる/孤立する
  4.2.加工組立業のMESニーズ
  4.3.ベンダーにより認識の違いも
    図表 20 プロセス業/加工組立業 比率(2008年)
5.経営/現場で異なるMESソリューション
  5.1.垂直方向に見るとわかるMESの市場構造
    伝統的MESソリューションのシステム粒度
    加工組立業でMESが発達しなかった理由
  5.2.経営・情報部門と現場部門とで異なるニーズ
  5.3.MESにERP連携は必須か
    図表 21 各社のERP-MES連携に関する考え方
  5.4.3種類のベンダー
    不足する上下に精通する人材
    MES導入の旗振り役が変わる
  5.5.ボトムアップが日本の特徴
6.ベンダーの戦略動向
  6.1.ベンダー動向一覧
    図表 22 各プレイヤーのマッピング図
    空白地帯にERPベンダーが新規参入
    制御層に近いMESベンダー
    中間層におけるMESベンダー
    計画層に近いMESベンダー
    各ベンダーの得意業種
    図表 23 プロセス業/加工組立業 比率(2008年)
    図表 24 プロセス業/加工組立業別 ベンダ一覧
  6.2.MES事業の商流について
    図表 25 MES事業の商流
  6.3.MESソリューションの価格情勢
7.MESソリューション市場の中期予測
  7.1.製造業を取り巻く経済環境
    縮小する製造業のIT投資
    図表 26 IT投資額対前年比の業種別集計-1(製造業)
    図表 27 IT投資額対前年比の業種別集計-2(全産業)
    ITベンダーは「見える化」ツールに注目
    プロセス業より加工組立業に試練
    図表 28 IT投資額対前年比の業種別集計-2(製造業 内訳)
    図表 29 業種別の投資目的優先順位一覧
  7.2.MESソリューション市場規模推移
    MESソリューション売上高推移
    図表 30 MESソリューション売上高推移(2007年~2009年見込)
    図表 31 MESソリューション売上高シェア推移(2007年~2009年見込)
    MESパッケージ売上高推移
    図表 32 MESパッケージ売上高(2007年~2009年見込み)
    SIコストはMESパッケージコストの3倍が目安
    図表 33 MESソリューション市場におけるパッケージ比率
    図表 34 MESパッケージ売上高シェア推移(2007年~2009年見込)
    ユーザー企業規模別MESソリューション売上高構成比
    プロセス/加工組立業別MESソリューション売上高構成比
  7.3.MESソリューション市場中期予測
    図表 35 MESソリューション売上高予測(2007年~2011年予測)
  7.4.近年注目されるMESのニーズ
    図表 36 各社の金融危機後のMES動向
  7.5.MESソリューション市場 新規参入の狙い目


Ⅲ 参入企業の実態

アプリソ・ジャパン株式会社
  柔軟性を兼ね備えたアプリソのMESパッケージ
  図表 37 FlexNet概念図
  特徴は適応性とグローバル対応
  計画層・制御層接続
  MES構築の実態
  金融危機後のMES事業
エイムネクスト株式会社
  会社概要 コンサルから実務サポートまでを提供
  MESソリューションをツールに、その効果を訴える
  MESソリューション導入に足りないもの
  計画層と制御層とのミッシングリンクをつなぐだけでいいのか
  加工組立業へのMES導入を目指す
  MESビジネス体制-インフォアとの協業に注目
SAPジャパン株式会社
  MII+MEで製造情報の統合を提案
  SAP MII
  図表 38 MIIの連携イメージ図
  SAP ME
  PerfectPlant構想へ向けMESを強化
  MES事業の協業状況
  MES構築の実態
  金融危機後のMES事業-全体最適化志向の高まりに期待
コベルコシステム株式会社
  現在のMESソリューション状況
  図表 39 コベルコシステムのMESソリューション範囲
  対応業種は拡大傾向に
  MES構築におけるユーザー窓口・上位連携状況など
  MES構築の実態
  金融危機後のMES事業-品質管理に活路
ジェイティエンジニアリング株式会社
  Joyシリーズを展開
  図表 40 JTエンジニアリング パッケージ製品構成
  Joyシリーズのソリューションマップ
  図表 41 Joyシリーズ ソリューションマップ
  中堅・中小でも使えるコンパクトさが特徴
  MESビジネス体制
  MES構築の実際
  金融危機の影響と今後
株式会社ダイセック
  ダイセックのMESソリューション
  図表 42 ダイセック取扱製品
  MES Base Objects
  WinCC、WinSPC
  図表 43 製造工程進捗&実績収集システム事例
  加工組立業向けのMESに豊富な経験
  MES事業のビジネス体制
  MES構築の実態
  金融危機後のMES事業
日本IBM株式会社
  MESソリューション体系
  図表 44 日本IBMのMESソリューション一覧
  GI Viewと仮想大工場
  MESビジネスの展開状況
  MES構築の実態
  金融危機後のMES事業-太陽電池向けMESに期待
日本インフォア・グローバル・ソリューションズ株式会社
  MESソリューション体系・詳細
  目指すは、現場情報と経営情報の統合
  MES領域はパートナリングでカバー
  金融危機後のMES事業
日本オラクル株式会社
  広範囲をカバーする製造業向けアプリケーション
  図表 45 オラクルの製造業向けアプリケーション一覧
  グローバル企業に必須となるMOC
  図表 46 Oracle MOC概要
  MESビジネス体制-FAメーカーとの連携で参入を狙う
日本ヒューレッド・パッカード株式会社
  日本HPのMES事業経緯
  ソリューションベンダーとして最適なプランを提案
  MES事業における企業間連携-SAPとの協業に注目
  MES構築の実態
株式会社日立製作所
  日立製作所の製造業向けソリューション
  図表 47 日立製作所の製造業向けソリューション体系
  図表 48 日立製作所 MESソリューション一覧
  制御機器からMESへ発展
  MESビジネスの商流
  MES構築の実態
富士通グループ
  富士通グループのMESソリューション
  図表 49 富士通グループのMESソリューション
  GLOVIA/MESとGLOVIA smart 製造MES
  図表 50 GLOVIA/MESとGLOVIA smart製造MESの適用範囲
  glovia.com
  組立製造業を中心にMESソリューションを提供
  MES事業における企業間連携状況
  MES構築の実態
  金融危機後のMES事業-認知度向上が必要
富士電機システムズ株式会社
  富士電機システムズの製造ソリューション MainGATE
  図表 51 富士電機システムズ MainGATE構成図
  垂直統合ソリューションを強みに
  図表 52 システム階層における製品提供範囲
  MES構築の実際
  期待できるMES領域と金融危機後の環境変化
みずほ情報総研株式会社
  みずほ情報のMESソリューション
  図表 53 みずほ情報総研の取り扱うMES領域のパッケージ製品群
  半導体・液晶業界向けを中心にMESを展開
  MES事業の商流や企業間連携
  MES構築の実態
  金融危機後は太陽電池向けMESに期待
三菱電機株式会社
  FA統合ソリューション e-F@ctory
  図表 54 e-F@ctory概念図
  MES構築のプラットフォームとなるFA用情報関連製品
  図表 55 MESインタフェース搭載製品
  勝ち残りのカギはフィールドネットワーク
  三菱電機にとってのMESの位置づけ
  MES事業における企業間連携など
  MES構築の実態
三菱電機インフォメーション システムズ株式会社
  製造業向けソリューションのひとつにMESを用意
  MESソリューション MELNAVIシリーズ
  図表 56 MELNAVI-APの構成図
  三菱電機グループとしてFA層から計画層までカバー
  MESビジネスを取り巻くプレイヤー状況
  MES構築の実態
株式会社山武
  MESソリューション ラインアップ
  図表 57 山武のMES製品ラインアップ
  プロセス業を中心に展開
  MESビジネスの商流や上位・下位連携について
  MES構築の実態
  金融危機後のMES事業-厳しいながらも食品・製薬に期待
横河ソリューションズ株式会社
  MESソリューション体系
  図表 58 横河電機グループのソリューション提供領域
  図表 59 MESソリューション ラインアップ
  プロセス向けMESソリューションに豊富な経験
  MES事業における企業間連携など
  MES構築の実態
  金融危機後のMES事業-LIMSに注力


Ⅳ 企業個票

アプリソ・ジャパン株式会社
エイムネクスト株式会社
SAPジャパン株式会社
グロービア インターナショナル株式会社
コベルコシステム株式会社
ジェイティエンジニアリング株式会社
株式会社ダイセック
日本IBM株式会社
日本インフォア・グローバル・ソリューションズ株式会社
日本オラクル株式会社
日本ヒューレッド・パッカード株式会社
株式会社日立製作所
富士通株式会社
富士電機システムズ株式会社
三菱電機株式会社
三菱電機インフォメーションシステムズ
株式会社山武
横河ソリューションズ株式会社
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。