設計・製造ソリューション市場動向-生産管理、MES、PLM-

円高修正やアベノミクスへの期待によって、2013年は製造業のIT投資の大幅な回復が期待されます。本調査レポートでは、生産管理システム、MES、PLMという主要な製造業向けのソリューション動向を網羅的に調査しました。

発刊日: 2013/07/26 体裁: A4 / 223頁
資料コード: C55109300 PDFサイズ: 8.0MB
カテゴリ: 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内の生産管理システム、MES、PLM市場の実態を調査・分析する事で、当該市場関連企業及び関係者のマーケティング活動に資することを目的とする。
調査対象:生産管理システム、MES、PLMの各市場において、弊社が独自に選定。
調査方法:直接面談取材を中心に、電話・メールを併用
調査期間:2013年1月~2013年6月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 生産管理システム、MES、PLMそれぞれの市場規模推移及び主要なプレイヤーの動向を掲載。
  • これらのソリューションの関連や連携によるシナジーについて考察。

■調査結果サマリー

●生産管理パッケージ市場に関する調査結果2013 
~低迷期を脱し生産管理システムへの投資が戻る 海外重視志向は変わらず~
・2012年の生産管理パッケージライセンス市場は前年比15.6%増と好調
・2013年は前年比13.5%増の145億7,000万円と予測、円高修正でも海外重視傾向は継続

■本資料の概要

第1章 製造業向けIT市場動向
第2章 生産管理システム市場
第3章 MES市場
第4章 PLM市場

■掲載内容

第1章 製造業向けIT市場動向

1.製造業のIT投資環境
  1.1 製造業の経営環境とIT活用戦略
    図表1 景気動向指数
    図表2 日銀短観
  1.2 製造業のIT市場規模
    図表3 国内IT支出市場規模推移(2008年度~2014年度予測)
    図表4 製造業 業種別IT投資額・構成比(2012年度)
2 生産管理、MES、PLMの位置付け
  2.1 統合ソリューションの理想と現実、そして目指すべき方向性
    図表5 生産管理、MES、PLMの概念と情報の流れ
  2.2 エンジニアリング系と実行系に連携の動き

第2章 生産管理システム市場

※一部個票については「ERP市場の実態と展望 2012-2013」から引用
1 生産管理システム市場の動向
  低迷期を脱し生産管理システムへの投資は回復
  図表6 生産管理パッケージ市場の推移
  図表7 業務システムの導入時期
2 企業規模別の動向
  大手企業ではグローバルSCMなどの大型投資が活発化  SMBでもIT活用への意識が高まる
  図表8 グローバル企業の生産管理システム導入状況と今後の計画
  図表9 企業規模(大手企業/中堅中小企業)別生産管理市場の推移
3 生産管理市場におけるポイント
  パッケージの活用、原価管理、データ分析などにより高度化を目指す
  図表10 自社開発システムの利用意向
4 海外導入対応
  高まるニーズへどう対応するか 導入コストやサポートが課題
  図表11 海外拠点でのシステム導入パターンとユーザ企業のメリット/デメリット
  図表12 生産管理パッケージベンダーのグローバル対応状況
5 生産管理システムはクラウド化するか
  図表13 ASP/SaaSの利用率と今後の利用意向D

  生産管理システム市場におけるベンダー動向
  1.IFSジャパン株式会社
  2.インフォアジャパン株式会社
  3.株式会社エクス
  4.SAPジャパン
  5.東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
  6.日本オラクル株式会社
  7.日本電気株式会社(EXPLANNER)
  8.日本電気株式会社(FlecProcess)
  9.日本マイクロソフト株式会社
  10.株式会社日立システムズ(TENSUITE)
  11.株式会社日立システムズ(Ross ERP)
  12.株式会社富士通マーケティング/富士通株式会社
  13.株式会社リード・レックス
  14.JFEシステムズ株式会社
  15.横河ソリューションサービス株式会社

  生産管理パッケージ個票
  1.IFSジャパン株式会社
  2.インフォアジャパン株式会社
  3.株式会社エクス
  4.SAPジャパン
  5.東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
  6.日本オラクル株式会社
  7.日本電気株式会社(EXPLANNER)
  8.日本電気株式会社(FlecProcess)
  9.日本マイクロソフト株式会社
  10.株式会社日立システムズ(TENSUITE)
  11.株式会社日立システムズ(Ross ERP)
  12.株式会社富士通マーケティング/富士通株式会社
  13.株式会社リード・レックス

第3章 MES市場

※「MESソリューション市場の実態 2009」からの引用を含む 企業個票は最新版にアップデート
1 MESを取り巻く背景
  1.1 MESとは
    図表14  MESの3層モデル
  1.2 3層の違い
    図表15 各層の特徴
  1.3 MESの11機能
    図表16 MESの11機能
  1.4 本レポートではMES機能を4つに整理
    図表17 MES11機能の4分類化
  1.5 MES定義の難しさと本レポートにおける定義
    図表18 3層と対応する製品
2 MES市場の成り立ち
  2.1 MES市場の歴史的経緯
    MES層のセグメント構造-業種と階層による整理
    図表19 MES層内部のセグメント構造
  2.2 プロセス業
    図表20 MESセグメント図(プロセス業)
    MES以前から同等ソリューションが確立
  2.3 ハイテク産業
    図表21 MESセグメント図(ハイテク業)
    MESが競争力の決め手に
  2.4 加工組立業
    図表22 MESセグメント図(加工組立業)
    立ち遅れるMESソリューション
  2.5 自動車産業(ALC)
    図表23 MESセグメント図(自動車産業)
    独特の進化を遂げるMES同等ソリューション
  2.6 伝統的MES市場のポジショニング
    図表24  MESセグメント図(伝統的MES市場)
    既存領域ではプレイヤーも固定的に
  2.7 プロセス業/加工組立業 業種の違いがMESの違いを生む
    図表25 ビール工場の製造過程
    図表26 各層の特徴
    図表27 半導体の製造工程
    図表28 粉洗剤の製造工程
  2.8 加工組立業のMESニーズ
3 経営/現場で異なるMESソリューション
  3.1 垂直方向に見るとわかるMESの市場構造
  3.2 経営・情報部門と現場部門とで異なるニーズ
  3.3 MESにERP連携は必須か
  3.4 3種類のベンダー
    不足する上下に精通する人材
  3.5 ボトムアップが日本の特徴
  3.6 ベンダー動向一覧
    制御層に近いMESベンダー
    中間層におけるMESベンダー
    計画層に近いMESベンダー
    プロセス・加工組立別
4 MESソリューション市場の中期予測
    図表29 MESソリューション売上高予測(2007年~2011年予測)

    MES市場におけるベンダー動向
    1.アプリソ ジャパン株式会社
    2.SAPジャパン株式会社
    3.富士通株式会社
    4.ロックウェル オートメーション ジャパン株式会社
    5.横河ソリューションサービス株式会社
    6.ワンダーウェア日本支社

第4章 PLM市場

※「PLM市場の実態と展望 2012」からの引用を含む
1 PLM市場概況
    2011年のPLM市場は順調に回復
    図表30 PLMの出荷状況(全世界)
    図表31 本書における商品の分類と定義
    図表32 PLMの出荷状況(日本国内)
  1.1 電機業界が伸び悩む
    図表33 業種別売上高の推移
  1.2 SaaS型のPLMサービスが本格的に立ち上がる
  1.3 PLMメーカーがデータの下位互換を意識し始めた
2 PLM市場データ
  図表34 アプリケーション別売上高推移(日本国内)
  図表35 アプリケーション別売上高の推移(全世界)

  PLM市場におけるベンダー動向
  1.オートデスク
  2.シーメンスPLMソフトウェア
  3.株式会社図研
  4.ダッソー・システムズ
  5.PTCジャパン
  6.富士通株式会社
  7.ラティス・テクノロジー株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C51110500 2009 MESソリューション市場の実態
C58123600 2017 PLM市場の実態と展望
C57101100 2015 IoT時代の製造業ITソリューション -インダストリ4.0など次世代ものづくりとITベンダの戦略-
C57102000 2015 PLM市場の実態と展望
C54108400 2012 PLM市場の実態と展望