2015 IoT時代の製造業ITソリューション -インダストリ4.0など次世代ものづくりとITベンダの戦略-

IoT時代の製造業ITソリューションとして、Industrie4.0、Industrial Internetといった次世代のものづくりが脚光を浴びている。国内ではIoT/M2Mに注目があつまり、生産現場や機器にいかにセンサーを取り込むかという論点が主流だが、それ以上に重要なのはソフトウェアである。本調査レポートは、Industrie4.0など次世代ものづくりの解説とともに、それに向けたITベンダの戦略を分析する。

発刊日
2015/06/30
体裁
A4 / 163頁
資料コード
C57101100
PDFサイズ
11.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:主要ITベンダーが想定する次世代のものづくり像と提供製品/サービスにフォーカスしている。またそれらを取り囲む重要な環境要因として、IoTやIndustrial Internet、Industrie4.0も対象とした。
調査方法:直接面接取材、文献調査その他データ収集
調査期間:2014年12月~2015年6月

調査結果サマリー
Close

次世代ものづくりソフトウェア世界市場に関する調査結果2015
 ~インダストリー4.0など、注目される次世代ものづくりソフトウェア~
・2014年の次世代ものづくりソフトウェアの世界市場規模は181億8,000万USドル
・デジタルツインが新たなキーワード
・データ連携はますます重要に

資料ポイント
Close

  • 製造業のITソリューションは、IoTの登場により大きく変わろうとしている
  • 既にインダストリー4.0、インダストリアル・インターネットといったビジョンが提示されているが、そうした動きに呼応して、製造業向けソリューションを提供する大手ITベンダーの動きも変化している
  • 本レポートでは、そうした変化を背景に、IoT時代の製造業向け情報システム像がどのようなものなのか、インダストリー4.0、インダストリアル・インターネット、双方の視点をカバーする新たなシステム像を提起している
  • また、デジタルツインをキーワードに、IoTが製品開発や生産実行にどのように影響を与えるのかを明らかにした
     

資料概要
Close

Ⅰ.IoT時代の次世代ものづくり
Ⅱ.次世代ものづくりに向けたITベンダーの戦略
Ⅲ.個別企業の動向
Ⅳ.アンケート調査結果
参考:主要ソフトウェアの解説

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.市場動向
  図表1 次世代ものづくりソフトウェア市場規模(全世界/2014-2018)
2.企業動向
  図表2 各社の提供範囲
3.展望
  図表3 IoT時代の製造業向け企業情報システム

Ⅰ.IoT時代の次世代ものづくり

1.IoTに至る経緯と製造業IT化の歴史
  1.1.ITの潮流と製造業の革新が交差する世界
    図表4 ITトレンドと製造業IT化の結節点
  1.2.ITトレンド
    1.2.1.クラウド、ビッグデータからIoTへ
    図表5 ビッグデータはM2MとP2Pに
    図表6 IoTの認知度
    1.2.2.エッジ(フォグ)コンピューティング
    図表7 エッジ端末イメージ図
    図表8 フォグコンピューティングの認知度
    1.2.3.データ駆動型経済(Data Driven Economy)へ向かう将来像
    図表9 データ駆動型の価値創造
  1.3.製造業のIT化 -これまでの流れ
    1.3.1.Industrie4.0とIndustrial Internetを論じる前に
    1.3.2.これまでの製造業×ITの進展状況
2.各国の製造業向け施策
  2.1.各国の次世代製造業の取組状況
    図表10 諸外国の次世代製造業に係る戦略・プログラム等
  2.2.米国
  2.3.ドイツ
    図表11 産業革命の各段階
    図表12 Industrie4.0プラットフォーム運営委員会メンバー表
    図表13 Industrie4.0実現に向けたロードマップ
  2.4.中国
    図表14 中国製造業10カ年計画(中国製造2025)
3.Industrie4.0、Industrial Internetとは
  3.1.Industrie 4.0
    3.1.1.Industrie4.0が目指す世界観
    3.1.2.Cyber-Physical-System(CPS)
    図表15 組み込みからIoTへの進化
  3.2.Industrial Internet
    3.2.1.Industrial Internetが目指す世界観
    図表16 Industrial Internetの台頭
    3.2.2.Industrial Internetにおけるデータの流れ
    図表17 Industrial Internetにおけるデータや知見の流れ
    3.2.3.IoT基盤「Predix」
    3.2.4.エコシステムの形成を急ぐ Industrial Internet Consortium
    3.2.5.ブリリアント・ファクトリー
    図表18 ブリリアント・ファクトリー
4.標準化の動向
  4.1.IoTの標準化・リファレンスモデル
    4.1.1.IIC(Industrial Internet Consortium)
    図表19 IICアーキテクチャルフレームワーク
    4.1.2.IoT World Forum
    図表20 IoT World Forumリファレンスモデル
    4.1.3.Intel IoT Platform
    図表21 Intel IoT Platform infographic
    4.1.4.ASA(AllSeen Alliance)
    図表22 Allseen Alliance
    4.1.5.OIC(Open Interconnect Consortium)
    4.1.6.Thread Group
5.製造業の未来
  5.1.変容迫られる製造業のビジネスモデル
    5.1.1.IoTに備えた注意点
    5.1.2.製造業のサービス業化(MaaS)
    5.1.3.ベネフィットの変質
    5.1.4.ITベンダーとの提携増
    5.1.5.垣根の消失
    5.1.6.マス・カスタマイゼーション(個別化生産)の実現
    5.1.7.デジタルファブリケーションとの融合

Ⅱ.次世代ものづくりに向けたITベンダーの戦略

6.IoTがIT産業に与えるインパクト
  6.1.現在の製造業のマネジメントシステム
    図表23 現在の企業情報システム
  6.2.IoT時代の製造業向け企業情報システム像
    図表24 IoT時代の製造業向け企業情報システム
    6.2.1.重要なコンセプト
    6.2.2.開発設計
    6.2.3.製造設計
    6.2.4.部品の発注
    6.2.5.効率的な生産
    6.2.6.設計や生産へのフィードバック
    6.2.7.顧客(保守・サービス)
    6.2.8.地産地消
    6.2.9.デジタルスレッド
    6.2.10.変革が求められる製造業ソリューション
  6.3.次世代ものづくり 日本企業の問題点
    図表25 IT経営力指標におけるステージ
  6.4.ITベンダーの次世代ものづくりに向けた戦略動向
    6.4.1.本レポートで調査対象とした企業
    6.4.2.各社の戦略比較
    図表26 各社の提供範囲
7.製造業向けIoT市場の今後の予測
  7.1.次世代ものづくりソフトウェア市場規模(全世界)
    図表27 次世代ものづくりソフトウェア市場規模(全世界/2014-2018)

Ⅲ.個別企業の動向

SAP
  図表28 地域別売上高
  図表29 主要なIoT関連のSAP製品
  図表30 パーフェクトエンタープライズ(今後求められる企業システムの姿)
  図表31 IoTで実現する5つのシナリオ
GE
  図表32 セグメント別売上高構成比
  図表33 ブリリアント・ファクトリー
シーメンス
  図表34 事業分野別売上高構成比
  図表35 インダストリーソフトウェア
  図表36 スマート・イノベーション・ポートフォリオ
ダッソー・システムズ
  図表37 ダッソー・システムズ・システムズの業績推移・製品別構成比
PTC
  図表38 PTCの地区ごとの売上高推移
  図表39 PTCがフォーカスする6つの市場
  図表40 クローズド・ループ・ライフサイクル・マネジメント
富士通
  図表41 事業セグメント別売上高構成比
  図表42 ものづくり革新アーキテクチャ
  図表43 スマートなものづくり実現のアプローチ
  図表44 ものづくりナビゲーション

Ⅳ.アンケート調査結果

8.アンケートについて
  8.1.アンケート実施内容
  8.2.回答企業プロフィール
    8.2.1.業種
    8.2.2.売上高規模
    8.2.3.従業員数規模
  8.3.認知度
    8.3.1.IoT
    8.3.2.IoT×業種別
    8.3.3.IoT×売上高規模別
    8.3.4.IoT×従業員数規模別
    8.3.5.マシンラーニング(機械学習)
    8.3.6.マシンラーニング×業種別
    8.3.7.マシンラーニング×売上高規模別
    8.3.8.マシンラーニング×従業員数規模別
    8.3.9.フォグコンピューティング
    8.3.10.フォグコンピューティング×業種別
    8.3.11.フォグコンピューティング×売上高規模別
    8.3.12.フォグコンピューティング×従業員数規模別

参考:主要ソフトウェアの解説

9.PLM
  9.1.PLMとは
    図表45 PLM製品の定義
  9.2.PLMの意義
  9.3.PLMの市場動向
    図表46 PLMの出荷状況(全世界/2012-2018予測)
    図表47 アプリケーション別 PLMの出荷状況(全世界/2012-2018予測)
    図表48 PLMの出荷状況(日本/2012-2018予測)
    図表49 アプリケーション別 PLMの出荷状況(日本/2012-2018予測)
10.MES
  10.1.製造業×IoT時代の重要ソフトウェア MES
  10.2.MESとは
    10.2.1.MESの定義(3層モデル)
    図表50 MESの3層モデル
    図表51 各層の特徴
    10.2.2.MESの11機能
    図表53 MESの11機能
  10.3.MOM
    10.3.1.MOMの機能階層モデル
    図表54 機能階層モデル
  10.4.プロセス業/加工組立業 業種の違いがMESの違いを生む
    10.4.1.停められない/停められる
    図表55 ビール工場の製造工程
    10.4.2.システムが支える/人が支える
    10.4.3.規模の単位が大きい/規模の単位が小さい
    10.4.4.単位変換の必要がない/必要がある
    図表56 各層の特徴
    10.4.5.標準的/千差万別
    10.4.6.MESの領域小/MESの領域大
    10.4.7.造ることの管理がカギ/調達・在庫管理がカギ
    10.4.8.つながる/孤立する
    10.4.9.加工組立業のMESニーズ
    図表57 MESソリューションの影響
  10.5.経営/現場で異なるMESソリューション
    10.5.1.垂直方向に見るとわかるMESの市場構造
    図表58 MESソリューションの導入構造
    10.5.2.加工組立業でMESが発達しなかった理由
  10.6.経営・情報部門と現場部門とで異なるニーズ
  10.7.3種類のベンダー
    10.7.1.不足する上下に精通する人材
    10.7.2.MES導入の旗振り役が変わる
    10.7.3.ボトムアップが日本の特徴
  10.8.国内MESソリューション市場の中期予測
    図表59 国内MESソリューション売上高予測(2007年~2014年予測)

※ 参考:主要ソフトウェアの解説は、『2015 PLM市場の実態と展望』(2015年3月発刊)、『設計・製造ソリューション市場動向-生産管理、MES、PLM-』(2013年7月発刊)より、抜粋・編集

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。