2009年版 バイオメトリクス市場白書

個人情報保護法の完全施行後、企業の内部統制ニーズが追い風を受け、市場が急拡大しているバイオメトリクス市場レポート。
需要用途別・識別方式別の分野別市場規模の算出と2012年度までの市場規模を大胆予測。

発刊日
2009/09/30
体裁
A4 / 290頁
資料コード
C51203500
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

172,800
160,000
12,800
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、「お問い合わせ」からご請求ください。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:バイオメトリクス市場に参入している企業の実態と将来の見方を調査することによって、市場全体の将来の
       可能性を展望し、関連各社の事業戦略立案の基礎資料に供することを目的とする。
調査方法:専門調査員による直接面接取材及び電話によるヒアリング取材併用
調査・編集期間:2009年7月~2009年9月
 

リサーチ内容

第Ⅰ章 市場総論

1.市場概況
  (1)参入企業動向
  (2)バイオメトリクス技術と市場背景
  (3)生体認証技術の課題
  (4)生体認証技術の歴史
2.主要企業の動向
  (1)東芝
  (2)パナソニック
3.バイオメトリクス認証の種類(分類)と特徴
  (1)指紋
  (2)網膜
  (3)虹彩
  (4)顔貌
  (5)掌形
  (6)声紋
  (7)署名
  (8)静脈(血管)
  (9)耳形
  (10)DNA
4.市場における課題・問題点
5.注目される主な導入事例
  (1)国内主要事例
  (2)海外主要事例
6.参入メーカー(調査企業)一覧
7.参入メーカー(調査企業)の展開事業分野一覧
8.主要上市製品一覧
9.市場規模推移
  (1)全体
  (2)需要分野・用途別
  (3)識別方式別
10.参入メーカーシェアとランキング
11.主要ユーザー導入事例
12.ターゲットアプリケーション
13.ユーザーの認識の変遷
14.導入価格帯の傾向
15.開発の主要テーマ
16.生産・調達体制の整備状況
17.販売体制及び流通経路
18.自社認証方式の普及促進のシナリオ
19.価格政策と低価格化のポイント
20.他社との差別化戦略
21.注目競合企業と業界の変化
22.現状の課題・問題点
23.今後の市場見通し
24.2012年までの需要予測
  (1)全体
  (2)需要分野・用途別
  (3)識別方式別


第Ⅱ章 搭載機器市場の動向

1.電子機器分野
  (1)携帯電話
  (2)パソコン
  (3)POSターミナル
  (4)ハンディターミナル
  (5)金融端末
  (6)ビデオカメラ
  (7)デジタルカメラ
  (8)プリンター
2.輸送用機械分野
  (1)自動車
  (2)オートバイ
3.住宅・オフィスビル分野
  (1)戸建て住宅
  (2)マンション
  (3)オフィスビル


第Ⅲ章 個別企業実態調査票

株式会社 アート
アート・クラフト・サイエンス 株式会社
株式会社 アニモ
ウィッツェル 株式会社
沖電気工業 株式会社
株式会社 シンクロ
ソニー 株式会社
株式会社 ディー・ディー・エス
日本セキュアジェネレーション 株式会社
日本電気 株式会社
バイオニクス 株式会社
日立オムロンターミナルソリューションズ 株式会社
株式会社 日立情報制御ソリューションズ
株式会社 日立製作所
日立ソフトウェアエンジニアリング 株式会社
富士通 株式会社
三菱電機 株式会社
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

172,800
160,000
12,800

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。