世界海洋エネルギー発電市場に関する調査

海洋エネルギー発電は、太陽光発電や風力発電と比べ本格的な実用化が遅れています。しかし、欧州では公的支援に加え、大手電力会社などによる民間投資も活発化してきています。また、日本国内でも最近になって東京都の呼びかけにより「波力発電検討会」が発足するなど、改めて実用化に向けた動きが俄かに盛り上がってきています。
本調査レポートでは、波力発電、潮力発電を中心に最新の研究開発動向を調査するとともに、先行する英国での現地調査を敢行。海洋エネルギー発電の実態を明らかにすることで、日本における市場ポテンシャルを分析しました。

発刊日
2011/07/30
体裁
A4 / 151頁
資料コード
C52100700
PDFサイズ
25.6MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:波力、潮力を利用した海洋エネルギー発電について、開発で先行する英国での現地調査を通じ実態を明らかにすることで、日本における今後の市場ポテンシャル及び課題を分析した。
調査対象:海洋エネルギー発電に関わるシステムメーカー、電力会社、政府関連組織、研究開発センター、金融会社など
調査方法:直接面談取材を中心に、併せて文献調査なども行った。
調査期間:2010年11月~2011年7月
 

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 海洋エネルギー発電市場の将来を展望。技術、コスト、環境・社会的側面からみた課題を探る。
  • 海洋エネルギー発電の最新研究開発動向を調査。
  • 先行する英国の現状を現地調査。
  • 注目企業と研究機関の動向と戦略を探る。

■本資料の概要

第1章 海洋エネルギー発電市場の展望
第2章 海洋エネルギー発電の最新研究開発動向
第3章 先進事例研究~先行する英国の現状を徹底分析
第4章 注目企業&研究機関の動向と戦略

■掲載内容

第1章 海洋エネルギー発電市場の展望

1.英国の今、日本の明日
  (1)海洋エネルギー発電の現状
    (図)波力・潮力発電システムの導入量における各国の割合
    (図)世界の波力エネルギー分布(年平均、kWh/m)
    (図)欧州地域の主要テストサイト・プロジェクト
  (2)技術、コスト、環境・社会的側面からみた課題
    ①技術
    ②コスト面
    (表)エネルギー源別発電コスト(2020年予測値)
  (3)日本における海洋エネルギーのポテンシャルと課題
    ①ポテンシャル
    (表)波力・潮力の導入ロードマップ
    (図)波力発電の普及拡大ロードマップ
    ②課題
2.世界の動向(欧州、米国、アジア)
  (1)ポルトガル
  (2)デンマーク
  (3)アイルランド
  (4)ドイツ
  (5)ノルウェー
  (6)スペイン
  (7)スウェーデン
  (8)米国
  (9)カナダ
  (10)オーストラリア
  (11)韓国

第2章 海洋エネルギー発電の最新研究開発動向

1.海洋エネルギー発電に関する研究開発動向
  (1)波力発電
    ①システム概要
    ②開発状況
    Wavebob、AWS Ocean Energy、AW Energy、Wello Oy、Oceanlinx
    (表)WECタイプ別メーカー一覧
    ③技術動向
    (表)WECの技術開発動向
  (2)潮力発電
    ①システム概要
    ②開発状況
    Atlantis Resources、OpenHydro、Hammerfest Strom、Pulse Tidal
    (表)TECタイプ別メーカー一覧
    ③技術動向
    (表)主要TECメーカーのシステム概要
2.日本における研究開発動向
    (表)日本国内におけるこれまでの開発例
  (1)波力発電システム
    (表)日本国内におけるWEC 開発状況
  (2)潮力発電システム
    (表)日本国内におけるTEC 開発状況

第3章 先進事例研究~先行する英国の現状を徹底分析

1.海洋エネルギー発電を取り巻く環境
  (図)英国と海洋エネルギー
  (図)日本、英国の一次エネルギー供給構成(2008年)
  (図)英国のソース別発電容量構成比(mtoeベース)
2.政府ポリシー及び支援制度
  (図)英国政府/スコットランド政府の掲げる主なターゲット
  (図)再生可能エネルギーに関する主だった動き(EU/国際、英国、海洋エネルギー)
  (図)英国/スコットランドにおける海洋エネルギー支援制度(支援額推移)
  (図)英国/スコットランドにおける主な海洋エネルギーの支援制度
  (表)WATERS支援プロジェクト/パートナー企業
  (図)RO制度における調達義務量の推移
3.民間企業の投資状況
  (表)大手資本の動向(欧州)
  (表)欧州大手電力会社の主な取り組み
4.主なプロジェクト計画
  (図)Pentland Firth and Orkney Waters Round 1
  (図)Pentland and Orkney Round 1 における導入計画
  (表)英国での主なプロジェクト計画(Pentland and Orkney は除く)
5.本格実用化に向けた課題と展望、技術ロードマップ
  (図)実用化に向けた開発ステージ
  (図)海洋エネルギー技術ロードマップ

第4章 注目企業&研究機関の動向と戦略

1. Aquamarine Power
  (1)会社概要
  (2)システム概要
  (3)プロジェクト
2. Pelamis Wave Power
  (1)会社概要
  (2)システム概要
  (3)プロジェクト
3. Voith Hydro Wavegen
  (1)会社概要
  (2)システム概要
  (3)プロジェクト
4. Marine Current Turbines
  (1)会社概要
  (2)システム概要
  (3)プロジェクト
5. Voith Hydro Ocean Current Technologies
  (1)会社概要
  (2)システム概要
  (3)プロジェクト
6. SSE Renewables
  (1)会社概要
  (2)海洋エネルギー発電に関わる取り組み
7. EMEC
  (1)組織概要
  (2)テストサイト概要
8. Southwest RDA(Wave Hub)
  (1)組織概要
  (2)Wave Hub プロジェクト
9. Carbon Trust
  (1)組織概要
  (2)低炭素化技術に対する支援活動
  (3)海洋エネルギーに関わる取り組み

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。