サーバ仮想化ソリューション市場 急成長市場の実態とクラウドへの展望

近年、格段に信頼性を高め、急速に認知が広がった仮想化技術。ITコスト削減効果があるとされることから、この不況下においても仮想化ソリューション市場は成長しています。本調査レポートでは、仮想化ソリューション、中でもサーバー仮想化についてSIerを中心にインタビューを行い、市場の現状を把握・分析し、将来の展望を描きました。

発刊日: 2010/06/22 体裁: A4 / 163頁
資料コード: C52104300 PDFサイズ:
カテゴリ: 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:サーバ仮想化ソリューション市場の動向を把握することを目的とし、ソリューションベンダを中心に各社の取組状況を調査した。なお、本レポートは仮想化ソフトウェア(メーカー)ではなく、ソリューションに注目したものになっている。
調査方法:公開情報、弊社蓄積情報、直接面接取材などを併用
調査期間:2009年12月~2010年6月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 仮想化ソリューションの全体概要をまとめ、今後の動向を明らかにしました。
    ・サーバ仮想化ソリューションの全体市場規模と予測を算出・掲載(2008年~2012年)。
    ・サーバ仮想化ソリューション市場のビジネスの構造や現状を解説。
  • サーバー仮想化ソリューションを提供するSIer約10社の取り組み実態を調査。
    ・【個表掲載予定内容】
     仮想化関連売上高推移/ユーザ年商規模別売上金額比率/業種別売上金額比率/目的別比率など。
  • 延長線にみえてくるクラウド基盤のサービス提供についても記載。

■掲載内容

Ⅰ 概要

1.1.サーバ仮想化ソリューション市場規模
  図表 1 サーバ仮想化ソリューション市場規模(2007年~2013年予測)
1.2.サーバー仮想化につづく、次の成長曲線
  図表 2 仮想化・クラウド二つの成長曲線
1.3.今後の3つの戦略方向性 強みを活かせるプランを検討せよ
  図表 3 仮想化ソリューション導入状況

Ⅱ サーバ仮想化ソリューション市場の実態

2.仮想化ソリューションとは
  2.1.仮想化とは
  2.2.サーバ仮想化とは
    2.2.1.あふれるサーバ
    図表 4 サーバ統合
    2.2.2.サーバの性能拡張手段
    図表 5 サーバ拡張手段
    2.2.3.サーバ仮想化方式
    図表 6 サーバ仮想化方式 類型
    図表 7 パーティショニング方式類型
    図表 8 仮想化ソフトウェア方式 類型
    図表 9 仮想化ソフト方式 模式図
  2.3.サーバ仮想化によりできること
    図表 10 サーバ仮想化技術の特徴
    図表 11 サーバ仮想化技術の適用領域
    図表 12 サーバ統合によるコスト削減効果
  2.4.サーバ仮想化ソフトとは
    2.4.1.VMware
    図表 13 VMware vSphere製品概要
    図表 14  クラウドコンピューティングへの道程
    2.4.2.Microsoft Hyper-V2.0
    2.4.3.Citrix XenServer
    2.4.4.サーバ仮想化関連ソフト ノベル PlateSpin Workload Management製品群
    図表 15 ノベル PlateSpinシリーズ
3.サーバ仮想化ソリューション市場の実態
  3.1.サーバ仮想化ソリューション市場規模と将来予測
    図表 16 サーバ仮想化ソリューション市場規模(2007年~2013年予測)
  3.2.サーバ仮想化ソリューション市場の現状
    3.2.1.ソリューション単価 下落基調が鮮明に
    図表 17 サーバ仮想化ソリューション 案件規模別単価
    3.2.2.導入へのステップ コモディティ化する仮想化ソリューション
    図表 18 サーバ仮想化ソリューションの3工程
    3.2.3.既存顧客防衛には必須のソリューションに
    3.2.4.サーバ統合とレガシー延命が主要目的
    図表 19 仮想化の目的別構成比
    3.2.5.仮想化ソリューションの分類
    図表 20 サーバ仮想化ソリューション類型
    3.2.6.仮想化ソフト VMwareが主流も、今後はHyper-Vに注目
    図表 21 仮想化ソフト構成比
    3.2.7.ユーザー企業の規模別・業種別の動向
    3.2.8.課題は増加するVMの管理
    図表 22 仮想化ソリューション 今後の課題
    3.2.9.各社の市場動向に対する認識
  3.3.マクロ環境
    3.3.1.経済情勢について
    3.3.2.わが国のIT市場について
    図表 23 情報サービス産業 売上高合計 年次推移
    図表 24 情報サービス業の売上高 前年比・前年同月比推移
    図表 25 企業向けサービス価格指数
4.仮想化の今後
  4.1.仮想化の変遷 -貴重資源の分割から余剰資源の節約へ
  4.2.サーバ仮想化ソリューション市場は既にレッドオーシャン
  4.3.2009年が終わり -“仮想化後”への準備を急げ
    4.3.1.進展するクラウド基盤の構築
    4.3.2.次の成長曲線に乗り遅れるな
    図表 26 仮想化・クラウド二つの成長曲線
  4.4.次のターゲット プライベートクラウド
    4.4.1.クラウドの分類
    図表 27 クラウドコンピューティングの分類
    4.4.2.アウトソーシングビジネスとエクスターナル・プライベートクラウド
    図表 28 SIerの課題と解決に向けた取組み
    図表 29 SIerの事業の付加価値を示す「スマイルカーブ」
    4.4.3.クラウドインテグレーションとインターナル・プライベートクラウド
    図表 30 複雑化する企業システムの利用形態
    4.4.4.仮想化基盤とクラウドの違い
    図表 31 IBMのクラウドの3要素
  4.5.次々と登場するクラウドモデル
    4.5.1.IIJ GIOとは
    図表 32 IIJ GIOサービスメニュー
    図表 33 IIJ GIOコンポーネントサービス構成
    図表 34 IIJ GIOコンポーネントサービス組合せイメージ
    図表 35 IIJ GIO自社開発によるクラウドアーキテクチャ
  4.6.サーバ仮想化ソリューション 今後の戦略展開
    図表 36 仮想化ソリューション導入状況

Ⅲ サーバ仮想化ソリューション各社の動向分析

5.サーバ仮想化ソリューション市場 ビジネスの構造
  5.1.勝負のカギはアセスメントから保守運用へ
  5.2.各社のソリューション内容や取り扱う仮想化ソフト
  5.3.主なターゲット顧客像/導入実績や年商規模別、業種別動向
  5.4.提供サービスの特色・差別化ポイント
  5.5.主な構築目的 大手は集約、中堅以下は延命に注目
    図表 37 仮想化ソリューション売上高における構築目的別構成比
  5.6.今後の課題
  5.7.今後の展開

Ⅳ クラウドコンピューティング市場 概要

6.クラウドコンピューティングとは
  6.1.クラウドコンピューティング
  6.2.クラウドコンピューティングの定義と分類
    図表 38 受託開発とクラウドコンピューティングの違い
  6.3.パブリッククラウドとプライベートクラウド
    図表 39 クラウドコンピューティングの分類
  6.4.SaaS/PaaS/HaaS・IaaS
  6.5.クラウド市場のプレイヤー構造
    図表 40 クラウド市場における主要なプレイヤー
  6.6.2009年~2015年のクラウドコンピューティング市場規模予測
    6.6.1.クラウドコンピューティング市場規模予測
    図表 41 クラウドコンピューティング市場規模予測
    図表 42 サービスの定義
    6.6.2.市場成長の背景と理由
    図表 43 サービスの種類とその内容
    図表 44 サービスの種類と市場成長の要因

Ⅴ ソリューションベンダ の企業戦略

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
  図表 45 CTC VM Poolラインアップ
沖電気工業株式会社
  図表 46 DressUP Solutions概要
株式会社CSK-ITマネジメント
株式会社ネットワールド
パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社
  図表 47 SecureOnlineの利用イメージ
  図表 48 日立統合仮想化ソリューション
日立電子サービス株式会社
  図表 49 DENSA 仮想化関連ソリューション
富士ソフト株式会社
  図表 50 富士ソフト サーバ仮想化サービス
株式会社富士通ビジネスシステム
  図表 51 FJBが提供するサービス
ユニアデックス株式会社
  図表 52 管理コンソール
リコーITソリューションズ株式会社

Ⅵ 企業個票

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社,沖電気工業株式会社,株式会社CSK-ITマネジメント,
パナソニックソリューションテクノロジー株式会社,日立電子サービス株式会社,富士ソフト株式会社,
株式会社富士通ビジネスシステム,ユニアデックス株式会社,リコーITソリューションズ株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C49201300 2007年版 ブロードバンド白書
C48205400 2006年版 IP電話関連機器市場
C50206500 2008年版 法人向けコミュニケーション市場の展望と戦略(ユーザー調査編)
C50105500 2008 フォトプリンタ/インクジェットプリンタ市場の実態と展望
C50103100 2007-2009 ユーザ企業のIT投資実態と予測