2010 PLM市場の実態と展望

PLM(Product Lifecycle Management)とは、開発・生産からメインテナンス、あるいはリサイクルにいたるまでの、製品のライフサイクル全般にわたり管理しようという概念です。本調査レポートでは、それを実現するためのツールとして、CAD/CAM/CAE、PDM、デジタル・ファクトリー、ERP系の各ツールがあるととらえ、PLMベンダーの最新のビジネス動向を調査しました。経済危機は製造業へも大きな打撃を与えたが、それによるPLMソリューションの出荷動向はどのようになったか、また、今後、PLM市場はどのように推移していくのか。PLM市場の動向を調査・分析し、当該市場の将来を展望いたしました。

発刊日
2010/05/17
体裁
A4 / 257頁
資料コード
C52103000
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内におけるPLM市場の実態を調査・分析することで、当該関連企業及び担当者の参考資料としてご利用いただくことを目的とする。
調査期間:2010年2月~4月
 

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 2007年~2013年予測までの中期市場予測数値を掲載。加えて、アプリケーション別、業種別など、切り口豊富に予測状況を紹介。
  • 2007年~2009年までの市場データを掲載。各社の詳細売上高を推計・集計し、売上高推移を明確に。また、各細目においてシェア情報を表・グラフを使いビジュアルに記載。
  • 有力企業各社の昨今の取り組み動向を詳細にレポート。各企業が注力するPLMアプリケーション情報など、業界動向分析には欠かせない定性情報が満載。

■掲載内容

Ⅰ.総論

1. PLM市場概況
  1.1. 2009 年のPLM市場は初の減少
  1.2. ライセンス市場の減少がめだつ
  1.3. 日本のものづくりとPLM
  1.4. 技術流出がとまらない
  1.5. エンタープライズPLMの時代
  1.6. クラウド・コンピューティングへの対応
2. PLM市場中期予測
  2-1. PLM関連売上高予測(全世界/2007-2013予測)
  2-2. 地域別売上高予測(全世界/2007-2013予測)
  2-3. アプリケーション別売上高予測(全世界/2007-2013予測)
  2-4. PLM関連売上高予測(日本国内/2007-2013予測)
  2-5. アプリケーション別売上高予測(日本国内/2007-2013予測)
    2-5-1. CAD/CAM/CAE売上高予測(日本国内/2007-2013予測)
    2-5-2. PDM売上高予測(日本国内/2007-2013予測)
    2-5-3. デジタルファクトリー売上高予測(日本国内/2007-2013予測)
    2-5-4. ビューワ/DMU売上高予測(日本国内/2007-2013予測)
  2-6. 業種別売上高予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2007-2013予測)
    2-6-1. 電機業界に対する売上高予測(日本国内/2007-2013予測)
    2-6-2. 精密機械業界に対する売上高予測(日本国内/2007-2013予測)
    2-6-3. 機械業界に対する売上高予測(日本国内/2007-2013予測)
    2-6-4. 輸送用機器業界に対する売上高予測(日本国内/2007-2013予測)
    2-6-5. 加工製造業に対する売上高予測(日本国内/2007-2013予測)
    2-6-6. その他業界に対する売上高予測(日本国内/2007-2013予測)
  2-7. 年商別売上高予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2007-2013予測)
    2-7-1. 大手企業に対する売上高予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2007-2013予測)
    2-7-2. 中小・中堅企業に対する売上高予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2007-2013予測)
  2-8. パッケージライセンス、サービス別売上高予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2007-2013予測)
    2-8-1. パッケージライセンス売上高予測(日本国内/2007-2013予測)
    2-8-2. サポート・保守・サービス売上高予測(日本国内/2007-2013予測)

Ⅱ.データ編

1. PLMの出荷状況(全世界)
  1-1. PLM売上高推移(全世界)
  1-2. PLM売上高シェア(全世界)
  1-3. 地域別売上高の推移
  1-4. アプリケーション別売上高の推移(全世界)
    1-4-1. CAD/CAM/CAE売上高の推移(全世界)
    1-4-2. CAD/CAM/CAE売上高シェア(全世界)
    1-4-3. PDM売上高推移(全世界)
    1-4-4. PDM売上高シェア(全世界)
    1-4-5. デジタルファクトリー売上高の推移(全世界)
    1-4-6. デジタルファクトリー売上高シェア(全世界)
    1-4-7. ビューワ/DMU売上高の推移(全世界)
    1-4-8. ビューワ/DMU売上高シェア(全世界)
2. PLMの出荷状況(日本国内)
  2-1 PLM売上高推移(日本国内)
  2-2. PLM売上高シェア(日本国内)
  2-3. アプリケーション別売上高推移(日本国内)
    2-3-1. CAD/CAM/CAE売上高の推移(日本国内)
    2-3-2. CAD/CAM/CAE売上高シェア(日本国内)
    2-3-3. PDM売上高の推移(日本国内)
    2-3-4. PDM売上高シェア(日本国内)
    2-3-5. デジタルファクトリー売上高の推移(日本国内)
    2-3-6. デジタルファクトリー売上高シェア(日本国内)
    2-3-7. ビューワ/DMU売上高の推移(日本国内)
    2-3-8. ビューワ/DMU売上高シェア(日本国内)
  2-4. 業種別売上高の推移(日本国内)
    2-4-1. 電機業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-2. 電機業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-3. 精密機械業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-4. 精密機械業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-5. 機械業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-6. 機械業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-7. 輸送用機器業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-8. 輸送用機器業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-9. 加工製造業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-10. 加工製造業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-11. その他業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-12. その他業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
  2-5. 顧客企業年商別売上高の推移(日本国内)
    2-5-1. 中小・中堅企業(年商500億円以下)に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-5-2. 中堅・中小企業(年商500億円以下)に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-5-3. 大企業(年商501億円以上)に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-5-4. 大企業(年商501億円以上)に対するPLM売上高シェア(日本国内)
  2-6. パッケージライセンス、サービス別売上高の推移(日本国内)
    2-6-1. パッケージライセンス売上高の推移(日本国内)
    2-6-2. パッケージライセンス売上高シェア(日本国内)
    2-6-3. サポート・保守・サービス売上高の推移(日本国内)
    2-6-4. サポート・保守・サービス売上高シェア(日本国内)

Ⅲ.主要ベンダーの戦略展望

SAPジャパン : 全世界3,200社以上の企業がSAP PLMを導入
オートデスク : デジタルプロトタイプというコンセプトを提唱
シーメンスPLMソフトウェア : IBMとの連携を強化
ソリッドワークス・ジャパン : ENOVIA V6を基盤としてクラウドに対応
ダッソー・システムズ : IBMのPLM事業部門を統合
PTCジャパン : 日本国内は再び売上が拡大
富士通 : 「データ衝」により日本発ものづくりITを提唱
ラティス・テクノロジー : XVLにより製造業の業務最適化を支援

Ⅳ.個別企業編

アンシス・ジャパン株式会社,SAPジャパン株式会社,NTTデータエンジニアリング株式会社,
エムエスシーソフトウェア株式会社,オートデスク株式会社,株式会社C&Gシステムズ,
株式会社シーディー・アダプコ・ジャパン,シーメンスPLMソフトウェア株式会社,ダッソー・システムズ株式会社,
日本イーエスアイ株式会社,日本オラクル株式会社,NEC(日本電気)株式会社,日本ユニシス株式会社,
PTCジャパン株式会社,富士通株式会社,ラティス・テクノロジー株式会社

■本調査レポートにおける用語の定義について

PLM
Product Lifecycle Management(製品ライフサイクル管理)のこと。本レポートでは、PLMをを実現するためのツールとして、CAD/CAM/CAE、PDM、デジタル・ファクトリー、ERP系の各ツールがあるとらえている。

CAD/CAM/CAE
コンピュータによる設計支援ツール。本調査では、図面作成を主眼とした2次元CADから、立体的なモデルを構築する3次元CAD、あるいは有限要素法などによる構造解析や機構解析を支援するためのCAEシステムなどを含んでいる。

PDM
Product Data Management(製品データ管理、製品技術情報管理)のこと。製品の開発工程において、設計・開発に関わるすべての情報を一元化して管理し、工程の効率化や期間の短縮をはかる情報システム。

デジタル・ファクトリー
Digital Factory。生産工程の設計、人間工学的シミュレーション、ロボットシミュレーション、組立ラインの設計、および生産の実行を含む、すべての製造プロセスをデジタル化することにより、最適化をはかるためのシステム。

ビューワ/DMU
ビューワとはCADデータを見るためのソフト。DMU(Digital Mock-Up、デジタルモックアップ)は、さらに一歩すすめて、製品の外見、内部構成などを比較、検討するためのシミュレーションソフトウェア。 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。