2010年版 ペットビジネスマーケティング総覧

ペット市場は、ここ数年、ペットのコンパニオンアニマル化で成長してきました。しかし近年は生体の小型化で市場成長が鈍化。また、景気悪化を受けての消費者の節約志向は、ペット市場にどのような影響を及ぼしているのでしょうか?本調査レポートでは、有力企業を直接面接取材。商品戦略、プロモーション戦略など約30社の詳細情報を個別掲載。ペットビジネス参入各社の戦略を徹底研究いたしました。

発刊日
2010/06/30
体裁
A4 / 411頁
資料コード
C52104900
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:ペット関連市場を広く調査・収録することによって、当該市場に関するマーケティング戦略構築のための基礎資料とする。
調査対象:ペットフードメーカー、ペット用品メーカー、問屋、小売店等を調査対象とした。また、併せて関連団体への調査も行った。
調査方法:直接面接取材、電話取材を実施した。
調査期間:2010年4月~2010年6月
 

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 全体市場、カテゴリ別の市場規模推移と予測を掲載(2005~2011年度予測)。
  • フードのタイプ別メーカーシェアを掲載。
  • 不況下の各社の成長戦略と市場の将来展望を解説。
  • ペットのコンパニオンアニマル化で成長してきたペット市場。近年は生体の小型化で市場成長が鈍化。「小型犬」「室内飼育」をキーワードとした各社の戦略を徹底研究。
  • ペットフードは「ライフスタイル別」「ライフステージ別」「犬種別」などさらに細分化。フードメーカーの販売戦略を一挙掲載。
  • ペット用品は取扱いカテゴリーを拡充し、各社のシェア、市場規模、今後の見通しを解説。
  • 周辺産業は競争激化。ペット医療、ペット保険、霊園・葬儀等ペット関連産業の現状を分析し、将来を展望。
  • 有力企業を直接面接取材。商品戦略、プロモーション戦略など34社の詳細情報を個別掲載。

■掲載内容

第Ⅰ章 ペット関連市場の現状と展望

1.ペット市場全体の動向
  (1)市場規模推移と予測~2009年度は1.3%増の1兆3,706億円に~
  (2)分野別概況~景気悪化の影響を受け伸長率が鈍化、生体販売は苦戦~
    【ペットフード・用品メーカー売上高ランキング】
2.ペット市場の今後の見通し
  (1)社会環境の変化~社会環境の変化でペットに対する期待が増加~
  (2)ペット市場の将来展望~成長続くも低成長、生体販売の啓蒙が不可欠~

第Ⅱ章 カテゴリー別市場動向

1.ペットフード市場
  (1)ペットフード市場概況
    ①市場規模推移と予測~景気低迷で苦戦はするも、拡大は維持~
    ②業界動向と売上高ランキング~ユニ・チャームペットケア、トップとの差を縮める~
    【ペットフード全体売上高ランキング】
    【ドッグフード売上高ランキング】
    【キャットフード売上高ランキング】
    ③商品動向~犬種別、高齢化対応フードが活性化~
    ④今後の市場見通し~プレミアムフードの先を模索~
    主要ペットフードメーカーの商品政策
    主要ペットフードメーカーの販売促進策
    【ドッグフード企業別ブランド構成】
    【キャットフード企業別ブランド構成】
  (2)カテゴリー別市場動向とメーカーシェア
    ①ドッグフード~ドライフードは拡大を維持、ウェットフードは減少続く~
    ⅰ.タイプ別市場規模推移と予測
    ⅱ.タイプ別メーカーシェア
      a.ドッグフードトータル b.ドッグドライフード c.ドッグウェットフード d.ドッグスナック
    ②キャットフード~ドライフードがウェットフードの売上げを抜く~
    ⅰ.タイプ別市場規模推移と予測
    ⅱ.タイプ別メーカーシェア
    a.キャットフードトータル b.キャットドライフード c.キャットウェットフード
    【特別療法食市場】
2.ペット用品市場
  (1)ペット用品市場概況
    ①市場規模推移と予測~成長続くも伸長率は鈍化傾向~
    ②業界動向と売上高ランキング~アイリスとユニ・チャームの2強が好調~
    【ペット用品メーカー主要企業一覧】
    ③商品動向~しつけ剤、ウェットティッシュなど室内向け商品が拡大基調~
    ④今後の市場見通し~飼育環境に即した形で拡大続く~
    主要ペット用品メーカーの商品政策
    主要ペット用品メーカーの販売促進策
  (2)カテゴリー別市場動向
    ①猫砂~価格競争から機能面への競争へ~
    ⅰ.市場概況 ⅱ.メーカー動向 ⅲ.今後の市場見通し
    ②トイレ用シーツ~各メーカー機能強化へ注力、PB製品も拡大傾向~
    ⅰ.市場概況 ⅱ.メーカー動向 ⅲ.今後の市場見通し
    ③消臭剤・脱臭剤~縮小基調の中、家庭用との違いを打ち出せるかが鍵に~
    ⅰ.市場概況 ⅱ.メーカー動向 ⅲ.今後の市場見通し
    ④シャンプー・リンス類~景気悪化の中、トリミング需要を取り込めるかが成長の鍵~
    ⅰ.市場概況 ⅱ.メーカー動向 ⅲ.今後の市場見通し
    ⑤防虫剤・殺虫剤~ダウントレンドの中、家庭用商品との違いを出せるかが鍵に~
    ⅰ.市場概況 ⅱ.メーカー動向 ⅲ.今後の市場見通し
    ⑥しつけ剤~室内飼育の拡大で需要は増加、認知度のアップが成長に不可欠~
    ⅰ.市場概況 ⅱ.メーカー動向 ⅲ.今後の市場見通し
    ⑦ウェットティッシュ~拡大基調も拡大にはメーカー間の競争が不可欠~
    ⅰ.市場概況 ⅱ.メーカー動向 ⅲ.今後の市場見通し
    ⑧動物用医薬品~市場は安定も薬事法の規制で急拡大は見込めず~
    ⅰ.市場概況 ⅱ.メーカー動向 ⅲ.今後の市場見通し
    ⑨フィッシュ用品~市場の本格回復に向け、新規ユーザーの掘り起こしを急ぐ~
    ⅰ.市場概況 ⅱ.今後の市場見通し
3.生体市場
  (1)市場概況~生体販売は苦戦続く、市場拡大に啓蒙が必要~
  (2)流通概況~購入チャネルが多様化。健全な販売方法の模索の時期へ~
    【2009年度犬種別犬籍登録頭数】

第Ⅲ章 流通動向

1.問屋業界動向
  (1)問屋業界の現状~上位企業への寡占化進む、資本・業務提携も活発に~
    主要問屋のローコストオペレーション
    主要問屋の商品/チャネル/営業政策
  (2)主要問屋の販売チャネル構成~特徴を活かし得意チャネルへ注力~
2.小売市場
  (1)小売市場動向~各チャネルとも特徴ある展開で拡大を模索~
  (2)商品小売動向~景気悪化で値下げの要求ふえる、PB開発も活発に~
  (3)ペット専門店の事業動向
    ペッツワン((株)カインズ)、ペットシティ、ペットフォレスト((株)バロー)

第Ⅳ章 ペット関連サービス

1.ペット関連サービスの現状
  ペットビジネスの概況と予測
2.産業別動向
  (1)ドッグカフェ~商業施設で同伴可能店舗増加。コミュニティの強化が課題~
    ①市場概要 ②将来見通し
    【ドッグカフェ参入例リスト】
  (2)レンタルペット~大幅な拡大は望めないがシニア向け長期レンタルに期待~
    ①市場概要 ②将来見通し
    【レンタルペット参入例リスト】
  (3)ペットパーク・ドッグラン~単独ではなく複合関連施設としての需要に期待~
    ①市場概要 ②将来見通し
    【ペットパーク参入例リスト】
    【ドッグラン参入例リスト】
  (4)人材育成ビジネス~顧客のニーズの多様化から各方面での成長が期待~
    ①市場概要 ②市場規模推移と予測 ③将来見通し
    【人材育成ビジネス参入例リスト】
  (5)オンラインビジネス~競争は激化傾向も新たな需要の創出に期待~
    ①市場概要 ②将来見通し
    【オンラインビジネス参入例リスト】
  (6)カウンセリング~ペットとの距離感が縮まり、カウンセリング需要は増加~
    ①市場概要 ②将来見通し
    【カウンセリング参入例リスト】
  (7)ペット医療~ペットの高齢化、生活習慣病の増加で需要は高まる~~
    ①市場概要 ②市場規模推移と予測 ③将来見通し
  (8)ペット保険~潜在需要は高く拡大が期待、消費者の掘り起しが鍵に~
    ①市場概要 ②市場規模推移と予測 ③将来見通し
    【ペット保険参入企業リスト】
  (9)ペット美容関連サービス~ニーズが拡大しサービスの多様化が進む~
    ①市場概要 ②将来見通し
  (10)ペットホテル~ペットと飼育者に安心を提供できるかが今後の成長の鍵に~
    ①市場概要 ②将来見通し
    【ペットホテル参入例リスト】
  (11)ペットの葬送~市場は拡大傾向。業界全体でのルール作りが必要な時期に~
    ①市場概要 ②市場規模推移と予測 ③将来見通し
  (12)ペット共生住宅~新規物件の供給は増加。非飼育者への配慮が課題~
    ①市場概要 ②将来見通し
    【大手ハウスメーカーのペット共生型住宅】
  (13)ペット関連雑誌~拡大は困難も紙媒体ならではの企画で生き残りをかける~
    ①市場概要 ②将来見通し
    【ペット関連雑誌リスト】

第Ⅴ章 有力企業の動向

1.メーカー
 アースバイオケミカル(株)、アイシア(株)、アイリスオーヤマ(株)、イースター(株)、
 いなばペットフード(株)、現代製薬(株)、シーズイシハラ(株)、ジョンソントレーディング(株)、
 (株)スマック、デビフペット(株)、ドギーマンハヤシ(株)、(株)ニチドウ、日清ペットフード(株)、
 日本配合飼料(株)、日本ヒルズ・コルゲート(株)、日本ペットフード(株)、ネスレピュリナペットケア(株)、
 はごろもフーズ(株)、常陸化工(株)、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(株)、
 ペットライン(株)、マースジャパンリミテッド、(株)ヤマヒサ、ユニ・チャームペットケア(株)、
 ライオン商事(株)
2.問屋
 エコートレーディング(株)、ジャペル(株)、トーショー(株)、日本ペネット(株)、
 三井食品(株)、ラブリーペット商事(株)
3.小売店
 (株)カインズ(ペッツワン)、ペットシティ(株)、(株)バロー(ペットフォレスト)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。