2010 ブランドネット戦略調査 ~ブランドビジネスにおけるネットを中心としたクロスチャネル戦略~

本調査レポートは、ブランドの「ネット戦略」に焦点をあてた、「業界初」の市場分析レポートとして新たに企画いたしました。ECが成長チャネルとして注目を浴びる中、ネット単体の戦略だけでなく、今後のマーケットの鍵を握る「クロスチャネル戦略」の観点から、最新事例・手法も紹介いたしました。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:ファッション市場・ブランド市場全体におけるネット活用の実態、およびネット戦略・クロスチャネル戦略を展開する企業・ブランドを調査把握し、今後のブランドビジネスにおける市場の方向性を探る。
調査対象:下記のアイテムを扱うブランドホルダー企業・ブランドのうち、日本国内(日本語対応)においてインターネットでの公式販売を展開中(もしくは展開予定)の企業・ブランド
<対象アイテム(ファッション商品)>
衣類・服飾雑貨、靴、鞄・皮革小物、宝飾品・時計・アクセサリー、インテリア・生活雑貨、陶磁器・ガラス器
調査方法:直接面接取材、電話ヒアリング及びアンケート調査。公表されている資料やデータ、社内データ・資料、報道情報等

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • なぜ今、ブランドビジネスにおいてネット戦略・クロスチャネル戦略が鍵となるのか、販路の観点から現状・今後を分析。
  • 業界初・ファッションおよびブランドにフォーカスしたEC市場規模算出(2008年~2010年)・トレンド分析。
  • ZOZOTOWN等のファッションECモール、総合ECモール、企業・ブランドの直営EC等の「ショップ型別」の市場構成比を算出。
  • 今後のEC参入の検討材料となるポイントを、導入事例・成功事例と共に分析(「どのような出店形態をとるべきか」、「どこをゴールとすべきか」、「ECにおけるMDのポイント」、「店舗とECの棲み分け・バランス」、「付加サービスの考え方」・・・等。)
  • 最新のクロスチャネル戦略(ブランドムック、テレビ通販、デジタルサイネージ等)について、業界関係者によるインタビューをもとに、その「成功の秘訣」を分析。
  • ファッションEC市場をアイテムごとにブレイクダウンし、市場規模算出・トレンド分析。
  • 各企業・ブランドのEC・クロスチャネル展開状況を個表掲載。
    【掲載内容】サイトの特色、主力購入者層、EC売上高・ECシェア、販売構成比、売筋商品、位置づけ・狙い、実施している付加サービス、集客手法、クロスチャネル戦略の実施状況、等
  • ユーザー動向(性別・年代別・嗜好別分析)を実施。
    ブランド・企業がEC展開において設定している様々な「仮説」や「狙い」に対し、ユーザーは実態として「どのように考え・行動しているのか」検証。
    【調査対象】ネットで商品を購入している20歳~59歳男女。 

■本資料の概要

第1章 市場総合分析
第2章 アイテム別EC市場分析
第3章 EC・クロスチャネル戦略分析(展開企業・ブランド別)
第4章 ユーザー動向(性別・年代別・嗜好別分析)

■掲載内容

第1章 市場総合分析

1.総論:ファッションEC市場・ブランドEC市場
  1-1. 市場規模・動向
    (1)ファッションEC市場
    (2)ブランドEC市場
  1-2. ショップ型別市場規模・構成比
  1-3. 将来展望
    (1)市場規模予測
    (2)今後の予測分析
2.背景:ブランドビジネスにおける販路分析
  2-1. 総合販路分析
  2-2. 百貨店の展開分析
  2-3. 路面店の展開分析
  2-4. ショッピングセンター/ファッションビルの展開分析
  2-5. アウトレットモールの展開分析
3.戦略動向分析
  3-1. テーマ別EC戦略動向
    (1)出店戦略(出店形態、ECの位置づけ・狙い)
     ①ブランドにおけるEC出店形態
     ②ブランドにおける自社ECの位置づけ・狙い
     ③出店形態別の特徴と今後の動向
     ④ブランドが活用する自社EC構築支援サービス
      ((株)スタートトゥデイコンサルティングの例)
      ■サービスの特徴・支援内容
      ■サービスフロー
      ■ブランドにおける導入事例・メリット
    (2)商品・MD戦略
     ①自社ECにおける「品揃え」の現状
     ②自社ECにおける「売筋商品」の傾向
     ③「戦略商品」の位置づけ
    (3)販売促進戦略(集客、付加サービス)
     ①自社ECにおける販促手法(全体像)
     ②自社ECにおける「付加サービス」の傾向
      ■実施度合いの高い付加サービス
      ■ユーザー要望の高い付加サービスとブランドにおける実施状況
  3-2. ブランドポジショニング別のEC戦略動向
    (1)ブランドポジショニング別のEC展開動向(まとめ)
    (2)ラグジュアリーブランド
    (3)キャリア・ビジネスブランド
    (4)セレクトショップブランド
    (5)カジュアルブランド
    (6)メンズブランド
  3-3. ブランドビジネスにおけるクロスチャネルマーケティング手法・事例
    (1)ネットを中心としたクロスチャネルマーケティング手法の変遷
    (2)最新クロスチャネル手法の活用動向
     ①ブランドムック
      ■ブランドムックのビジネスモデル(概要)
      ■ブランドムックの優位点
      ■ブランドにおける導入の実態
      ■過去の発売タイトル(2009年~2010年)
     ②テレビ通販
      ■テレビ通販の形態
      ■「ライブ型テレビ通販」の優位点(ブランド側が活用できる強み)
      ■「ライブ型テレビ通販」大手の動向
     ③デジタルサイネージ
      ■「デジタルサイネージ」とは
      ■デジタルサイネージの形態・活用の変化
      ■ブランドショップにおけるデジタルサイネージの活用動向
      ■マーケティングツールとしてのデジタルサイネージ最新事例
     ④EC連動イベント
      ■リアルクローズEC連動イベント「東京ガールズコレクション」
      ■リアルクローズEC連動イベントの一般的内容
     ⑤その他のクロスチャネルマーケティング(事例)
      ■iPhoneアプリ、iPadアプリの展開
      ■実店舗への誘導
      ■自社ECサイトのテレビCM
  3-4. アジア主要国におけるEC動向
    (1)中国(香港以外)
    (2)香港
    (3)シンガポール
    (4)韓国
    (5)台湾

第2章 アイテム別EC市場分析

1.アイテム別構成比
  1-1. アイテム別構成比
2.アイテム別EC市場分析
  2-1. レディスウェア市場
    (1)市場動向(全体)
    (2)EC市場動向
  2-2. メンズウェア市場
    (1)市場動向(全体)
    (2)EC市場動向
  2-3. 子供・ベビーウェア市場
    (1)市場動向(全体)
    (2)EC市場動向
  2-4. 服飾雑貨市場
    (1)市場動向(全体)
    (2)EC市場動向
  2-5. 鞄・袋物・革小物市場
    (1)市場動向(全体)
    (2)EC市場動向
  2-6. 靴・履物市場
    (1)市場動向(全体)
    (2)EC市場動向
  2-7. 宝飾・時計・アクセサリー市場
    (1)市場動向(全体)
    (2)EC市場動向
  2-8. インテリア・生活雑貨市場
    (1)市場動向(全体)
    (2)EC市場動向

第3章 EC・クロスチャネル戦略分析(展開企業・ブランド別)

1.企業・ブランド別展開個表
  1-1. 企業モール型EC
    (株)アシックス
    イトキン(株)
    (株)オンワード樫山
    (株)カッシーナ・イクスシー
    (株)コロンビアスポーツウェアジャパン
    サムソナイト・ジャパン(株)
    (株)サンエー・インターナショナル
    (株)デサント
    (株)ハニーズ
    (株)バロックジャパンリミテッド
    (株)ミキハウストレード
    (株)明和セールス
    (株)リーガルコーポレーション
    (株)ルック
    (株)レナウン
  1-2. ブランド直営型EC
    アクタス
    アルフレッドダンヒル
    アンテプリマ
    ザ・コンランショップ
    シップス
    ナラカミーチェ
    ニューヨーカー
    ネクスト
    フェイラー
    フォリフォリ
    フランフラン
    ブルックス ブラザーズ
    フルラ
    (株)ポイント
    無印良品
    ユナイテッドアローズ
    リーバイス
    リヤドロ
    ローラ アシュレイ
2.企業・ブランド別展開個表(簡易版)
  2-1. 企業モール型EC
    (株)アオイ
    (株)アバハウスインターナショナル
    (株)エドウイン
    (株)金万
    (株)クリムゾン
    (株)ゴールドウイン
    (株)三陽商会
    (株)ジェイエスワークス
    (株)ジェディックス
    (株)ジョイントワークス
    (株)セルツ
    (株)ナルミヤインターナショナル
    (株)パル
    (株)ビッキー
    (株)ファミリア
    (株)フランドル
    (株)フレームワークス
    (株)ベベ
    ミズノ(株)
    (株)ルドーム
    (株)ワールド
  2-2. ブランド直営型EC
    アースミュージックアンドエコロジー
    アーバンリサーチ
    アフタヌーンティー
    アルベルタ・フェレッティ
    アンドエー
    イデア
    イルムス
    イング
    ヴァレンティノ
    ウェッジウッド
    エーグル
    エディー・バウアー
    エミリオ・プッチ
    エンポリオ・アルマーニ
    オークリー
    カルティエ
    キプリング
    クロコダイル
    コーチ
    コンビミニ
    C.P.カンパニー
    ジーユー
    ジャイロ
    ジュンメン
    ジル・サンダー
    スウォッチ
    ストーンアイランド
    スワロフスキー
    セオリー
    セシルマクビー
    ダイアナ
    ティファニー
    トゥミ
    ドルチェ&ガッバーナ
    ナイスクラップ
    バーニーズニューヨーク
    ハンティング ワールド
    ヒステリックグラマー
    フェリージ
    フォーエバー21
    プチバトー
    プラダ
    ブルガリ
    ポール・スミス
    ボブソン
    マルニ
    ユニクロ
    ライトオン
    ルイ・ヴィトン
    レスポートサック
    ロペ
    ロペピクニック
    4℃
3.EC展開状況一覧
  3-1. 自社EC展開状況
  3-2. 主要外部モール出店状況

第4章 ユーザー動向(性別・年代別・嗜好別分析)

1.調査実施概要
2.総合分析・今後の展開
3.集計・分析結果
  3-1.EC販路からの購買実態
  3-2.クロスチャネルマーケティングの効果
  3-3.ヘビーユーザーからの生の声

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。