IFRS対応動向とIT投資へのインパクト

2015年頃になるとみられる「IFRS(国際会計基準)」の日本の上場企業への適用は、企業会計にとって大きな環境の変化といえます。これにより、上場企業は日本独自の会計基準から、欧州を始め世界100カ国以上の国で適用されている会計基準=IFRSに沿って財務情報を作成し、公開することが義務付けられるためです。当然、会計システムやERPなど情報システムへの影響が予想されます。本調査レポートでは、IFRSに関連したIT投資に関するユーザ調査とIFRS関連ソリューションを扱うITベンダー調査の両面から、IFRS適用によるIT市場への影響を調査いたしました。

発刊日
2010/10/30
体裁
A4 / 173頁
資料コード
C52111100
PDFサイズ
2.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

Ⅰ.アンケート調査
調査対象:日本国内の上場企業
調査方法:WEBアンケート
実施期間:2010年9月

Ⅱ.取材調査
調査対象:当社が独自に選定したITベンダー
調査方法:直接面談取材による
調査期間:2010年8月~9月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 上場企業勤務者261名へのアンケート調査を実施。
    IFRSに関する投資予定(企業規模、業種別集計)、投資額、検討からシステム導入に至るまでのスケジュール、投資対象システム、情報システムに関する課題等
  • IFRS関連ソリューション市場規模と中期展望。(2010年~2016年予測)
  • IFRS関連ソリューション主要ベンダー9社への取材を実施。市場に関する展望などを探りました。

■本資料の概要

第1章 IFRS関連のIT投資動向
第2章 ユーザ企業のIFRS対応計画
第3章 ITベンダーの個別企業動向

■掲載内容

第1章 IFRS関連のIT投資動向

1 IFRS関連ITソリューションの動向
  1-1 IFRS関連IT投資の規模と推移
    図表1 IFRS関連IT市場規模予測(2010年~2016年)
    図表2 IFRS関連IT市場の位置づけ
  1-2 IFRS適用に向けたシステム導入スケジュール
    図表3 ITベンダーが推奨するシステム対応スケジュール
  2012年~2013年頃がシステム導入のピークになる見通し
  1-3 IFRSの任意適用・早期適用の状況
    図表4 日本電波工業の業績項目における日本基準とIFRSとの違い
    図表5 IFRS任意適用企業
  1-4 IFRSを巡る世界の動向
    図表6 日本、欧州、米国のIFRS推進機関
    図表7 世界各国のIFRS適用時期
  1-5 IFRS適用方法のパターン
    図表 8 IFRS適応における「基幹業務アプローチ」と「開示アプローチ」
    図表 9 ディーバが考える3種類の会計の役割
    図表 10 基幹業務アプローチと開示アプローチのメリット・デメリット
  1-6 IFRS適用のための情報システム構築イメージ
    図表 11 グループ共通基幹システム利用イメージ
    図表 12 グループ共通会計システム利用イメージ
    図表 13 連結決算でIFRS対応を行うシステム利用イメージ
2 ITベンダーにおけるIFRSビジネスの実態
  2-1 IFRS関連ITソリューションの特徴
    図表 14 ベンダータイプ別のIFRSソリューションの特徴とビジネスへのインパクト
    図表 15 国産ERPパッケージの位置づけ
    図表 16 2009年 ERPパッケージ市場における財務会計ソリューション(モジュール)の
    ライセンス売上高シェア(エンドユーザ渡し価格ベース)
  2-2 IFRSソリューションのビジネスチャンス
    図表 17 ERPパッケージライセンス市場
    図表 18 IFRS対応予算の用途
  2-3 IFRS関連ビジネスにおける課題と方向性
  2-3-1 コンサルティングにおける課題
  2-3-2 パッケージベンダーにおける課題
  2-3-3 J-SOX法対応の経験が与える影響
3 製品別、ITベンダー別にみるIFRS関連ソリューション動向
  3-1 関連製品のIFRS対応状況
    図表 19 関連製品のIFRS対応状況
  3-2 パッケージベンダーのIFRSビジネスへの期待
    図表 20 パッケージベンダーのIFRSビジネスへの期待

第2章 ユーザ企業のIFRS対応計画

1 IFRS適用のための情報システム対応予算
    図表 21 IFRS適用のための情報システム予算の分布
    図表 22 企業属性別IFRS対応予算の平均金額及び中央値
    図表 23 IFRS対応予算の用途
2 情報システムのIFRS対応スケジュール
  2-1 プロジェクト着手時期
    図表 24 IFRSの適用時期
    図表 25 全体検討プロジェクト開始時期
    図表 26 IFRS適用のための情報システムのプロジェクト着手時期
  2-2 情報システムの導入時期
    図表 27 IFRS適用のための情報システムのカットオーバー時期
    図表 28 IFRS適用のための情報システムの完全移行時期
3 情報システムの導入・構築方法
    図表 29 情報システムのIFRS対応方法
4 IFRS対応のために投資を行う情報システム分野
    図表 30 IFRS対応のために投資を行う情報システム分野(最大3つまでの複数回答)
5 IFRS適用のための情報システム対応に関する課題
    図表 31 IFRS適用のための情報システム対応に関する課題(最大3つまでの複数回答)

データ編
1  ユーザ企業のプロフィール
  図表 32 上場区分
  図表 33 売上高規模
  図表 34 従業員数
  図表 35 業種
  図表 36 回答者の所属部門
  図表 37 回答企業の売上高規模の上場区分別集計
  図表 38 回答企業の従業員数の上場区分別集計
  図表 39 回答企業の業種の上場区分別集計
  図表 40 回答企業の売上高規模の業種別集計
  図表 41 回答企業の売上高規模の従業員数別集計
2  現在の会計システムの導入状況と利用している製品名
  図表 42 現在の会計システムの導入状況
  図表 43 現在の会計システムの導入状況の上場区分別集計
  図表 44 現在の会計システムの導入状況の売上高規模別集計
  図表 45 現在の会計システムの導入状況の業種別集計
  図表 46 現在会計システムとして利用している製品名
3 ユーザ企業のIFRS適用及び情報システムの対応計画
  図表 47 IFRS適用に向けた情報システム予算総額の上場区分別集計
  図表 48 IFRS適用に向けた情報システム予算総額の売上高規模別集計
  図表 49  IFRS適用に向けた情報システム予算総額の従業員数別集計
  図表 50  IFRS適用に向けた情報システム予算総額の業種別集計
  図表 51  IFRS適用に向けた情報システム予算総額の会計システム導入状況別集計
  図表 52 全体検討プロジェクト開始時期の上場区分別集計
  図表 53 全体検討プロジェクト開始時期の売上高規模別集計
  図表 54 全体検討プロジェクト開始時期の従業員数別集計
  図表 55 全体検討プロジェクト開始時期の業種別集計
  図表 56 全体検討プロジェクト開始時期のIFRS対応予算規模別集計
  図表 57 情報システムのプロジェクト着手時期の上場区分別集計
  図表 58 情報システムのプロジェクト着手時期の売上高規模別集計
  図表 59 情報システムのプロジェクト着手時期の従業員数別集計
  図表 60 情報システムのプロジェクト着手時期の業種別集計
  図表 61 情報システムのプロジェクト着手時期のIFRS対応予算規模別集計
  図表 62 情報システムのカットオーバー時期の上場区分別集計
  図表 63 情報システムのカットオーバー時期の売上高規模別集計
  図表 64 情報システムのカットオーバー時期の従業員数別集計
  図表 65 情報システムのカットオーバー時期の業種別集計
  図表 66 情報システムのカットオーバー時期のIFRS対応予算規模別集計
  図表 67 情報システムの完全移行時期の上場区分別集計
  図表 68 情報システムの完全移行時期の売上高規模別集計
  図表 69 情報システムの完全移行時期の従業員数別集計
  図表 70 情報システムの完全移行時期の業種数別集計
  図表 71 情報システムの完全移行時期のIFRS対応予算額規模別集計
  図表 72 情報システムのIFRS対応方法の上場区分別集計
  図表 73 情報システムのIFRS対応方法の売上高規模別集計
  図表 74 情報システムのIFRS対応方法の従業員数別集計
  図表 75 情報システムのIFRS対応方法の業種別集計
  図表 76 情報システムのIFRS対応方法のIFRS対応予算額規模別集計
  図表 77 情報システムのIFRS対応方法の現在の会計システムの状況別集計
  図表 78 情報システムのIFRS対応方法の回答者所属部門別集計
  図表 79 IFRS対応のために投資を行う情報システム分野(最大3つまでの複数回答)の上場区分別集計
  図表 80 IFRS対応のために投資を行う情報システム分野(最大3つまでの複数回答)の売上高規模別集計
  図表 81 IFRS対応のために投資を行う情報システム分野(最大3つまでの複数回答)の従業員数別集計
  図表 82 IFRS対応のために投資を行う情報システム分野(最大3つまでの複数回答)の業種別集計
  図表 83 IFRS対応のために投資を行う情報システム分野(最大3つまでの複数回答)の予算規模別集計
  図表 84 IFRS対応のために投資を行う情報システム分野(最大3つまでの複数回答)の
  会計システム導入状況別集計
  図表 85 IFRS適用のための情報システム対応に関する課題(最大3つまでの複数回答)の上場区分別集計
  図表 86 IFRS適用のための情報システム対応に関する課題(最大3つまでの複数回答)の売上高規模別集計
  図表 87 IFRS適用のための情報システム対応に関する課題(最大3つまでの複数回答)の従業員数別集計
  図表 88 IFRS適用のための情報システム対応に関する課題(最大3つまでの複数回答)の業種別集計
  図表 89 IFRS適用のための情報システム対応に関する課題(最大3つまでの複数回答)の予算規模別集計
  図表 90 IFRS適用のための情報システム対応に関する課題(最大3つまでの複数回答)の回答者所属部門別集計
4 IFRS適用に関する意見(フリーアンサー)
  4-1 IFRS適用に関する否定的な意見
  4-2 IFRS適用に関する肯定的な意見
  4-3 その他
  アンケート原票

第3章 ITベンダーの個別企業動向

<事業戦略>
1.SAPジャパン株式会社
2.エス・エス・ジェイ株式会社
3.株式会社オービック
4.住商情報システム株式会社
5.株式会社ディーバ
6.株式会社電通国際情報サービス
7.日本オラクル株式会社
8.日本電気株式会社
9.株式会社プロシップ
<調査個票>
1.SAPジャパン株式会社
2.エス・エス・ジェイ株式会社
3.株式会社オービック
4.株式会社ディーバ
5.日本オラクル株式会社
6.株式会社プロシップ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。