2011年版 アフターマーケット用液晶保護フィルム市場の現状と展望

携帯電話やスマートフォン、ゲーム機、DSCなどのディスプレイ保護を目的したコンシューマー向けフィルムが、家電量販店をはじめとするアフターマーケットで販売されております。当初はPETフィルム+シリコーン粘着というものがほとんどでしたが、次第にHCや反射防止、タッチペンでの書き味向上、耐指紋・防汚といった機能が付与され、さらに、気泡防止など貼りやすさを追及した製品も投入されました。フィルムの性能アップ、付加価値向上に伴い、表面処理や粘着の果たす役割が重要になっております。アフターマーケット用液晶保護フィルムのサプライチェーンは非常に複雑です。「材料」=機能性フィルムの状態から「商品」となって店頭に並ぶまでの間に非常に多くのプロセスを経由し、受発注の流れや調達先の選択など、ブラックボックスになっている部分も多く見られます。また、サプライや代理店の中には、加工業者の囲い込みに近い動きも見られます。こうした点がサプライチェーンの複雑化・非効率化を招くとともに、材料、加工、サプライの各プロセスで新規参入を困難にしてきました。ただ、サプライの中には従来の業界のありかたを問題視し、新たな商流を模索するところもあります。ネットショップなどの新規販路も出てきました。また、機能性フィルムメーカーの中には海外市場への販売に力を入れるところもあります。このような従来に無い販売チャネルの構築、新市場の開拓に、新規参入のチャンスありと考えます。一方、機能性フィルムメーカーが同市場に参入するためには、粘着・打ち抜き、パッケージングといった、最終製品に近い「加工」にどこまで対応するか、小ロット・多品種・頻繁なデリバリーなどについていけるかといった問題もあります。材料・部材のサプライヤーとしてだけではなく、加工の取り込みや、チャネル・販路開拓など消費者により近い「流通」のポジションでの展開、B to Cの視点でのビジネルモデル構築が問われることとなるでしょう。本調査レポートでは、こうしたアフターマーケット用液晶保護フィルム市場のフィルム加工メーカー(塗工メーカー)~シリコン粘着メーカー~打ち抜き~サプライ・商社までの製品の流れとバリューチェンを明らかにいたしました。

発刊日
2011/03/28
体裁
A4 / 92頁
資料コード
C52113830
PDFサイズ
1.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

440,000
400,000
40,000
440,000
400,000
40,000
473,000
430,000
43,000
880,000
800,000
80,000
913,000
830,000
83,000
1,320,000
1,200,000
120,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • アフターマーケット用液晶保護フィルムのサプライチェーンを調査。
     材料~加工~サプライまでの商流
  • アフターマーケット用液晶保護フィルムのバリューチェーンを調査。
     材料価格、加工費用、サプライ販売価格、店頭価格
  • 機能性フィルムメーカー、加工、サプライ各社(14社)の動向と戦略を調査。
  • 同市場への新規参入の可能性を探る。

■本資料の概要

第1章 アフターマーケット用液晶保護フィルム市場の現状と展望
第2章 アフターマーケット用液晶保護フィルム市場の現状
第3章 参入メーカー各社の動向

■掲載内容

第1章 アフターマーケット用液晶保護フィルム市場の現状と展望

1-1. アフターマーケット用液晶保護フィルムの定義
1-2. アフターマーケット用液晶保護フィルムの変遷
1-3. サプライチェーン
  (図)アフターマーケット用液晶保護フィルム 製品及び受発注の流れ
  (表)各プロセスにおける主要プレイヤー
1-4. サプライチェーンの中のブラックボックス
1-5. 現在のサプライチェーンの問題点
1-6. アフターマーケット用液晶保護フィルム市場の展望
  「材料」=機能性フィルムメーカー、「流通」=サプライ双方に
  新たな販路・サプライチェーン構築の動き
  アクセサリーの「純正品化」の動きにも期待
  新チャネル構築、新市場開拓、後加工の取り込みに新規参入のチャンスあり
  求められるのはB to C視点でのビジネスモデル構築
  アフターマーケット・コンシューマー向けでの展開が
  ディスプレイ・光学関連分野進出の突破口に

第2章 アフターマーケット用液晶保護フィルム市場の現状

2-1.アフターマーケット用液晶保護フィルムのバリューチェーン
  2-1-1. 価格動向
  2-1-2. 各プロセスにおける製品価格
  2-1-3. バリューチェーン
    (図)液晶保護フィルム(スマートフォンサイズ)のバリューチェーン
2-2. アフターマーケット用液晶保護フィルムの需要動向
  2-2-1. 概要
  2-2-2. 国内市場規模
    (表)アフターマーケット用液晶保護フィルム 国内市場規模推移
    (表)参考データ:液晶保護フィルム 主力用途の国内出荷量推移
  2-2-3. 需要動向
2-3. 各種機能性フィルムの概要
  2-3-1. 概要
  2-3-2. CHC
    (表)CHCフィルムの主要サプライヤー
  2-3-3. AG
    (図)AGフィルムの構造
  2-3-4. 反射防止
    (図)一般的な反射防止フィルムの構造
    (表)反射防止フィルムの主要サプライヤー
  2-3-5. 覗き見防止
    (表)覗き見防止フィルム(ルーバータイプ)の主要サプライヤー
2-4.参考資料
  2-4-1. 国内主要サプライ一覧
  2-4-2. 中国主要プレイヤーリスト

第3章 参入メーカー各社の動向

3-1. 機能性フィルムメーカー、コンバーター
  日油株式会社
  ニッパ株式会社
  パナック株式会社
  フジモリ産業株式会社
  東洋包材株式会社
  東山フイルム株式会社
  株式会社ニデック
  株式会社麗光
  株式会社三共プラス
3-2. サプライ
  株式会社バッファローコクヨサプライ
  ハクバ写真産業株式会社
  株式会社ケンコー
  株式会社エツミ
  株式会社アスデック

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

440,000
400,000
40,000
440,000
400,000
40,000
473,000
430,000
43,000
880,000
800,000
80,000
913,000
830,000
83,000
1,320,000
1,200,000
120,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。