2017年版 照明市場の展望と事業戦略

現在市場で主流となりつつあるLED照明の普及における変化(BtoC/BtoB、国内/海外)、参入プレイヤーの動向、さらにその新光源といわれる有機EL照明の開発状況等を中心に調査・分析し、照明市場全体の実態把握とともに将来を予測。市場自体の成熟化がささやかれるなか、BtoB向け、海外展開の強化、制御機能の強化など各社の戦略の転換にクローズアップ。

発刊日: 2017/01/31 体裁: A4 / 446頁
資料コード: C58117700 PDFサイズ: 6.9MB
カテゴリ: 建設、住宅、不動産、建材、住宅設備機器 / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:照明市場における有力参入事業者、主要チャネルである電設資材卸事業者、関連業界・団体への調査・分析、統計資料等の分析により、同市場の現状と参入事業者の事業戦略を把握し、今後の業界を展望することを目的とする。
調査対象:照明関連メーカー11社、有機EL関連メーカー4社、電設資材卸事業者90社、業界団体/協会1団体
調査方法:面接ヒアリング調査、一部書面および電話による補足調査。電話アンケート調査。各種統計等の収集・分析調査
調査期間:2016年10月~2017年1月

調査結果サマリー
Close

照明市場に関する調査を実施(2017年)
~照明市場は、従来光源器具・ランプからLED照明器具への代替が続く~
・2016年の一般照明用途の照明市場規模は、前年比2.9%減の1兆277億円の見込
・2017年の一般照明用途の照明市場規模は前年比2.7%減の1兆円、2018年は同0.4%増の1兆40億円と予測

資料ポイント
Close

  • 東日本大震災以降の省エネ需要の高まりを背景に、急速に普及が進んできたLED照明。普及が一巡し価格競争は激化しメーカー各社の優勢劣敗が明らかに
  • 価格以外の競争要因を模索する照明メーカー各社の戦略は、照明制御ソリューション等による高付加価値化?あるいは新規分野への進出、海外進出の強化!?次世代照明と位置付けられる有機EL照明も含め、有力参入メーカー各社の現状の事業実態および今後の方向性、照明制御ソリューションの最新動向、市場の最重要チャネルである電設資材卸業者の照明販売状況など、照明市場の全容について分析、解明

資料概要
Close

第1章 照明市場を取り巻く環境
第2章 照明市場の実態
第3章 有機EL照明市場の現状および将来展望
第4章 照明市場有力参入企業の事業戦略
第5章 有力照明メーカーの事業実態
第6章 電設資材卸業者における照明販売動向

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.市場動向
2.企業動向
3.展望と課題

第1章 照明市場を取り巻く環境

1.法・制度環境の動向
  1)省エネルギー法の改正
  2)電気用品安全法
2.経済的環境の動向
  1)民間住宅投資・設備投資の動向
  2)照明に係る家計消費動向
3.用途別建築物の新築・リニューアル動向
  1)住宅市場の動向
  2)オフィスビル市場の動向
  3)店舗・商業施設市場の動向
  4)ホテル市場の動向
  5)工場・倉庫市場の動向
  6)学校・病院市場の動向
  7)道路・景観市場の動向

第2章 照明市場の実態

1.照明市場の概況
  1)照明市場の概況
  2)照明市場の市場構造
2.近年の注目動向
  1)照明制御ソリューションへの取組みおよび事例
    NTTファシリティーズ
    岡村製作所
    大林組
    大成建設
    戸田建設
  2)照明メーカー各社の海外展開状況
3.照明市場の市場規模動向
  1)国内照明総市場の市場動向
    ①国内照明総市場の市場規模推移
    ②国内照明総市場におけるメーカー別シェア
    ③国内照明総市場における光源別シェア
    ④国内照明器具市場における建物用途別シェア
    ⑤国内照明総市場における販売チャネル別シェア
  2)照明器具市場の市場動向
    ①照明器具市場の市場規模動向
    ②照明器具の国内生産動向
    ③照明器具の輸出動向
    ④照明器具の輸入動向
    ⑤照明器具市場におけるメーカー別シェア
    ⑥照明器具市場における光源別シェア
  3)ランプ市場の市場動向
    ①ランプ市場の市場規模動向
    ②従来光源ランプの国内生産動向
    ③従来光源ランプの輸出動向
    ④従来光源ランプの輸入動向
    ⑤ランプ市場におけるメーカー別シェア
    ⑥ランプ市場における光源別シェア
4.照明市場の将来予測

第3章 有機EL照明市場の現状および将来展望

1.有機EL照明の開発動向
  1)有機EL照明の研究・開発動向
  2)有機EL照明の実用化における課題・問題点
  3)有機EL照明の今後の見通し
2.有機EL照明関連企業の動向
  株式会社カネカ
  コニカミノルタ株式会社
  住友化学株式会社
  Lumiotec(ルミオテック)株式会社

第4章 照明市場有力参入企業の事業戦略

1.近年の販売動向
2.商品戦略
3.営業・販売チャネル戦略
4.今後の市場見通し/各社の注力分野・方向性

第5章 有力照明メーカーの事業実態

アイリスオーヤマ株式会社、岩崎電気株式会社、NECライティング株式会社、
株式会社遠藤照明、オーデリック株式会社、コイズミ照明株式会社、星和電機株式会社、
大光電機株式会社、DNライティング株式会社、パナソニック株式会社、
三菱電機照明株式会社、株式会社リコー

第6章 電設資材卸業者における照明販売動向

1.調査概要
2.照明関連の品目別販売動向
  1)品目別販売構成比
  2)品目別の販売動向
3.照明関連の品目別取扱いメーカーの状況
4.照明関連の販売における製品面の変化
5.照明関連の用途別・販売チャネル別販売構成比
  1)用途別販売構成比
  2)販売チャネル別販売構成比
6.販売先に関する今後の意向
7.今後の注力施策
8.今後期待できる用途・販売チャネル
  1)今後期待のできる用途
  2)今後期待のできる販売チャネル
8.アンケート調査票
9.アンケート回答一覧

<アンケート回答一覧>
(株)北海道佐々木商会、北海道富士電機(株)、十勝電材(株)、(株)大山、
(株)コアシス、東和電材(株)、(株)丸英でんき、協栄電材(株)、戸部(株)、
伊関電機(株)、光昭(株)、日産電業(株)、伴七電材(株)、藤井産業(株)、
(株)家富商事、大島商事、関東総合資材(株)、昭和電材、広沢電材社、
アマノ電材センター、トヤマ電機、(株)西山電商、千葉電材機工(株)、夏井電気(株)、
双和工機(株)、桜田電気工業(株)、丸吉電機(株)、(株)加賀谷電気商会、
舟橋電機(株)、㈲木村電機商会、(株)正光社、(株)昭電社、田中商事株式会社、
海光電業(株)、光電材(株)、(株)桑都電材、司電機産業、西山商事(株)、
神奈川電材(株)、京浜電工(株)、協同電気(株)、(株)昭栄電材、大江電機(株)、
杉本電機産業株式会社、(株)菱電社、丸新電機照明(株)、北村電機産業(株)、
(株)キョー・エイ、ハクイ電材(株)、伊藤電機販売(株)、新星電機(株)、三興電材、
(株)デンセン、昭和電機産業(株)、信濃電材(株)、東海電材(株)、蟹江商会(株)、
(資)小島電業社、永和電機工業(株)、富永電機(株)、星電気、(株)扇港電機、
滋賀特機(株)、共栄商会、正和電工(株)、三鑛電器(株)、(株)大西商会、
(株)協電、岸電材社、シンセイ(株)、芥川電機(株)、宮地ナショナル(株)、
(株)菱電、四国電材(株)、越智電機産業(株)、(株)ノーベル、(株)山電、
(株)キューテック、福岡電材(株)、内山電機(株)、東光産業(株)、(株)大隈商店、
タイヘイテクノス(株)、太陽照明、米良電機産業(株)、かごしま電工(株)、
(株)アサヒ、新光産業(株)、沖縄パナソニック特機(株)、(株)日新電器産業

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C57124300 2016年版 照明市場の展望と事業戦略
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C58120700 2017年版 フォースフィードバックデバイス市場の現状と将来展望
C58122900 2017年版 建設8大市場の展望と戦略
C58122500 2017 FinTech市場の実態と展望