2010年版 ドクターズコスメ・アンチエイジング化粧品市場の現状と将来展望

本調査レポートでは、認知度の向上により拡大が見込まれるドクターズコスメ市場と、機能・顧客ターゲット・配合成分などにより差別化が図られるアンチエイジング化粧品市場の現状と将来展望を調査・分析いたしました。また、美容皮膚科・皮膚科へのアンケート調査を実施し、化粧品の取り扱い状況について調査、掲載いたしました。

発刊日
2010/05/15
体裁
A4 / 246頁
資料コード
C52201130
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

330,000
300,000
30,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:ドクターズコスメ・アンチエイジング化粧品の製品動向と、参入メーカーの市場戦略を調査・分析することで、ドクターズコスメ、アンチエイジング化粧品市場の現状把握と将来性を展望することを当調査の目的とする。
調査対象製品:ドクターズコスメ(主として皮膚科医や美容外科医が開発に携わっている、もしくはそれら研究データをもとに作られた化粧品、医薬部外品)。アンチエイジング化粧品(抗加齢対策を目的とした化粧品、医薬部外品)。
調査対象企業:化粧品メーカー、医療機関。
調査方法:直接面接調査、電話調査、郵送留置式によるアンケート調査。
調査期間:2010年2月~5月
 

リサーチ内容

こちらのマーケットレポートは、会員制ライブラリー(YDB/ヤノ・データ・バンク)でご覧いただくことはできません。

■本資料のポイント

  • ドクターズコスメ、アンチエイジング化粧品の製品カテゴリー別(スキンケア、メイクアップ、ヘアケア・その他)市場動向と展望を分析
  • ドクターズコスメ、アンチエイジング化粧品の流通ルート別市場動向を分析
  • ドクターズコスメ、アンチエイジング化粧品メーカーのマーケティング戦略を研究
  • アンチエイジング化粧品素材の市場動向を調査(主要素材・主要プレイヤー別動向、今後の展望)
  • 美容皮膚科・皮膚科へのアンケート調査を実施し、化粧品の取り扱い状況について調査

■掲載内容

第Ⅰ章 ドクターズコスメ・アンチエイジング化粧品の市場総論

1.ドクターズコスメ総市場
  1)市場概況  2)市場規模推移(2005~2009年度)  3)メーカーシェア(2009年度)
  4)ランキング一覧(2009年度)  5)市場規模予測(2010~2014年度)
2.アンチエイジング化粧品総市場
  1)市場概況  2)市場規模推移(2005~2009年度)  3)メーカーシェア(2009年度)
  4)ランキング一覧(2009年度)  5)市場規模予測(2010~2014年度)
3.参考資料(2008年度日本の化粧品総市場)
  1)市場概況  2)市場規模推移(2004~2008年度)  3)製品カテゴリー別市場
  4)流通ルート別市場  5)今後の方向性と見通し  6)市場規模予測(2009~2013年度)

第Ⅱ章 製品カテゴリー別の市場動向

1.ドクターズコスメの製品カテゴリー別市場
  1)製品カテゴリー別市場規模(2009年度)
  2)製品カテゴリー別市場規模推移(2005~2009年度)
  3)製品カテゴリー別市場規模予測(2010~2014年度)
  4)スキンケア市場
    (1)市場概況  (2)市場規模推移(2005~2009年度)  (3)メーカーシェア(2009年度)
    (4)ランキング一覧(2009年度)  (5)市場規模予測(2010~2014年度)
  5)メイクアップ市場
    (1)市場概況  (2)市場規模推移(2005~2009年度)  (3)メーカーシェア(2009年度)
    (4)ランキング一覧(2009年度)  (5)市場規模予測(2010~2014年度)
  6)ヘアケア・その他市場
    (1)市場概況  (2)市場規模推移(2005~2009年度)  (3)市場規模予測(2010~2014年度)
2.アンチエイジング化粧品の製品カテゴリー別市場
  1)製品カテゴリー別市場規模(2009年度)
  2)製品カテゴリー別市場規模推移(2005~2009年度)
  3)製品カテゴリー別市場規模予測(2010~2014年度)
  4)スキンケア市場
    (1)市場概況  (2)市場規模推移(2005~2009年度)  (3)メーカーシェア(2009年度)
    (4)ランキング一覧(2009年度)  (5)市場規模予測(2010~2014年度)
  5)メイクアップ市場
    (1)市場概況  (2)市場規模推移(2005~2009年度)  (3)メーカーシェア(2009年度)
    (4)ランキング一覧(2009年度)  (5)市場規模予測(2010~2014年度)
  6)ヘアケア・その他市場
    (1)市場概況  (2)市場規模推移(2005~2009年度)  (3)市場規模予測(2010~2014年度)

第Ⅲ章 流通ルート別の市場動向

1.ドクターズコスメの流通ルート別市場
  1)流通ルート別市場規模(2009年度)  2)市場概況
  3)市場規模推移(2005~2009年度)  4)市場規模予測(2010~2014年度)
2.医家向けルートの市場動向
  1)市場概況  2)参入企業の動向・販売体制  3)市場見通し
2.アンチエイジング化粧品の流通ルート別市場
  1)流通ルート別市場規模(2009年度)  2)市場概況
  3)市場規模推移(2005~2009年度)  4)市場規模予測(2010~2014年度)

第Ⅳ章 アンチエイジング素材の市場動向

1.市場概況  2.素材メーカー(ディーラー)の動向  3.市場の問題点と課題  4.今後の展望

第Ⅴ章 医療機関での化粧品取扱動向

アンケート調査結果分析
  1.患者の肌の悩み(美容関連)  2.肌の悩みに対する処置法  3.患者の年齢層構成比
  4.販売・推奨している化粧品メーカー  5.化粧品以外に販売・推奨している美容関連製品
  6.今後有望なドクターズコスメ:スキンケア  7.今後有望なドクターズコスメ:メイクアップ
  8.今後有望なドクターズコスメ:ヘアケア  9.今後有望なドクターズコスメ:その他
  10.ドクターズコスメの今後の展開:製品カテゴリー  11.ドクターズコスメの今後の展開:機能性
  12.ドクターズコスメの今後の展開:その他  13.5~10年度のドクターズコスメ全体のマーケット
アンケート回答医療機関(64施設)

第Ⅵ章 有力化粧品メーカーのマーケティング戦略

アルビオン,エムディ化粧品販売,花王,グリーン漢方製薬,クレストワン,コーセー,再春館製薬所,サンソリット,
資生堂,中央カレン,ドクターシーラボ,ドクターフィルコスメティクス,ドクターミネラル,ドクターリュウズラボラトリー,
ニュースキンジャパン,ノエビア,P&Gマックスファクター,ファンケル,ポーラ,ロート製薬

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

330,000
300,000
30,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。