2010 アクセス解析ツール/広告効果測定ツール市場の現状と展望

WEBサイトやモバイルサイトをより効率よく運営していくために欠かせないのが、効果検証です。その効果検証において、欠かせないものがアクセス解析ツールです。WEBマーケティングにおけるアクセス解析の重要性は年々高まっており、またその利用は「広告の効果測定をする」「サイトの現状を把握する」など、その用途も進展しております。本調査レポートでは、企業のWEBマーケティングに重要な役割を果たしているアクセス解析ツール/広告効果測定ツールの市場動向を調査し、その将来性を展望いたしました。また、アクセス解析ユーザーへのアンケート調査を実施。利用ツールの不満点や運用上の課題など、ユーザーの運用実態やニーズを明らかにしました。

発刊日
2010/08/31
体裁
A4 / 245頁
資料コード
C52203200
PDFサイズ
4.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

154,000
140,000
14,000
154,000
140,000
14,000
187,000
170,000
17,000
308,000
280,000
28,000
341,000
310,000
31,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:Webサイトやモバイルサイトなどの閲覧状況等を計測するアクセス解析ツールとインターネット広告の効果測定を実施する広告効果測定ツールの国内市場動向を調査し、その将来性を展望することを目的とする。
調査方法: 主要ベンダ調査:直接面接取材 ツールユーザー:インターネットアンケート調査
調査・編集期間:2010年6月~2010年8月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • アクセス解析ツール/広告効果測定ツールの市場動向を調査し、市場規模を算出。(07年度~12年度予測)
  • アクセス解析ツール/広告効果測定ツール市場のシェアを算出。(07年度~09年度)
  • アクセス解析ツール/広告効果測定ツールユーザーの利用実態とニーズをアンケート調査にて明らかに。
  • 個別企業の実態を21社掲載。

■本資料の概要

第1章 総論
第2章 主要アクセス解析ツール/広告効果測定ツール提供事業者の取組
第3章 ユーザーの利用実態とニーズ
第4章 主要事業者の取組実態

■掲載内容

第1章 総論

1.当レポートにおけるアクセス解析ツール/広告効果測定ツール市場の定義と調査の範囲
2.市場概況と今後の市場展望
  ◇ツール市場規模の推移と予測
  ◇アクセス解析ツール市場規模と広告効果測定ツール市場規模の推移と予測
  ◇解析形態別(サーバログ/Web ビーコン/パケットキャプチャリング)の市場規模推移と予測
  ◇提供形態別(ASP/ライセンス他)の市場規模推移と予測
  ◇累計導入社数(ライセンス販売他の場合)と稼動社数(ASP の場合)の推移と予測
  ◇モバイルサイト解析社数の推移と予測
    図表:利用ツールの内容と今後
    図表:2年前と現在のアクセス解析結果確認者の比較
    図表:複数ベンダ製品の利用状況と今後の意向
    図表:アクセス解析/広告効果測定ツールの市場拡大要因/縮小要因
    図表:有償レポーティングサービスの利用有無と今後
    図表:主要事業者の市場の見方
3.市場拡大のための課題・問題点
    図表:主要ベンダが見る現状の問題点(要点)
    図表:サイトの成果に対する評価×アクセス解析の位置づけ
    図表:サイトの成果に対する評価×アクセス解析実施にあたっての目的の有無
    図表:サイトの成果に対する評価×アクセス解析担当部門
    図表:サイトの成果に対する評価×現在の利用ツールの内容(有償/無償、等)
    図表:サイトの成果に対する評価×現在の有償レポーティングサービスの利用状況
    図表:企業アクセス解析担当者が感じる運用上の課題・問題点
    図表:指標毎の重視率
    図表:主要ベンダが見る市場拡大のための課題・問題点(詳細)
4.市場規模推移と予測(2007年度~2012年度予測)
  (1)全体市場規模推移と予測【ツール/コンサル他別】(金額ベース)
  (2)ツール市場規模推移と予測【アクセス解析/広告効果測定別】(金額ベース)
  (3)ツール市場規模推移と予測【ASP/ライセンス他別】(金額ベース)
  (4)ツール市場規模推移と予測【解析形態別(ログ/ビーコン/パケットキャプチャ)】(金額ベース)
  (5)ツール市場規模推移と予測【ASP/ライセンス他別】(社数ベース)
  (6)ツール市場規模推移と予測【モバイルサイト解析実施数】(社数ベース)
5.ツールシェア推移(2007年度~2009年度)
  (1)全体シェア推移(金額ベース)
  (2)アクセス解析ツールシェア推移(金額ベース)
  (3)広告効果測定ツールシェア推移(金額ベース)
  (4)ASPシェア推移(金額ベース)
  (5)ASPシェア推移(社数ベース)
  (6)ライセンス販売他シェア推移(金額ベース)
  (7)ライセンス販売他シェア推移(社数ベース)

第2章 主要アクセス解析ツール/広告効果測定ツール提供事業者の取組

1.主要参入企業一覧
    図表:主要参入企業(有償ツール)【企業名/製品名/本社所在地/電話番号/ツール分類】
    図表:主要参入企業(無償ツール)【企業名/製品名/本社所在地/電話番号/ツール分類】
2.主要参入企業の製品・サービス概要
    図表:主要アクセス解析ツールの提供開始時期と月額最低価格の状況(ASP)
    図表:主要アクセス解析ツールの提供開始時期とライセンス費用等最低価格の状況(ライセンス販売他)
    図表:主要広告効果測定ツールの提供開始時期と月額最低価格の状況(ASP)
    図表:主要参入企業の製品・サービス概要
3.各社製品・サービスの特長
4.流通経路(直販/代販状況と主要パートナー)
    図表:主要パートナー例
    図表:OEM 供給例
5.利用業種/企業規模の傾向
    図表:主な導入実績(公表可能な実績)
    図表:ベンダ毎の導入企業規模イメージ
6.主要参入企業の強みと弱み
    図表:強み/弱み(まとめ)
    図表:ベンダ別の強み/弱み(カテゴリ分類)
7.事業拡大の方向性
    図表:事業拡大の方向性の分類と概要
    図表:DSP(Demand Side Platform)の概要

第3章 ユーザーの利用実態とニーズ

1.調査結果サマリー
  ◇ツール/サービスの利用状況と今後に関して
  ◆利用ツールの概要と今後の意向~無償ツールとの併用も含めて有償ツールの利用が拡大か~
  ◆有償レポーティングサービスの利用状況と今後の意向~有償レポーティングサービスも利用拡大が期待される~
  ◆複数ベンダ製品の利用状況と今後の意向
  ◇データの運用詳細の傾向
  ◆アクセス解析担当部門~専業部署で解析を実施しているケースは3 割強~
  ◆2年前と現在のアクセス解析結果確認者の変化~様々な部門で確認者が増加。高まるHP の重要性~
  ◆解析結果の活用内容
  ◆アクセス解析で重視する指標~「サイト改善」に繋がりそうな指標の重視率が低い~
  ◆アクセス解析データの内部・外部データ連携状況と今後の意向
  ◆アクセス解析運用上の課題・問題点~中規模以下で組織面の問題を挙げる回答が多い~
  ◇運用評価・意識等に関する結果
  ◆サイトの成果に対する評価
   ~サイトの成果への評価が高いほど意識の高さから組織の構築やツールへの投資を実施~
  ◆アクセス解析データ活用状況に対する評価
2.調査概要
3.勤務先サイトの主な目的
4.サイトの成果に対する評価
5.アクセス解析担当部門
6.アクセス解析結果確認者の2年前からの変化
7.アクセス解析運用のステージ
8.アクセス解析データ活用状況に対する評価
9.アクセス解析の位置づけ
10.利用ツール/レポーティングサービスの内容と今後
11.ツール選定で重視した事項
12. 複数ベンダ製品の利用状況と今後の意向
13. アクセス解析データの内部・外部データ連携状況と今後
14. 確認する指標と重視している指標
15. アクセス解析実施にあたっての目的の有無
16. アクセス解析の目標
17. 解析結果の活用内容
18. 運用上の課題・問題点
19. 求める機能・サービス

第4章 主要事業者の取組実態

◆各社掲載項目(事業者によっては全ての項目を満たしておりません)
・企業概要 ・取組概要 ・製品・サービス概要 ・価格体系 ・製品・サービスの特長
・流通経路/主なパートナー ・利用業種/企業規模の傾向 ・主な導入企業
・強み/弱み ・事業拡大の方向性 ・市場動向/市場展望、等

株式会社アクティブコア(ac cruiser)
アドビシステムズ株式会社(Adobe SiteCatalyst/SiteCatalyst Mobile)
株式会社オプト(ADPLAN)
オーリック・システムズ株式会社(RT metrics)
株式会社環(シビラ/アクセス刑事Pro/アクセス刑事)
株式会社キーポート・ソリューションズ(SiteTracker)
株式会社グローバルリンクジャパン(Logist)
株式会社コンフォート・マーケティング(ComfyAnalytics)
株式会社サイバーエージェント(CAMP)
株式会社サムライズ(Webtrends)/株式会社ウェブトレンズ・ジャパン(Webtrends ON DEMAND)
株式会社セプテーニ(SPMax BUNDLE/Smac)
株式会社セラン(MOBYLOG)
株式会社ディー・ワークス(wellout)
株式会社デジタルフォレスト(Visionalist/Visionalistモバイル)
ネットレイティングス株式会社(サイトセンサス/サイトセンサス・アットモバイル)
株式会社HARMONY(sitegram/Aspectram/Arest、他)
株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(Interactive Tracker/M3 Direct)
株式会社ビービット(WebAntenna)
株式会社ライブレボリューション(AD Counter)
株式会社ラネクシー(Urchin/ALICORN)
株式会社ロックオン(アドエビス/LOGエビス)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

154,000
140,000
14,000
154,000
140,000
14,000
187,000
170,000
17,000
308,000
280,000
28,000
341,000
310,000
31,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。