2010年版 資源リサイクルで注目される培土・土壌改良材・肥料・飼料の市場実態

「培土・土壌改良材・肥料市場白書」からタイトルを変更し、更新版を発刊いたしました。培土、土壌改良材、肥料は、リサイクル分野、枯渇資源の有効活用等、環境関連ビジネスと関係性が深く、注目を集めている分野です。2010年版では、食料自給率向上策や食品リサイクル法規制強化の中で重要度が増す「飼料市場」「エコフィード(食品循環境資源利用飼料)市場」を特集いたしました。

発刊日
2010/11/30
体裁
A4 / 355頁
資料コード
C52204600
PDFサイズ
6.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:培土・土壌改良材・肥料市場参入企業に於ける、培土・土壌改良材・肥料事業の方向性と企業戦略、及び取扱商品の動向を調査・分析することにより、培土・土壌改良材・肥料市場を展望することを目的として実施した。
調査対象:培土・土壌改良材・肥料市場参入企業 35社/全国農業協同組合連合会、その他関連官公庁・協会
調査方法:直接面接取材と電話取材及びアンケート調査を実施
調査期間:2010年9月~2010年11月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 「培土・土壌改良材・肥料市場白書」からタイトルを変更した更新版
  • 安定期を迎える培土・土壌改良材市場を詳細レポート。
  • 高騰する肥料価格と資源有効活用化の中で、今後のメーカー動向とマーケットを展望。
  • 食糧自給率向上策や高品質化の中で、成長を続ける飼料市場を特集掲載。
  • 需要分野別の培土市場規模&メーカーシェア掲載。(2005~2016年度)
  • 肥料市場は市場規模&メーカーシェア等全8市場掲載。(2005~2016年度)
  • 被覆、ペースト、液肥等高付加価値肥料の市場展望。
  • 肥料総市場の製品別市場将来予測。
  • 培土・肥料・飼料関連主要参入企業(35社)を個別掲載。

■本資料の概要

第1章 培土・土壌改良材・肥料・飼料市場の注目動向
第2章 マーケットの現状分析と将来展望
第3章 参入企業の市場戦略分析
第4章 エコフィードで拡大する飼料関連市場
第5章 有力参入企業の個別動向(35社)

■掲載内容

第1章 培土・土壌改良材・肥料・飼料市場の注目動向

1.農林業センサス2010の概況
  (1)全国の農家数の推移(1990~2010年)
  (2)農業就業人口の推移(1990~2010年)
  (3)販売農家における年齢別農業就業人口構成比の変化
  (4)販売農家における兼業業別農家数構成比の変化
  (5)全国農業経営体における経営耕地面積規模別耕地集積割合の変化
  (6)全国の耕作放棄地面積の推移(1990~2010)
  (7)農業経営体における6次産業化の取組状況
2.全農における培土の取扱い状況
3.電力供給企業各社におけるリサイクル資材商品化動向
4.リン資源安定供給に向けた取組の方向性
5.食品リサイクル動向
6.食料自給率向上や食品リサイクル推進に中で対応が進む飼料マーケット
7.肥料分野でも広がる温室効果ガス抑制施策
8.全国的に拡大する堆肥市場
9.2011年度の農水省における施肥適正化と米のカドミウム含有基準規制強化への対応
  (1)農水省における施肥適正化への取組の方向性
  (2)食品衛生法上のカドミウム含有基準規制強化に向けた取組
  (3)農用地におけるカドミウム汚染対策の技術

第2章 マーケットの現状分析と将来展望

1.培土・土壌改良材市場
  (1)培土・土壌改良材におけるリサイクル資源の動向
  (2)培土・土壌改良材のトータルマーケット
    ①市場概況と流通構造
    ②参入企業動向
    ③市場規模推移と予測(2005~2016年度)
    ④需要分野別市場構成比(2009年度)
    ⑤市場拡大要因と課題点
    ⑥トータルマーケットの将来展望
  (3)稲作用培土
    ①市場動向
    ②市場規模推移(2005~2009年度)
    ③メーカーシェア(2009年度)
    ④今後の市場規模予測と見通し(2010~2016年度)
  (4)農業園芸用培土
    ①市場動向
    ②市場規模推移(2005~2009年度)
    ③メーカーシェア(2009年度)
    ④今後の市場規模予測と見通し(2010~2016年度)
  (5)家庭園芸用培土
    ①市場動向
    ②市場規模推移(2005~2009年度)
    ③メーカーシェア(2009年度)
    ④今後の市場規模予測と見通し(2010~2016年度)
  (6)緑化用土壌改良材
    ①市場動向
    ②市場規模推移(2005~2009年度)
    ③製品別市場構成比(2009年度)
    ④今後の市場規模予測と見通し(2010~2016年度)
  (7)微生物土壌改良材
    ①市場動向
    ②市場規模推移(VA菌根菌:2005~2009年度)
    ③メーカーシェア(VA菌根菌:2009年度)
    ④今後の市場規模予測と見通し(VA菌根菌:2010~2016年度)
  (8)政令指定土壌改良材(VA菌根菌除く)
    ①土壌改良材と市場動向
    ②市場規模推移(2002~2009年度)
    ③参入企業一覧
2.肥料市場
  (1)肥料におけるリサイクル資源の動向
    ①リン酸質肥料の輸入動向
    ②農林水産省による肥料高騰に向けた取組
    ③リン資源リサイクル推進協議会の設立
    ④下水道からのリン回収の取組
    ⑤リン回収の課題
  (2)肥料トータルマーケット
    ①市場概況と流通構造
    ②参入企業動向
    ③市場規模推移(2005~2009年度)
    ④製品分野別市場構成比(2009年度)
    ⑤需要分野別市場構成比(稲作用、園芸用、緑化用、家庭園芸用:2009年度)
    ⑥市場拡大要因と課題
    ⑦市場規模予測と市場見通し(2010~2016年度)
  (3)複合化成肥料市場(高度、普通、NK、有機)
    ①市場動向
    ②市場規模推移(2005~2009年度)
    ③メーカーシェア(2009年度)
    ④今後の市場規模予測と市場見通し(2010~2016年度)
  (4)配合肥料市場
    ①市場動向
    ②市場規模推移(2005~2009年度)
    ③メーカーシェア(2009年度)
    ④今後の市場規模予測と見通し(2010~2016年度)
  (5)有機質肥料市場
    ①市場動向
    ②市場規模推移(2005~2009年度)
    ③メーカーシェア(2009年度)
    ④今後の市場規模予測と見通し(2010~2016年度)
  (6)単肥市場
    ①市場動向
    ②市場規模推移(2005~2009年度)
    ③メーカーシェア(2009年度)
    ④今後の市場規模予測と見通し(2010~2016年度)
  (7)その他の肥料市場
    ①液体肥料
    市場動向
    市場規模推移(2005~2009年度)
    メーカーシェア(2009年度)
    今後の市場規模予測と見通し(2010~2016年度)
    ②コーティング肥料
    市場動向
    市場規模推移(2005~2009年度)
    メーカーシェア(2009年度)
    今後の市場規模予測と見通し(2010~2016年度)
    ③ペースト状肥料市場
    市場動向
    市場規模推移(2005~2009年度)
    メーカーシェア(2009年度)
    今後の市場規模予測と見通し(2010~2016年度)
    ④植物活力剤
    市場動向
    市場規模推移(2005~2009年度)
    メーカーシェア(2009年度)
    今後の市場規模予測と見通し(2010~2016年度)
3.農業・ガーデニング関連統計データ
  (1)農作物の作付面積推移(2003~2009年)
  (2)花卉生産統計(2002~2009年)
  (3)組織形態別農業生産法人数の推移(2000~2009年)
  (4)主要生産作物別農業生産法人数の推移(2003~2009年)
  (5)商業統計
    ①花・植木小売業の年間総販売額推移(1982~2007年)
    ②花・植木小売業の1店舗当りの年間販売額と売場面積推移(1991~2007年)
    ③苗・種子小売業の年間総販売額推移(1982~2007年)
    ④苗・種子小売業の1店舗当りの年間販売額と売場面積推移(1988~2007年)
    ⑤肥料・飼料小売業の年間総販売額推移(1982~2007年)
    ⑥肥料・飼料小売業の店舗数と売場面積推移(1982~2007年)
    ⑦肥料・飼料小売業の1店舗当たりの年間売上高推移(1982~2007年)
  (6)家計調査年報
    ①切花・園芸品・園芸用品の一世帯当たりの年間支出額推移(2003~2009年)
    ②園芸品・園芸用品の一世帯当たりの年間支出額ベスト10(県庁所在地都市別:2009年)

第3章 参入企業の市場戦略分析

1.培土・土壌改良材関連企業
  (1)製品政策
  (2)主要取扱製品と開発動向
  (3)生産動向
  (4)販売動向
  (5)今後の課題点と企業戦略
2.肥料関連企業
  (1)製品政策
  (2)主要取扱製品と開発動向
  (3)生産動向
  (4)販売動向
  (5)今後の課題点と企業戦略

第4章 エコフィードで拡大する飼料関連市場

1.飼料トータルマーケット
  (1)市場概況
  (2)配合飼料に使用される原材料
  (3)参入企業動向
  (4)配合・混合飼料の出荷量推移(2005~2009年度)
  (5)需要分野別市場構成比(2009年度)
2.飼料添加物市場
  (1)市場概況
  (2)飼料添加物の利用動向(2009年)
    ①区分別 飼料添加物の利用量
    ②用途別 飼料添加物の利用量
    ③飼料添加物区分の用途別利用量
3.エコフィード(食品循環境資源利用飼料)市場
  (1)成長する市場環境と市場概要
  (2)食品残渣の特性
  (3)食品残渣飼料化の処理方法
  (4)食品残渣の発生と利活用の現状
  (5)エコフィード事業に参入した経緯
  (6)主な参入企業の取組動向
  (7)エコフィード事業に関する現状の課題・問題点
4.飼料関連企業の動向
  (1)主要取扱製品と開発動向
  (2)生産動向
  (3)販売動向
  (4)今後の企業戦略

第5章 有力参入企業の個別動向(35社)

≪培土・土壌改良材関連企業≫
アサヒフードアンドヘルスケア(株)
  ~アサヒビールの酵母技術とタキイ種苗の培土の融合による高品質培養土の開発~
イソライト工業(株)
  ~新規用途開拓が今後の成長の鍵~
岩谷産業(株)
  ~培養土をはじめ、栽培施設関連資材一式のトータル提案を強化していく~
自然応用科学(株)
  ~緑豊かな環境を次世代へつなぐための環境循環型グリーンビジネスを目指す~
昭光通商アグリ(株)
  ~特別栽培対応向け肥料「韋駄天」を投入、化学分析サービスも実施~
スミリン農産工業(株)
  ~種苗用培土の増加で売上を維持、今後は緑化用の成長に期待~
(株)刀川平和農園
  ~赤玉土・鹿沼土を原料に、こだわりの機械乾燥による良質の園芸用培養土の製造~
日東粉化商事(株)
  ~世界トップ品質のゼオライトによる土壌改良サポートの一層強化~
富士見工業(株)
  ~安全安心の堆肥開発などエコサイクルをテーマに土作りから農業の未来を支える~
三井金属鉱業(株)
  ~競合の増加、建築業界の不況によりパーライト事業は足踏み~

≪肥料関連企業≫
エムシー・ファーティコム(株)
  ~2015年までに機能性肥料の製品比率を現行の半分から7割程度に引上げる~
大塚アグリテクノ(株)
  ~大塚化学(株)のアグリテクノ事業の分社化により経営効率化と収益及び事業の拡大を図る~
コープケミカル(株)
  ~環境負荷低減・省力化ニーズに対応した肥料の開発と生産・販売の適正化に注力~
コスモ誠和アグリカルチャ(株)
  ~葉緑素を増やし、光合成を促進するALAを配合した液体肥料の展開~
サンアグロ(株)
  ~保有技術の融合により特徴ある機能性肥料のラインナップの充実を図る~
ジェイカムアグリ(株)
  ~チッソ旭肥料(株)と三菱化学アグリ(株)の肥料事業との事業統合の成果を追及~
住友化学(株)
  ~肥料による農業の生産性向上を総合的かつ多角的に捉えたアグリビジネスの展開~
セントラル合同肥料(株)
  ~原料価格の高騰の価格転化は限界、農作業の軽減など新たな差別化を前面に~
多木化学(株)
  ~化学肥料のパイオニアとして確かな価値の創造を通じて豊かな社会の実現に貢献する~
中部飼料(株)肥料部
  ~飼料メーカーのノウハウを活用した有機配合肥料の開発に注力~
電気化学工業(株)
  ~肥持ちが良い「石炭窒素」と、省力化につながる「とれ太郎」の販売が好調~
日東エフシー(株)
  ~個々の農家へのエンジニアリング活動と肥料生産の効率性向上に注力~
(株)ハイポネックスジャパン
  ~草花と野菜を育む豊かなライフスタイルをサポートする液肥関連商品の開発推進~
三井物産アグロビジネス(株)
  ~肥料事業を主軸に農産物流通・リサイクルビジネスと幅広く事業展開~
三菱商事アグリサービス(株)
  ~JGAP取得を推進することで、肥料事業の付加価値を上げる取り組みを展開~
レインボー薬品(株)
  ~「園芸の未来をひらく」をスローガンに、新しく夢のある暮らしの提案を続ける~

≪飼料関連企業≫
(株)小田急ビルサービス
  ~「優とん」ブランドの発売により、リサイクルシステムの認知度拡大を目指す~
エコフィード循環事業協同組合
  ~食品残渣の回収確保と飼料用途の販路拡大でビジネスモデルの確立に注力~
カルピス(株)
  ~飼料添加物「カルスポリン」、乳酸菌混合飼料「ファインクラフト」を展開~
三造有機リサイクル(株)
  ~生ゴミ収集量及び燃料費が安定し、施設運営は2009年度に黒字化達成~
(株)ディーアイディー
  ~事業パートナーとのエリア連携で堆肥の製造・販売事業に参入~
中部飼料(株)エコフィード推進部
  ~2010年5月から「おから」利用した飼料原料の販売を開始~
日本配合飼料(株)
  ~原料高騰が飼料業界に影響、製品以外の面の差別化も行い、売上確保を図る~
ホクレンくみあい飼料(株)
  ~北海道内の供給量の約25%を占める、約86万t(2008年度)の混合飼料を生産~
横浜環境保全(株)
  ~ワタミグループとの取引開始で、堆肥製造が成長~

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。