2011年版 自販機ビジネスの現状と将来展望

景気悪化により工場やオフィスなどの職域ロケーションでの販売が苦戦している自動販売機販売は、設置ロケーションが飽和状態となってきている事から、各メーカーとも量から質への転換を見せ始めており、さらなる競争状態に突入しております。本調査レポートでは、自動販売機市場を取り巻く状況を参入企業別、中味商品別、ロケーション別など多面的に分析し、関連企業各社の戦略を取材する事で各社の今後の方向性、マーケットの方向性を展望いたしました。

発刊日: 2011/03/31 体裁: A4 / 343頁
資料コード: C53103200 PDFサイズ: 3.4MB
カテゴリ: 食品、アグリ、バイオ / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 108,000円 (本体 100,000円 消費税 8,000円 )
定価 108,000円 (本体 100,000円 消費税 8,000円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 216,000円 (本体 200,000円 消費税 16,000円 )
定価 248,400円 (本体 230,000円 消費税 18,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:自動販売機市場を広く調査・収録することによって、当該市場に関するマーケティング戦略作成のための基礎資料とする。
調査対象:飲料メーカー、自販機オペレーター、自販機製造メーカー、その他関連企業を調査対象とした。また、併せて関連団体・省庁への調査も行った。
調査方法:直接面接取材、アンケート調査、電話取材を実施した。
調査期間:2011年1月~3月
 

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 自動販売機市場規模、また自動販売機ビジネスに関わる飲料・酒類・食品市場規模データ、シェア等を、予測を含め掲載。
  • キャシュレス自販機、環境対応機、低価格自販機などが広がりを見せる中、各オペレーター、飲料メーカーの対応策を詳説。
  • 自販機メーカー、自販機オペレーター、中身商品メーカー各社の生き残りをかけた戦いが熾烈に。各社の戦略を徹底分析。
  • 自販機製造メーカー、オペレーター主要企業約15社に直接面接取材。中味商品メーカー約15社を加えた各社の戦略、商品動向を詳しく解説。

■本資料の概要

第Ⅰ章 自販機ビジネスの全体動向
第Ⅱ章 自販機ビジネスの関わる飲料・酒類・食品市場の動向
第Ⅲ章 自販機ビジネスの流通段階別動向
第Ⅳ章 中身商品別動向
第Ⅴ章 有力ロケーションの動向
第Ⅵ章 有力企業の動向
その他関連資料

■掲載内容

第Ⅰ章 自販機ビジネスの全体動向

1.自販機市場の全体動向
  (1)自販機ビジネスの全体動向
    自販機の年間普及台数推移と今後の予測(2004年~2012年)
    自販機の年間自販金額推移と今後の予測(2004年~2012年)
  (2)飲料自販機の市場動向
  (3)酒類自販機の市場動向
  (4)食品自販機の市場動向
  (5)その他の自販機の市場動向
2.自販機ビジネスに影響を及ぼす諸要因
  (1)自販機市場の内部要因
  (2)自販機市場の外部要因
3.自販機ビジネスに関するトピック
  (1)増える低価格自販機の動向とNB機の対応
  (2)環境対応・社会貢献自販機の動向
  (3)駅周辺を中心に増加する電子マネー対応自販機の動向
  (4)その他のトピック
4.自販機ビジネスの将来展望
  (1)市場の課題・問題点
  (2)自販機ビジネスの今後の展望

第Ⅱ章 自販機ビジネスの関わる飲料・酒類・食品市場の動向

1.飲料市場の動向
  (1)飲料市場の全体動向
  (2)飲料市場における自販機ビジネスの動向
    ①2009年度の飲料自販機市場
    ②飲料自販機のチャネル別構成比
2.酒類市場の動向
  (1)酒類市場の全体動向
  (2)酒類市場における自販機ビジネスの動向
3.食品市場の動向
  (1)自販機ビジネスに関わる食品の動向
    ①スナック菓子の市場規模推移
    ②チューインガムの市場規模推移
    ③チョコレートの市場規模推移
    ④キャンディ・キャラメルの市場規模推移
    ⑤冷凍食品の市場規模推移
    ⑥パンの市場規模推移
    ⑦アイスクリーム・冷菓の市場規模推移

第Ⅲ章 自販機ビジネスの流通段階別動向

1.自販機ビジネスの全体流通動向
  (1)流通チャネルの構造把握
  (2)利益構造・特徴
2.自販機メーカーの動向
  (1)自販機メーカーの全体動向
    ◆自販機の年間出荷台数推移と今後の予測(2004年~2012年)
    ◆自販機の年間出荷金額推移と今後の予測(2004年~2012年)
  (2)自販機メーカーの販売戦略
    ①販売動向
    ②次世代機への取り組み(IT自販機等)
    ③環境・地域貢献型自販機への取り組み
    ④販売戦略
    ⑤価格戦略
  (3)自販機メーカーの今後の展望
3.オペレーターの動向
  (1)自販機オペレーターの全体動向
    ◆専業オペレーター自販機展開台数ランキング(2009年度)
  (2)オペレーターの販売戦略
    ①ロケーション動向
    ②新規ロケーションの獲得動向
    ③パーマシン拡大への取り組み
    ④次世代機への取り組み(IT自販機等)
    ⑤自販機における環境・地域貢献活動への取り組み
  (3)オペレーターの今後の展望
    オペレーター一覧
4.中身商品メーカーの動向
  (1)中身商品メーカーの全体動向
    ①飲料
    ◆自販機展開台数別メーカーシェア(2009年度)
    ◆大手飲料メーカー自販機展開台数
    ②食品
  (2)中身商品メーカーの販売戦略
    ①飲料
    ②食品
  (3)中身商品メーカーの今後の展望
    ①飲料
    ②食品

第Ⅳ章 中身商品別動向

1.自販機のモデル別動向
  (1)缶・PETボトル自販機
  (2)カップ式自販機
  (3)紙パック自販機
  (4)酒類自販機
  (5)アイスクリーム自販機
  (6)フードベンダー
2.有力中身商品動向
  (1)飲料
  (2)酒類
  (3)加工食品
  (4)その他注目商品

第Ⅴ章 有力ロケーションの動向

1.有力ロケーションの動向
  (1)駅中・駅周辺ロケーション
  (2)オフィスビル・工場
  (3)学校
  (4)パチンコホール
  (5)フィットネスクラブ・スポーツクラブ
  (6)テニスクラブ
  (7)テーマパーク・遊園地
  (8)アミューズメント施設
  (9)ボウリング場
  (10)映画館
  (11)劇場・ホール
  (12)温浴施設
  (13)都市ホテル
2.ロケーション別構成比
3.有力ロケーションの今後
4.有力ロケーションの関連データ
  (1)業界別ランキング
  (2)新規開業状況と計画

第Ⅵ章 有力企業の動向

自販機メーカー
  (株)クボタ
  サンデン(株)
  富士電機リテイルシステムズ(株)
自販機オペレーター
  アーバンベンディックスネットワーク(株)
  アシード(株)
  (株)アペックス
  (株)ウエックス
  北関東ペプシコーラ販売(株)
  近畿中国ペプシコーラ販売(株)
  (株)コスモフーズ
  (株)サンコー
  (株)サン・ベンディング東北
  (株)ジャパンビバレッジホールディングス
  (株)チェリオ中部
  (株)八洋
中身商品メーカー
  コカ・コーラウエスト(株)
  コカ・コーラセントラルジャパン(株)
  東京コカ・コーラボトリング(株)
  サントリーフーズ(株)
  キリンビバレッジ(株)
  (株)伊藤園
  明治乳業(株)
  ダイドードリンコ(株)
  日本たばこ産業(株)
  (株)ポッカコーポレーション
  サッポロ飲料(株)
  江崎グリコ(株)
  (株)コモ
  (株)ロッテ

その他関連資料

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 108,000円 (本体 100,000円 消費税 8,000円 )
定価 108,000円 (本体 100,000円 消費税 8,000円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 216,000円 (本体 200,000円 消費税 16,000円 )
定価 248,400円 (本体 230,000円 消費税 18,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C56110500 2014年版 自販機ビジネスの現状と将来展望
C50103100 2007-2009 ユーザ企業のIT投資実態と予測
C58124000 デジタルイノベーション動向研究 -産業用IoTプラットフォームの考察とイノベーション意識調査-
C50117200 2009年版 自動車リースの現状と展望
C50301000 2008年版 環境ITシステム関連市場の現状と将来展望