2014年版 自販機ビジネスの現状と将来展望

本調査レポートでは、自販機市場を取り巻く状況を参入企業別、中味商品別、ロケーション別など多面的に分析し、関連企業各社の戦略を取材する事で各社の今後の方向性、マーケットの方向性を分析した。

発刊日: 2014/06/30 体裁: A4 / 449頁
資料コード: C56110500 PDFサイズ: 4.6MB
カテゴリ: 食品、アグリ、バイオ / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 113,400円 (本体 105,000円 消費税 8,400円 )
定価 113,400円 (本体 105,000円 消費税 8,400円 )
定価 145,800円 (本体 135,000円 消費税 10,800円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:自動販売機市場を広く調査・収録することによって、当該市場に関するマーケティング戦略作成のための基礎資料とする。
調査対象:飲料メーカー、自販機オペレーター、自販機メーカー、その他関連企業を調査対象とした。また、併せて関連団体・省庁への調査も行った。
調査方法:直接面接取材、アンケート調査、電話取材を実施した。
調査期間:2014年5月~2014年6月

調査結果サマリー
Close

自動販売機に関する調査結果2014 
・2014年の自動販売機普及台数は、前年比99.0%の504万1,850台と予測
・省エネ対応・環境対応型自販機の普及が加速
・消費増税の影響が現在も続く

資料ポイント
Close

  • 量から質へ方向転換を行った自販機市場における次の一手は?
  • 消費増税における中身商品メーカー、オペレーター各社の対策とその効果は?増税を受けた自販機への影響と今後の展望を解説
  • 震災以降、省エネ自販機、ライフラインベンダーが広がりを見せている。各社の取り組み状況を解説
  • 有力ロケ動向、自販機のモデル別動向も解説。次の狙い目はどこか?
  • 自販機製造メーカー、オペレーター主要企業、中身商品メーカーに面接取材。生き残りをかけた戦いが熾烈に。各社の戦略を徹底分析

資料概要
Close

第Ⅰ章 自販機ビジネスの全体動向
第Ⅱ章 自販機ビジネスに関わる飲料・食品市場の動向
第Ⅲ章 自販機ビジネスの流通段階別動向
第Ⅳ章 中身商品別動向
第Ⅴ章 有力ロケーションの動向
第Ⅵ章 有力企業の動向

リサーチ内容

■掲載内容

第Ⅰ章 自販機ビジネスの全体動向

1.自販機市場の全体動向
  (1)自販機ビジネスの全体動向
    ◆自販機の年間普及台数推移と今後の予測(2007年~2015年)
    ◆自販機の年間自販金額推移と今後の予測(2007年~2015年)
  (2)飲料自販機の市場動向
  (3)酒・ビール自販機の市場動向
  (4)菓子・食品自販機の市場動向
  (5)その他の自販機の市場動向
2.自販機ビジネスに影響を及ぼす諸要因
  (1)自販機市場の内部要因
  (2)自販機市場の外部要因
3.消費増税における自販機ビジネスへの影響
  (1)消費増税における自販機市場への影響
    ■増税前後の販売に対する影響
    ①清涼飲料メーカー
    ②菓子・食品メーカー
    ③オペレーター
  (2)自販機の価格改定状況
    ■取扱い自販機の価格改定状況
    ①清涼飲料メーカー
    ②菓子・食品メーカー
    ③オペレーター
  (3)中身商品メーカー・オペレーター各社の対策
    ■増税に向けた対策と今後の方針
    ①清涼飲料メーカー
    ②菓子・食品メーカー
    ③オペレーター
  (4)消費増税における今後の影響
4.自販機ビジネスに関するトピック
  (1)電子マネー対応自販機の動向
    ■電子マネー対応自販機の取り組み状況
    ①清涼飲料メーカー
    ②菓子・食品メーカー
    ③オペレーター
    ④自販機メーカー
  (2)省エネ対応・環境対応型自販機の動向
    ■省エネ対応・環境対応型自販機の取り組み状況
    ①清涼飲料メーカー
    ②菓子・食品メーカー
    ③オペレーター
    ④自販機メーカー
  (3)社会貢献型自販機の動向
    ■自販機における社会貢献活動への取り組み
    ①清涼飲料メーカー
    ②菓子・食品メーカー
    ③オペレーター
    ④自販機メーカー
5.自販機ビジネスの将来展望
  (1)市場の課題・問題点
  (2)自販機ビジネスの今後の展望

第Ⅱ章 自販機ビジネスに関わる飲料・食品市場の動向

1.飲料市場の動向
  (1)飲料市場の全体動向
  (2)飲料市場の販売チャネル別構成比
2.菓子・食品市場の動向
  (1)アイスクリーム・冷菓市場の全体動向
  (2)スナック菓子市場の全体動向
  (3)チョコレート市場の全体動向
  (4)チューインガム市場の全体動向
  (5)キャンディ・キャラメル市場の全体動向
  (6)パン市場の全体動向

第Ⅲ章 自販機ビジネスの流通段階別動向

1.自販機ビジネスの全体流通動向
  (1)流通チャネルの構造把握
  (2)利益構造・特徴
2.自販機メーカーの動向
  (1)自販機メーカーの全体動向
    ◆自販機の年間出荷台数推移と今後の予測(2007年~2015年)
    ◆自販機の年間出荷金額推移と今後の予測(2007年~2015年)
  (2)自販機メーカーの販売戦略
    ①業態別販売動向
    ②販売戦略
    ③価格戦略
    ④開発動向
  (3)自販機メーカーの今後の展望
3.オペレーターの動向
  (1)自販機オペレーターの全体動向
  (2)オペレーターの自販機展開台数別シェア(2013年度)
    ◆専業オペレーター自販機展開台数ランキング(2013年末現在)
  (3)オペレーターの販売戦略
    ①ロケーション動向・戦略
    ②新規ロケーション開拓動向・開拓方針
    ③ロケーション別商品動向、品揃え戦略
    ④パーマシン拡大に向けた施策
  (4)オペレーターの今後の展望
    ◆オペレーター一覧
4.中身商品メーカーの動向
  (1)中身商品メーカーの全体動向
    ①飲料
    ◆自販機展開台数別メーカーシェア(2013年度)
    ②菓子・食品
  (2)中身商品メーカーの販売戦略
    ①飲料
    ⅰ.ロケーション動向・戦略
    ⅱ.新規ロケーション開拓動向・開拓方針
    ⅲ.ロケーション別商品動向、品揃え戦略
    ⅳ.パーマシン拡大に向けた施策
    ②菓子・食品
    ⅰ.ロケーション動向・戦略
    ⅱ.新規ロケーション開拓動向・開拓方針
    ⅲ.ロケーション別商品動向、品揃え戦略
    ⅳ.パーマシン拡大に向けた施策
  (3)中身商品メーカーの今後の展望
    ①飲料
    ②菓子・食品

第Ⅳ章 中身商品別動向

1.自販機のモデル別動向
  (1)缶・PETボトル自販機
  (2)カップ式自販機
  (3)紙パック自販機
  (4)菓子・食品自販機
  (5)アイスクリーム自販機
2.有力中身商品動向
  (1)トクホ商品で活性化したコーラ飲料
  (2)大人系向けの提案が増える炭酸飲料、新基軸商品も発売
  (3)回復基調に入った茶系飲料
  (4)カウンターコーヒーの影響が懸念されるコーヒー飲料
  (5)底堅いニーズのミネラルウォーター
  (6)若年層を中心に人気が高まるエナジードリンク
  (7)地下鉄を中心に広がる生鮮果実

第Ⅴ章 有力ロケーションの動向

1.有力ロケーションの動向
  (1)交通チャネル
  (2)職域ロケーション
  (3)学校
  (4)パチンコホール
  (5)スポーツ関連施設
    ①フィットネスクラブ・スポーツクラブ
    ②テニスクラブ
    ③フットサルコート
  (6)レジャー施設
    ①テーマパーク・遊園地
    ②アミューズメント施設
    ③ボウリング場
  (7)温浴施設
  (8)都市ホテル
2.ロケーション別構成比
  (1)インドア・アウトドアロケーション別自販機台数構成比
  (2)設置ロケーション別自販機台数構成比
3.有力ロケーションの今後
4.有力ロケーションの関連データ
  (1)業界別ランキング
  (2)新規開業状況と計画

第Ⅵ章 有力企業の動向

【自販機メーカー】
  (株)クボタ
  サンデン(株)
  富士電機(株)

【自販機オペレーター】
  アーバンベンディックスネットワーク(株)
  アシード(株)
  (株)アペックス
  (株)ウエックス
  北関東ペプシコーラ販売(株)
  (株)サンコー
  サントリービバレッジサービス(株)
  (株)サン・ベンディング東北
  (株)ジャパンビバレッジホールディングス
  (株)チェリオ中部
  (株)八洋
  (株)ユカ

【中身商品メーカー】
≪飲料メーカー≫
  アサヒ飲料(株)
  (株)伊藤園
  大塚食品(株)
  コカ・コーライーストジャパン(株)
  コカ・コーラウエスト(株)
  サントリーフーズ(株)
  ダイドードリンコ(株)
  日本たばこ産業(株)
  ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)
  森永乳業(株)

≪菓子・食品メーカー≫
  江崎グリコ(株)
  (株)コモ
  東洋水産(株)
  (株)ニチレイフーズ
  ロッテ商事(株)

【その他】
  (株)JR東日本ウォータービジネス

【簡易個表(オペレーター)】
  (株)位田牛乳販売
  大隅ベンダー
  (株)オートスナック
  (株)カディアック
  神田商会
  サンガリア商事(株)
  (有)会社白木屋
  杉っこ食品
  タカギ・フーズ(株)
  (有)高橋商店
  中国シンワ(株)
  (株)なぶーる
  (有)南紀ダイドー
  (株)ネスコ
  ベル商事(株)
  松山自販機サービス(株)
  宮内商事
  (有)矢萩商会
  養老国際物産(株)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 113,400円 (本体 105,000円 消費税 8,400円 )
定価 113,400円 (本体 105,000円 消費税 8,400円 )
定価 145,800円 (本体 135,000円 消費税 10,800円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C58109900 2016年版 飲料市場の現状と展望
C53103200 2011年版 自販機ビジネスの現状と将来展望
C57115300 2015年版 飲料市場の現状と展望
C56117500 2014年版 飲料市場の現状と展望
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典