2011年版 有力パチンコホール経営企業の動向と経営戦略

注目・有力パチンコホール経営企業を徹底取材。各社の経営理念、ビジョン、営業戦略、遊技機戦略、広告戦略、人材戦略、出店戦略などにフォーカスし、淘汰と再編が進む今後のホール市況と東日本大震災後のホール企業の動向について、オリジナルの分析を実施いたしました。

発刊日
2011/06/30
体裁
A4 / 473頁
資料コード
C53107300
PDFサイズ
5.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
121,000
110,000
11,000
154,000
140,000
14,000
242,000
220,000
22,000
275,000
250,000
25,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:パチンコホール市場の最新動向を把握し、現状分析および今後の展望を捉えることにより、パチンコホール市場全体のマーケティング基礎資料を提供する。
調査対象:大手・有力パチンコホール経営企業
調査方法:周辺資料調査及び面接取材を中心
調査期間:2011年4月~6月

リサーチ内容

■本資料のポイント 

  • 東日本大震災後のパチンコホール業界の動向、今後の見通しを分析。
  • 全国の注目・有力ホール経営企業27社を総力取材。
  • 疲弊する4円パチンコ市場、飽和感漂う低貸玉営業、回復の兆しを見せるパチスロ市場の課題と展望を分析。
  • 注目・有力企業の戦略から見える今後のホール営業のキーワードとは。
  • 売上高上位を中心に全国約140社のパチンコ経営企業の個表を完全掲載。
    ※一部内容について、弊社既刊資料「2011年度 パチンコホール業界トレンドレポート~「Friday Fax News」増刊号~」と重複する箇所がございます。

■本資料の概要

第1編 パチンコホール業界の現状
第2編 パチンコホール経営企業の営業戦略
第3編 注目・有力ホール企業の最新動向
第4編 有力パチンコホール企業個表

■掲載内容

第1編 パチンコホール業界の現状

第1章 東日本大震災後のパチンコホール業界動向
1.パチンコホール業界の対応
  (1)パチンコホール業界団体の動き
    ・ホール5団体が7項目の合意を締結 他
  (2)パチンコホール業界団体の義援活動
    ・日遊協が災害ボランティア隊を派遣/パチンコ業界の義援金拠出が44億円を超える
2.パチンコホールに与えた影響
  (1)営業自粛
  (2)計画停電
    ・営業時間の見通し立たず/立地によって影響分かれる
  (3)輪番休業
    ・ホール5団体が平日月3回以上の輪番休業を発表/今夏の輪番休業は全国的に波及
  (4)風評被害・パチンコバッシング
  (5)今後の営業見通し
    ・GWは全体的に好調/夏場の売上減は必至か?/バッシングと節電
3.遊技機メーカーに与えた影響
  (1)新機種の納品延期
  (2)新機種の発売見通し
    ・新機種の供給不足は年内いっぱい続く
  (3)ホール団体による要望
    ・ホール5団体がメーカーに要望書提出へ

第2章 パチンコホール業界の数的規模
1.パチンコ経営企業・店舗数の推移
  (1)全体推移
  (2)エリア別推移
  (3)都道府県別企業数・店舗数の推移
2.パチンコ経営企業の経営規模
  (1)パチンコホール経営規模の推移
  (2)都道府県別パチンコホール経営規模
3.パチンコ経営企業の売上規模
  (1)売上規模の傾向
  (2)パチンコ経営企業売上高ランキング
4.遊技機設置台数の推移
  (1)総設置台数
  (2)都道府県別総設置台数
  (3)平均設置台数
  (4)店舗あたり遊技機設置比率
5.全国都道府県別ホール設置シェアランキング(3ヵ年推移)

第2編 パチンコホール経営企業の営業戦略

第1章 パチンコホール経営企業の遊技機戦略
1.パチンコホールの営業計画
    ・店舗の役割と遊技機予算
2.遊技機予算の動向
  (1)遊技機予算編成の流れ
    ・遊技機予算編成の2つの指標
  (2)有力・注目ホール企業の遊技機予算編成と傾向
3.パチンコ営業
  (1)パチンコ機の機械回転数推移
    ・2010年のパチンコ回転数はさらに低下/マルハンのパチンコ回転数は大幅減
  (2)パチンコ機のタイプ別設置傾向
    ・4円パチンコは「負のスパイラル」に突入/2010年度はマックスタイプ比率が大きく低下
  (3)パチンコ機のシリーズ別傾向
    ・海物語シリーズは適正な設置比率を意識
  (4)パチンコ機のカテゴリー
    ・パチンコ機カテゴリーは細分化/2割を占める甘デジと低貸玉との差別化/
     ライトミドルの市場性/多様化するパチンコ機
  (5)有力・注目ホール企業のパチンコ営業
  (6)パチンコ機の購入傾向
    ・購入スタイルの変化/「投資効率」重視の選定傾向強まる/「地域上位店」の葛藤 他
  (7)パチンコ営業の課題
    ・4円パチンコの再生
4.パチスロ営業
  (1)パチスロ機の機械回転数推移
    ・2010年のパチスロ回転数はさらに上昇
  (2)パチスロ機のタイプ別設置傾向
    ・ARTの設置比率が50%超える
  (3)パチスロ市場の動向
    ・パチスロへの期待が一気に高まる
  (4)有力・注目ホール企業のパチスロ営業
  (5)パチスロ機の購入傾向
    ・パチスロ市場に対する2つの見方/パチスロ投資の「集中と選択」
  (6)今後のパチスロ市場
    ・今後のART機のポイント/ホール営業は安定稼働から利益重視に/パチスロ低貸玉営業比率が徐々に高まる
5.低貸玉営業
  (1)市場動向
    ・2010年末の導入店は8,000店舗、飽和感漂う低貸玉営業
  (2)地域別の導入状況
    ・2010年は西日本で低貸玉導入が進む/福岡県で併設営業解禁、踏み切る店舗が急増
  (3)パチンコ低貸玉料金別の導入状況
  (4)低貸玉営業の動向
    ・ビジネスモデル誕生の背景/低貸玉コーナーの遊技機戦略
  (5)有力・注目ホール企業の低貸玉営業
  (6)今後の動向と課題
    ・低貸玉設置比率はさらに高まる見通し/低貸玉営業の位置付け

第2章 パチンコホール経営企業の出店戦略
1.パチンコホール経営企業の新規オープン動向
  (1)新規オープン店舗数の推移
    ・2010年度の新規オープン数は前年比減少
  (2)エリア別新規出店傾向
    ・人口集積エリアへの出店回帰が鮮明に
  (3)新規オープン店舗の設置台数推移
    ・オープン規模のダウンサイジング傾向続く
  (4)新規オープン店舗の出店形態
    ・低貸玉営業の導入率が7割超える/パチンコ・パチスロ併設店の比率が高まる/
     居抜き出店が6割を占める、ローコスト化する出店戦略
  (5)パチンコホールの新規出店戦略
    ・「居抜き出店」増加の背景/事業の「投資効率」を重視/パチンコホールのM&A戦略
2.有力・注目ホール経営企業の新規出店動向
  (1)2010年度新規オープンの傾向
  (2)大手ホール企業3社の出店動向
  (3)有力・注目ホール企業の新規出店戦略

第3編 注目・有力ホール企業の最新動向

掲載内容 ※企業により掲載内容が若干異なります
企業概要(本社所在地・代表者・設立・資本金・ホームページ・従業員数・決算期・店舗名・関連会社)
業績推移(売上高・営業利益・経常利益)※3ヵ年推移
企業・グループ概要(店舗数・新規出店・閉鎖・低貸玉営業店舗数・パチンコ低貸玉設置比率・パチスロ低貸玉設置比率・遊技機総設置台数・パチンコ機設置台数・パチスロ機設置台数)※3ヵ年推移
1店舗あたりの平均指標(総設置台数・パチンコ機設置台数・パチスロ機設置台数)
営業店舗一覧
企業理念・経営方針
経営戦略
東日本大震災による影響
ホール市場に対する見解
出店戦略(出店状況、店舗開発)
人材戦略(定期採用・中途採用者数の3ヵ年推移、人材採用・教育方針、人事制度)
営業戦略(パチンコ戦略、パチスロ戦略、遊技機予算、低貸玉営業)
広告戦略
社会貢献・CSR活動

掲載企業
(株)正栄プロジェクト、(株)合田観光商事、新和グループ、(株)金馬車、(株)麗都商事、
サンキョー(株)、ピーアークホールディングス(株)、東和産業(株)、(株)ダイナム、
(株)マルハン、(株)オータ(オータグループ)、(株)シティコミュニケーションズ、(株)ABC、
(株)エム・アイ・ディ ジャパン、(株)ジン・コーポレーション、夢コーポレーション(株)、
(株)平成観光、(株)第一物産、延田グループ、ベラジオコーポレーション(株)、アンダーツリー(株)、
大山観光グループ、(株)カネマツ、(株)タツミコーポレーション、ミリオングループ、(株)湖月、
ひぐちグループ

第4編 有力パチンコホール企業個表

北海道・東北地区
(株)太陽グループ、(株)ビクトリア観光、北星実業グループ、(株)北大、(有)飛鳥商事(ユニオングループ)、
(有)公楽(ニュー公楽グループ)、扇屋商事(株)、仙台観光(株)、(有)セントラル伸光、(株)ケイセン、
(株)文化、(株)二十二、(株)ベガスベガス、(株)アイランド、(株)ニラク、(株)ダイエー、
(株)中原商事、吉原産業(株)、(株)アラジン、(株)つばめエイジェンシー

北関東・関東地区
(株)ジョイパック、(株)平成興業、基英商事(有)、五月女総合プロダクト(株)、
(株)南大門ホールディングス、NEXUS(株)、(株)エスエープランニング、イースペース(株)、
(株)遊楽(ガーデングループ)、東栄商事(株)(ことぶきグループ)、八大企業(株)(一番館グループ)、
(株)カクタ、(株)ヒノックス、(株)大日商事、(株)ガイア、(株)一六商事、(株)オザム、
(株)コンチェルト、日拓グループ、(株)安田屋、(株)ヤナガワ、トリックスターズアレア(有)、
パラッツォ東京プラザグループ、(株)メッセ、(株)ユニカ、ジョイパックレジャー(株)、
(株)ミリオンインターナショナル、(株)マタハリー、(株)ジャパンニューアルファ、(株)エスタディオ、
(株)東横商事、(株)SUISHAYA

上信越・東海地区
(株)三公商事(アサヒグループ)、(株)アメニティーズ、共和観光(株)(チャンピオングループ)、
(株)マルギンインターナショナル、(株)第一実業、(株)シリウス、(株)ニューアサヒ、(株)山下商会、
(株)八号線、(有)新日邦、大豊(株)(タイホーグループ)、(株)アプリイ(アプリイ・ネットワーク)、
浜友観光(株)、三和観光(株)、(株)善都、名豊観光(株)(めいほうぐるーぷ)、
(株)コロナ(コロナグループ)、(株)セントラル(コンコルドグループ)、
タイホウコーポレーション(株)(タイホウグループ)、(株)都筑(エーパンクラブグループ)、
(株)大木家(オーギヤグループ)、TRY&TRUSTホールディングス(株)、大喜興業(株)(タイキグループ)、
(株)立岩、平和観光(有)(平和観光グループ)、(株)敬愛(マックスグループ)、(株)キング観光、
(株)永和商事(ウィンググループ)

北陸・関西地区
(株)東洋コンツェルン、西原物産(株)、(株)イチバン・コーポレーション、平和商事(株)、
(株)松原興産、(株)晃商、(株)松屋百貨店(ジャパンレジャーサービスグループ)、
大和観光開発(株)、朝陽物産(株)、(株)デ・マッセ、平川商事(株)、(株)日本オカダエンタープライズ、
(株)ダイアナ、光明興業(株)(四海樓グループ)、大邦興業(株)、(株)アサヒディード、
北大阪振興(株)(大東洋グループ)、(株)プリメール開発、(株)播磨屋、(株)新東洋興業、(株)晋陽、
羽柴観光(株)、(株)ヒメカン、(株)きん商(K-POWERSグループ)、(株)ジェイク、
(株)日本テクノ

中国・四国地区
(株)三洋商事、(株)ワールドカップ、(株)丸三、(株)三栄、(株)東洋八興(ハリウッドグループ)、
全秦通商(株)、(株)Lee(マルハチグループ)、宏和グループ、(株)一富士興業、(株)プローバ、
ノヴィル(株)(ミリオングループ)、愛染興業(株)、(株)グランド商事・アドバンス、ロッキー産業(株)、
南国産業(株)、(株)慶尚

九州地区
(株)平興産、(株)ユーコー、(株)テンガイ、(株)フェイスグループ、(株)玉屋、(株)ニューマセ、
(株)ゾーン、(株)宣翔物産(プラザグループ)、(株)晃暉、七洋物産(株)(GIONグループ)、
(株)新洋、(株)荒戸産業(ヒラメックグループ)、福北興業(株)、(株)ケイズ、(株)パラダイス、
岩下兄弟(株)、(株)二十一世紀グループ、司観光開発(株)、(株)大劇

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
121,000
110,000
11,000
154,000
140,000
14,000
242,000
220,000
22,000
275,000
250,000
25,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。