2011年版 各種パイプの需要動向と中期予測

パイプ材のうち、配管部材に関わる需要動向と中期のトレンドをレポートいたしました。市場動向は年々縮小する中で、管種ごとの市場シェア争いが続いております。本年版ではとくに、中期的な市場動向に加え、原材料価格高騰の見通し、新規市場(省エネ・環境分野など)への取り組み等を分析いたしました。

発刊日
2011/09/29
体裁
A4 / 365頁
資料コード
C53112800
PDFサイズ
4.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:全国のパイプ製造業者、販売業者、業界団体など
調査方法:2010 年度の管種別出荷量をはじめとして、需要動向、他の管種との競合状況、将来予測、事業展開上の課題などについて面談調査・アンケートを実施した。また、業界団体などの各種統計値を収集・分析した。
調査期間:2011年7月~2011年9月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • パイプ市場を取り巻く環境の動向を調査。
  • パイプ主要20品種推移と予測を掲載。
  • 主要企業(20社)の動向・今後の展望を掲載。

■本資料の概要

第Ⅰ章 総論
第Ⅱ章 パイプ管種別市場動向
第Ⅲ章 主要企業の動向・今後の展望
第Ⅳ章 空調衛生設備業者のパイプ調達状況

■掲載内容

第Ⅰ章 総論

パイプ市場を取り巻く環境の動向
  1.市場環境
    (1)市場環境全体の動向
    (2)建築需要(住宅・非住宅の動向)
    (3)土木需要の動向
    (4)民間設備投資の動向(景気の動向)
    (5)市場環境の見通し
  2.パイプの管種別トレンド
  3.市場に対する震災の影響と復興需要
  4.パイプメーカーの「新市場」への取り組み
パイプ市場の推移と予測
  1.パイプ主要20品種推移と予測
  2.パイプ全25品種推移と予測・鋼管換算
  3.15用途・品種別推移と予測
    (1)用途別動向(全体動向)
    (2)主要分野の市場動向・管種トレンド
      ①上水道市場 ②下水道市場 ③農業・土木市場
      ④産業プラント・工場設備市場 ⑤建築関連分野(主に給水・給湯分野)
  4.パイプ全25品種・用途別推移と予測

第Ⅱ章 パイプ管種別市場動向

100.配管用炭素鋼鋼管(全体・店売)
101.配管用炭素鋼鋼管(白管・店売)
102.配管用炭素鋼鋼管(黒管・店売)
103.塩ビライニング鋼管(直管全体)
103-1.塩ビライニング鋼管(給水用)
103-2.塩ビライニング鋼管(耐熱用)
103-3.塩ビライニング鋼管(消火用)
103-4.塩ビライニング鋼管(排水用)
103-5.塩ビライニング鋼管(フランジ付)
103-6.塩化ビニル外面被覆鋼管(ガス用)
104-1.ポリ粉体ライニング鋼管(直管)
104-2.ポリ粉体ライニング鋼管(フランジ付)
105.塗覆装鋼管
106.ポリエチレン被覆鋼管
107.ノンタールエポキシコーティング鋼管
108.ナイロンコーティング鋼管
109.ステンレス溶接鋼管(ステンレス協会統計)
109-9.ステンレス溶接鋼管(水道、屋内配管)
110.ダクタイル鋳鉄管
111.排水用鋳鉄管
112.建築用銅管(全体)(冷媒・医療用ガス除く)
112-1.建築用銅管(裸銅管)(冷媒・医療用ガス除く)
112-2.建築用銅管(被覆銅管)(冷媒・医療用ガス除く)
113.ヒューム管
114.PC管
115.FRPM管
116.塩化ビニル管(全体)
116-1.塩化ビニル管(耐衝撃管)
116-2.塩化ビニル管(耐熱管)
116-3.塩化ビニル管(下水道)
116-4~5.塩化ビニル管(電線管、電力ケーブル埋設管)
116-6.塩化ビニル管(塩ビ製クリーンパイプ)
117.ポリエチレン管(全体)
117-1.ポリエチレン管(JIS水道用)
117-2.ポリエチレン管(JIS土木用)
117-3.ポリエチレン管(®管)
117-4.ポリエチレン管(ガス用)
117-5.ポリエチレン管(水道配水用)
118.架橋ポリエチレン管
119.ポリブテン管
120-1.コルゲート管
120-2.網状管
121.ステンレスフレキシブル管(ガス屋内用)
122.耐火二層管
123.合成樹脂製可とう電線管(CD管・PF管)
124.FEP管(ケーブル保護管)
125.FRPパイプ

第Ⅲ章 主要企業の動向・今後の展望

1.(株)協成
2.(株)クボタ(パイプシステム事業部)
3.(株)クボタ(排水システムグループ)
4.クボタシーアイ(株)
5.(株)栗本鐵工所
6.JFEスチール(株)(鋼管室)
7.JFEスチール(株)(エネルギー・プラント室)
8.JFEエンジニアリング(株)
9.JFE継手(株)
10.スミケイ銅管販売(株)
11.住友金属工業(株)
12.積水化学工業(株)
13.(株)多久製作所
14.電気化学工業(株)
15.日新製鋼(株)
16.日本ヒューム(株)
17.日立金属(株)
18.フネンアクロス(株)
19.古河電気工業(株)(古河エレコム(株))
20.三菱樹脂(株)

第Ⅳ章 空調衛生設備業者のパイプ調達状況

(株)朝日工業社、(株)大西熱学、斎久工業(株)、三機工業(株)、三建設備工業(株)、
(株)城口研究所、新日本空調(株)、新菱冷熱工業(株)、須賀工業(株)、大成温調(株)、
大成設備(株)、高砂熱学工業(株)、(株)テクノ菱和、(株)東洋製作所、中島熱化学工業(株)、
(株)日設、(株)日立プラントテクノロジー、日比谷総合設備(株)、富士古河E&C(株)、
日本ファシリオ(株)、(株)アペックエンジニアリング、川本工業(株)、(株)桐田商会、
(株)精研、大栄設備(株)、ダイダン(株)、ダイワ空調設備(株)、(株)中央設備、
徳寿工業(株)、三神工業(株)、(株)四電工、群立機器(株)、ニトックス(株)、
東京日化サービス(株)、(株)福設、(株)五十鈴、(株)一二三工業所、菱和冷熱(株)、
(株)日新工業、イー・ティー・エス(株)、協成設備工業(株)、(株)近畿ヤマト商会

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。