ライフログ活用ビジネスの現状と展望

消費者の趣味嗜好や行動の傾向を把握することができるライフログは、広告業界を始めさまざまな業界にて活用できると注目を浴びております。本調査レポートでは、ライフログ事業に参入している事業者や、ライフログを使ったサービスへの消費者ニーズや意識を調査。今後の市場を展望いたしました。

発刊日
2011/11/30
体裁
A4 / 310頁
資料コード
C53114400
PDFサイズ
2.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:近年消費者の行動履歴などを記録したライフログが注目されている。
この様な消費者のライフログを活用したビジネスを展開している事業者にスポットを当て、消費者に対するライフログの利用状況や今後の利用意向などに関するアンケート調査を併用し、現状のビジネス動向と今後の市場性を展望する。
調査方法:直接面接取材と電話取材を併用
調査期間:2011年10月~2011年11月
 

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • ライフログ関連事業者(プラットフォーム事業者/サービス提供事業者)に対面取材を実施。
  • 消費者400名に対してライフログへの不安など意識に関するインターネットアンケートを実施。
  • 企業担当者300名対してライフログを自社のマーケティングに活用する意向や、ライフログを外部に提供するなどライフログ自体でマネタイズを図る意向をインターネットアンケートにてヒアリング。

■本資料の概要

第Ⅰ章 総論
第Ⅱ章 ライフログ活用ビジネスの動向と展望
第Ⅲ章 ライフログ活用サービスへの消費者のニーズ
第Ⅳ章 企業のライフログ活用意向
第Ⅴ章 ライフログ関連市場概況

■掲載内容

第Ⅰ章 総論

1.ライフログの分類と調査範囲
2.ライフログ活用ビジネスの分類
3.ライフログ関連ビジネスの市場動向
  1)消費者のライフログサービスに対する意識や利用状況
  2)企業のライフログサービスに対する意識や利用状況
  3)事業者の動向
4.ライフログ関連ビジネスの今後の展望
  ■ビジネスモデル
  ■サービス内容
  ■ライフログ活用ビジネス市場全体
5.ライフログ市場規模推移と予測(2009年度~2015年度予測)

第Ⅱ章 ライフログ活用ビジネスの動向と展望

1.参入企業一覧
2.主要事業者サービス概要
  1)主要事業者の参入時期と会員数
  2)主要事業者サービス概要
3.主要事業者のビジネスモデル概要
4.プロモーション方法
5.取組上のための課題・問題点
6.今後のサービス展開の方向性
■個別企業実態
  株式会社Eat Smart(イートスマート)
  株式会社ウイングスタイル(ジョグノート)
  エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(位置ログ活用プラットフォーム)
  エヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社(gooからだログ)
  株式会社関心空間(ramblin)
  tinymonks(Zaim みんなの家計簿)
  株式会社ネオレックス(MyStats)
  株式会社HAMOLO(PiCRO Kids)
  株式会社ビー・オー・スタジオ(ねむログ)
  株式会社ビジコム(JANKEN.JP家計簿)
  foo.log株式会社(foodLog)
  株式会社ライブドア(ロケタッチ)

第Ⅲ章 ライフログ活用サービスへの消費者のニーズ

~400名のインターネットユーザーに対してWebアンケートを実施~
1.調査概要
  1)アンケート調査期間
  2)アンケート方法
  3)アンケート調査対象先
  4)アンケート回収件数
  5)留意点
  6)プロフィール(性別)
  7)プロフィール(年代)
  8)プロフィール(居住地)
  9)プロフィール(職業)
  10)ライフログの認知度
2.調査結果の分析
  1)ライフログの認知度
  2)主要ライフログサービスの利用経験
  3)ライフログサービスの今後の利用意向
  4)ライフログサービスを利用したいデバイス
  5)具体的なライフログサービスの利用意向
  6)自分のライフログが第三者に提供されることへの意識
  7)第三者企業が自分のライフログをプロモーションに活用することへの意識
  8)自分のライフログが何らかのサービスに利用されることへの不安内容
  9)ライフログサービスへのアイデア・要望

第Ⅳ章 企業のライフログ活用意向

~300名の企業担当者に対してWebアンケートを実施~
1.調査概要
  1)アンケート調査期間
  2)アンケート方法
  3)アンケート調査対象先
  4)アンケート回収件数
  5)留意点
  6)事前調査アンケート対象者プロフィール
    ①プロフィール(業種)
    ②プロフィール(性別)
    ③プロフィール(都道府県)
    ④プロフィール(ライフログの活用状況と今後の意向)
    ⑤プロフィール(企業内でのライフログへの関与の有無)
  7)本調査アンケート対象者プロフィール
    ①プロフィール(業種)
    ②プロフィール(性別)
    ③プロフィール(年齢)
    ④プロフィール(都道府県)
    ⑤プロフィール(ライフログの活用状況と今後の意向)
    ⑥プロフィール(企業内でのライフログへの関与の有無)
2.調査結果の分析
  1)企業担当者のライフログのマーケティングへの活用意向
  2)ライフログをマーケティングに活用したい理由
  3)企業担当者がマーケティングに活用したいライフログの種類
  4)ライフログをマーケティングに活用する際のリスク
  5)自社の保有するライフログを外部に提供する意向
  6)外部に提供したいと考えるライフログの種類
  7)外部にライフログを提供する際のリスク
  8)外部にライフログを提供する際のリスク
  9)今後ビジネス展開の際に活用したいライフログの種類
  10)ライフログを活用したビジネスを展開する際のリスク
  11)企業担当者が考えるライフログ活用ビジネスとは?

第Ⅴ章 ライフログ関連市場概況

1.ライフログ関連法規制と関連省庁の動向
  1)ライフログ関連法規制の動向
  2)ライフログ関連省庁の動向
2.レコメンドエンジン市場の概要
  1)市場概況
  2)主要参入企業と製品・サービスの特長
  3)市場拡大/事業拡大のための課題・問題点
  4)今後の市場展望
  5)市場規模推移と予測(2007年度~2012年度予測)
3.行動ターゲティング広告市場の概況

第Ⅵ章 付録

1.消費者向けアンケート集計結果
  1)ライフログの認知度
  2)主要ライフログサービスの利用経験
  3)主要ライフログサービスの今後の利用意向
  4)ライフログサービスの今後の利用意向
  5)ライフログサービスを利用するための望ましいデバイス
  6)自分のライフログが第三者に提供することに対する意識
  7)第三者の企業が自分のライフログを使いプロモーションすることへの意識
  8)自分のライフログがサービスに利用されることに対する不安内容
  9)ライフログサービスに対する要望/アイデア
2.消費者向け調査票
3.企業担当者向けアンケート集計結果
  1)ライフログのマーケティング活用
  2)調査結果集計表(本調査)
    ①ライフログを活用している/活用したい理由
    ②マーケティングに活用したいライフログの種類
    ③ライフログを活用する際のリスク
    ④各ライフログの今後の提供意向
    ⑤ライフログ外部提供の際のリスク
    ⑥各ライフログを使ったビジネス展開の意向
    ⑦ライフログを活用したビジネスを展開する上でのリスク
    ⑧ライフログ活用ビジネスとは?
4.企業担当者向け調査票
  1)事前調査
  2)本調査
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。