2011 新世代アイドルストップシステム市場の徹底分析

厳しい環境規制を達成するため、自動車の燃費向上が必須事項となっている。次世代自動車(HEV/EV)の普及が始まっているが、販売台数から見ればその割合は少なく、またコスト面から軽・小型車への適用は難しい。そこで低コストで燃費改善可能なアイドルストップシステムが注目を集めている。
市場面では、先行する欧州・日本市場から北米・中国市場への波及が始まろうとしており、また技術面では、減速中のエンジン停止、積極的な回生技術の採用など、それぞれの面で第2ステージに進化している。
本調査レポートでは、すべての乗用車および車両重量3.5t以下の商用車に搭載されるアイドルストップシステムを対象とし、また対象地域はワールドワイドでアイドルストップシステム市場の動向と将来展望を調査・分析。また、2010年~2017年の市場規模を算出・予測致しました。

発刊日: 2011/08/31 体裁: A4 / 177頁
資料コード: C53300700 PDFサイズ: 9.5MB
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円 )
定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円 )
定価 313,200円 (本体 290,000円 消費税 23,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:アイドルストップシステムに関する現状の市場動向を明らかにするとともに、開発動向や技術動向を踏まえ、今後の市場展望を俯瞰する。
調査対象:アイドルストップシステムを構成する各システム・コンポーネントの技術動向、市場動向。アイドルストップシステム搭載車の展開。
調査対象先:自動車メーカ、車両システムメーカ 等
調査方法:面接取材、電話取材、文献調査等
調査期間:2011年6月~8月
 

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 地域別、機能別のアイドルストップシステムの市場予測(2010年~2017年)
  • 構成システム別詳細分析とマーケット予測(2010年~2017年)
  • 主要コンポーネントの市場動向を数量・金額ベースで調査
  • 自動車メーカ17社、システムサプライヤ12社の最新動向を掲載

■本資料の概要

第1章 アイドルストップシステム市場の概況
第2章 ISS車の地域別市場予測
第3章 構成システム別詳細分析とマーケット予測
第4章 ISSに付随する関連システムの動向
第5章 自動車メーカ別投入状況とその戦略
第6章 主要サプライヤの最新動向
図表目次

■掲載内容

第1章 アイドルストップシステム市場の概況

1-1 アイドルストップシステムの市場規模予測(数量・金額ベース)
1-2 ISS市場における3つのトレンド(現状と将来)
  Trend 1:西欧中心の市場から世界的市場へ
  Trend 2:AT車への設定事例が増加
  Trend 3:拡張ISS、高出力回生ブレーキシステムの搭載が進む

第2章 ISS車の地域別市場予測

2-1 ワールドワイド 市場
  2-1-1 自動車市場とISS車市場の予測
  2-1-2 地域別ISS車市場規模予測
  2-1-3 機能別ISS車市場規模予測
2-2 西欧市場
  2-2-1 環境規制・低CO2に向けた政策の動向
  2-2-2 アイドルストップシステムの導入状況
  2-2-3 自動車市場とISS車市場の予測
  2-2-4 機能別ISS車の市場予測
2-3 日本市場
  2-3-1 環境規制・低CO2に向けた政策の動向
  2-3-2 アイドルストップシステムの導入状況
  2-3-3 自動車市場とISS車市場の予測
  2-3-4 機能別ISS車の市場予測
2-4 北米市場
  2-4-1 環境規制・低CO2に向けた政策の動向
  2-4-2 アイドルストップシステムの導入状況
  2-4-3 自動車市場とISS車市場の予測
  2-4-4 機能別ISS車の市場予測
2-5 中国市場
  2-5-1 環境規制・低CO2に向けた政策の動向
  2-5-2 アイドルストップシステムの導入状況
  2-5-3 自動車市場とISS車市場の予測
  2-5-4 機能別ISS車の市場予測
2-6 その他地域市場
  2-6-1 アイドルストップシステムの導入状況
  2-6-2 自動車市場とISS車市場の予測
  2-6-3 機能別ISS車の市場予測

第3章 構成システム別詳細分析とマーケット予測

3-1 構成システム別アイドルストップシステムの市場規模予測(金額ベース)
3-2 エンジン再始動システム
  3-2-1 エンジン再始動システムの種類と採用状況
  3-2-2 各エンジン再始動システムの制御の仕組みと課題・今後の可能性
    3-2-2-① スタータ式
    3-2-2-② 直噴燃焼+スタータアシストタイプ
    3-2-2-③ ベルト駆動スタータ兼オルタネータ式
    3-2-2-④ 拡張ISS対応スタータ式
  3-2-3 エンジン再始動システムのタイプ別市場予測
  3-2-4 納入マトリクス(2011年)
  3-2-5 メーカシェア(2010年)
3-3 バッテリ状態検知システム
  3-3-1 バッテリ状態検知システムとコンポーネントの概要・比較
  3-3-2 バッテリ状態検知システムのタイプ別市場規模予測
  3-3-3 納入マトリクス(2011年)
  3-3-4 メーカシェア(2010年)
3-4 パワーマネジメントシステム
  3-4-1 パワーマネジメントシステムの種類と採用状況
  3-4-2 各パワーマネジメントシステムの制御の仕組みと課題・今後の可能性
    3-4-2-① DC-DCコンバータ(電圧安定器)
    3-4-2-② 鉛バッテリのサブ電源システム
    3-4-2-③ リチウムイオン電池のサブ電源システム
    3-4-2-④ キャパシタのサブ電源システム
  3-4-3 パワーマネジメントシステムのタイプ別市場予測
  3-4-4 納入マトリクス(2011年)
  3-4-5 メーカシェア(2010年)
3-5 トランスミッション油圧制御システム
  3-5-1 油圧制御の種類と採用状況・今後の可能性
  3-5-2 各トランスミッション油圧制御システムの仕組みと課題・今後の可能性
    3-5-2-① 電動オイルポンプ
    3-5-2-② 蓄圧器(アキュームレータ)
    3-5-2-③ 追加コンポーネントなし
  3-5-3 トランスミッション油圧制御システムのタイプ別市場予測
  3-5-4 納入マトリクス(2011年)
  3-5-5 メーカシェア(2010年)
3-6 エンジン制御システム
  3-6-1 逆転検知機能付クランク角度センサの概要
  3-6-2 逆転検知機能付クランク角度センサの技術動向と採用状況
  3-6-3 エンジン制御システムの市場規模予測

第4章 ISSに付随する関連システムの動向

4-1 ISS車向け空調システム
  4-1-1 アイドルストップ車向け空調システムの種類と採用状況
    4-1-1-① 各種温度センサによるアイドルストップ制御
    4-1-1-② 蓄冷システム
4-2 専用インフォメーションシステム(メータ・ディスプレイ)
  4-2-1 専用インフォメーションシステムの種類と採用状況・今後の可能性

第5章 自動車メーカ別投入状況とその戦略

5-1 マツダ
5-2 日産自動車
5-3 スズキ
5-4 トヨタ自動車
5-5 ダイハツ工業
5-6 三菱自動車
5-7 本田技研工業
5-8 BMW
5-9 Daimler
5-10 PSA Gr.
5-11 Fiat(Fiat / Alfa Romeo)
5-12 Volkswagen Gr.(VW / Audi / Skoda / SEAT)
5-13 Porsche
5-14 Volvo
5-15 Hyundai-Kia Gr.
5-16 欧州Ford
5-17 Renault

第6章 主要サプライヤの最新動向

6-1 デンソー
6-2 Bosch
6-3 Valeo
6-4 Hella
6-5 Continental Automotive
6-6 パナソニックエレクトロニックデバイス
6-7 アイシン精機
6-8 ジェイテクト
6-9 豊田自動織機
6-10 カルソニックカンセイ
6-11 FDK
6-12 日立製作所


図表目次

第1章 アイドルストップシステム市場の概況

表1- 1 アイドルストップシステムの世界市場規模予測(2010~2017年、数量・金額)
図1- 1 アイドルストップシステムの世界市場規模予測(2010~2017年、数量・金額)
図1- 2 ISS市場における3つのトレンド(現状と将来)
図1- 3 各国における現状の燃費規制と今後の可能性
図1- 4 各地域におけるISS車販売台数の変化(2010年・2017年予測)
図1- 5 ISS市場(金額ベース)のシステム構成比の変化(2010年・2017年予測)
図1- 6 アイドルストップシステムの技術トレンド(2008~2016年)
図1- 7 機能別ISS販売台数の変化(2010年・2017年予測)

第2章 ISS車の地域別市場予測

表2- 1 世界の自動車販売台数とISS車の販売予測(2010~2017年)
表2- 2 ISS車の地域別販売予測(2010~2017年、世界市場)
表2- 3 ISS車販売予測の地域別構成比(2010~2017年、世界市場)
表2- 4 ISS車の機能別販売予測(2010~2017年、世界市場)
表2- 5 欧州の次期燃費規制
表2- 6 CO2排出量別制裁金(EU:2012~2018年)
表2- 7 欧州における自動車ブランド別CO2平均排出量の実績
表2- 8 EU/EFTA各国の自動車税制とCO2排出量基準導入状況
表2- 9 自動車販売台数とISS車の販売予測(2010~2017年、西欧市場)
表2- 10 ISS車の機能別販売予測(2010~2017年、西欧市場)
表2- 11 日本の次期燃費規制
表2- 12 日本市場の国内メーカ製ISS車一覧
表2- 13 自動車販売台数とISS車の販売予測(2010~2017年、日本市場)
表2- 14 ISS車の機能別販売予測(2010~2017年、日本市場)
表2- 15 米国の次期燃費規制
表2- 16 米国2016MYにおけるメーカ別燃費向上技術の採用率予測(EPA/NHTSA)
表2- 17 自動車販売台数とISS車の販売予測(2010~2017年、北米市場)
表2- 18 ISS車の機能別販売予測(2010~2017年、北米市場)
表2- 19 中国の乗用車燃費規制値(第1段階~第3段階)
表2- 20 自動車販売台数とISS車の販売予測(2010~2017年、中国市場)
表2- 21 ISS車の機能別販売予測(2010~2017年、中国市場)
表2- 22 自動車販売台数とISS車の販売予測(2010~2017年、その他地域市場)
表2- 23 ISS車の機能別販売予測(2010~2017年、その他地域市場)
図2- 1 世界の自動車販売台数とISS車の販売予測(2010~2017年)
図2- 2 ISS車の地域別販売予測(2010~2017年、世界市場)
図2- 3 ISS車販売予測の地域別構成比(2010~2017年、世界市場)
図2- 4 ISS車の機能別販売予測(2010~2017年、世界市場)
図2- 5 西欧市場におけるアイドルストップシステムのトレンド
図2- 6 自動車販売台数とISS車の販売予測(2010~2017年、西欧市場)
図2- 7 ISS車の機能別販売予測(2010~2017年、西欧市場)
図2- 8 自動車販売台数とISS車の販売予測(2010~2017年、日本市場)
図2- 9 ISS車の機能別販売予測(2010~2017年、日本市場)
図2- 10 米国の燃費(CAFE)規制
図2- 11 米国にて2013MYより適用となる新燃費ラベル
図2- 12 自動車販売台数とISS車の販売予測(2010~2017年、北米市場)
図2- 13 ISS車の機能別販売予測(2010~2017年、北米市場)
図2- 14 自動車販売台数とISS車の販売予測(2010~2017年、中国市場)
図2- 15 ISS車の機能別販売予測(2010~2017年、中国市場)
図2- 16 Mahindra & Mahindra アイドルストップシステムの紹介ページ
図2- 17 自動車販売台数とISS車の販売予測(2010~2017年、その他地域市場)
図2- 18 ISS車の機能別販売予測(2010~2017年、その他地域市場)

第3章 構成システム別詳細分析とマーケット予測

表3- 1 アイドルストップシステムの構成部品と各種タイプ・コンポーネント一覧
表3- 2 構成システム別ISSの市場規模予測(2010~2017年、金額ベース)
表3- 3 エンジン再始動システムの比較
表3- 4 直噴エンジンに適用した2つの再始動システムの違い(BMW・マツダ)
表3- 5 エンジン再始動システムのタイプ別採用予測(2010~2017年、数量ベース)
表3- 6 市場規模算出に含む各再始動システムのコンポーネントとシステム単価
表3- 7 エンジン再始動システムのタイプ別市場規模予測(2010~2017年、金額ベース)
表3- 8 エンジン再始動システム(スタータ関連)の納入マトリクス(2011年)
表3- 9 エンジン再始動システム(スタータ関連)のメーカシェア(2010年)
表3- 10 バッテリセンサの特徴比較
表3- 11 バッテリ状態検知システムのタイプ別市場規模予測(2010~2017年、数量)
表3- 12 バッテリ状態検知システムのタイプ別市場規模予測(2010~2017年、金額)
表3- 13 バッテリセンサの納入マトリクス(2011年、ISS車への搭載分)
表3- 14 バッテリセンサのメーカシェア(2010年、ISS車への搭載分)
表3- 15 パワーマネジメントシステムの比較
表3- 16 パナソニックストレージバッテリー製アイドルストップ車用バッテリ
表3- 17 T.I.I.S.のLi-ionバッテリシステムの構成部品とその機能
表3- 18 パワーマネジメントシステムのタイプ別市場規模予測(2010~2017年、数量)
表3- 19 各パワーマネジメントシステムのコンポーネントとシステム単価
表3- 20 パワーマネジメントシステムのタイプ別市場規模予測(2010~2017年、金額)
表3- 21 パワーマネジメントシステムの納入マトリクス(2011年)
表3- 22 パワーマネジメントシステムのメーカシェア(2010年)
表3- 23 トランスミッション油圧制御システムの比較
表3- 24 T/M油圧制御システムのタイプ別市場規模予測(2010~2017年、数量ベース)
表3- 25 T/M油圧制御システムのタイプ別市場規模予測(2010~2017年、金額ベース)
表3- 26 T/M油圧制御システムの納入マトリクス(2011年)
表3- 27 T/M油圧制御システムのメーカシェア(2010年)
表3- 28 逆転検知機能付きクランク角度センサの市場規模予測(数量・金額ベース)
図3- 1 構成システム別ISSの市場規模予測(2010~2017年、金額ベース)
図3- 2 アイドルストップシステム用スターターモータ(Bosch)
図3- 3 i-stopのエンジン停止・再始動のしくみ(マツダ)
図3- 4 ベルト駆動スタータ兼オルタネータによるエンジン再始動工程
図3- 5 常時噛合いギア式スタータ(トヨタ・デンソー)と作動説明図
図3- 6 エンジン再始動システムのタイプ別採用予測(2010~2017年、数量ベース)
図3- 7 エンジン再始動システムのタイプ別市場規模予測(2010~2017年、金額ベース)
図3- 8 エンジン再始動システム(スタータ関連)のメーカシェア(2010年)
図3- 9 バッテリ状態の常時把握によるISS開始時間の違い
図3- 10 バッテリ状態検知システムのタイプ別市場規模予測(2010~2017年、数量)
図3- 11 バッテリ状態検知システムのタイプ別市場規模予測(2010~2017年、金額)
図3- 12 バッテリセンサのメーカシェア(2010年、ISS車への搭載分)
図3- 13 エンジン再始動による電圧降下とDC-DCコンバータによる対策(イメージ)
図3- 14 補助電源一体型アイドリングストップコンピュータ(ダイハツ)
図3- 15 i-stopのバッテリマネジメント(マツダ)
図3- 16 T.I.I.S.のリチウムイオン電池システム(トヨタ)
図3- 17 T.I.I.S.のリチウムイオン電池モジュール外観図と1セルあたりの仕様
図3- 18 ミラに搭載される電気二重層キャパシタ(ダイハツ)
図3- 19 e-Boosterの外観と電圧補償のイメージ(Continental Automotive)
図3- 20 パワーマネジメントシステムのタイプ別市場規模予測(2010~2017年、数量)
図3- 21 パワーマネジメントシステムのタイプ別市場規模予測(2010~2017年、金額)
図3- 22 パワーマネジメントシステムのメーカシェア(2010年)
図3- 23 ISS車T/M油圧制御用電動オイルポンプの開発方向性
図3- 24 蓄圧器「HIS」の装着箇所とHISの内部構成(ZF)
図3- 25 電動オイルポンプレスによるCVTの外観の変化(ダイハツ)
図3- 26 T/M油圧制御システムのタイプ別市場規模予測(2010~2017年、数量ベース)
図3- 27 T/M油圧制御システムのタイプ別市場規模予測(2010~2017年、金額ベース)
図3- 28 T/M油圧制御システムのメーカシェア(2010年)
図3- 29 クランク角度センサの搭載位置
図3- 30 Magnet Ring System(Electricfil)
図3- 31 逆転検知機能付きクランク角度センサの市場規模予測(数量・金額ベース)

第4章 ISSに付随する関連システムの動向

表4- 1 ISS車向け空調システムの比較
表4- 2 温度センサによるアイドルストップ制御の進化形(各社のアイディア)
表4- 3 自動車メーカ別ISS車のインフォメーションシステムシステムの比較
表4- 4 i-stopランプの表示とi-stopシステムの状態
図4- 1 温度センサによる空調・アイドルストップ制御フローチャート
図4- 2 i-stopモニタの表示(アクセラ)

第5章 自動車メーカ別投入状況とその戦略

表5- 1 SKYACTIV i-stopの変更点(マツダ)
表5- 2 BMWグループの欧州向け車両に搭載される車種別燃費向上技術
表5- 3 Daimler社Blue EFFICIENCY搭載モデル(2010年末、ドイツ市場)
図5- 1 i-stopのバッテリシステムの進化(マツダ)
図5- 2 マツダが推進するビルディングブロック戦略
図5- 3 マーチISSの主な構成部品(日産自動車)
図5- 4 アイドルストップシステムの構成(スズキ)
図5- 5 アイドリングストップランプ(スズキ)
図5- 6 TOYOTA Stop & Start System(MT車向け)の構成
図5- 7 新・旧ムーヴの燃費比較(ダイハツ)
図5- 8 eco IDLEのシステム構成(ダイハツ)
図5- 9 停車前アイドルストップ機能の動作イメージ(ダイハツ)
図5- 10 smart fortwo センターコンソールのECO start/stopスイッチ(Daimler)
図5- 11 e-HDiのシステム構成(PSA)
図5- 12 Fiat 500とTwinAirエンジン、ロゴ(Fiat)
図5- 13 BlueMotion Technologies(Volkswagen)
図5- 14 パナメーラの燃費向上の内訳(Porsche)
図5- 15 Start/Stopの動作を示すインストルメントパネル(Volvo)
図5- 16 新ScenicのCO2削減(Renault)

第6章 主要サプライヤの最新動向

表6- 1 デンソーのアイドルストップ車向けスタータのナインナップ
表6- 2 Boschのアイドルストップ向けコンポーネントの出荷推移
表6- 3 HellaのIBS、DC-DCコンバータの出荷推移(2010~2012年計画)
表6- 4 HellaのDCDCコンバータ(電圧安定器と開発品)
図6- 1 電流センサ(デンソー)
図6- 2 Bosch Start-stopシステムの構成と車両搭載位置
図6- 3 Bosch アイドルストップ車用スタータの外観とラインナップ
図6- 4 EBS(Electronic Battery Sensor)外観(Bosch)
図6- 5 DC-DCコンバータ外観(Bosch)
図6- 6 i-StARS(Valeo)
図6- 7 StARS+Xのシステム構成(Valeo)
図6- 8 ReStart(Valeo)
図6- 9 Stop Stay Cool(Valeo)
図6- 10 IBS200xの外観と仕様(Hella)
図6- 11 IBSとDC-DCコンバータの外観・特徴(Continental)
図6- 12 e-Boosterのキャパシタモジュールとパワエレユニット(Continental)
図6- 13 DC-DCコンバータとEDLC(PED)
図6- 14 ヴィッツ(2010年)のCVTと電動オイルポンプ(アイシン精機)
図6- 15 電動オイルポンプのカットモデルと構成概要(ジェイテクト)
図6- 16 アイドルストップシステム用DC-DCコンバータ(参考出品、豊田自動織機)
図6- 17 冷媒冷却蓄冷システム(カルソニックカンセイ)
図6- 18 アイドルストップ向けLICモジュール(FDK)
図6- 19 アイドルストップシステム(日立製作所)
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円 )
定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円 )
定価 313,200円 (本体 290,000円 消費税 23,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C51300800 2009 新世代アイドルストップシステム市場の徹底分析
C49201300 2007年版 ブロードバンド白書
C48205400 2006年版 IP電話関連機器市場
C48116000 2007 多機能・複合型/複写機・プリンタ・FAX市場の実態と展望
C48116430 2006年度版 太陽電池部材市場の現状と将来展望