2012年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望~電解液・電解質編~

リチウムイオン電池は、小型民生向けから自動車、電動工具、電動自転車/バイク、産業機器、スマートグリッド関連、UPS等、中・大型向け需要が立ち上がりつつあります。新規参入企業も増加しており、注目の市場となっております。本調査レポートでは、リチウムイオン電池主要四部材のうち、電解液・電解質市場を取り上げてレポートいたしました。

発刊日
2012/04/27
体裁
A4 / 131頁
資料コード
C54103900
PDFサイズ
2.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

66,000
60,000
6,000
66,000
60,000
6,000
99,000
90,000
9,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内および韓国、中国の有力リチウムイオン電池(以下LIB)電解液、電解質メーカー13社の現在の動向と今後の事業施策を徹底調査し、更に周辺調査を加えることで世界LIB電解液、電解質市場の現状と今後の動向を把握することを目的とする。
調査対象:国内電解液メーカー(5社)、韓国電解液メーカー(2社)、中国電解液メーカー(1社)、国内電解質メーカー(3社)、韓国電解質メーカー(1社)、その他(1社)
調査方法:直接面接取材をベースに、文献調査を併用
調査期間:2012年1月~2012年4月

リサーチ内容

■本資料のポイント 

  • 市場規模(2010年度実績、2011年度見込、2012年度~2015年度予測)を算出。
     ・LIB世界市場規模推移(2010年度~2015年度:金額ベース)
     ・LIB世界市場規模メーカーシェア(2008年度~2011年度:金額ベース)
     ・民生ポータブル機器用LIB世界市場規模推移(2010年度~2015年度:数量、金額ベース)
     ・民生ポータブル機器用LIB世界市場規模メーカーシェア(2008年度~2011年度:数量ベース)
     ・産業用LIB(定置用、移動体用)世界市場規模推移(2010年度~2015年度:数量、金額ベース)
     ・車載用LIB(EV、PHEV、HEV)世界市場規模推移(2010年度~2015年度:数量、金額ベース)
     ・LIB電解液・電解質世界市場規模推移(2008年度~2015年度:数量、金額ベース)
       ※電解液・電解質別
     ・LIB電解液・電解質世界市場メーカーシェア(2008年度~2012年度:金額ベース)
       ※電解液・電解質別
     ・LIB電解液・電解質国別(日本、中国、韓国)出荷数量・金額推移(2008年度~2012年度)
  • 各電解液・電解質メーカー生産拠点・生産能力、単価、供給関係など掲載。
  • 海外主要メーカーの戦略を分析。 

■本資料の概要

第一章 リチウムイオン電池電解液・電解質市場の展望
第二章 リチウムイオン電池市場の現状と将来展望
第三章 リチウムイオン電池電解液・電解質市場

■掲載内容

第一章 リチウムイオン電池電解液・電解質市場の展望

既存材料、生産技術は成熟
取りうる選択肢は限られる
国内に留まるなら戦略的な価格設定が必要
日系は最高品質を海外で達成へ
韓国・中国メーカーは輸出に活路を

第二章 リチウムイオン電池市場の現状と将来展望

産業用、車載用市場の立ち上がりで拡大基調へ突入
  1.概要
    2011年度 LIB世界市場規模は1兆1,693億円に
    2015年度は2兆8,834億円市場に拡大
    金額ベースでは三洋電機がシェアトップを維持
    サムスンSDI、LG化学がそれぞれ3位、4位に浮上
    低価格化競争が継続、スマホ、タブPC向け等、高機能化に乗り遅れた中国勢
    中堅メーカーとして浮上するGSユアサ、A123Sytems
  2.小型民生ポータブル機器向け
    アプリケーション市場の成長を受け、LIB市場も2010年以降堅調に推移
    数量ベースシェアではついにSamsung SDIが2011年度トップシェアに躍り出る
  3.蓄電、産業機器向け
    2015年度の産業用LIB市場は、2011年度比約100倍の7,000MWhレベルまで成長
  4.車載向け
    車載向けLIB市場規模は2011年度で1,000億円に迫る勢い
    2015年には1兆円手前までの成長が予測される
    実績は日系、受注は韓国先行、中国・欧米も準備が進む

第三章 リチウムイオン電池電解液・電解質市場

1.電解質市場全体動向
  中国、韓国からの需要が拡大
  電解質価格 ついに低下
  2012年 生産能力は11,300t/年へ
  日本と海外の価格差縮小
  固相方法による製造が主流
  既存メーカーの地位は磐石
  2012年度 フッ化カルシウム、HF価格は安定
  価格対性能でLiPF6 新規物質への代替は当面先
  固体電解質が一歩リードか
  森田化工が2位以下を引き離す
  日系シェアが減少、海外製が勢いを増す
2.電解液市場全体動向
  比較的高水準で成長
  2012年度も民生小型向けを中心に拡大
  中途半端な付加価値での値上げは容認されない
  車載向けには10ドルが要求
  添加剤は低価格化へのキーでもある
  既存添加剤を越える特性を持った研究開発に注力
  新規電解液への代替には、総合的なコストメリットが必要
  自国LIB産業の発展と共に勢いは韓・中国メーカーへ
  相次ぐ海外進出も、本格量産には慎重姿勢
  急成長している中国、韓国
  車載用市場の立ち上がりが日系メーカー上昇のカギ

第四章 リチウムイオン電池電解液・電解質メーカーの動向と戦略

三菱化学株式会社
  電解液トップシェア
  車載用LIB向け市場が遅れるも、積極・先行投資は変わらず
  既存出荷は伸びが鈍感
  他社生産代行により出荷数量増加
  車載向けの伸びには期待せず
  海外拠点は先行投資
  地産地消が基本
  低価格追求には、安価な添加剤への代替が必要

宇部興産株式会社
  2012年から海外進出スタート
  中国対応が優先
  パナソニック、三洋の統合は追い風に
  民生小型、日系顧客がメイン
  2012年より海外生産拠点構築へ
  需要が見極め難く、生産能力に幅
  有機溶媒、添加剤は内製が基本
  車載向けでは高性能と低コストの両立が必要

PANAX ETEC株式会社
  韓国LIB市場の好調で順調な伸びも
  2012年度は主要ユーザーの二社購買による若干の影響が予想
  ポリマー向け出荷が好調
  2012年度トータル生産能力は15,000t/年まで拡大
  2011年度 出荷数量は4,000tへ
  添加剤は内製のメリットなしと判断、サプライヤーとの協力を高める方針

東莞市杉杉電池材料有限公司
  今後も民生用がメイン
  過度な先行投資は行わず
  9割が中国向け
  今後は輸出比率の増加へ
  フルキャパに近い状態が続く
  電解質は内製化を目指す

Soulbrain株式会社
  ポリマー電池向け出荷が本格化
  本格生産体制に入る米国拠点
  2010年から急成長
  サムスンSDI向け出荷拡大へ
  低価格化へのキーは複数特性を持つ添加剤

三井化学株式会社
  リソースを大型LIB向けへシフト
  車載用電解液の研究開発は継続も
  具体的な行動には慎重

セントラル硝子株式会社
  一貫生産が武器となるのは量産後
  車載用に適した電解液との評価
  複数メーカーへ採用決定
  中国での生産体制整備は様子見
  特性を維持しつつ、添加剤の使用数・量を抑制

昭和電工株式会社
  高い安全性が要求される車載向け採用を目指す
  従来の電解液価格が目標
  既存メーカーとの競争には向かわず
  特殊電解液で市場参入
  添加剤なしで安全性・電池特性が向上
  同社電解液の使用でLIBのトータルメリットをアピール

森田化学工業株式会社
  2011年度 電解質市場トップ
  中国ビジネスをさらに強化
  競合他社に先行した中国ビジネスが好調
  2011年度、森田化工の出荷数量は2,000t
  中国での生産能力 6,000t/年への引き上げも
  中国での日系向け供給も視野に

ステラケミファ株式会社
  国内顧客中心に展開
  急速な海外展開には慎重姿勢
  既存顧客への供給量伸ばす
  2012年には生産能力2,600t/年へ
  海外拠点設立には慎重な姿勢
  2012年度の収益減少予測
  キャパアップ効果による既存顧客への出荷量伸びに期待

関東電化工業株式会社
  キャパ、実績、性能で車載向け採用を狙う
  車載用LIB向け需要に向け先行投資
  設備余剰も生産性向上となり、価格競争力強化
  中国向け出荷が大きく減少
  2012年 生産能力は3,000t/年へ
  車載向けでは価格が最優先

Foosung Co., ltd.(株式会社フソン:厚成)
  電解質グローバル・トップが目標
  ビジネスを韓国、海外向けに二分化
  役割分担で効率化
  出荷量の約80%が韓国向け
  韓国メーカーの成長と共に販売量を大きく伸ばし、2011年度実績は999t
  2012年末にはトータル生産能力は2,400t/年規模へ
  LiBF4量産ラインを建設
  LiF、HFの内製で原材料の安定供給、低価格化の実現が容易

出光興産株式会社
  想定アプリは車載用を始めとした大型用途
  協業相手は自動車メーカーも想定
  従来の電解液が持つ限界をカバー
  高容量の極材が使用可能

関連リンク

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

66,000
60,000
6,000
66,000
60,000
6,000
99,000
90,000
9,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。