2012 通信販売市場

通信販売市場は、インターネットチャネルを中心に拡大の余地が大きく、分野を問わず大きな注目を集めています。本調査レポートでは、市場における現在の有力企業に加え、今後の伸長が見込まれる注目企業や話題の企業についても取り上げ、通信販売市場の現状と今後の可能性について把握できるレポートとして企画致しました。

発刊日
2012/09/26
体裁
A4 / 467頁
資料コード
C54112500
PDFサイズ
8.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
330,000
300,000
30,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:通信販売企業の運営実態に関する調査・分析を行ない、事業戦略立案のための基礎資料とすることを目的とした。
調査対象:物販を中心とするB to Cの通信販売運営企業(一部B to Bあり)
調査方法:直接面接法、郵送によるアンケート留置法
調査期間:2012年7月~2012年9月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 通信販売市場規模の2012-2013年度予測を掲載。
  • 媒体別市場動向、各社の個別戦略を分析。
    (カタログ通信販売市場/テレビ通信販売市場/インターネット通信販売市場)
  • 伸びているインターネット通販市場の注目企業の分析。
  • 主力商品別の市場動向、2010年推定市場規模を掲載、注目企業の個別戦略を分析。
    (衣料品市場/インナー市場/ベビー・子供関連市場/宝飾品・時計市場/化粧品市場/・健康食品市場/食品市場/家具・家庭用品市場/家電・PC市場/文具・事務用品市場)
  • 参入企業の個別動向/主要企業と今後の成長が期待される注目企業の動向と戦略をレポート。
  • 専門店、アパレルメーカーの通販参入、事業強化事例。

    下記市場については、弊社発刊の各レポートより一部抜粋
    衣料品市場「アパレル産業白書2011」
    インナー市場「インナー市場白書2012年版」
    ベビー・子供関連市場「2011年版ベビー関連市場マーケティング年鑑」
    宝飾品・時計市場「宝石・貴金属市場年鑑 2012年版」「時計市場&ブランド年鑑2011」
    化粧品市場「化粧品マーケティング総鑑2011年版」
    健康食品市場「2012年版健康食品の市場実態と展望」
    食品市場「食品産業白書2011年版」
    家具・家庭用品市場「家具産業白書 家庭用・オフィス用家具マーケットの展望と戦略」
    家電・PC市場「2011家電量販店市場白書」
    文具・事務用品市場「2011年版文具・事務用品マーケティング総覧」

■本資料の概要

第1編 通信販売市場の現状
第2編 カタログ・テレビチャネル市場動向
第3編 インターネットチャネル市場動向
第4編 商品別の市場動向
第5編 主要通信販売企業の運営実態

■掲載内容

第1編 通信販売市場の現状

■通信販売市場の2011-2012年動向
  2012年は大型のM&A、業務提携により業界再編の流れ強まる
  1.通信販売市場の規模推移と動向
    【通信販売市場における最近のトピック】
  2.通信販売企業の実態
    (社)日本通信販売協会資料『第29回 通信販売企業実態調査報告書』より
■通信販売の利用実態と動向
  ――(社)日本通信販売協会編 『第19回 全国通信販売利用実態調査報告書』より
    1.通信販売の利用率について
    2.利用広告媒体について
    3.購入商品について
    4.利用回数について
    5.利用金額について
    6.代金の支払い手段について
    7.通信販売を利用した理由について
◇市場における注目動向◇
  通信販売事業における出版社の動向
    ●集英社 ●世界文化社 ●ハースト婦人画報社 ●双葉社
  [通信販売市場大手企業分析]
■ゼネラル通信販売企業4社の動向
  4社の連結売上高合計は前年度比103.2%と回復
    ・ニッセンホールディングス
    ・千趣会
    ・ベルーナ
    ・セシール
  ゼネラル通販企業の運営指標
◇大手各社のフルフィルメント体制
  ①受注分野 ②物流分野
■2011年度通信販売企業通販売上高ランキング(2011年4月~2012年3月期)
■媒体別市場の全体動向
  市場規模大幅拡大で全体の押し上げ効果大、インターネット携帯の構成比、急伸
    ・媒体別の市場規模動向
    ・主要チャネル別売上高と構成比の推移 /07年度~11年度推定

第2編 カタログ・テレビチャネル市場動向

■カタログ通信販売市場の動向
  2011年度の総合通販企業は堅調に推移、2012年度も概ね増収予想
    1.ゼネラル系通販主要企業の業績動向
    2.各社の個別戦略
    [カタログ媒体][店舗戦略]
    ●スクロール ●フェリシモ
[百貨店通販]
■主要百貨店通販の動向
  髙島屋がファッションEC専業企業、セレクトスクエアを買収
  「百貨店系5社の2011年度通販事業業績とネット売上」
  ◇市場におけるトピック ~髙島屋によるセレクトスクエアの買収~
    ●三越伊勢丹通信販売
  【有力企業の集客施策と事業戦略】
    株式会社JFRオンライン
    株式会社髙島屋
[航空系通販]
■航空系通販の動向
  2011年度は2社ともに減収、事業戦略を見直し再構築へ
    JALUX
    全日空商事
■テレビ通信販売市場の動向
  JSCは94億円の増収で市場を牽引、民放キー局はディノスが復調するも鈍化が顕著
  1.テレビ通販市場 企業の動向と業績
    ◇市場における注目の動き~テレビ通販における高単価商品、サービス提供型商品の展開~
    「テレビ通販主要30社ランキング」
  2.主要キー局の通販事業
    ●日本テレビ放送網 ~ラジオ通販、海外市場への参入など新しいトライアルを開始~
    ●グランマルシェ/TBS~収益性を重視した運営で大幅増益達成、系列局との連携事業をさらに強化~
    ●ディノス/フジテレビ ~商品担当と番組制作担当の連携を深め、販売戦略を深耕したことが奏功~
    ●ロッピングライフ/テレビ朝日 ~新体制での事業苦戦、ネット通販事業の本格展開も含め
     事業再構築を図る~
    ●テレビ東京ダイレクト/テレビ東京 ~自社通販事業は増収となるも、通販提携事業の減収に
     より一歩後退~
  3.専門放送型2社の動向
    ●ジュピターショップチャンネル ~15期連続増収、海外テレビ通販事業に参入~
    ●QVCジャパン ~震災の影響受け1000億円超えは持ち越し、ネットチャネルを強化~
  4.テレビ通販参入企業の動向
    ●ジャパネットたかた ~7期ぶりの減収減益、東京オフィスを本格始動2拠点体制へ~
    ●オークローンマーケティング ~2011年度は大幅減益ながら、2012年度は600億円超え確実~

第3編 インターネットチャネル市場動向

■インターネット通信販売市場の動向
  2011年BtoC小売市場規模は前年比111.5%、4兆4,910億円
  1.インターネットの利用状況
  2.端末別のインターネット利用状況 ※再掲
  3.平成23年度電子商取引市場の動向(B to C)
  4.インターネット通販最大手アマゾンジャパン
    ~新たに2つの物流拠点設置を計画、BtoB分野事業も強化へ~
  5.カタログ系通販企業のインターネット媒体
    〔2011年ゼネラル系通販企業8社のネット媒体売上高〕
    [カタログ通販企業のネットを主体としたショップ・ブランド]
  6.インターネット媒体における参入企業・事業強化の動き
    ●アーバンリサーチ ●イプサ ●爽快ドラッグ ●パルコ・シティ ●ルミネ
  【通信販売市場の注目企業】
    日本市場に参入して3年、会員数100万人規模となった/ギルト・グループ株式会社
    “買ってから選ぶ”靴のECサイト<ロコンド.jp>を運営する/株式会社ジェイド
    「インターネット通販売上高上位100社 2011年1月~2011年12月期」
    参考資料:中国EC市場に関するデータ

第4編 商品別の市場動向

■商品別市場の全体動向
  1.2010年度商品別市場規模
  2.各商材別の2011年概況 
    衣料品、インナー、ベビー・子供関連、宝飾品・時計、化粧品、健康食品、食料品、
    家具・家庭用品、家電・PC、文具・事務用品
【商品別市場動向①】
■衣料品市場
  オンラインtoオフラインによる相互送客が活発化
    1.衣料品市場 全体市場動向と市場規模
    2.通信販売における衣料品の動向
  [衣料品専門店の通販参入事例/事業の状況] [アパレルメーカーの通販参入事例/事業の状況]
    ●サンエー・インターナショナル ~通販サイトへの送客効果向上に、自社メディアの積極活用開始~
    ●シップス ~ネットと店舗の連携強化、ポイント制度を共通化~
    3.アパレルEC企業/事業動向
    ●スタートトゥデイ ~2011年度は2ケタ増収増益つづくも、商品単価下落の影響により
     期初計画は未達~
    ●マガシーク ~国内事業が復活、満を持して中国での市場開拓に着手~
    ●スタイライフ ~「Look!s」を休刊し事業再構築、楽天との資本業務提携~
    ●丸井グループ ~実店舗との連動加速、店頭受取り強化へ~
    ●夢展望 ~前期の機会損失による減収から、スマートフォン強化で今期は好調~
  【通信販売市場の注目企業】 
    実店舗におけるブランディングを武器にEC事業が急成長/株式会社ユナイテッドアローズ
【商品別市場動向②】
■インナーウェア市場
  レディスインナー市場、通販チャネルは前年比107.3%と大きく伸長
  1.インナーウェア市場 全体市場動向と市場規模
    (1)レディスインナーウェア市場
    (2)メンズインナーウェア市場規模
    (3)レッグウェア市場
  2.通信販売におけるインナーウェアの動向
    (1)レディスインナーの通信販売市場規模の推移
    (2)各社の取組み動向
    ●ワコール ●ピーチ・ジョン ●セシール ●白鳩
【商品別市場動向③】
■ベビー・子供関連市場
  メーカー、専門店業によるEC化が課題
  1.ベビー・子供関連市場 全体市場動向と市場規模
  2.通販市場参入企業の動向
    [ベビー子供関連分野通販参入企業21社概況]
    ●リトルアンデルセン 
【商品別市場動向④】
■宝飾品・時計市場
  2011年は「絆需要」で下げ止まり感、ECチャネルは好調に推移
  1.宝飾小売市場 全体市場動向と市場規模
  2.通販ルート 市場動向と市場規模
  3.時計小売市場の動向と見通し
    「ウォッチ総小売市場規模推移」
  【通信販売市場の注目企業】
    若年顧客層がアクセスしやすい店舗として自社ECを展開/株式会社アビステ
【商品別市場動向⑤】
■化粧品市場
  2011年は大手企業苦戦、異業種参入などにより競争激化
  1.化粧品全体市場と通販ルート/市場規模と市場動向
    「化粧品通販売上高上位30社」
  2.市場における有力企業の動向
    ●ディーエイチシー ●ガシー・レンカー・ジャパン ●ドクターシーラボ ●ファンケル
    ・各社直営店舗運営状況
  3.化粧品市場における注目企業
    ●アイム ●サントリーウエルネス ●富士フイルム ●マードゥレクス
  【通信販売市場の注目企業】 
    基幹ブランド「アクアフォース」のエキストララインをリニューアル、高い継続率を強みに
    事業強化する/オルビス株式会社
【商品別市場動向⑥】
■健康食品市場
  2010年度は通販が売上チャネルのトップに取って代わり、全体市場も拡大
  1.健康食品全体市場と通販ルート/市場規模と市場動向
    「健康食品通販売上高上位30社」
  2.市場における有力企業の動向
    ●サントリーウエルネス ●エバーライフ ●健康家族 ●小林製薬 ●世田谷自然食品
  3.化粧品市場における注目企業
    ●HRK
  【通信販売市場の注目企業】 
    「ラクトフェリン」など通販専門商材のヒットによりEC売上が急拡大/ライオン株式会社
【商品別市場動向⑦】
■食品市場
  震災による生産環境悪化の一方で、備蓄需要の高まりにより堅調に推移
  1.食料品全体市場と通販ルート/市場動向と市場規模
    「食品通販売上高上位30社」
  2.通販市場における有力企業・注目企業
    ●イオン ●セブン&アイホールディングス ●住友商事/サミット ●西友 ●楽天
  【有力企業の集客施策と事業戦略】
    オイシックス株式会社
【商品別市場動向⑧】
■家具・家庭用品市場
  ゼネラル通販での家具・ファブリクス分野2011年も好調をキープ
  1.家庭用家具全体市場 市場動向と市場規模
  2.通販市場における有力企業・注目企業
    ●東急ハンズ
  【有力企業の集客施策と事業戦略】
    株式会社カタログハウス
    株式会社良品計画 
【商品別市場動向⑨】
■家電・PC市場
  2011年度は軒並み減収となるも、家電量販店を中心に通販事業強化が活発に
  1.家電・PC市場 全体市場と通販ルート/市場動向と市場規模
    「2011年度主要家電量販店売上高一覧」
    「家電・PC・通信販売売上高一覧」
  2.通販市場における有力企業・注目企業
    ●ストリーム ●ヤマダ電機
  【有力企業の集客施策と事業戦略】
    株式会社アベルネット(PCボンバー)
【商品別市場動向⑩】
■文具・事務用品市場
  2010年度のオフィス通販市場は、復調し微増
  1.文具・事務用品オフィス通販市場 市場動向と市場規模
  2.通販市場における有力企業・注目企業
    ●アスクル

第5編 主要通信販売企業の運営実態

〔調査票A/詳細調査〕
①企業概要(企業名、設立、資本金、所在地、URL、代表者、従業員数、上場取引所)
②業績推移(決算期、総売上高、通信販売売上高、利益高)
③媒体(媒体別売上高構成比、主要自社発行媒体の特徴など)
④利用顧客特性(顧客数、男女別構成比、平均客単価、年齢別構成比、顧客ターゲット・利用顧客の特性、よく利用する注文方法と決済方法)
⑤商品政策(取扱商品分野、売上高構成比、主要商品の中心上代、取扱いアイテム数、主要仕入先、取扱商品の特徴、売れ筋商品、コールセンター・物流センターについて)
⑥海外事業
⑦前期の主な施策/今後の事業展開について

〔掲載企業/50音順〕
アスクル株式会社、株式会社アベルネット、オイシックス株式会社、株式会社オークローンマーケティング、オルビス株式会社、株式会社カタログハウス、株式会社QVCジャパン、株式会社協和、株式会社グランマルシェ、ケンコーコム株式会社、株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン、株式会社白鳩、新日本製薬株式会社、株式会社JALUX、株式会社JFRオンライン、株式会社ジャパネットたかた、ジュピターショップチャンネル株式会社、株式会社Strapyanext、株式会社スクロール、株式会社スタートトゥデイ、スタイライフ株式会社、株式会社ストリーム、株式会社セシール、セレクチュアー株式会社、株式会社千趣会、全日空商事株式会社、株式会社髙島屋、株式会社ディーエイチシー、株式会社ディノス、株式会社ドクターシーラボ、ドクターリセラ株式会社、株式会社ニッセンホールディングス、株式会社ネオ・ウィング、株式会社ネットプライスドットコム、株式会社はちや、ヒラキ株式会社、株式会社ピーチ・ジョン、株式会社フェリシモ、株式会社ベルーナ、マガシーク株式会社、株式会社三越伊勢丹通信販売、株式会社ムラウチドットコム、森下仁丹株式会社、ヤーマン株式会社、株式会社山田養蜂場、八幡物産株式会社、株式会社優生活、夢展望株式会社、らでぃっしゅぼーや株式会社、株式会社良品計画

〔調査票B/簡易調査〕
①企業概要(企業名、設立、資本金、所在地、URL、代表者、従業員数)
②業績推移(決算期、総売上高、通信販売売上高)
③媒体(自社媒体の有無、売上高構成比、自社発行媒体の特徴など)
④顧客リスト数(顧客数、顧客ターゲット、顧客の特性、平均受注単価)
⑤取扱商品の特徴・主な取扱商品・取扱商材に関する今後の予定

〔掲載企業/50音順〕
いきいき株式会社、イワトー株式会社、株式会社エスシー・カードビジネス、株式会社カイクリエイツ、カルピス株式会社、株式会社銀座東作、株式会社黒姫和漢薬研究所、小林製薬株式会社、株式会社ザッパラス、株式会社サラスバ、サンスター株式会社、株式会社CJプライムショッピング、小豆島ヘルシーランド株式会社、株式会社ジャパンスコープ、株式会社白崎コーポレーション、株式会社瑞雲、株式会社セキド、セコム株式会社、世田谷自然食品株式会社、ちゅら花株式会社、東京オートマック株式会社、株式会社トータル・メディカルサービス、株式会社ドリーム、日東メディカル株式会社、日本生活協同組合連合会、日本トイザらス株式会社、日本ランズエンド株式会社、株式会社ネットメカニズム、株式会社林久右衛門商店、株式会社ビアンネ、株式会社日比谷花壇、フェアトレードカンパニー株式会社、フォーレスト株式会社、株式会社ふくや、株式会社プロデュース・オン・デマンド、株式会社マイウェイ・ファミリークラブ、三笠産業株式会社、株式会社ミキハウストレード、株式会社ムジカインドウ、株式会社大和企画、株式会社やまやの食卓、株式会社龍泉堂、株式会社リーブル、株式会社ワコール

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
330,000
300,000
30,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。