2012 ベビー・こども服市場年鑑

少子化の時代、ひとりの子供にかけるお金は年々増えているが、子供服の市場規模自体は縮小傾向にある。しかし、好調な企業は二桁成長を続けており、新規参入も相次ぐ。また、価格・品質・ファッション性のバランスの優れたカジュアル衣料品小売業やSPAや専門店チェーンなどの存在感がますます高まっており、現在では市場の4割をも占めるなど、勢力図は大きく変化している。百貨店や量販店など既存業態の苦戦で販売先を減らしているベビー・こども服メーカーでは、直営店戦略を強めて生き残りに再起をかける。参入企業の二極化が加速する中、主要卸・メーカー・専門店のマーケティング戦略を分析し、業界の行方を探った。

発刊日
2012/09/28
体裁
A4 / 360頁
資料コード
C54114600
PDFサイズ
4.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
330,000
300,000
30,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内ベビー・こども服業界の有力企業を中心に、末端消費市場まで幅広いデータの収集及び分析をすることで、ベビー・こども服市場の現状把握、並びに将来予測を行い、マーケティングのための基礎資料とすることを目的とする。
調査対象:ベビー・こども服市場に参入している小売業、卸売業、製造業の有力企業を中心とし、その他関連企業を調査対象とした。
調査方法:個別企業に対する、直接面接取材を中心に電話・FAX 取材、郵送取材などを併行して行った。
調査期間:2012年7月~2012年9月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • ベビー・こども服業界を体系的に調査した業界人必携のマーケティング資料
  • 参入企業の勢力図が大きく変化するなか、卸・メーカー・専門店といった業界主要企業の戦略を探る
  • 百貨店、量販店、専門店、通信販売など各チャネルの動向と今後の戦略を徹底分析
  • 3世代が購買するという特異な消費動向も徹底調査

■本資料の概要

第1編 ベビー・こども服小売市場
第2編 ベビー・こども服メーカー・卸市場
第3編 ベビー・こども服消費者市場
第4編 ベビー・こども服関連企業個表

■掲載内容

第1編 ベビー・こども服小売市場

■ベビー・こども服小売市場規模の推移と予測
  ◆ベビー・こども服小売市場規模推移
  ◆チャネル別市場規模(百貨店/量販店/専門店/通信販売・その他)
  ◆カテゴリー別市場規模(ベビー/トドラー・キッズ/スクール・ジュニア)
■チャネル別販売動向
Ⅰ.百貨店市場
  1.全国百貨店売上高
    百貨店の2011年1~12月の売上高
    商品別売上高
  2.大手百貨店の売上動向と主要百貨店の近況
    2011年度の大手百貨店の全体売上動向と衣料品売上状況
    2011年全国有力24百貨店の衣料品販売動向
    2011年度 百貨店売上上位50社
  3.百貨店のベビー・こども服売場動向
    百貨店チャネルの市場規模
    百貨店のベビー・こども服売場の動向
Ⅱ.量販店市場
  1.量販店売上高
    商業販売統計にみる量販店販売額の推移
    日本チェーンストア協会発表数字にみる量販店月別売上高
    日本チェーンストア協会発表数字にみる量販店商品別売上高
    日本チェーンストア協会発表数字にみる量販店の店舗数、売場面積
    日本チェーンストア協会発表数字にみる量販店の店舗当たり、面積当たりの販売額
    量販店営業収益ランキング
    大手量販店の2011年衣料品販売額
  2.量販店のベビー・こども服売場動向
    量販店チャネルの市場規模
    量販店のベビー・こども服売場の動向
Ⅲ.専門店市場
  1.専門店におけるベビー・こども服の動向
    専門店チャネルの市場規模
    専門店チャネルの各社取組み動向
    商品戦略/チャネル戦略/プロモーション戦略/海外戦略/今後の課題/
    ベビー・こども服アパレルの直営店戦略
  2.ショッピングセンターの動向
    百貨店・SC・チェーンストア 売上高前年対比
    2011年ショッピングセンター(SC)の地域別販売状況
    ショッピングセンター(SC)のテナント平均賃料
    2011年1~12月にオープンした主な大型商業施設
Ⅳ.通信販売市場
  1.通信販売業界の動向
    通信販売市場の規模推移と動向
    ゼネラル通信販売企業大手4社の動向
    ニッセン/千趣会/ベルーナ/セシール
  2.通信販売におけるベビー・こども服の動向
    通販チャネルの市場規模
    各社の取組み動向
Ⅴ.注目の動き
  TTKC ~ジュニアマーケットの共同プロモーション~
■ベビー・こども服〔小売〕売上高ランキング(2011年度)

第2編 ベビー・こども服メーカー・卸市場

■ベビー・こども服卸売市場規模の推移と予測
  ◆ベビー・こども服卸売市場規模推移
  ◆ベビー・こども服アパレル企業の動向
    チャネル戦略
    プロモーション戦略
    海外戦略
    課題と中期戦略
■ベビー・こども服の国内生産動向
  ◆工業統計にみる生産動向
■ベビー・こども服の輸入動向
  ◆貿易統計にみる輸入動向
■ベビー・こども服〔卸〕売上高ランキング(2011年度)

第3編 ベビー・こども服消費者市場

■人口動態にみる消費者動向
  ◆年少人口の動態
    (ア)子供(15歳未満)の数
    (イ)年齢3歳階級別こどもの数
  ◆出生数の動態
■家計調査年報にみる消費者動向
  ◆家計収支の概要
    1.消費支出の増減
    2.消費支出の費目別増減と構成比
    3.総世帯のうち勤労者世帯の家計
    4.2011年のベビー・こども服関連消費の動向
■消費者調査「ベビー・こども服の購入場所及び購入主体」
  ◆インターネットによる消費者調査結果
    ・日常着(デイリーウエア)をよく購入する場所
    ・日常着(デイリーウエア)を購入する際に選ぶ人
    ・日常着(デイリーウエア)を購入する際に支払う人
    ・お出掛け着(フォーマル、セミフォーマル)をよく購入する場所
    ・お出掛け着(フォーマル、セミフォーマル)を購入する際に選ぶ人
    ・お出掛け着(フォーマル、セミフォーマル)を購入する際に支払う人

第4編 ベビー・こども服関連企業個表

Ⅰ.ベビー・こども服関連企業詳細個表
Ⅱ.ベビー・こども服関連企業簡易個表
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
330,000
300,000
30,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。