2014 住宅のスマートハウス化・ZEH化に伴う主要設備機器市場の将来展望

東日本大震災以降を契機に注目度が高まり、ハウスメーカーをはじめ、最近ではビルダー・工務店等も展開するようになりつつあるスマートハウス。また政府により2020年度の標準化が目指されるZEH(ネット・ゼロエネルギー住宅)。本調査レポートでは、これらスマートハウスおよびZEHを構成する機器にスポットをあて、2016年からの電力小売自由化等を受け今後の一層の普及が期待されるそれらの市場の今後を展望した。

発刊日: 2014/06/18 体裁: A4 / 184頁
資料コード: C56108700 PDFサイズ: 4.0MB
カテゴリ: 建設、住宅、不動産、建材、住宅設備機器 / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:東日本大震災以降の電力需給逼迫問題を背景に、需要が高まっているスマートハウスおよびZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)関連機器市場について、機器メーカーおよびハウスメーカーへの調査・分析により、市場の実態を把握するとともに今後を展望する。
調査対象機器・商品
●スマートハウス・ZEH関連設備機器(全て家庭用)
①制御系機器:HEMS、スマートメーター
②創エネ系機器:太陽光発電システム、燃料電池コージェネレーションシステム、ガスエンジンコージェネレーションシステム
③蓄エネ系機器:蓄電システム、V2H
●スマートハウス・ZEH仕様住宅商品
調査対象企業:電機メーカー等のスマートハウス・ZEH関連設備機器メーカー/ハウスメーカー
調査方法:面接ヒアリング調査、一部書面および電話による補足調査。各種文献および公開情報等の収集・分析。
調査期間:2014年2月~2014年6月

調査結果サマリー
Close

スマートハウス・ZEH関連主要設備機器市場に関する調査結果2014 
・2013年度のスマートハウス・ZEH関連主要設備機器の市場規模は、前年度比110.6%の8,645億円
・2020年度のスマートハウス・ZEH関連主要設備機器市場を1兆1,795億円と予測
・HEMSを活用した、ヘルスケア分野でのサービスに高い注目

資料ポイント
Close

  • 太陽光発電システム、燃料電池コージェネレーションシステム、ガスエンジンコージェネレーションシステムの“創エネ系”、蓄電システム、V2Hの“蓄エネ系”、HEMS、スマートメータといった“制御系”の7アイテムを主要設備機器として掲載
  • 各市場について、市場規模の推移、有力メーカーの動向、今後の市場見通しなど、市場動向を徹底解明
  • スマートハウス及びZEHの普及を牽引するハウスメーカーの動向も掲載

資料概要
Close

Ⅰ.スマートハウス・ZEH関連設備機器市場の将来展望
Ⅱ.スマートハウス関連機器市場の動向
Ⅲ.ハウスメーカーにおけるスマートハウス・ZEHへの取り組み

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.市場動向
2.各機器の市場動向
3.展望と課題

Ⅰ.スマートハウス・ZEH関連設備機器市場の将来展望

1.スマートハウス・ZEH関連設備機器の将来展望
  1)スマートハウス・ZEH関連設備機器の将来予測
  2)スマートハウス・ZEHの将来像 ~住宅における新たな価値提供~
2.スマートハウス・ZEHの普及に向けた動き
  1)国内におけるスマートハウス・ZEHの普及に向けた取り組み
  2)スマートハウス関連技術の国際標準化の動き

<図表>
  電力小売り自由化に向けた電力システム改革の工程表(概要)
  スマートハウス・ZEH関連主要設備機器の市場規模予測
  次世代エネルギー・社会システム実証事業の概要
  「次世代エネルギー・社会システム実証地域」採択事業(2010~2014年度)
  スマートコミュニティ導入促進事業の採択事業
  ICT街づくり推進事業の採択事業
  環境未来都市の概要
  スマートコミュニティ・アライアンスの組織構成
  スマートハウス・ZEHに係る主要助成制度
  国際標準化における20の重要アイテム(2012年12月)

Ⅱ.スマートハウス関連機器市場の動向

1.制御系機器
  1)HEMS
    (1)市場概要
    (2)市場規模の推計
    (3)主要メーカーの動向
    (4)普及拡大に向けての課題
    (5)今後の市場見通し
  2)スマートメーター
    (1)市場概要
    (2)市場規模の推計
    (3)主要メーカーの動向
    (4)普及拡大に向けての課題
    (5)今後の市場見通し
2.創エネ系機器
  1)太陽光発電システム
    (1)市場概要
    (2)市場規模の推計
    (3)主要メーカーの動向
    (4)普及拡大に向けての課題
    (5)今後の市場見通し
  2)家庭用燃料電池システム
    (1)市場概要
    (2)市場規模の推計
    (3)主要メーカーの動向
    (4)普及拡大に向けての課題
    (5)今後の市場見通し
  3)ガスエンジンコージェネレーションシステム
    (1)市場概要
    (2)市場規模の推計
    (3)主要メーカーの動向
    (4)今後の市場見通し
3.蓄エネ系機器
  1)家庭用蓄電システム
    (1)市場概要
    (2)市場規模の推計
    (3)主要メーカーの動向
    (4)普及拡大に向けての課題
    (5)今後の市場見通し
  2)V2H
    (1)市場概要
    (2)主要メーカーの動向
    (3)市場規模の推計および今後の見通し

<図表>
  HEMSのシステム構成イメージ
  HEMSによって提供されるサービス
  HEMS機器導入支援事業の概要
  HEMSの市場規模推移
  大手ハウスメーカー各社におけるHEMSの販売状況(新築戸建住宅のみ)
  HEMSアライアンス参加企業
  HEMSのメーカー(ブランド)シェア(2013年度)
  パナソニック「スマートHEMS」の概要
  NECのクラウド型HEMSのシステム構成イメージ
  シャープ「クラウドHEMS」の概要
  HEMSデータを利活用したサービスのイメージ
  HEMSの市場規模の将来予測
  スマートメーターによる電力使用情報の取得
  スマートメーターの導入メリット
  海外諸国におけるスマートメーター導入状況
  電力各社のスマートメーター導入計画
  スマートメーターの市場規模推移
  関西電力のBルートによる見える化・DR実証
  スマートメーターの市場規模の将来予測
  住宅向け(10kW未満)太陽光発電システム導入補助金額推移
  FIT買取価格の推移
  太陽電池の主な分類
  住宅用太陽光発電システムの新築・既築の補助金申請件数の推移
  大手ハウスメーカーにおける太陽光発電システム搭載実績
  住宅用太陽光発電システムの市場規模推移
  住宅用太陽光発電システムの平均単価推移
  国内住宅用太陽光発電システムのブランド別シェア(2013年度)
  住宅用太陽光発電システムの普及率(2012年度末時点)
  住宅用太陽光発電システムの市場規模の将来予測
  燃料電池システム「エネファーム」の主要販売状況
  家庭用燃料電池システムの市場規模推移
  家庭用燃料電池システムの採用における「ダブル発電」の比率(2013年度)
  東京ガスにおけるエネファームの販売台数の推移
  大阪ガスにおけるエネファームの販売台数の推移
  エネファーム市場の販売事業者別シェア(2013年度)
  家庭用燃料電池システムの市場規模の将来予測
  ガスエンジンコージェネレーションシステムの市場規模の推移
  大阪ガスにおけるエコウィルの販売台数の推移
  ガスエンジンコージェネレーションシステムの市場規模の将来予測
  定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業補助金制度の概要
  家庭用蓄電システムの市場規模推移
  大手ハウスメーカー各社における蓄電システム販売状況(新築戸建住宅のみ)
  定置用リチウムイオン電池導入支援事業補助対象機器メーカー一覧
  家庭用蓄電システムのメーカー(ブランド)シェア(2013年度)
  京セラの住宅用リチウムイオン蓄電システムの仕様
  NEC家庭用蓄電システムの商品仕様
  エリーパワー「POWERiE6」の概要
  パナソニックのスタンドアロンタイプ、壁掛けタイプ蓄電システム
  家庭用蓄電システムの市場規模の将来予測
  日産自動車のV2Hシステム「LEAFtoHome」
  デンソーにおけるEV用相互電力供給システム
  積水化学工業「グランツーユーVtoHeim」のV2Hシステム
  V2Hの市場規模の市場規模推計・将来予測

Ⅲ.ハウスメーカーにおけるスマートハウス・ZEHへの取り組み

1.現在の展開状況
2.ハウスメーカーにおけるスマートハウス・ZEH関連機器の採用動向
3.スマートハウス・ZEHの将来イメージ
4.ハウスメーカー各社のスマートハウス・ZEH関連の取り組み(調査個表)
  ・旭化成ホームズ株式会社
  ・住友林業株式会社
  ・積水化学工業株式会社
  ・積水ハウス株式会社
  ・大和ハウス工業株式会社
  ・タマホーム株式会社
  ・トヨタホーム株式会社
  ・パナホーム株式会社
  ・ミサワホーム株式会社

<図表>
  ハウスメーカー各社における“スマートハウス”“ZEH”仕様の展開
  ハウスメーカー各社における太陽光発電システムの採用状況(新築戸建住宅のみ)
  ハウスメーカー各社におけるHEMSの採用状況(新築戸建住宅のみ)
  ハウスメーカー各社における蓄電システムの採用状況(新築戸建住宅のみ)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100400 2017 拡大するパワーモジュールの最新動向と将来展望
C54119100 2013 中国シルバー市場年鑑
C50117200 2009年版 自動車リースの現状と展望
C58121900 2017年版 ミネラルウォーター市場の現状と将来展望
C58102800 2016 ユニフォームレンタル市場における主要企業実態調査