2012-2013年版 ギフト市場白書

中元・歳暮、手土産など、日本の生活に浸透している「ギフト」。中元・歳暮などをはじめとした「フォーマルギフト」は、虚礼廃止などの影響により市場は縮小し続けていました。しかし、震災後は「人の絆」を改めて確認する意味でも、中元・歳暮は活用され、また市場に活気が出始めています。また、手土産やプチギフトなどのカジュアルギフトは「贈られる人が欲しいものであれば、何でもギフトになる」ことから、商材が多様化しています。そのため、ギフトに特化した企業だけでなく、様々な分野の企業が「ギフト」市場に参入しています。また、新規商業施設のオープン時の目玉テナントも、かつては「ファッションテナント」でしたが、今は「雑貨店(ライフスタイル雑貨)」です。注目の雑貨店は、ギフト好適品はもちろん、自分へのご褒美にも最適な商品であふれています。生活を豊かにするギフト、人と人のつながりを確認するギフトなど、今後も広がりを見せるギフト市場を、様々な角度からレポートしました。

発刊日
2012/12/20
体裁
A4 / 244頁
資料コード
C54118500
PDFサイズ
4.2MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 244頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:一般消費動向では2009年から2010年にかけ、底が見えない不況の中、市場には低価格商品が氾濫していた。2011年以降は、極度な節約志向からは脱却し、“ちょっとした贅沢”が許される風潮になってきた。ギフトは、その消費特性から、一般消費動向とは異なる動きをしていた。しかし、近年は「プチギフト」なる低価格商品をギフトに用いる習慣、「中元・歳暮」でも値引き販売を行うなど、一般消費動向と同様に「低価格」「値引き」の流れが強まってきた。一般消費の分野では、購買力の減退とともに、低価格商品が普及してきたのだが、ギフトの場合は、少し異なる。プチギフトは、「今まで、あまりなかった贈り物の形」であるため、新たな市場を作りつつある。また、中元・歳暮も、各社が名称を変更し「夏ギフト・冬ギフト」として、カジュアル化を推進したことで、若い世代を中心とした新規ニーズを獲得した。底が見えない不況が続き、暗い話題ばかりが蔓延する世の中であり、小売各社でも「百貨店売上が連続減少」など、芳しくないニュースばかりが取り上げられる。そのような中でも、ギフトの市場は縮小していない。また、ギフトに用いられる商材は拡大しており、今までギフトとしては扱われなかった商材でも、「贈られる人が喜ぶものであればギフトになる」ようになった。それらの需要を見込んで事業強化・及び新規参入を図る企業も増えている。同書は、それらの企業に対する基礎資料となるべく作成する。
調査対象:ギフト卸・メーカー・小売等、ギフトに関係する企業 主要36社 他
調査方法:直接面接取材、電話取材及びFAX等による補足調査
調査期間:2012年10月~2012年12月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • ギフト総市場、ギフト分類別(パーソナルギフト(カジュアル・フォーマル)/法人ギフト/中元・歳暮)市場規模(2008-2012年(見込))算出
  • 卸・メーカーから小売まで、業態別商品特徴、価格戦略、今後の展望を掲載
  • ギフトトレンド分析~商材多様化、注目集める小売業のギフト戦略、新たな取組みネット系ギフトの行方は

■本資料の概要

第1章 ギフト総市場の現状と市場規模
第2章 業態別ギフト市場動向
第3章 種類別・商品別動向
第4章 有力企業 企業個表

■掲載内容

第1章 ギフト総市場の現状と市場規模

1.ギフト総市場規模の現状と市場規模
  (1)ギフトの定義と現状
  (2)ギフト市場規模推移と予測
    ①ギフト市場規模推移と予測
    ②ギフト分類別 市場規模推移
2.ギフトのセグメント別分析
  (1)価格帯別
    パーソナルギフトの価格帯と贈答割合
    法人ギフトの価格帯と贈答割合
  (2)贈答機会別市場動向
3.消費市場動向
  (1)小売業の概況
    ①2011年のSCの売り上げ概況
    ②SCの開発動向
    ③SC・百貨店・チェーンストアの売上高比較
    ④2011年オープンSCの特徴
    ⑤百貨店売上の推移
  (2)通信販売の市場規模推移
  (3)人口
  (4)ブライダル関連
  (5)年間消費金額推移(家計調査より)
    ①1世帯あたり年間消費金額(消費支出)
    ②商材別―家事雑貨
    ③商材別―被服及び履物
    ④商材別―身の回り用品
    ⑤商材別―食料品
4.ギフトトレンド
  (1)商材別
    ①食品
    ②雑貨・衣類
    ③カタログギフト・体験型ギフト
  (2)販売形態別~通販ギフトの市場規模と市場性
    ■ギフトの販売形態 店頭・通販/売場と特徴
    通販ギフトの市場規模
    ■通販ギフトの特徴
    ■ゼネラル通販のギフト例
    ■ゼネラル通販の「2012歳暮」主なサービス例
    ■参考/主要百貨店・GMSの2012年中元・歳暮の割引・特典等
    ■百貨店の主なギフト関連通販

第2章 業態別ギフト市場動向

1.各流通経路別特徴と動向
  (1)卸・メーカー
    ⅰ)商品の特徴・価格戦略等
    ⅱ)チャネルについて
    ⅲ)セールスプロモーション戦略・競合について(もしくは競合との差別化)
    ⅳ)今後の展望・課題
    ■主力ギフト卸 業績推移
    ■主力ギフト卸 成長率
  (2)小売
    ①百貨店・GMS
    ⅰ)商品の特徴等
    ⅱ)チャネル別割合・方向性など
    ⅲ)今後の展望・課題など
    ■主力百貨店 業績推移
    ■主力百貨店・GMSの成長率推移(全社売上)
    ②専門店
    ⅰ)商品の特徴・価格戦略
    ⅱ)店舗戦略、セールスプロモーションなど
    ⅲ)今後の展望・課題
    ■主要専門店 業績推移(総売上高)
    ■主要専門店の成長率推移(全社売上)
    ③通信販売
    ⅰ)商品の特徴・構成等
    ⅱ)商品戦略・セールスプロモーション戦略
    ⅲ)今後の展望・課題
    ■主要通販企業 業績推移
    ■主要通販 成長率推移(全社売上)
    ■参考/ギフト卸・メーカーの主な通販
    ■百貨店の主なギフト関連通販(中元・歳暮・慶弔等の定番ギフトを除く)
2.ギフトトピックス ~2012年下期、ギフトに関連する主な企業リリース

第3章 種類別・商品別動向

1.種類別ギフト
  (1)パーソナルギフトの傾向
    ①パーソナルギフト(フォーマル)の傾向
    ②パーソナルギフト(カジュアル)の傾向
  (2)法人ギフトの傾向
2.ギフト商材について~多様化するギフト商材
  (1)ギフト機会別の主な商材(パーソナルギフト)
  (2)ギフト商材の多様化

第4章 有力企業 企業個表

卸・メーカー
  アピデ株式会社、ギフコ株式会社、株式会社三喜、西川産業株式会社、株式会社ハーモニック、
  株式会社ハリカ、株式会社藤田商店、株式会社プレーリードッグ、リンベル株式会社
小売
【百貨店・GMS】
  イオン株式会社、株式会社近鉄百貨店、J.フロントリテイリング株式会社、合同会社西友、
  株式会社髙島屋、株式会社三越伊勢丹ホールディングス
【通販】
  株式会社JALUX、株式会社千趣会、株式会社日新、株式会社ベルーナ
【専門店】
  株式会社アトレスティル、株式会社伊と忠、株式会社イルムスジャパン、
  株式会社エトランジェディコスタリカ、LmD株式会社、株式会社スタイリングライフ・ホールディングス、
  プラザスタイルカンパニー、株式会社センプレデザイン、ツヴィリングJ.A.ヘンケルスジャパン株式会社、
  テネリータ株式会社、株式会社東急ハンズ、株式会社トリニティアーツ、株式会社パスポート、
  株式会社ファッション須賀、株式会社ミサワ、株式会社ラッシュジャパン、株式会社ロフト、
  株式会社私の部屋リビング

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 244頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています