2014 ギフト市場白書

冠婚葬祭全てのシーンで贈る品のボーダーレス化が進んでいる今、メーカー側の提案の仕方1つで売上が大きく変わる消費環境となってきました。売れるギフトを提案するため、各社がどのような取り組みを行っているか、調査分析する1冊。ギフトに関わる企業にとっての参考となるべき書籍です。

発刊日
2014/06/30
体裁
A4 / 241頁
資料コード
C56110100
PDFサイズ
3.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

104,500
95,000
9,500
104,500
95,000
9,500
137,500
125,000
12,500
209,000
190,000
19,000
242,000
220,000
22,000
313,500
285,000
28,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:現在ギフト市場は「贈り方の自由化」「カジュアル化」により、変化しつつある。ギフト市場でシェアの高い企業の調査を行い、現在のギフト市場でどのような動きがあるのか、どのような戦略を取っているのかをヒアリングした。
(1)ギフト市場規模推移(2)ギフトチャネル別動向(3)ギフト商材別動向
調査対象地域:日本
調査対象企業:ギフト卸・メーカー/小売(百貨店)/小売(専門店)/小売(通販)/その他
調査方法:直接面接取材。電話取材及びFAX 等による補足調査。文献調査その他データ収集。
調査期間:2014年5月~2014年6月

資料ポイント
Close

  • ギフト総市場、ギフト分類別(パーソナルギフト(カジュアル・フォーマル)/法人ギフト/中元・歳暮)市場規模(2010-2015年(見込))算出
  • 卸・メーカーから小売まで、業態別商品特徴、価格戦略、今後の展望を掲載
  • ギフト市場のトレンド(カタログギフト、ソーシャルギフトなど)を掲載
      定番カタログギフト(紙媒体)から進化した「新たなギフトスタイル」とは
      ギフトの多様化に対し、卸・小売各社はどのような施策を講じているのか

資料概要
Close

1.ギフト総市場の現状と市場規模
2.ギフトのセグメント別分析
3.消費市場動向
4.ギフトトレンド
5.業態別ギフト市場動向
6.有力企業 企業個表

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.ギフト総市場の現状と市場規模

(1)ギフト市場規模予測と推移
  ①ギフト市場規模推移と予測
  ギフトの2013年度の市場規模は、前年比100.9%の17兆4,500億円
  ②ギフト分類別 市場規模推移

2.ギフトのセグメント別分析

(1)価格帯別
  パーソナルギフトの価格帯と贈答割合
  法人ギフトの価格帯と贈答割合
(2)贈答機会別
  世代別 ギフトの中心価格帯
  主要贈答機会別 市場増減予測
  主なシーズンギフト 推計規模
  ギフトの種類と市場動向
(3)ギフトの定義と現状
  ①ギフトの定義
  ②ギフトの現状
  ギフトのしきたり・タブーなど
  カタログギフトの基本形と派生系
  参考:商品券・ギフト券・ソーシャルギフト市場規模
  ③ギフトの多様化
  ④ギフト販売チャネルの多様化
  ⑤ブランディング

3.消費市場動向

(1)小売業の概況
  ①2013年のSCの売り上げ概況
  ②SCの開発動向
  2013年話題となった主な大型SC
(2)通信販売の市場規模推移
(3)ブライダル関連
(4)その他
(5)年間消費金額推移(家計調査より)
  ①1世帯あたり年間消費金額(消費支出)
  ②商材別―家事雑貨
  参考:ホームファッション市場
  ③商材別―被服及び履物
  ④商材別―身の回り用品
  ⑤商材別―食料品
  参考:流通菓子市場規模

4.ギフトトレンド

(1)商材別
  ①食品
  ②雑貨・衣類
  ③カタログギフト・体験型ギフト
  ④その他(ソーシャルギフトなど)
(2)販売形態別~通販ギフトの市場規模と市場性
  サイト別 中心価格帯と特徴
  通販ギフトの市場規模

5.業態別ギフト市場動向

(1)卸(カタログ含む)、メーカー
  ⅰ)商品の特徴・価格戦略等
  ⅱ)チャネルについて
  ⅲ)セールスプロモーション戦略・競合他
  ⅳ)今後の展望・課題
  主力ギフト卸 業績推移
  主力ギフト卸 成長率
(2)小売
  ①百貨店
  ⅰ)商品の特徴等
  ⅱ)チャネル別割合・方向性など
  ⅲ)今後の展望・課題など
  主要百貨店 業績推移
  主要百貨店の成長率推移(全社売上高)
  主な百貨店・GMSの2013中元・歳暮特典内容
  ②専門店
  ⅰ)商品の特徴・価格戦略
  ⅱ)店舗戦略、セールスプロモーションなど
  ⅲ)今後の展望・課題
  ③通信販売
  ⅰ)商品の特徴・構成等
  ⅱ)商品戦略・セールスプロモーション戦略
  ⅲ)今後の展望・課題
  主力通販企業 業績推移
  主力通販 成長率推移(全社売上)
  ④ギフトカード他
  ⅰ)商品の特徴・構成等
  ⅱ)商品戦略・セールスプロモーション戦略
  ⅲ)今後の展望・課題
(3)注目の流通グループ、小売業態におけるギフト動向、
  その他
  ①セブン&アイ ホールディングス
  ②イオン
  ③その他
  訪日外国人客が喜ぶ日本の店舗
  外国人から教えられる「日本の良さ」
  日本人が見直す、日本の良さ
  ギフト業界でも「偽装問題」

6.有力企業 企業個表

卸・メーカー
  株式会社瓶屋
  ギフコ株式会社
  協同組合ギフト用品卸販売二十一世紀
  ソウ・エクスペリエンス株式会社
  株式会社タマハシ
  株式会社日新
  株式会社ハリカ
  株式会社藤田商店
  株式会社大和
  株式会社ユナイテッドスペース
  リンベル株式会社
  株式会社ロワール
  西川産業株式会社
  ムーンバット株式会社

小売
【百貨店】
  株式会社近鉄百貨店
  J.フロント リテイリング株式会社
  株式会社髙島屋
  株式会社三越伊勢丹ホールディングス
【専門店】
  株式会社伊と忠
  株式会社エトランジェ ディ コスタリカ
  LmD株式会社
  株式会社センプレデザイン
  株式会社バルス
  株式会社ラッシュジャパン
  ロクシタンジャポン株式会社
  株式会社私の部屋リビング
【通販】
  アスクル株式会社
  株式会社JALUX
  株式会社千趣会
  株式会社ベルーナ
  株式会社リアルジャパンプロジェクト
【その他】
  Amazon Gift Cards Japan株式会社
  SBギフト株式会社
  株式会社ギフティ
  株式会社クオカード
  KNT-CTホールディングス株式会社
  株式会社ジェーシービー
  ユーシーカード株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

104,500
95,000
9,500
104,500
95,000
9,500
137,500
125,000
12,500
209,000
190,000
19,000
242,000
220,000
22,000
313,500
285,000
28,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています