2015-2016 流通小売市場白書

141兆円もの小売市場の裾野を形成する中小専門店は、業種を問わず転廃業を基調に縮小が続いている。中堅企業は流通再編に在り、有力どころではM&Aの渦中、新たな成長戦略に取り組んでいる。大手においてもシェア争いに躍起であり、業種によっては大方の潮目も見えてきた。こうしたなか、依然ICTを駆使したビジネスモデルは健在で、成長戦術の基本スキルとなっている。ネット通販も更なる成長戦略として輝きを増している。リアルとバーチャルは日常的な購買行動になっている。すでに成熟の域を脱し、モノ離れが顕在化している中で、サービスと消費文化を小売企業のMD、マーケテイングにいかに組み込み、顧客の共感やロイヤルテイを獲得していくか注目される。

発刊日
2016/03/30
体裁
A4 / 464頁
資料コード
C57125700
PDFサイズ
15.6MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

151,800
138,000
13,800
151,800
138,000
13,800
184,800
168,000
16,800
303,600
276,000
27,600
336,600
306,000
30,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査期間:2015年12月~2016年3月

資料ポイント
Close

  • 流通小売141兆円市場構造・動向・調査分析報告(年次レポート第16版)
  • 業種業態ごとの分析(GMS(総合小売店)、SM(食品スーパー)、百貨店、CVS(コンビニエンスストア)、通販(ネット・TV・カタログ)、ドラッグストア、ホームセンター、専門店/FC(フランチャイズチェーン)、SC(ショッピングセンター)/アウトレット、生活協同組合、商社・卸)
     

資料概要
Close

Ⅰ.総論篇
Ⅱ.業種業態篇

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

Ⅰ.総論篇

第1章 2015-16年流通小売最新動向
  1.2014-16年の流通小売市場
    (1)2014-2015年の国内小売市場規模と推移
    (2)業態別の市場規模推移
  2.各業態別の動向
    (1)総合スーパー(GMS)
    (2)食品スーパー(SM)
    (3)百貨店(DP)
    (4)コンビニエンスストア(CVS)
    (5)ドラッグストア(DgS)
    (6)ホームセンター(HC)
    (7)専門店(SP)
    (8)生協(CO)
    (9)通信販売、Eコマース
    (10)ショッピングセンター(SC)
第2章 業界再編とグループ、PB動向
  1.業界再編の動き
    (1)2014-2015年の流通小売の業界再編動向
    (2)流通小売グループの現状と動向
     ①主要共同仕入・協業グループ
     ②大手小売グループ
     ③家電量販店の企業グループ
     ④ホームセンターの企業グループ
     ⑤ドラッグストアの企業グループ
  2.プライベートブランド(PB)市場の拡大と進展
    (1)拡大する国内PB市場
第3章 ネットサービス、共通ポイント
  1.ネットサービスの活用~実店舗とEC連動への取り組み
  2.共通ポイントサービスの動向
第4章 世界小売企業動向、日系小売企業の海外戦略
  1.海外小売市場 2015-2016年最新動向
  2.海外小売市場と日本企業の世界での位置づけ
    (1)世界経済の成長率と見通し
    (2)世界の小売 上位企業動向
  3.外資系流通企業の日本市場での動向67
    (1)対日進出企業・撤退企業の変遷
    (2)ウォルマート・ストアーズ(ウォルマート・ジャパン・ホールディングス)の動向
    (3)コストコ(コストコホールセールジャパン)の動向
    (4)メトロ(メトロキャッシュアンドキャリージャパン)の動向
    (5)アマゾン・ドット・コム(アマゾン・ジャパン)の動向
  4.日本の小売業各業態の海外進出動向
    (1)日本小売企業の海外市場への進出状況
    (2)コンビニエンスストアの海外進出
    (3)GMSと百貨店の海外進出
    (4)専門店の海外進出
  5.グローバルに見たネット通販市場
    (1)日・米・中の越境EC市場
    (2)世界のBtoC EC市場

Ⅱ.業種業態篇

第1章.GMS(総合小売店)
  1.GMS市場 2015-2016年最新動向
  2.GMS市場の推移と2015年最新動向
    (1)2014-2015年のGMS市場規模と推移
    (2)GMS市場の参入企業と市場構造
    (3)大手GMSのオムニチャネル戦略
  3.大手・中堅GMSの個別動向
    (1)イオングループ[イオンリテール、他]
    (2)セブン&アイグループ[イトーヨーカ堂]
    (3)ユニーグループ・HD
    (4)イズミ
    (5)平和堂
    (6)フジ
    (7)オオクワ
    (8)イズミヤ
第2章.食品スーパー
  1.食品スーパー 2015-2016年最新動向
  2.食品スーパー市場の概況と規模
  3.食品スーパーの業界再編動向
  4.大手・中堅食品スーパーの個別動向
    (1)ライフコーポレーション
    (2)アークス
    (3)バロー
    (4)ヤオコー
    (5)いなげや
    (6)マックスバリュ東北
    (7)神戸物産
    (8)アクシアル リテイリング
第3章.百貨店
  1.百貨店市場 2015-2016年最新動向
  2.百貨店市場の推移と市場概況
    (1)2014-2015年の百貨店市場規模と推移
  3.百貨店市場の参入企業と市場構造
  4.大手百貨店グループの個別事例
  5.地域別百貨店の市場動向
    (1)札幌
    (2)東京 ①日本橋・八重洲 ②銀座・有楽町 ③新宿
    (3)横浜
    (4)名古屋
    (5)京都
    (6)大阪
    (7)神戸
    (8)福岡
第4章.コンビニエンスストア(CVS)
  1.CVS市場 2015-2016年最新動向
  2.CVS市場の推移と2015年最新動向
    (1)市場規模の推移と概況
  3.CVS市場の構造と動向
  4.CVSの個別動向
    (1)セブン-イレブン・ジャパン
    (2)ローソン
    (3)ファミリーマート
    (4)スリーエフ
    (5)ポプラ
    (6)ミニストップ
第5章.通信販売(ネット・TV・カタログ)
  1.通信販売市場 2015-2016年最新動向
  2.通信販売市場の現状と動向
    (1)日本通信販売協会データによる通信販売市場
    (2)Eコマース市場規模(BtoC)とセグメント別のBtoC EC市場規模
    (3)モバイルコマース市場
  3.ネット通販の躍進で拡大する物流市場
  4.各媒体別通販市場の動向 (カタログ、テレビ)
    (1)大手カタログ通販企業の動向
    (2)テレビ通販の市場概要と企業動向
  5.ネット通販売上高一覧(上位100社)
  6.各小売業態のネット通販動向
    (1)百貨店のネット通販動向
    (2)ネットスーパーの動向
    (3)コンビニエンスストア各社のEC動向
  7.主な業種別ネット通販市場の動向
    (1)家電・パソコン関連製品
    (2)書籍・雑誌、音楽パッケージ商品
    (3)スポーツ・アウトドア用品
    (4)食品・飲料
    (5)医薬・化粧品
    (6)家具・家庭用品・雑貨
    (7)衣料・アクセサリー
第6章.ドラッグストア
  1.ドラッグストア市場の推移と市場構造
    (1)2014年度のドラッグストア市場規模と推移
    (2)ドラッグストア市場の参入企業とシェア
    (3)今後の展望と課題
  2.大手ドラッグストアの個別動向
    (1)マツモトキヨシホールディングス
    (2)スギホールディングス
    (3)ツルハホールディングス
    (4)カワチ薬品
    (5)サンドラッグ
    (6)コスモス薬品
    (7)ココカラファイン
第7章.ホームセンター
  1.ホームセンター市場規模推移
  2.ホームセンター市場の現状
    (1)ホームセンタ―市場の参入企業と市場構造
  3.大手ホームセンターの個別動向
    (1)カインズ
    (2)コメリ
    (3)コーナン商事
    (4)ナフコ
    (5)DCMホーマック
第8章.専門店、FC
  8-1.専門店
    1.専門店市場 2015-2016年最新動向
    2.小売市場での専門店の位置づけと現況
    3.各専門店市場の上位企業と店舗数上位100社
    4.各専門店市場の動向
    (1)家電専門店
    (2)アパレル専門店
     ①婦人・子供服専門店
     ②ジーンズ・カジュアル専門店、セレクトショップ
     ③紳士服専門店
    (3)総合ディスカウントストア
    (4)書籍・文具、楽器・CD専門店
    (5)スポーツ・アウトドア用品専門店
    (6)100円ショップ
    (7)家具・インテリア・生活雑貨専門店
    (8)靴専門店
    (9)メガネ専門店
    (10)生鮮食品・酒類・和洋菓子専門店
  8-2.フランチャイズチェーン(FC)
    1.FC市場 2015-2016年最新動向
    2.フランチャイズチェーン市場の推移と市場構造
    (1)2014-2015年のFC市場規模と推移
    (2)FC市場の参入企業と市場構造
    3.業種・業態別フランチャイズ業界の動向
    (1)コンビニエンスストア
    (2)100円ショップ
    (3)中古品販売店
第9章.ショッピングセンター、アウトレットモール
  1.ショッピングセンター市場 2015-2016年最新動向
  2.ショッピングセンターの現状と市場推移
    (1)2014年~2015年のショッピングセンター市場の直近動向
    (2)ショッピングセンターの開発と関連規制
  3.ショッピングセンターの種類
    (1)都心型複合商業施設
    (2)ファッションビル
    (3)駅ビル
    (4)箱型GMS
    (5)モール型ショッピングセンター
    (6)スーパーセンター
  4.トラフィックチャネル(駅ナカ・駅チカ、空港、高速SA・PA)
    (1)駅ナカ・駅チカ
    (2)空港ターミナル
    (3)高速道路のSA・PA
  5.アウトレットモールの現状と開発計画
    (1)日本のアウトレットモール現況
    (2)三井不動産MOPと三菱地所・サイモンPOの2強がアウトレット市場牽引
    (3)アウトレットモール運営企業の個別動向
  6.2015年~2016年3月までにオープンしたショッピングセンター(SC)一覧
第10章.生活協同組合
  1.生活協同組合の市場規模と状況
    (1)生活協同組合の事業高(市場規模)
    (2)生協の売上高ランキング
  2.大手生協の個別動向
    (1)コープみらい
    (2)コープさっぽろ
    (3)コープこうべ
    (4)ユーコープ
第11章.卸・総合商社
  1.卸売業の市場規模
  2.卸売業の業種別販売額シェア
  3.総合商社の業績と状況
  4.大手専門卸の個別動向
    (1)三菱食品
    (2)メディパルホールディングス
    (3)アルフレッサホールディングス
    (4)スズケン
    (5)東邦ホールディングス
第12章.巻末資料
  1.小売企業売上高ランキング(1,000社)
  2.卸企業売上高ランキング(500社)
  3.都道府県別 業態別 主な店舗数

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

151,800
138,000
13,800
151,800
138,000
13,800
184,800
168,000
16,800
303,600
276,000
27,600
336,600
306,000
30,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています