2013 太陽光発電システム市場の現状と将来展望

大手パネルメーカー、システムインテグレーター、新規参入の国内外パネルメーカーへの取材を通じ、太陽光発電システムの市場や業界構造の変化、新たな販売手法等を明らかにするとともに2020年度までの将来市場予測を行いました。

発刊日: 2013/08/30 体裁: A4 / 175頁
資料コード: C55109500 PDFサイズ: 4.3MB
カテゴリ: 建設、住宅、不動産、建材、住宅設備機器 / マテリアル / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:日本国内の住宅用および公共・産業用太陽光発電システム市場について、市場規模推移や市場概況、市場の注目ポイント、有力事業者の事業戦略等を調査・分析するとともに、2020年度までの将来市場規模推移を展望したものである。
調査対象企業:太陽電池セル・モジュールメーカー、太陽光発電システムインテグレーター住宅用および公共・産業用太陽光発電システム販売事業者
調査方法:直接面接取材および電話取材等による調査結果を基に、弊社独自の手法と責任により分析
調査期間:2013年6月~2013年8月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 国内太陽光発電システム市場の市場規模推移、住宅用太陽光発電システム市場/公共・産業用太陽光発電システム市場のメーカーシェア、2020年度までの将来市場を予測。
  • 海外太陽電池メーカーによる国内市場への参入状況、大手住宅メーカーの採用状況、住宅用システムの施工をめぐる新たな動き、新規参入企業の事業戦略、各種導入助成制度の影響など、国内太陽光発電システム市場の最新の動向を詳説。
  • 有力事業者の事業戦略を分析。

■調査結果サマリー

●国内太陽光発電システム市場に関する調査結果2013 
~公共・産業用システム市場が急拡大、2012年度は初めて1兆円の大台を超える~
・2012年度太陽光発電システム市場規模は前年度比180.9%の1兆3,198億円
・2012年度の海外メーカーブランド製太陽電池モジュールのシェアは17%
・住宅用は新築向けが拡大、公共・産業用は2014年度をピークに縮小に転じると予測

■本資料の概要

第1章 太陽光発電システム市場の現状
第2章 市場の注目ポイント
第3章 有力事業者の事業戦略
第4章 太陽光発電システム市場の将来展望

■掲載内容

第1章 太陽光発電システム市場の現状

1.世界における日本の太陽光発電システム市場の位置
2.国内太陽光発電システム市場の概況
  1)市場規模推移
    (1)国内太陽光発電システム市場
    (2)住宅用太陽光発電システム市場
    (3)公共・産業用太陽光発電システム市場
    (4)国内太陽光発電システム市場における住宅用/公共・産業用の比率の推移
  2)2012年度の太陽電池ブランドシェア
    (1)国内太陽光発電システム市場
    (2)住宅用太陽光発電システム市場
    (3)公共・産業用太陽光発電システム市場

第2章 市場の注目ポイント

1.住宅用太陽光発電システム市場の注目ポイント
  1)導入状況と導入助成制度
    (1)住宅用太陽光発電システムの導入状況と導入助成制度
    (2)2013年度の導入助成制度
  2)新築住宅における採用状況
    (1)新築住宅における太陽光発電システム導入量の推移
    (2)大手住宅メーカーにおける採用動向
  3)価格動向
    (1)平均価格の推移
    (2)価格低減に向けた動き
  4)搭載容量の増加
2.公共・産業用太陽光発電システム市場の注目ポイント
  1)公共・産業用太陽光発電システムの導入助成制度
    (1)再生可能エネルギーの固定価格買取制度
    (2)グリーン投資減税
  2)公共・産業用太陽光発電システム関連の新たな動き
    (1)低圧連系システムのパッケージ化
    (2)太陽光発電所の売却ビジネス
    (3)太陽光発電所のO&M事業
3.海外メーカー製太陽電池の日本市場における販売状況

第3章 有力事業者の事業戦略

1.(株)ウエストホールディングス
2.(株)エクソル
3.カナディアン・ソーラー・ジャパン(株)
4.京セラ(株)
5.(株)サニックス
6.サンテックパワージャパン(株)
7.シャープ(株)
8.新興マタイ(株)
9.ソーラーフロンティア(株)
10.高島(株)
11.長州産業(株)
12.(株)東芝
13.トリナ・ソーラー・ジャパン
14.パナソニック(株)
15.フジプレアム(株)
16.三菱電機(株)
17.ユアサ商事(株)

第4章 太陽光発電システム市場の将来展望

1.住宅用太陽光発電システム市場の将来市場規模予測
  1)システム価格と搭載容量
    (1)システム価格
    (2)搭載容量
  2)新築住宅向け市場
    (1)住宅着工件数
    (2)新築戸建住宅向け市場予測
  3)既築住宅向け市場予測
  4)住宅用太陽光発電システム市場の将来市場規模予測
2.公共・産業用太陽光発電システム市場の将来市場規模予測
  1)買取単価
  2)容量帯別公共・産業用太陽光発電システム市場の将来予測
    (1)容量10kW以上1MW未満の公共・産業用システム
    (2)容量1MW以上の公共・産業用太陽光発電システム
  3)公共・産業用太陽光発電システム市場の将来市場規模予測
3.太陽光発電システム市場の将来市場規模予測

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C50103100 2007-2009 ユーザ企業のIT投資実態と予測
C57115700 2015 太陽光発電システム市場の現状と将来展望
C56119000 2014年版 出版社経営総鑑
C50117200 2009年版 自動車リースの現状と展望
C50301000 2008年版 環境ITシステム関連市場の現状と将来展望