2013年版 リチウムイオン電池市場の現状と将来展望(民生用編)

小型民生向けリチウムイオン電池(LiB)市場は、ノートPC、フィーチャフォンからスマートフォン、タブレットへアプリケーションの主役が交代、セルタイプ別では従来メインであった円筒形セルが減少し、ラミネートタイプが台頭しています。市場は引き続き成長基調にありますが、LiBセルメーカーには円筒形事業からの撤退や同業他社との協業検討の動きなどが見られ、この1~2年で業界状況は再び大きく変化しつつあります。本調査レポートでは、民生用のリチウムイオン電池(LiB)に関する各種アプリケーション別(ノートPC、フィーチャーフォン、スマートフォン、タブレット、電動工具等)、セルタイプ別(円筒、角形、ラミネート)にLiB市場動向を分析。LiBセルメーカー各社の生産能力、セットメーカーとLiBセルメーカーの供給関係、アプリケーション別LiBセルトレンド等も掲載いたしました。また汎用・高機能向けにどのような材料が使用されているか、今後の方向性等小型民生用向けLiBの正極材、負極材、セパレーター、電解液の技術動向も明らかにいたしました。

発刊日: 2013/06/27 体裁: A4 / 118頁
資料コード: C55111000 PDFサイズ: 1.9MB
カテゴリ: マテリアル / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 102,600円 (本体 95,000円 消費税 7,600円 )
定価 102,600円 (本体 95,000円 消費税 7,600円 )
定価 135,000円 (本体 125,000円 消費税 10,000円 )
定価 205,200円 (本体 190,000円 消費税 15,200円 )
定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内および韓国、中国の有力リチウムイオン電池(以下LiB)メーカー9社の現在の動向と今後の事業施策を徹底調査し、更に周辺調査を加えることで世界LiB市場(民生用)の現状と今後の動向を把握することを目的とする。
調査対象:国内LiBメーカー(3社)、韓国LiBメーカー(2社)、中国LiBメーカー(4社)
調査方法:直接面接取材をベースに、文献調査を併用。
調査期間:2013年4月~2013年6月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • ハイエンド向けで生き残りをかける日韓、中国は内需の新規発掘にも注力
  • 円筒形:埋まらないライン、過度な価格低下、撤退か、次なるアプリ探しか
  • 角形:需要はフィーチャーフォン、デジタルカメラからスマホ、タブレットにシフト
  • ラミネート形:プレゼンス上昇、中国プレーヤーもハイエンド志向

■調査結果サマリー

●小型民生機器用リチウムイオン電池世界市場に関する調査結果2013 
・2013年の小型民生機器用リチウムイオン電池(LiB)世界市場は、
 容量ベースで3,862万3,089kWh、前年比120.3%に成長と予測
・スマートフォン、タブレットを牽引役に、容量ベースの成長率はセル数量ベースを上回る伸びで推移と予測
・2015年の小型民生機器用リチウムイオン電池(LiB)世界市場を、
 容量ベースで5,293万4,700kWh、セル数量ベースで52億5,900万セル、金額ベースで111億5,800万ドルと予測

■本資料の概要

第一章 総論:民生用LiB市場の展望
第二章 民生用LiB市場の現状と将来展望
第三章 民生用LiB向け部材動向
第四章 LiBメーカーの動向と戦略

■掲載内容

第一章 総論:民生用LiB市場の展望

問われる事業戦略の方向性
依然大きな伸び代を有するもアプリ商品の短命化で体力勝負へ
事業規模に応じた戦略構築でターゲットを明確化
「脱民生」も有意の策

第二章 民生用LiB市場の現状と将来展望

1.民生用LiB全体市場動向
  (表)民生小型機器向けLiB 世界市場規模推移(容量、セル数、金額ベース:2010年実績~2015年予測)
  (図)民生小型機器向けLiB 世界市場規模推移(容量ベース:2010年実績~2015年予測)
  (図)民生小型機器向けLiB 世界市場規模推移(セル数ベース:2010年実績~2015年予測)
  (図)民生小型機器向けLiB 世界市場規模推移(金額ベース:2010年実績~2015年予測)
  (図)民生小型機器向けLiB 世界市場規模推移(前年比:2010年実績~2015年予測)
2.民生用LiBのアプリケーション動向
  (表)ハンドセット(フィーチャーフォン、スマートフォン)世界市場規模推移(台数ベース)
  (図)ハンドセット(フィーチャーフォン、スマートフォン)世界市場規模推移(台数ベース)
  (図)ハンドセット(フィーチャーフォン、スマートフォン)世界市場規模推移(台数ベース)構成比
  (表)フィーチャーフォン メーカーシェア推移(世界市場)
  (表)スマートフォン メーカーシェア推移(世界市場)
  (表)ノートPC、タブレット 世界市場規模推移(台数ベース)
  (図)ノートPC、タブレット 世界市場規模推移(台数ベース)
  (図)ノートPC、タブレット 世界市場規模推移(台数ベース)構成比
  (表)ノートPC メーカーシェア推移(世界市場)
  (表)タブレット メーカーシェア推移(世界市場)
3.アプリケーション別民生用LiB市場動向
  (表)小型民生機器用LiB アプリケーション別 出荷推移推移(電池容量)
  (図)小型民生機器用LiB アプリケーション別 出荷推移推移(電池容量)構成比
  (表)小型民生機器用LiB アプリケーション別 出荷推移推移(セル数)
  (図)小型民生機器用LiB アプリケーション別 出荷推移推移(セル数)構成比
  (表)小型民生機器用LiB アプリケーション別 出荷推移推移(出荷金額:ドル)
  (図)小型民生機器用LiB アプリケーション別 出荷推移推移(出荷金額)構成比
  (表)ノートPC向けLiBセル トレンド推移
  (表)フィーチャーフォン向けLiBセル トレンド推移
  (表)スマートフォン向けLiBセル トレンド推移
  (表)タブレット向けLiBセル トレンド推移
  (表)電動工具向けLiBセル トレンド推移
4.セル形状タイプ別民生用LiB市場動向
  (表)小型民生機器用LiB 形状タイプ別 出荷推移推移(電池容量)
  (図)小型民生機器用LiB 形状タイプ別 出荷推移推移(電池容量)構成比
  (表)小型民生機器用LiB 形状タイプ別 出荷推移推移(セル数)
  (図)小型民生機器用LiB 形状タイプ別 出荷推移推移(セル数)構成比
  (表)小型民生機器用LiB 形状タイプ別 出荷推移推移(出荷金額:ドル)
  (図)小型民生機器用LiB 形状タイプ別 出荷推移推移(出荷金額:ドル)構成比
  (表)参考資料 : 民生用LiB生産拠点・生産能力一覧(2013年)-①
  (表)参考資料 : 民生用LiB生産拠点・生産能力一覧(2013年)-②
5.民生用LiBメーカーシェア推移
  (表)小型民生機器用LiB メーカーシェア推移(電池容量)
  (表)小型民生機器用LiB メーカーシェア推移(セル数)
  (表)小型民生機器用LiB メーカーシェア推移(出荷金額:ドル)
  (表)参考資料:ノートPCセットメーカー/LiBセルメーカーサプライチェーン一覧(2013年)
  (表)参考資料:フィーチャーフォン・スマートフォン/LiBセルメーカーサプライチェーン一覧(2013年)
  (表)参考資料:タブレット/LiBセルメーカーサプライチェーン一覧(2013年)
  (表)参考資料:電動工具/LiBセルメーカーサプライチェーン一覧(2013年)
6.国別民生用LiB市場動向
  (表)小型民生機器用LiB 国別シェア推移(電池容量)
  (表)小型民生機器用LiB 国別シェア推移(セル数)
  (表)小型民生機器用LiB 国別シェア推移(出荷金額:ドル)

第三章 民生用LiB向け部材動向

1.正極材
  (表)小型民生機器用LiB セル形状/アプリケーション別 採用正極材動向
2.負極材
  (表)小型民生機器用LiB セル形状/アプリケーション別 採用負極材動向
3.セパレーター
4.電解液

第四章 LiBメーカーの動向と戦略

サムスンSDI株式会社(SAMSUNG SDI Co., Ltd.)
  ラミネート形生産能力を増設、世界首位の地位を固める
  中・大型LiB事業の拡大に拍車をかけつつ、小型民生用事業を強化
  マレーシア工場にラミネート形生産ラインを増設
  (表)Samsung SDI LiB生産能力一覧
  ノートPC市場の低迷で円筒形需要は減少
  電動工具以外の新規アプリケーションへの採用を目指す
  サムスン電子向けをメインに角形事業を展開
  ラミネート形生産比率は19%に拡大
  (表)Samsung SDI 小型民生機器用LiBアプリケーション別出荷推移(セル数)
  (表)Samsung SDI 小型民生機器用LiBアプリケーション別出荷推移(電池容量)
  (表)Samsung SDI 小型民生機器用LiBアプリケーション別出荷推移(出荷金額:ウォン)
  (表)Samsung SDI 小型民生機器用LiB形状タイプ別出荷推移(セル数)
  次世代素材としてニッケルリッチに注目
  「高容量」「超薄形」「大面積」「高安全性」がキーワード

パナソニック株式会社
  「利益重視」で次なるステージへのシフトを推進
  2013年度よりAIS社での新体制スタート、「非ICT」への注力で収益改善を目指す
  従来のICT分野ではOEM活用によるアセットライト戦略も検討
  中国の国情、為替動向等に応じた最適生産比率・部材採用比率を推進
  (表)Panasonic LiB関連 生産拠点一覧
  更なる高容量化の実現に向け、高電圧化、高密度化の両面からアプローチ
  2013年は前年比微増の見込み、スマートフォン向けに牽引され角形比率が上昇傾向
  (表)Panasonic 小型民生機器用LiB 形状タイプ別出荷推移(セル数)
  (表)Panasonic 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(セル数)
  (表)Panasonic 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(電池容量)
  (表)Panasonic 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(出荷金額:円)

株式会社LG化学(LG Chem, Ltd.)
  ラミネート形事業を強化し、小型民生用LiB事業の不振脱却へ
  円筒形と角形事業の不振で伸び悩む
  急成長中のラミネート形に注力
  勝ち抜くため生産能力を拡大
  (表)LG Chem LiB生産能力一覧
  (表)LG Chem 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(セル数)
  (表)LG Chem 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(電池容量)
  (表)SamsungSDI 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(出荷金額:ウォン)
  (表)LG Chem 小型民生機器用LiB 形状タイプ別出荷推移(セル数)
  研究開発キーワードは「ニッケルリッチ素材」と「3mm以下の超薄形」

ソニーエナジー・デバイス株式会社
  スマートフォン向けで引き続きプレゼンスを発揮
  2014年3月を目処にシンガポール、中国へのセル製造移管が進行中
  (表)ソニーエナジー・デバイス LiB関連 生産拠点一覧
  スマートフォン等の市場拡大で、従来以上にLCOニーズは高まる傾向に
  ラミネートセルが円筒形に迫る勢い
  (表)Sony 小型民生機器用LiB 形状タイプ別出荷推移(セル数)
  セルサイズの大型化に伴い、容量はセル数量を上回る形で推移
  (表)Sony 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(セル数)
  (表)Sony 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(電池容量)
  (表)Sony 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(出荷金額:円)

比亚迪股份有限公司(BYD Company Limited)
  「安全性」と「高容量」を強化した角形とラミネート形で
  ハイエンドスマホ市場を勝ち抜く
  中国の小型民生用LiB市場で1、2位を争う
  生産ラインの自動化でコストダウンを目指す
  (表)BYD LiB生産拠点一覧
  円筒形の生産を中止、今後は角形とラミネート形に注力
  (表)BYD 小型民生機器用LiB 形状タイプ別出荷推移(セル数)
  (表)BYD 小型民生機器用LiB 形状タイプ別出荷推移(電池容量)
  2013年のハンドセット向けLiB出荷数量比率は約80%
  ハンドセットの出荷は欧米と韓国向けが60%
  (表)BYD アプリケーション別サプライチェーン
  (表)BYD 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(セル数)
  (表)BYD 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(電池容量)
  (表)BYD 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(出荷金額:元)
  研究開発のキーワードは「安全」と「高容量」
  (表)BYD LiB容量推移

天津力神电池股份有限公司(Tianjin Lishen Battery Co., Ltd.)
  安定した品質と海外大手メーカーからの信頼を基に
  新規アプリケーション及び顧客の発掘に注力
  各アプリ大手メーカーをターゲットに高利益を目指す
  (表)Lishen LiB 需要分野別 出荷推移(セル数)
  円筒形とスマートフォン向けポリマータイプの生産能力を増強
  (表)Lishen LiB生産能力一覧
  円筒形の新規アプリして
  スマホ向けバックアップ電源と電動自転車に期待
  角形が出荷数量のうち40%を占める
  (表)Lishen 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(セル数)
  (表)Lishen 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(電池容量)
  (表)Lishen 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(出荷金額:元)
  (表)Lishen 小型民生機器用LiB 形状タイプ別出荷推移(セル数)
  シリコン負極材を採用したLiBを2013年末または2014年初頭に量産予定

新能源科技有限公司(Amperex Technology Limited)
  中国ローカルメーカーへの供給を増加
  更なる事業規模の拡大へ
  金額ベースで中国トップを目指す
  (表)ATL LiB生産拠点一覧
  形状タイプ別生産比率はラミネート形が99%で圧倒的
  (表)ATL 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(セル数)
  (表)ATL 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(電池容量)
  (表)ATL 小型民生機器用LiB 形状タイプ別出荷推移(セル数)
  生き残るためのキーポイントは「研究開発」

日立マクセル株式会社
  「大容量」、「大型化」、「高品質」でスマートフォン市場を勝ち抜く
  経営統合によりマクセルグループのコア技術を結集し、更なる高性能化要望に対応
  (表)当事会社の概要
  (表)存続会社の概要
  ハイブリッド負極でスマートフォン向けの高容量化ニーズに先手
  生産体制におけるセルの大型化対応を推進
  (表)Hitachi Maxell LiB生産拠点一覧
  角形をメインに前年比微増で推移、アプリ別ではスマートフォンの構成比が6割に
  (表)Hitachi Maxell 小型民生機器用LiB 形状タイプ別出荷推移(セル数)
  (表)Hitachi Maxell 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(セル数)
  (表)Hitachi Maxell 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(電池容量)
  (表)Hitachi Maxell 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(出荷金額:円)

中国比克电池有限公司(CHINA BAK BATTERY, INC.)
  中国スマホ市場の急成長を受け
  スマホ及びスマホ向けバックアップ電源市場に注力
  安定的な成長を見せる円筒形に注力しつつ、ラミネート形も強化
  生産設備への先行投資は行わず、受注見合いでの能力増強
  (表)BAK LiB生産拠点一覧
  ノートPC以外のアプリケーションへの採用を増加
  円筒形事業は安定推移
  角形は携帯電話向けへの需要減少が目立つ
  ラミネート形はスマートフォン向けがメイン
  (表)BAK 小型民生機器用LiB アプリケーション別出荷推移(セル数)
  (表)BAK 小型民生機器用LiB 形状タイプ別出荷推移(セル数)
  (表)BAK LiB容量のボリュームゾーン

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 102,600円 (本体 95,000円 消費税 7,600円 )
定価 102,600円 (本体 95,000円 消費税 7,600円 )
定価 135,000円 (本体 125,000円 消費税 10,000円 )
定価 205,200円 (本体 190,000円 消費税 15,200円 )
定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C56119200 2015年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~セパレーター編~
C58105100 2016年版 車載用リチウムイオン電池市場の現状と将来展望
C54109400 2012年版 産業用熱交換器市場の現状と展望
C56119600 2015年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~主要四部材編~
C56119400 2015年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~負極材編~