2013 ITベンダ顧客満足度調査~アンケートからわかる分野別満足度と高評価ベンダーの戦略~

本調査レポートでは、国内企業の情報システム部門や経営企画部門の方などに対し、メインベンダーの満足度調査を実施致しました。回答があった500社超の声から「導入~開発フェイズ」、「保守運用フェイズ」、合計223ベンダーの満足度を掲載致しました。また、特に高評価を獲得したベンダーに対しては高い満足度を得るための戦略についてヒアリングを行いました。ヒアリングおよびアンケート結果から高満足度を獲得するための方策について知って頂けるレポートとして発刊致しました。

発刊日: 2013/12/12 体裁: A4 / 391頁
資料コード: C55119300 PDFサイズ: 7.8MB
カテゴリ: 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:ユーザー評価によるベンダーの満足度を把握し、また高評価獲得ベンダーの戦略を分析することで高満足度獲得の戦略を築くための基礎資料とする。
調査期間:2013年7月~2013年12月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • アンケート結果を分析。
  • 高評価獲得ベンダーの戦略を分析。
  • 高評価獲得ベンダーの傾向。
  • ユーザーが思うメインベンダーの満足度を掲載。

■調査結果サマリー

●ITベンダー満足度に関する法人アンケート調査結果2013 
~法人ユーザーの継続意向の高いベンダーは日立システムズと日本IBM~
・「導入~開発フェイズ」における継続意向は7割強、満足度が最も高いベンダーは日立システムズ
・「保守運用フェイズ」における継続意向は8割、満足度が最も高いベンダーは日本IBM

■本資料の概要

Ⅰ 総論
Ⅱ 調査結果の分析
Ⅲ 企業個票
Ⅳ 集計表
Ⅴ 集計表(企業編)

■掲載内容

Ⅰ 総論

1.ITベンダーの状況
  1.1.IT業界の変遷と現状
2.顧客満足度の向上
  2.1.顧客満足度向上のポイント
  2.2.保守運用フェイズについて
    2.2.1.初動は迅速に
    2.2.2.マルチベンダー対応が必須
  2.3.導入~開発フェイズについて
    図表1 項目グルーピング(導入~開発フェイズ)
    図表2 ベンダーグルーピング(導入~開発フェイズ)
    図表3 ベンダータイプ(導入~開発フェイズ)
    2.3.1.提案・コンサル型
    2.3.2.業務分析・価格型
    2.3.3.顧客数高位型
  2.4.CSとES
  2.5.人材育成
  2.6.今後

Ⅱ 調査結果の分析

3.アンケートについて
  3.1.アンケート実施内容
  3.2.業種
4.メインベンダーの傾向
  4.1.導入~開発フェイズ
    4.1.1.メインベンダーシェア
    図表4 メインベンダーのシェア(n=429)
    4.1.2.メインベンダーの所在地
    図表5 メインベンダーの所在地(n=169)
    4.1.3.メインベンダーの設立年
    図表6 メインベンダーの設立年(n=179)
    4.1.4.メインベンダーの満足度
    図表7 メインベンダーの満足度
    図表8 従業員数規模別提案力
    図表9 従業員数規模別プロジェクトマネジメント
    図表10 売上高規模別価格
  4.2.保守運用フェイズ
    4.2.1.メインベンダーシェア
    図表11 メインベンダーのシェア(n=448)
    4.2.2.メインベンダーの所在地
    図表12 メインベンダーの所在地(n=169)
    4.2.3.メインベンダーの設立年
    図表13 メインベンダーの設立年
    4.2.4.メインベンダーの満足度
    図表14 メインベンダーの満足度
    図表15 業種別トラブルシューティング
    図表16 従業員数規模別ノウハウの豊富さ
    図表17 従業員数規模別トラブルシューティング
    図表18 従業員数規模別問い合わせへの対応
5.ITベンダーに対する満足度
  5.1.ITベンダーに対する満足度について
  5.2.導入~開発フェイズの満足度
    5.2.1.導入~開発フェイズの満足度
    図表19 回答社数10社以上のベンダーに対する導入~開発フェイズ満足度
    図表20 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対する導入~開発フェイズ満足度
    5.2.2.提案力に対する満足度
    図表21 回答社数10社以上のベンダーに対する提案力の満足度
    図表22 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対する提案力の満足度
    5.2.3.コンサルタントの品質・体制に対する満足度
    図表23 回答社数10社以上のベンダーに対するコンサルタントの品質・体制の満足度
    図表24 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対するコンサルタントの品質・体制の満足度
    5.2.4.プロジェクトマネジメントに対する満足度
    図表25 回答社数10社以上のベンダーに対するプロジェクトマネジメントの満足度
    図表26 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対するプロジェクトマネジメントの満足度
    5.2.5.最終製品の品質に対する満足度
    図表27 回答社数10社以上のベンダーに対する最終製品の品質の満足度
    図表28 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対する最終製品の品質の満足度
    5.2.6.価格に対する満足度
    図表29 回答社数10社以上のベンダーに対する価格の満足度
    図表30 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対する価格の満足度
    5.2.7.予算遵守に対する満足度
    図表31 回答社数10社以上のベンダーに対する予算遵守の満足度
    図表32 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対する予算遵守の満足度
    5.2.8.業務分析に対する満足度
    図表33 回答社数10社以上のベンダーに対する業務分析の満足度
    図表34 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対する業務分析の満足度
    5.2.9.最新技術への対応に対する満足度
    図表35 回答社数10社以上のベンダーに対する最新技術への対応の満足度
    図表36 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対する最新技術への対応の満足度
    5.2.10.継続意向
    図表37 回答社数10社以上のベンダーに対する継続意向
    図表38 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対する継続意向
  5.3.保守運用フェイズの満足度
    5.3.1.保守運用フェイズの満足度
    図表39 回答社数10社以上のベンダーに対する保守運用フェイズの満足度
    図表40 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対する保守運用フェイズ満足度
    5.3.2.ノウハウの豊富さに対する満足
    図表41 回答社数10社以上のベンダーに対するノウハウの豊富さの満足度
    図表42 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対するノウハウの豊富さの満足度
    5.3.3.トラブルの予防に対する満足
    図表43 回答社数10社以上のベンダーに対するトラブルの予防の満足度
    図表44 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対するトラブルの予防の満足度
    5.3.4.トラブル時の初期対応に対する満足度
    図表45 回答社数10社以上のベンダーに対するトラブル時の初期対応の満足度
    図表46 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対するトラブル時の初期対応の満足度
    5.3.5.トラブルシューティングに対する満足度
    図表47 回答社数10社以上のベンダーに対するトラブルシューティングの満足度
    図表48 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対するトラブルシューティングの満足度
    5.3.6.セキュリティ対策に対する満足度
    図表49 回答社数10社以上のベンダーに対するセキュリティ対策の満足度
    図表50 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対するセキュリティ対策の満足度
    5.3.7.問い合わせへの対応に対する満足度
    図表51 回答社数10社以上のベンダーに対する問い合わせへの対応の満足度
    図表52 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対する問い合わせへの対応の満足度
    5.3.8.価格に対する満足度
    図表53 回答社数10社以上のベンダーに対する価格の満足度
    図表54 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対する価格の満足度
    5.3.9.継続意向
    図表55 回答社数10社以上のベンダーに対する継続意向
    図表56 (参考)回答社数5社以上のベンダーに対する継続意向
  5.4.ITベンダー解剖
    5.4.1.NEC
    図表57 導入~開発フェイズ(n=31)
    図表58 保守運用フェイズ(n=20)
    図表59 導入~開発フェイズ
    図表60 保守運用フェイズ
    5.4.2.NECネクサソリューションズ
    図表61 導入~開発フェイズ(n=12)
    図表62 導入~開発フェイズ
    5.4.3.NECフィールディング
    図表63 保守運用フェイズ(n=20)
    図表64 保守運用フェイズ
    5.4.4.大塚商会
    図表65 導入~開発フェイズ(n=13)
    図表66 保守運用フェイズ(n=18)
    図表67 導入~開発フェイズ
    図表68 保守運用フェイズ
    5.4.5.オービック
    図表69 導入~開発フェイズ(n=17)
    図表70 保守運用フェイズ(n=16)
    図表71 導入~開発フェイズ
    図表72 保守運用フェイズ
    5.4.6.JBCC
    図表73 保守運用フェイズ(n=13)
    図表74 保守運用フェイズ
    5.4.7.都築電気
    図表75 導入~開発フェイズ(n=10)
    図表76 保守運用フェイズ(n=11)
    図表77 導入~開発フェイズ
    図表78 保守運用フェイズ
    5.4.8.日本IBM
    図表79 導入~開発フェイズ(n=16)
    図表80 保守運用フェイズ(n=19)
    図表81 導入~開発フェイズ
    図表82 保守運用フェイズ
    5.4.9.日立システムズ
    図表83 導入~開発フェイズ(n=11)
    図表84 保守運用フェイズ(n=16)
    図表85 導入~開発フェイズ
    図表86 保守運用フェイズ
    5.4.10.富士通
    図表87 導入~開発フェイズ(n=44)
    図表88 保守運用フェイズ(n=31)
    図表89 導入~開発フェイズ
    図表90 保守運用フェイズ
    5.4.11.富士通エフサス
    図表91 保守運用フェイズ(n=13)
    図表92 保守運用フェイズ
    5.4.12.富士通マーケィング
    図表93 導入~開発フェイズ(n=10)
    図表94 保守運用フェイズ(n=12)
    図表95 導入~開発フェイズ
    図表96 保守運用フェイズ
    5.4.13.リコージャパン
    図表97 導入~開発フェイズ(n=12)
    図表98 導入~開発フェイズ

Ⅲ 企業個票

6. ITベンダーの戦略
  6.1.NECネクサソリューションズ株式会社
    図表99 NECネクサソリューションズ組織図
  6.2.株式会社オービック
    図表100 オービックのワンストップ・ソリューション・サービス
  6.3.JBCC株式会社
    図表101 SMAC(ソリューションマネジメント&アクセスセンター)の概要
  6.4.都築電気株式会社
    図表102 都築電気組織図
  6.5.株式会社日立システムズ
    図表103 日立システムズWay
  6.6.株式会社富士通エフサス
    図表104 全国160カ所のサービス拠点
  6.7.株式会社富士通マーケティング
    図表105 「GLOVIAsmartきらら販売」コンソーシアム概略図

Ⅳ 集計表

7.プロフィール
  7.1.業種
    7.1.1.売上高規模別業種
    7.1.2.従業員数規模別業種
  7.2.売上高規模
    7.2.1.業種別売上高規模
    7.2.2.従業員数規模別売上高規模
  7.3.従業員数規模
    7.3.1.業種別従業員数規模
    7.3.2.売上高規模別従業員数規模
8.導入~開発フェイズの満足度評価
  8.1.提案力
    8.1.1.業種別提案力
    8.1.2.売上高規模別提案力
    8.1.3.従業員数規模別提案力
  8.2.コンサルタントの品質・体制
    8.2.1.業種別コンサルタントの品質・体制
    8.2.2.売上高規模別コンサルタントの品質・体制
    8.2.3.従業員数規模別コンサルタントの品質・体制
  8.3.プロジェクトマネジメント
    8.3.1.業種別プロジェクトマネジメント
    8.3.2.売上高規模別プロジェクトマネジメント
    8.3.3.従業員数規模別プロジェクトマネジメント
  8.4.最終製品の品質
    8.4.1.業種別最終製品の品質
    8.4.2.売上高規模別最終製品の品質
    8.4.3.従業員数規模別最終製品の品質
  8.5.価格(導入~開発フェイズ)
    8.5.1.業種別価格(導入~開発フェイズ)
    8.5.2.売上高規模別価格(導入~開発フェイズ)
    8.5.3.従業員数規模別価格(導入~開発フェイズ)
  8.6.予算遵守
    8.6.1.業種別予算遵守
    8.6.2.売上高規模別予算遵守
    8.6.3.従業員数規模別予算遵守
  8.7.業務分析
    8.7.1.業種別業務分析
    8.7.2.売上高規模別業務分析
    8.7.3.従業員数規模別業務分析
  8.8.最新技術への対応
    8.8.1.業種別最新技術への対応
    8.8.2.売上高規模別最新技術への対応
    8.8.3.従業員数規模別最新技術への対応
  8.9.継続意向(導入~開発フェイズ)
    8.9.1.業種別継続意向(導入~開発フェイズ)
    8.9.2.売上高規模別継続意向(導入~開発フェイズ)
    8.9.3.従業員数規模別継続意向(導入~開発フェイズ)
9.保守運用フェイズの満足度評価
  9.1.ノウハウの豊富さ
    9.1.1.業種別ノウハウの豊富さ
    9.1.2.売上高規模別ノウハウの豊富さ
    9.1.3.従業員数規模別ノウハウの豊富さ
  9.2.トラブルの予防
    9.2.1.業種別トラブルの予防
    9.2.2.売上高規模別トラブルの予防
    9.2.3.従業員数規模別トラブルの予防
  9.3.トラブル時の初期対応
    9.3.1.業種別トラブル時の初期対応
    9.3.2.売上高規模別トラブル時の初期対応
    9.3.3.従業員数規模別トラブル時の初期対応
  9.4.トラブルシューティング
    9.4.1.業種別トラブルシューティング
    9.4.2.売上高規模別トラブルシューティング
    9.4.3.従業員数規模別トラブルシューティング
  9.5.セキュリティ対応
    9.5.1.業種別セキュリティ対応
    9.5.2.売上高規模別セキュリティ対応
    9.5.3.従業員数規模別セキュリティ対応
  9.6.問い合わせへの対応
    9.6.1.業種別問い合わせへの対応
    9.6.2.売上高規模別問い合わせへの対応
    9.6.3.従業員数規模別問い合わせへの対応
  9.7.価格(保守運用フェイズ)
    9.7.1.業種別価格(保守運用フェイズ)
    9.7.2.売上高規模別価格(保守運用フェイズ)
    9.7.3.従業員数規模別価格(保守運用フェイズ)
  9.8.継続意向(保守運用フェイズ)
    9.8.1.業種別継続意向(保守運用フェイズ)
    9.8.2.売上高規模別継続意向(保守運用フェイズ)
    9.8.3.従業員数規模別継続意向(保守運用フェイズ)
10.導入~開発フェイズのメインベンダー評価
  導入~開発フェイズのメインベンダー評価について
  10.1.導入~開発フェイズのメインベンダー満足度
  10.2.提案力
  10.3.コンサルタントの品質・体制
  10.4.プロジェクトマネジメント
  10.5.最終製品の品質
  10.6.価格(導入~開発フェイズ)
  10.7.予算遵守
  10.8.業務分析
  10.9.最新技術への対応
  10.10.継続意向(導入~開発フェイズ)
11.保守運用フェイズのメインベンダー評価
  保守運用フェイズのメインベンダー評価について
  11.1.保守運用フェイズのメインベンダー満足度
  11.2.ノウハウの豊富さ
  11.3.トラブルの予防
  11.4.トラブル時の初期対応
  11.5.トラブルシューティング
  11.6.セキュリティ対策
  11.7.問い合わせへの対応
  11.8.価格(保守運用フェイズ)
  11.9.継続意向(保守運用フェイズ)

Ⅴ 集計表(企業編)

集計表(企業編)について

株式会社アール・アンド・エー・シー、株式会社ITCS、アイ・ティ・エル株式会社、
株式会社アイティフォー、株式会社アイ・ティ・フロンティア、
株式会社I・TECソリューションズ、株式会社アイネス、株式会社アイネックス、
株式会社アイル、株式会社アクシス、株式会社アクセスシステム、
アクセンチュア株式会社、あさかわシステムズ株式会社、イアス株式会社、
EETジャパン株式会社、いすゞシステムサービス株式会社、
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、株式会社イルーミネイト、
株式会社インテ・クレッセ、株式会社インテック、インフォアジャパン株式会社、
株式会社インプローブ、株式会社ヴィンクス、株式会社内田洋行、
株式会社宇部情報システム、エア・ウォーター・ソフテック株式会社、
ANAシステムズ株式会社、株式会社ANS、株式会社HBA、ACネットワーク株式会社、
エースコンピューターサービス株式会社、エス・アイ・シー株式会社、SCSK株式会社、
SGシステム株式会社、株式会社エス・ティ・アイ、日本電気株式会社(NEC)、
NECエンジニアリング株式会社、NECシステムテクノロジー株式会社、NECソフト株式会社、
九州日本電気ソフトウェア株式会社(NECソフトウェア九州)、
北海道日本電気ソフトウェア株式会社(NECソフトウェア北海道)、
NECネクサソリューションズ株式会社、NECフィールディング株式会社、
株式会社NSソリューションズ関西、エヌシーアイ総合システム株式会社、
NTTコミュニケーションズ株式会社、NTTコムウェア株式会社、株式会社NTTデータ、
株式会社NTTデータアイテックス、株式会社NTTデータ関西、
株式会社NTTデータグローバルソリューションズ、株式会社NTTデータセキスイシステムズ、
西日本電信電話株式会社(NTT西日本)、株式会社エム・アイ・エス、
株式会社江守ソリューションズ、応研株式会社、株式会社OSK、
株式会社大崎コンピュータエンヂニアリング、株式会社オーシーシー、株式会社大塚商会、
株式会社オービック、株式会社OKIソフトウェア、兼松エレクトロニクス株式会社、
株式会社ガルフネット、富士ゼロックス岐阜株式会社(岐阜ゼロックス)、
キヤノンITソリューションズ株式会社、キヤノンシステムアンドサポート株式会社、
株式会社QES、株式会社QSE、共立コンピューターサービス株式会社、
株式会社グッドフィールドアンドカンパニー、クボタシステム開発株式会社、
株式会社KIS、株式会社ケイ・シー・シー、株式会社ケイズ、株式会社KEINS、
株式会社KOA、コイズミ情報システム株式会社、コベルコシステム株式会社、
株式会社さくらケーシーエス、さくら情報システム株式会社、
株式会社サン・コンピュータ、三信電気株式会社、株式会社シーアールネット、
株式会社CIJソリューションズ、株式会社シーイーシー、
シーイーシー新潟情報サービス株式会社、株式会社シーエーシー、
株式会社CSIソリューションズ、株式会社シーフォービジネスインテグレーション、
株式会社JTB情報システム、JBサービス株式会社、JBCC株式会社、
静岡日電ビジネス株式会社、株式会社静鉄情報センター、株式会社システナ、
シャープビジネスソリューション株式会社、株式会社ジャスウィル、
株式会社ジャノメクレディア、ジャパンシステム株式会社、
常陽コンピューターサービス株式会社、有限会社シンク情報システム、
新電元熊本テクノリサーチ株式会社、新日鉄住金ソリューションズ株式会社、
スターティア株式会社、住友セメントシステム開発株式会社、
株式会社セイノー情報サービス、セコムトラストシステムズ株式会社、
ゼネラル・ビジネス・サービス株式会社、株式会社ソフトクリエイトホールディングス、
ソフトバンク株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ソレキア株式会社、
大興電子通信株式会社、株式会社たけびし、株式会社中部テラオカ、都築電気株式会社、
株式会社ディアイスクエア、TIS株式会社、ディーアイエスソリューション株式会社、
TIS西日本株式会社、株式会社テクネット、株式会社テクノスジャパン、株式会社テスク、
株式会社テックシステム、テックベース株式会社、デル株式会社、株式会社電算、
株式会社デンソーITソリューションズ、株式会社デンソーエスアイ、
株式会社電通国際情報サービス、東海ビジネスサービス株式会社、
東芝ITサービス株式会社、東芝情報機器株式会社、東芝ソリューション株式会社、
東芝ソリューション販売株式会社、東芝テック株式会社、東朋テクノロジー株式会社、
株式会社東洋紡システムクリエート、トーテックアメニティ株式会社、
トッパンエムアンドアイ株式会社、トヨタ情報システム愛知株式会社、西日本コンピュータ株式会社、
日興システムソリューションズ株式会社、日興通信株式会社、株式会社ニッセイコム、
日本アイ・ビー・エム株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)、
日本オフィス・システム株式会社、日本オラクル株式会社、日本コムシス株式会社、
日本コンピュータシステム株式会社、株式会社日本システムテクノロジー、日本事務器株式会社、
日本情報産業株式会社、日本情報通信株式会社、日本ソフトウエア株式会社、
日本ユニシス株式会社、株式会社ニュートラル、ネオアクシス株式会社、株式会社ネオテックス、
株式会社ネットブレインズ、株式会社野村総合研究所、ハイブリッジ株式会社、
萩原電気株式会社、パシフィックシステム株式会社、株式会社PFU、日立SC株式会社、
株式会社日立金属ソリューションズ、株式会社日立システムズ、株式会社日立製作所、
株式会社日立ソリューションズ、株式会社日立ハイテクソリューションズ、
株式会社ファイナンシャルブレインシステムズ、株式会社ファルコン、株式会社フォローアップシステムズ、
株式会社福岡情報ビジネスセンター、富士ゼロックス株式会社、富士ソフト株式会社、富士通株式会社、
富士通エフ・アイ・ピー株式会社、株式会社富士通エフサス、株式会社富士通九州システムズ、
株式会社富士通システムズ・イースト、株式会社富士通システムズ・ウエスト、株式会社富士通ゼネラル、
株式会社富士通マーケティング、富士電機ITセンター株式会社、扶桑電通株式会社、
Future One株式会社372、株式会社ブレイン・ラボ、株式会社プレシャスソフト、
フレックス・システム株式会社、株式会社フロントエンド、ベニックソリューション株式会社、
日本マイクロソフト株式会社、株式会社三重電子計算センター、みずほ情報総研株式会社、
三谷産業株式会社、ミツイワ株式会社、ミツイワ情報株式会社、
三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社、
三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社、
三菱電機情報ネットワーク株式会社、株式会社三菱電機ビジネスシステム、
三菱UFJリース株式会社、株式会社メイケイ、株式会社メディアミックス、
八洲電機株式会社、ヤマトシステム開発株式会社、USOL九州株式会社、
株式会社ユウゼンイノベーション、ユニアデックス株式会社、株式会社ユニテック、
株式会社ライフタイムテクノロジーズ、リコージャパン株式会社、
リコーテクノシステムズ株式会社、株式会社両備システムズ、株式会社両毛システムズ、
株式会社リョーイン、株式会社菱化システム、株式会社リンネット、株式会社YSKe-com、

アンケート票

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C48205400 2006年版 IP電話関連機器市場
C55118500 2014 急成長するモバイル・オンラインゲームの市場動向と将来性分析
C54108400 2012 PLM市場の実態と展望
C53110800 2011 国内企業のIT投資実態と予測
C50301000 2008年版 環境ITシステム関連市場の現状と将来展望