2014年版 ガーデニング・家庭菜園市場の展望と販売チャネルの徹底研究

食の安全志向が高まったことや、食育の一環として家庭菜園を始めるユーザーが増えたことから、ガーデニング未経験者の家庭菜園への参加が増え、家庭菜園市場は拡大しております。本調査レポートでは、注目を集めるガーデニング市場について、消費者へのアンケート調査や企業調査を通じ、商品動向・販売ルート等を含めて徹底研究いたしました。

発刊日
2014/02/28
体裁
A4 / 442頁
資料コード
C55119600
PDFサイズ
5.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
121,000
110,000
11,000
154,000
140,000
14,000
242,000
220,000
22,000
275,000
250,000
25,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:ガーデニング関連企業における植物と関連資材の取り扱い実態、販売状況、参入各社の市場戦略を調査・分析することにより、2019年のガーデニング市場を展望することを目的として実施した。
調査対象商品
・植物(花壇用苗物、花木、球根、鉢物、芝・グランドカバープランツ、野菜苗類)
・ガーデニング資材(鉢・プランター、農薬、肥料、用土、関連グッズ、ガーデンファニチャー、園芸関連機器(芝刈機、噴霧器、散水用品金物、工具関連)、ミニ耕運機)
調査対象先
・植物取り扱い企業(種苗メーカー、花卉卸売市場、流通業、ホームセンター、ガーデンセンター、フラワーショップ、貸し農園、造園緑化業、他)
・ガーデニング資材取り扱い企業(資材メーカー、園芸資材小売店、他)
・農林水産省、業界団体、業界誌
調査方法:直接面接取材及び電話、アンケートによる間接調査を実施
調査期間:2013年10月~2014年2月

資料ポイント
Close

  • 普及拡大している家庭菜園市場について、商品動向・販売ルート等を含めて徹底研究
  • 消費者購買行動を独自のネット調査で解明し、今後のガーデニング・資材の販売チャネルの在り方を徹底検証
  • 植物・資材別ガーデニング市場の2019年中期展望
  • 末端チャネル別ガーデニング市場の2019年中期展望

資料概要
Close

第Ⅰ章 2013年のガーデニング市場
第Ⅱ章 ガーデニング市場の販売チャネル徹底研究
第Ⅲ章 家庭菜園市場の販売チャネル徹底研究
第Ⅳ章 ガーデニング・家庭菜園市場の中期展望
第Ⅴ章 拡大するガーデニング資材市場
第Ⅵ章 有力ガーデニング・家庭菜園関連企業の戦略

リサーチ内容

■掲載内容

第Ⅰ章 2013年のガーデニング市場

1.ガーデニング市場の変化と注目市場動向
  (1)大きく伸長する家庭菜園市場
    ①ガーデニング・家庭菜園の経験
    ②ガーデニング関連でしたいこと
    ③家庭菜園の実施状況(2011年調査と2014年調査結果の比較)
    ④家庭菜園未実施者の今後の意向(2011年調査と2014年調査結果の比較)
  (2)拡大する家庭菜園市場に対応する種苗業界
  (3)家庭菜園における注目資材
2.ガーデニング関連の最新データ
  (1)花卉生産統計(2006~2013年)
  (2)新品種の登録状況
  (3)花き関連の遺伝子組換え植物(GMO)の一覧
  (4)種苗輸出入実績推移(2010~2013年)
    ①種苗輸入実績推移
    ②種苗輸出実績推移
  (5)花き市場流通調査(2004~2012年)
  (6)経済センサス
    ①花・植木小売業の年間総販売額推移(1982~2012年)
    ②花・植木小売業の店舗数と売場面積推移(1982~2012年)
    ③花・植木小売業の1店舗当たりの年間売上高推移(1982~2012年)
    ④苗・種子小売業の年間総販売額推移(1982~2012年)
    ⑤苗・種子小売業の店舗数と売場面積推移(1982~2012年)
    ⑥苗・種子小売業の1店舗当たりの年間売上高推移(1982~2012年)
  (7)家計調査年報
    ①切花・園芸品・園芸用品の一世帯当りの年間支出額推移(2005~2012年)
    ②園芸品・園芸用品の一世帯当たりの年間支出額ベスト10
    (県庁所在地都市別:2012年)
  (8)余暇に関する調査(レジャー白書)
    ①園芸・庭いじり参加人口
    ②農園・市民農園参加人口

第Ⅱ章 ガーデニング市場の販売チャネル徹底研究

1.ガーデニングの市場規模 
  (1)ガーデニング市場規模推移(2008~2013年度見込み)
  (2)ガーデニングの商品別市場構成比
    (2013年度見込み:生産者・メーカー出荷ベース/末端市場)
  (3)末端ルート別のガーデニング市場構成比(2013年度見込み)
2.ガーデニング市場の販売チャネル徹底分析
  (1)ホームセンター
    ①ホームセンター市場の概況
    ②有力ホームセンターの売上状況
    ③ホームセンター出店動向
    ④商品動向
    ⑤流通動向
    ⑥販売動向
    ⑦課題点と市場見通し
    ⑧有力ホームセンターケーススタディ ~(株)カインズ~
  (2)ガーデンセンター・量販店
    ①ガーデニング関連動向の概況
    ②出店動向
    ③商品・売場動向
    ④流通・販売動向
    ⑤課題点と市場見通し
    ⑥有力ガーデンセンター及び量販店ケーススタディ
    1)サカタのタネ(株) ~「ガーデンセンター横浜」~
    2)(株)ユニバーサル園芸社 ~「りこしぇ+ガーデン」~
  (3)フラワーショップ
    ①ガーデニング関連動向の概況
    ②出店動向
    ③商品動向
    ④流通・販売動向
    ⑤課題点と市場見通し
    ⑥有力フラワーショップケーススタディ ~(株)パーク・コーポレーション~
  (4)通信販売・インターネット販売  
    ①市場の概況
    ②ガーデニング・家庭菜園関連動向の概況
    ③商品動向
    ④流通・販売動向
    ⑤課題点と市場見通し
  (5)造園・緑化・住宅関連業
    ①ガーデニング・家庭菜園関連動向の概況
    ②ガーデニング関連事業の方向性
    ③商品動向
    ④流通・販売動向
    ⑤課題点と市場見通し
3.インターネット調査から見たガーデニング・家庭菜園販売チャネルの在り方
  (1)現状におけるガーデニング・家庭菜園販売戦略
  (2)消費者購買意識に見る販売チャネル戦略の現状での課題点
  (3)課題解決に向けたガーデニング・家庭菜園販売チャネルの取組み
  (4)ガーデニング・家庭菜園販売チャネルの今後の方向性

第Ⅲ章 家庭菜園市場の販売チャネル徹底研究

1.家庭菜園市場の定義
2.市場概要
  (1)家庭菜園市場が好調な背景
  (2)貸し農園・市民農園の状況
    ①都市における貸し農園・市民農園への期待
    ②貸し農園・市民農園の分類
    ③貸し農園・市民農園の開設の推移
    ④貸し農園ビジネスを展開する上でのメリット・デメリット
    ⑤貸し農園事業に参入している主な企業
3.家庭菜園市場の流通動向
  (1)家庭菜園向け野菜苗の動向
  (2)野菜苗の流通動向
  (3)家庭菜園市場において、拡大する接木苗の動向
4.家庭菜園関連事業に新規参入した企業の動向
5.家庭菜園市場の販売チャネルの徹底分析
  (1)ホームセンター
    ①家庭菜園関連の販売動向
    ②商品動向
    ③有力ホームセンターケーススタディ ~ジョイフル本田~
  (2)貸し農園
    ①主な参入企業とサービス概要
    ②貸し農園事業の取組み動向
    ③貸し農園事業の販売動向
    ④貸し農園事業の課題と今後の市場の見通し
    ⑤有力貸し農園ケーススタディ
    1)東邦レオ(株) ~「まちなか菜園」~
    2)(株)アグリメディア ~「シェア畑」~
6.商品動向
  (1)家庭菜園向け野菜苗
    ①大手種苗メーカーの家庭菜園向け商品一覧
    ②ナショナルブランドの家庭菜園向け野菜苗一覧
  (2)家庭菜園向け肥料・培養土
  (3)家庭菜園向けプランター
  (4)ミニ耕運機
7.市場規模
  (1)家庭菜園向け野菜苗・果樹苗の市場規模推移
    (生産者出荷ベース2008~2013年度見込み)
  (2)家庭菜園向け野菜苗・果樹苗の市場展望と市場規模予測
    (2013年度見込み~2019年年度予測)
  (3)ミニ耕運機の市場規模推移(メーカー出荷ベース2008~2013年度見込み)
  (4)ミニ耕運機の市場展望と市場規模予測(2013年度見込み~2019年年度予測)
8.市場拡大の課題・問題点

第Ⅳ章 ガーデニング・家庭菜園市場の中期展望

1.2019年のガーデニングマーケット像
  (1)商品分野別市場の市場規模予測(2013年度見込み~2019年度予測)
  (2)末端ルート別のガーデニング市場規模予測(2013年度見込み~2019年度予測)
2.2019年のガーデニング中期需要見通し
3.ガーデニング市場拡大の為の課題とポイント
4.インターネットによるガーデニング関連資材購入調査
  (1)事前調査
    ①回答者属性
    ②ガーデニング・家庭菜園の経験
    ③ガーデニング関連でしたいこと
  (2)ガーデニング経験者の回答者属性
  (3)ガーデニングの実施状況
    ①ガーデニングの開始時期
    ②ガーデニングを始めた動機・目的
    ③ガーデニングの情報源
    ④ガーデニングの場所
    ⑤行っているガーデニングのタイプ
  (4)ガーデニング関連用品の購入状況
    ①ガーデニングの関連用品の購入場所
    ②ガーデニングの関連用品(植物)購入時の店舗選択理由
    ③よく購入するガーデニング関連用品(植物)
    ④よく購入するガーデニング関連用品(資材)
    ⑤ガーデニング関連用品(植物)の予算
    ⑥ガーデニング関連用品(資材)の予算
  (5)ガーデニング関連用品に対する要望と不満
    ①ガーデニング関連用品(植物)に対する要望
    ②ガーデニング関連用品(資材)に対する要望
    ③ガーデニング関連用品(植物)に対する不満
    ④ガーデニング関連用品(資材)に対する不満
  (6)ガーデニング関連用品の今後の購入について
    ①ガーデニング関連用品購入意向
    ②ガーデニング関連用品の今後の購入予算額
    ③今後ガーデニング関連用品を購入したい店舗形態
    ④ガーデニング関連用品取り扱い店舗への要望
  (7)今後してみたいガーデニングタイプ
  (8)ガーデニングのインターネット利用について
    ①ガーデニングについてのインターネット利用状況
    ②インターネットでの購入経験のあるガーデニング関連用品(植物)
    ③インターネットでの購入経験のあるガーデニング関連用品(資材)
  (9)家庭菜園の状況
  (10)家庭菜園実施者の実施内容
    ①家庭菜園を始めた動機・目的
    ②家庭菜園をしている場所
    ③栽培経験のある野菜
    ④家庭菜園を始めて良かったこと
    ⑤家庭菜園に対する不満
    ⑥本格的な農業(就農)の意向
  (11)家庭菜園未実施者について
    ①家庭菜園の意向
    ②今後家庭菜園を始めたい理由
    ③今後栽培したい野菜
    ④家庭菜園を始めたくない理由

第Ⅴ章 拡大するガーデニング資材市場

1.花壇用苗物
  (1)商品動向と参入企業動向
  (2)市場規模推移(2008~2013年度見込み)
  (3)市場展望と市場規模予測(2013年度見込み~2019年度予測)
2.花木
  (1)商品動向と参入企業動向
  (2)市場規模推移(2008~2013年度見込み)
  (3)市場展望と市場規模予測(2013年度見込み~2019年度予測)
3.球根
  (1)商品動向と参入企業動向
  (2)市場規模推移(2008~2013年度見込み)
  (3)市場展望と市場規模予測(2013年度見込み~2019年度予測)
4.芝・グランドカバープランツ
  (1)商品動向と参入企業動向
  (2)市場規模推移(2008~2013年度見込み)
  (3)市場展望と市場規模予測(2013年度見込み~2019年度予測)
5.鉢・プランター
  (1)商品動向と参入企業動向
  (2)市場規模推移(2008~2013年度見込み)
  (3)市場展望と市場規模予測(2013年度見込み~2019年度予測)
6.家庭園芸用農薬
  (1)商品動向と参入企業動向
  (2)市場規模推移(2008~2013年度見込み)
  (3)市場展望と市場規模予測(2013年度見込み~2019年度予測)
7.家庭園芸用肥料
  (1)商品動向と参入企業動向
  (2)市場規模推移(2008~2013年度見込み)
  (3)市場展望と市場規模予測(2013年度見込み~2019年度予測)
8.家庭園芸用培養土
  (1)商品動向と参入企業動向
  (2)市場規模推移(2008~2013年度見込み)
  (3)市場展望と市場規模予測(2013年度見込み~2019年度予測)
9.その他、注目商品
  (1)商品動向
  (2)販売チャネル動向
  (3)今後の商品動向

第Ⅵ章 有力ガーデニング・家庭菜園関連企業の戦略

<ホームセンター>
(株)カーマ
  ~花木、室内園芸、野菜種などガーデニング分野の原点回帰を進める~
(株)カインズ
  ~郊外大型店展開・PB商品の充実・コラボレーション売場の構築で成長を目指す~
コーナン商事(株)
  ~大阪商圏を軸としつつも、300店体制を目標に関東にも出店を継続~
(株)コメリ
  ~九州への出店を強化、総合的な販売網の拡大~
(株)ジョイフル本田
  ~超大型店舗による圧倒的商品力で魅力ある店作りを志向~
(株)LIXILビバ
  ~グループ力のメリットを生かし、独自色が強い売場を目指す~
ロイヤルホームセンター(株)
  ~企業グループの強みを生かして、他店にはない商品提供を目指す~

<園芸資材メーカー>
アイリスオーヤマ(株)
  ~栽培に失敗しない商品を開発、多彩な新商品でさらなる開拓を目指す~
(株)アグリメディア
  ~「都市と農業をつなぐ」プラットフォームの提供を通じ、農業の発展・活性化に寄与~
アサヒフードアンドヘルスケア(株)
  ~ビール酵母細胞壁分解物の優れた素材特性を活かした安心・安全な商品開発~
カネコ種苗(株)
  ~グリーンのトータルプランナーとして、ハイグレードな花卉、野菜などの商品群を開発~
(株)クボタ
  ~電動式や車軸式ミニ耕運機の新タイプ投入による家庭菜園ニーズの拡充~
コスモALA(株)
  ~コスモ誠和アグリカルチャから名称変更し、ALAを前面に押し出しての液肥展開~
(株)サカタのタネ
  ~ニーズを汲み取った花・野菜品種の開発と次の100年に向けたさらなる企業価値の向上~
サントリーフラワーズ(株)
  ~「味わい」や「育てやすさ」にこだわった家庭菜園用野菜苗「本気野菜」が好調~
西武造園(株)
  ~「緑のトータルクリエイター」として大規模な街づくりから、ガーデニンングまでを提案~
(株)瀬戸ヶ原花苑
  ~土づくりのエキスパートとして安心・安全で高品質な家庭園芸用、プロ用培土の展開~
(株)千趣会イイハナ
  ~「花くらす*野菜くらす」で潜在顧客を引き出す~
タキイ種苗(株)
  ~機能性野菜「ファイトリッチ」やサイトコンテンツ充実によりガーデニング需要を喚起~
(株)ディノス・セシール
  ~「合併」で事業拡大に期待 新たなビジネスモデルを画策~
東武緑地(株)
  ~会社理念「緑を愛し人と緑をつなぐ」の基に造園土木からガーデニングまでの事業を展開~
トヨタルーフガーデン(株)
  ~緑化・園芸・バイオマス関連事業を通じて人と地球にやさしい「都市環境」を実現する~
日本デルモンテアグリ(株)
  ~日本デルモンテから承継した「野菜苗事業」と新たな「生果トマト事業」で拡大を目指す~
(株)ハイポネックスジャパン
  ~土に挿すだけで、肥料効果が得られるアンプル型液体肥料の販売が好調~
(株)プラネット
  ~「エコグリーンオフィス」で新たな切り口を開拓 新顧客獲得に意欲~
(株)プロトリーフ
  ~動画サイト「プロトリーフ・チャンネル」で新規ファン獲得を見込む~
ベルグアース(株)
  ~最先端育苗技術と企業的農業の実践による高付加価値な農産物づくりへの貢献~
本田技研工業(株)
  ~「ピアンタ」の上位機種「サラダCGFFV300」の投入による家庭菜園市場の新規需要開拓~
(株)マイファーム
  ~マイファーム農園事業をメインに新しい農業の形を創りだす事業を行い、自産自消を推進~
ヤンマー(株)
  ~市場・顧客ニーズを的確にとらえ家庭菜園用ミニ耕うん機を展開~
(株)ユニバーサル園芸社
  ~園芸企業では初の株式上場を果たし、近年は同業他社のM&Aにも積極的に展開~
(株)リッチェル
  ~団塊世代へ向けた園芸用品に注力、独自のプランターも豊富にラインアップ~
レインボー薬品(株)
  ~福島工場の被災に伴い、生産を他社に委託するファブレスメーカーとして展開~

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
121,000
110,000
11,000
154,000
140,000
14,000
242,000
220,000
22,000
275,000
250,000
25,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。