2014年版 宇宙関連市場の現状と展望 ~Yano E plus編集版~

宇宙関連産業は国家の安全、経済、科学と密接に結びついた極めて戦略的な分野でしたが、民間委託などが始まっています。技術体系そのものが研究に偏重していましたが、産業競争力の強化に向けた必須項目(適切な性能、低コスト、短納期など)を重視する動きなどが出ている中、昨年、月刊誌「Yano E plus」で取り上げたシリーズを再編集し1冊のレポートにまとめました。

発刊日: 2014/02/19 体裁: A4 / 93頁
資料コード: C56104320 PDFサイズ: 3.2MB
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 99,900円 (本体 92,500円 消費税 7,400円 )
定価 199,800円 (本体 185,000円 消費税 14,800円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

宇宙産業の主役である宇宙機器産業(ロケットや人工衛星など)はもちろんですが、その裾野を支えているのは膨大な宇宙利用産業になります。これらを合わせたものが宇宙関連産業の全体像になりますが、レポートでもこの宇宙機器産業と宇宙利用産業それぞれについて取り上げまとめています。

資料概要
Close

第1章 宇宙産業の俯瞰と今後の見通し
第2章 宇宙機器産業
第3章 宇宙利用産業

リサーチ内容

■掲載内容

第1章 宇宙産業の俯瞰と今後の見通し

宇宙産業の俯瞰と今後の見通し
  1.宇宙産業の俯瞰
    1-1.宇宙産業の全体イメージ
    図.宇宙産業の全体イメージ
    1-2.宇宙産業の方向性
  2.宇宙産業の今後の見通し

第2章 宇宙機器産業

ロケット材料市場
  1.日本のロケット技術
    図.H-IIAロケットの概観
    表.H-IIAロケットに用いられている材料
  2.ロケット材料の動向
    2-1.アルミニウム合金
    2-2.炭素繊維複合材料
    2-3.シリコン系耐熱材料
  3.ロケット材料の市場規模推移と予測
    図.ロケット材料の国内市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
    図.ロケット材料のWW市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
    表.ロケット材料の種類別国内市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
    図.ロケット材料の種類別国内市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
  4.ロケット材料の企業シェア
    図.ロケット材料の国内市場における企業シェア(2012年)
  5.ロケット材料の主要取組企業の動向
    5-1.宇部興産株式会社
    5-2.東レ株式会社
    5-3.古河スカイ株式会社
  6.ロケット材料の今後の見通し

宇宙機材・宇宙機器市場
  1.宇宙機材・宇宙機器とは
    表.宇宙機材・宇宙機器の代表的ラインナップ
  2.宇宙機材・宇宙機器の個別動向
    2-1.ロケット
    図.H-IIBロケットの打ち上げ風景
    図.イプシロンロケットの想像図
    2-2.宇宙ステーション
    図.国際宇宙ステーションの外観
    2-3.宇宙輸送機
    図.HTV「こうのとり」の構造
    2-4.人工衛星
    2-5.宇宙探査機
    図.宇宙探査機「はやぶさ」の外観想像図
    2-6.宇宙エレベータ
  3.宇宙機材・宇宙機器の市場規模推移と予測
    表.宇宙機材と宇宙機器の国内市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
    図.宇宙機材と宇宙機器の国内市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
    図.宇宙機材・宇宙機器のWW市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
  4.宇宙機材・宇宙機器の企業シェア
    表.宇宙機材・宇宙機器の国内市場における企業シェア(2012年)
  5.宇宙機材・宇宙機器の主要取組企業の動向
    5-1.株式会社IHIエアロスペース
    5-2.日本電気航空宇宙システム株式会社
    5-3.NEC東芝スペースシステム株式会社
    5-4.MHIエアロスペースシステムズ株式会社
    5-5.川崎重工業株式会社
    5-6.三菱重工業株式会社
    5-7.三菱電機株式会社
  6.宇宙機材・宇宙機器の今後の見通し

衛星搭載システム・機器市場
  1.人工衛星の基本構造と衛星搭載システム・機器
    表.人工衛星に搭載する基本的なシステム・機器一覧
    図.典型的な人工衛星の外観と構成部分
    1-1.コマンド系
    1-2.送受信系
    1-3.電源系
    図.太陽電池パドルの実物写真
    1-4.推進系
    図.アポジモーターの実物写真
    1-5.姿勢制御系
    1-6.熱制御系
    1-7.その他
  2.衛星搭載システム・機器の市場規模推移と予測
    表.衛星搭載システム・機器の構成部分別国内市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
    図.衛星搭載システム・機器の構成部分別国内市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
    図.衛星搭載システム・機器のワールドワイド市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
  3.衛星搭載システム・機器の企業シェア
    図.衛星搭載システム・機器の国内市場における企業シェア(2012年)
  4.衛星搭載システム・機器の主要取組企業の動向
    4-1.株式会社IHIエアロスペース
    4-2.NEC東芝スペースシステム株式会社
    4-3.合同会社先端技術研究所
    4-4.三菱電機株式会社
  5.衛星搭載システム・機器の今後の見通し

地上支援システム市場
  1.地上支援システムの概要
    表.地上支援システムの対象と機能一覧
  2.地上支援システムの構成
    2-1.管制システム
    図.筑波宇宙センターの外観
    図.JAXA筑波宇宙センターの典型的な運用管制室
    2-2.受信施設
    図.JAXAの送受信ネットワークの概略
    図.探査機向け通信およびデータ送信用アンテナの外観
  3.地上支援システムの市場規模推移と予測
    図・表.地上支援システムの構成部分別国内市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
    図.地上支援システムのWW市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
  4.地上支援システムの企業シェア
    図.地上支援システムの国内市場における企業シェア(2012年)
  5.地上支援システムの主要取組企業の動向
    5-1.日本電気株式会社
    5-2.富士通株式会社
    5-3.三菱電機株式会社
    5-4.株式会社CIJネクスト
    5-5.TIS株式会社
  6.地上支援システムの今後の見通し

第3章 宇宙利用産業

宇宙利用サービス産業市場
  1.宇宙産業における宇宙利用サービス産業の位置づけ
  2.宇宙利用サービス産業の内容
    2-1.通信・放送
    2-2.測位
    2-3.リモートセンシング
  3.宇宙利用サービス産業の市場規模推移と予測
    図・表.宇宙利用サービス産業の用途別国内市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
    図.宇宙利用サービス産業のワールドワイド市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
  4.宇宙利用サービス産業の企業シェア
    図.宇宙利用サービス産業の国内市場における企業・団体シェア(2012年)
  5.宇宙利用サービス産業の主要取組企業・団体の動向
    5-1.株式会社ウェザーニューズ
    5-2.スカパーJSAT株式会社
    5-3.ソフトバンクモバイル株式会社
    5-4.一般財団法人日本気象協会
    5-5.日本GPSデータサービス株式会社
    5-5.株式会社パスコ
    5-6.ヤフー株式会社
    5-7.ESRIジャパン株式会社
    5-8.株式会社WOWOW
  6.宇宙利用サービス産業の今後の見通し

宇宙利用産業関連民生機器市場
  1.宇宙利用産業に関連した民生機器市場の位置づけ
    図.宇宙関連産業の全体像
  2.宇宙利用産業関連民生機器の内容
    2-1.衛星放送対応テレビ
    2-2.GPS機能搭載携帯電話
    図.GPS衛星の配置を示した模式図
    2-3.カーナビゲーションシステム
  3.宇宙利用産業関連民生機器の市場規模推移と予測
    図・表.宇宙利用産業関連民生機器の用途別国内市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
    図・表.宇宙利用産業関連民生機器の用途別WW市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
  4.宇宙利用産業関連民生機器の企業シェア
    図.宇宙利用産業関連民生機器の国内市場における企業シェア(2012年)
    図.宇宙利用産業関連民生機器の国内市場における企業シェア(衛星放送対応テレビ:2012年)
    図.宇宙利用産業関連民生機器の国内市場における企業シェア(GPS機能搭載携帯電話:2012年)
    図.宇宙利用産業関連民生機器の国内市場における企業シェア(カーナビゲーションシステム:2012年)
  5.宇宙利用産業関連民生機器の主要取組企業の動向
    5-1.ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社
    5-2.株式会社東芝
    5-3.パイオニア株式会社
    5-4.パナソニック株式会社
    5-5.Apple Japan株式会社
  6.宇宙利用産業関連民生機器の今後の見通し

宇宙利用ユーザー産業市場
  1.宇宙利用産業に関連したユーザー産業の位置づけ
  2.宇宙利用ユーザー産業の内容
    表.宇宙利用ユーザー産業の内訳
    2-1.通信・放送分野
    2-2.測位・測量・運輸分野
    2-3.リモートセンシング分野
  3.宇宙利用ユーザー産業の市場規模推移と予測
    図・表.宇宙利用ユーザー産業の用途分野別国内市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
    表.宇宙利用ユーザー産業の用途分野別WW市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
    図.宇宙利用ユーザー産業の用途分野別WW市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)
  4.宇宙利用ユーザー産業の関連団体の動向
    4-1.一般社団法人衛星放送協会
    4-2.経済産業省地理空間情報活用推進研究会
    表.地理空間情報活用産業の分野別潜在市場規模
    4-3.一般財団法人衛星測位利用推進センター
  5.宇宙利用ユーザー産業の海外動向
    5-1.米国
    5-2.中近東
    5-3.アフリカ
    5-4.中国
  6.宇宙利用ユーザー産業の今後の見通し

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 99,900円 (本体 92,500円 消費税 7,400円 )
定価 199,800円 (本体 185,000円 消費税 14,800円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C53104300 2011~12年版 監視カメラ市場予測と次世代戦略-CMOS/CCDカメラシリーズVOL.1-
C53101900 2011年版 振動・熱電発電デバイス市場の現状と将来展望
C50301000 2008年版 環境ITシステム関連市場の現状と将来展望
C50103100 2007-2009 ユーザ企業のIT投資実態と予測
C55119300 2013 ITベンダ顧客満足度調査~アンケートからわかる分野別満足度と高評価ベンダーの戦略~