2014年版 産業用ロボット市場の現状と展望 ~Yano E plus編集版~

装置産業ポジションとして各種先行指標になりうる産業用ロボット市場は、近年(2008年~)増減を繰り返していますが、足下回復基調や将来的に成長が見込めるアイテムもあります。昨年、月刊誌「Yano E plus」で取り上げたシリーズを再編集し1冊のレポートにまとめました。

発刊日
2014/02/19
体裁
A4 / 102頁
資料コード
C56104420
PDFサイズ
1.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

101,750
92,500
9,250
203,500
185,000
18,500
305,250
277,500
27,750
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

産業用ロボットはその用途から、樹脂成形、溶接、塗装、機械加工、組立、入出荷、マテリアル・ハンドリング、クリーンルーム内作業の8つに分けられます。このうち、5用途(9分野)の市場を取り上げています。

資料概要
Close

第1章 溶接ロボット
第2章 塗装ロボット
第3章 機械加工ロボット
第4章 組立ロボット
第5章 クリーンルーム内作業ロボット

リサーチ内容

■掲載内容

第1章 溶接ロボット

アーク溶接ロボット
  1.アーク溶接ロボットとは
  2.市場概況
    表.アーク溶接ロボット国内市場規模推移(金額:2008-2012年)
    図.アーク溶接ロボット国内及び輸出市場規模推移(金額:2008-2012年)
    図・表.アーク溶接ロボット輸出市場規模推移(金額:2008-2012年)
    図.アーク溶接ロボット需要別別構成比(金額:2012年)
    図.アーク溶接ロボット仕向地別シェア(金額:2012年)
  3.主要参入メーカー動向及びシェア
    3-1.株式会社ダイヘン
    3-2.株式会社安川電機
    3-3.パナソニック溶接システム株式会社
    3-4.その他
    表.アーク溶接ロボットメーカーシェア(金額:2012年)
  4.今後の動向

スポット溶接ロボット
  1.スポット溶接ロボットとは
  2.市場概況
    2-1.スポット溶接ロボットの市場規模推移
    表.スポット溶接ロボット国内市場規模推移(金額:2008-2012年)
    図.スポット溶接ロボット国内市場規模推移(金額:2008-2012年)
    図・表.スポット溶接ロボット輸出市場規模推移(金額:2008-2012年)
    2-2.スポット溶接ロボット2011年及び2012年需要分野別構成比
    図.スポット溶接ロボット需要分野別構成比(金額:2011年)
    図.スポット溶接ロボット需要分野別構成比(金額:2012年)
    2-3.スポット溶接ロボット2011年2012年の輸出仕向地別出荷額
    図.スポット溶接ロボット輸出仕向地別シェア(2011年)
    図.スポット溶接ロボット輸出仕向地別シェア(2012年)
    図・表.輸出仕向地別における中国の占有率推移(金額:2002-2010年)
  3.主要参入メーカー動向及びシェア
    3-1.ファナック株式会社
    3-2.川崎重工業株式会社
    3-3.株式会社安川電機
    3-4.株式会社不二越
    図.スポット溶接ロボット国内メーカーシェア(2012年)
  4.スポット溶接ロボット及び輸出市場規模予測
    表.スポット溶接ロボット国内市場規模予測(金額:2013-2020年予測)
    図.スポット溶接ロボット国内市場規模予測(金額:2013-2020年予測)
    図・表.スポット溶接ロボット輸出市場規模予測(金額:2013-2020年予測)

第2章 塗装ロボット

塗装ロボット
  1.塗装ロボットとは
  2.市場概況
    2-1.塗装ロボットの市場概況
    図・表.塗装溶接ロボット国内市場規模推移(金額:2008年-2012年)
    表.塗装溶接ロボット輸出市場規模推移(金額:2008年-2012年)
    図.塗装溶接ロボット輸出市場規模推移(金額:2008年-2012年)
    2-2.塗装ロボットの2011年及び2012年需要分野別構成比
    図.塗装ロボット需要分野別構成比(2011年)
    図.塗装ロボット需要分野別構成比(2012年)
    2-3.塗装ロボットの2011年及び2012年輸出仕向地別出荷額
    図.塗装ロボットの年輸出仕向地別シェア(2011年)
    図.塗装ロボットの年輸出仕向地別シェア(2012年)
  3.主要参入メーカーの動向と国内におけるメーカーシェア
    3-1.株式会社安川電機
    3-2.川崎重工業株式会社
    3-3.その他
    図.塗装ロボット国内市場メーカーシェア(2012年)
  4.塗装ロボット国内及び市場規模予測
    表.塗装ロボット国内市場規模推移予測(金額:2013-2020年予測)
    図・表.塗装ロボット国内市場規模推移予測(金額:2013-2020年予測)
    図・表.塗装ロボット輸出市場規模推移予測(金額:2013-2020年予測)

第3章 機械加工ロボット

ロード・アンロードロボット
  1.ロード・アンロードロボットとは
  2.市場概況
    2-1.ロード・アンロードロボット市場概況
    図・表.ロード・アンロードロボット国内市場規模(金額:2008年-2012年)
    表.ロード・アンロードロボット輸出市場規模(金額:2008年-2012年)
    図.ロード・アンロードロボット輸出市場規模(金額:2008年-2012年)
    2-2.ロード・アンロードロボットの2011年及び2012年需要分野別構成比
    図.ロード・アンロードロボットの需要分野別構成比(2011年)
    図.ロード・アンロードロボットの需要分野別構成比(2012年)
    2-3.ロード・アンロードロボットの2011年及び2012年仕向地別出荷額及び構成比
    図.ロード・アンロードロボットの輸出仕向地別出荷額(2011年)
    図.ロード・アンロードロボットの輸出仕向地別出荷額(2012年)
    図・表.ロード・アンロードロボットの中国向け輸出推移(金額・占有率:2008-2012年)
  3.主要参入メーカーの動向
    3-1.株式会社安川電機
    3-2.東芝機械株式会社
    3-3.三菱電機株式会社
    3-4.セイコーエプソン株式会社
  4.ロード・アンロードロボットの国内及び輸出市場規模予測
    図・表.ロード・アンロードロボット国内市場規模予測(金額:2013年-2020年予測)
    図・表.ロード・アンロードロボット輸出市場規模予測(金額:2013年-2020年予測)

第4章 組立ロボット

一般組立ロボット
  1.一般組立ロボットとは
  2.市場概況
    2-1.一般組立ロボット市場概況
    表.一般組立ロボット国内市場規模推移(金額:2008-2012年)
    図.一般組立ロボット国内市場規模推移(金額:2008-2012年)
    図・表.一般組立ロボット輸出市場規模推移(金額:2008-2012年)
    2-2.一般組立ロボットの2011年及び2012年需要分野別構成比
    図.一般組立ロボット需要分野別構成比(2011年)
    図.一般組立ロボット需要分野別構成比(2012年)
    2-3.一般組立ロボットの2011年及び2012年仕向地別出荷額及び構成比
    図.一般組立ロボットの輸出仕向地別出荷額(2011年)
    図.一般組立ロボットの輸出仕向地別出荷額(2012年)
    図・表.一般組立ロボットの中国向け輸出推移(金額・占有率:2008-2012年)
  3.主要参入メーカーの動向
    3-1.株式会社安川電機
    3-2.三菱電機株式会社
    3-3.セイコーエプソン株式会社
    3-4.ヤマハ発動機株式会社
    3-5.その他
  4.一般組立ロボットの国内及び輸出市場規模予測
    図・表.一般組立ロボット国内輸出市場規模予測(金額:2013年-2020年予測)
    図・表.一般組立ロボット輸出市場規模予測(金額:2013年-2020年予測)

マウンティングロボット
  1.市場概況
    1-1.マウンティングロボット市場概況
    表.マウンティングロボット国内市場規模推移(金額:2008-2012年)
    図・表.マウンティングロボット国内市場規模推移(金額:2008-2012年)
    図・表.マウンティングロボット輸出市場規模推移(金額:2008-2012年)
    1-2.マウンティングロボットの2011年及び2012年需要分野別構成比(国内)
    図.マウンティングロボット国内需要分野別構成比(2011年)
    図.マウンティングロボット国内需要分野別構成比(2012年)
    1-3.マウンティングロボットの2011年及び2012年仕向地別出荷額及び構成比
    図.マウンティングロボットの輸出仕向地別出荷額(2011年)
    図.マウンティングロボットの輸出仕向地別出荷額(2012年)
    表.マウンティングロボットの中国向け輸出推移(金額・占有率:2008-2012年)
    図.マウンティングロボットの中国向け輸出推移(金額・占有率:2008-2012年)
  2.主要参入メーカーの動向
    2-1.富士機械製造株式会社
    2-2.JUKI株式会社
    2-3.ヤマハ発動機株式会社
    2-4.パナソニックファクトリーソリューションズ株式会社
  3.マウンティングロボットの国内及び輸出市場規模予測
    図・表.マウンティングロボット国内市場規模予測(金額:2013-2020年予測)
    図・表.マウンティングロボット輸出市場規模予測(金額:2013-2020年予測)

ボンディングロボット
  1.市場概況
    1-1.ボンディングロボット市場概況
    表.ボンディングロボット国内市場規模推移(金額2008-2012年)
    図.ボンディングロボット国内市場規模推移(金額2008-2012年)
    図・表.ボンディングロボット輸出市場規模推移(金額2008-2012年)
  2.需要分野と主要市場動向
  3.ボンディングロボットの2011年及び2012年仕向地別出荷額及び構成比
    図.ボンディングロボットの仕向地別出荷額及び構成比(2011年)
    図.ボンディングロボットの仕向地別出荷額及び構成比(2012年)
    表.ボンディングロボットの中国向け輸出推移(金額:2008-2012年)
    図.ボンディングロボットの中国向け輸出推移(金額:2008-2012年)
    図.ボンディングロボットの輸出仕向地別(アジア)出荷額及び構成比(2005年)
    図.ボンディングロボットの輸出仕向地別(アジア)出荷額及び構成比(2006年)
  4.主要参入メーカー動向
    4-1.株式会社新川
    4-2.超音波工業株式会社
    4-3.株式会社カイジョー
    4-4.その他企業
  5.ボンディングロボットの国内及び輸出市場規模予測
    表.ボンディングロボットの国内市場規模予測(金額:2013-2020年予測)
    図.ボンディングロボットの国内市場規模予測(金額:2013-2020年予測)
    図・表.ボンディングロボットの輸出市場規模予測(金額:2013-2020年予測)

第5章 クリーンルーム内作業ロボット

FPD用途ロボット
  1.FPD(フラットパネルディスプレイ)用途ロボットとは
  2.市場概況
    2-1.FPD用途ロボット市場概況
    図・表.FPD用途ロボット国内市場規模推移(金額:2008年-2012年)
    図・表.FPD用途ロボット輸出市場規模推移(金額:2008年-2012年)
    2-2.FPD用途ロボットの2011年及び2012年需要分野別構成比(国内)
    図.FPD用ロボット国内需要分野別構成比(2011年)
    図.FPD用ロボットの国内需要分野別構成比(2012年)
    2-3.FPD用途ロボットの2011年及び2012年仕向地別出荷額及び構成比
    図.FPD用ロボットの年間輸出仕向地別シェア(2011年)
    図.FPD用ロボットの年間輸出仕向地別シェア(2012年)
    図・表.FPD用ロボットのアジア市場占有率(金額:2008年-2012年)
  3.主要参入メーカーの動向
    3-1.株式会社安川電機
    3-2.株式会社ダイヘン
    3-3.平田機工株式会社
    3-4.ローツェ株式会社
    3-5.株式会社不二越
    3-6.株式会社ジェーイーエル
  4.FPD用途ロボットの国内及び輸出市場規模予測
    表.FPD用ロボット国内市場規模推移予測(金額:2013年-2020年予測)
    図.FPD用ロボット国内市場規模推移予測(金額:2013年-2020年予測)
    図・表.FPD用ロボット輸出市場規模推移予測(金額:2013年-2020年予測)

半導体用途ロボット
  1.半導体用途ロボットとは
  2.市場概況
    2-1.半導体用途ロボット市場概況
    図・表.半導体用途ロボット国内市場規模推移(金額:2008-2012年)
    表.半導体用途ロボット輸出市場規模推移(金額:2008-2012年)
    図.半導体用途ロボット輸出市場規模推移(金額:2008-2012年)
    2-2.半導体用途ロボットの2011年及び2012年需要分野別構成比(国内)
    表.半導体需要分野アプリケーション
    図.半導体用途ロボットの国内需要分野別構成比(2011年)
    図.半導体用途ロボットの国内需要分野別構成比(2012年)
    図.半導体用途ロボットの仕向地別出荷額及び構成比(2011年)
    図.半導体用途ロボットの仕向地別出荷額及び構成比(2012年)
  3.主要参入メーカーの動向
    3-1.株式会社安川電機
    3-2.株式会社ダイヘン
    3-3.平田機工株式会社
    3-4.ローツェ株式会社
    3-5.株式会社ジェーイーエル
  4.半導体用途ロボットの国内及び輸出市場規模予測
    表.スマート社会の広がり
    図・表.半導体用ロボットの輸出市場規模予測(金額:2013-2020年予測)
    図・表.半導体用ロボットの輸出市場規模予測(金額:2013-2020年予測)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

101,750
92,500
9,250
203,500
185,000
18,500
305,250
277,500
27,750

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。