2014 通信販売市場

通信販売市場は小売環境が厳しい時期にも、毎年拡大を続けてきた。現在はオーバーストア状況にあり、各社とも他社との差別化に苦心しており、大手によるM&Aが進むなど注目度が非常に高い市場である。本調査レポートでは、通信販売関連企業における各社の市場戦略を調査、分析することにより、通信販売市場の現状把握と今後を展望した。

発刊日
2014/09/30
体裁
A4 / 420頁
資料コード
C56115200
PDFサイズ
6.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

118,800
110,000
8,800
118,800
110,000
8,800
151,200
140,000
11,200
237,600
220,000
17,600
270,000
250,000
20,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:通信販売企業の運営実態に関する調査・分析を行ない、事業戦略立案のための基礎資料とすることを目的とした。
調査対象市場:物販を中心とするB to C の通信販売市場(一部B to B あり)
対象エリア:日本
調査方法:直接面接及び電話取材、その他周辺間接調査を実施。あわせて、郵送によるアンケート留置法を実施。
調査期間:2014年7月~2014年9月

資料ポイント
Close

  • 通販において進化が著しく、通販事業者の運営における重要な要素となっているフルフィルメントに関わる支援事業を特集
  • インターネットチャネルばかりに注目が集まる中、インターネットだけでなく、市場を形成してきたカタログ、成長を継続しているテレビなども含め、広く企業を取りあげている
  • 市場における成長企業に加え、現状売上規模が小さくても今後の伸長が見込まれる注目事業や業界で話題の企業などもレポート

資料概要
Close

第1編 通信販売市場の現状
第2編 カタログ・テレビチャネル市場動向
第3編 インターネットチャネル市場動向
第4編 商品別の市場動向
第5編 主要通信販売企業の運営実態

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1編 通信販売市場の現状

■通信販売市場の2013-2014年動向
  2013年度は消費税率アップ前の駆け込み需要が追い風に
  1.通信販売市場の規模推移と動向
  資本・業務提携の活発化
  [2013-2014年 企業M&A業務・資本提携事例一覧]
【注目トピック】通販業界におけるフルフィルメント・事業支援
  SGホールディングス株式会社
  日本郵便株式会社
  ヤマトホールディングス株式会社
  住商グローバル・ロジスティクス株式会社
  株式会社トライステージ
  株式会社スクロール360
  株式会社ベルーナ
  [通販事業者に関するフルフィルメントの動き]
  ◇大手各社のフルフィルメント体制
  ①受注分野 ②物流分野
  2.通信販売企業の実態
  (社)日本通信販売協会資料『第31回 通信販売企業実態調査報告書』より
■通信販売の利用実態と動向
  ――(社)日本通信販売協会編 『第21回 全国通信販売利用実態調査報告書』より
  1.通信販売の利用率について
  2.利用広告媒体について
  3.購入商品について
  4.利用回数について
  5.利用金額について
  6.代金の支払い手段について
  7.通信販売を利用した理由について
  2013年度通信販売企業通販売上高ランキング(2013年4月~2014年3月期)
■媒体別市場の全体動向
  ・媒体別の市場規模動向
  ・主要チャネル別売上高と構成比の推移 /09年度~13年度推定

第2編 カタログ・テレビチャネル市場動向

■カタログ通信販売市場の動向
  2014年度業績は、消費増税後の買い控えの影響を収拾出来るタイミングがキー
  1.ゼネラル系通販主要企業の業績動向
■ゼネラル通信販売大手企業の動向
  ニッセンホールディングス
  千趣会
  ベルーナ
  2.各社の個別戦略
  [カタログ媒体][店舗戦略]
  【有力企業の集客施策と事業戦略】
  株式会社髙島屋
  株式会社ベルーナ
■テレビ通信販売市場の動向
  ジャパネットたかたは過去最高益を達成、QVCは売上高1000億円の大台
  1.テレビ通販市場 企業の動向と業績
  「テレビ通販主要30社ランキング」
  2.主要キー局の通販事業
  ●日本テレビ放送網 ~テレビ局ならではの商品投入による差別化を図る~
  ●グランマルシェ/TBS ~主力のテレビチャネルが不振、今期は原価率を考慮した商材選定を実施~
  ●ディノス/フジテレビ ~「タイムリーさ」「オリジナリティ」「付加サービス」で2桁増収~
  ●ロッピングライフ/テレビ朝日 ~新販路開拓が奏功、今期はUHF局でのインフォマーシャルも開始~
  ●テレビ東京ダイレクト/テレビ東京 ~レギュラー枠が好調に推移し自社通販事業が2桁成長~
  3.専門放送型2社の動向
  ●ジュピターショップチャンネル ~初のTVCMを開始、タイでも24時間放送を開始~
  ●QVCジャパン ~創業以来、初の年商1000億円に到達~
  4.テレビ通販参入企業の動向
  ●ジャパネットたかた ~大幅増収、過去最高益を達成~
  ●オークローンマーケティング ~東京オフィスを拡充、マーケティングを強化~

第3編 インターネットチャネル市場動向

■インターネット通信販売市場の動向 
  1. インターネット通販最大手アマゾンジャパン
  ~女性をターゲットとしたキュレーション型サイトを初運営~
  2.インターネット媒体における参入企業・事業強化の動き
  LINE イーグルリテイリング ジーユー/ファーストリテイリンググループ 爽快ドラッグ ルミネ ロコンド
  【通信販売市場の注目事業】
  アスクルがヤフーとのタッグで展開するBtoC通販事業『LOHACO』/アスクル株式会社
  日本をテーマに独自の世界観を有するサイトを構築運営する『藤巻百貨店』/株式会社ザッパラス
  「インターネット通販売上高上位150社 2013年1月~2013年12月期」
  ◇インターネットの利用状況
  ◇平成25年度電子商取引市場の動向(B to C)

第4編 商品別の市場動向

■商品別市場の全体動向
  1.2012年度商品別市場規模
  各商材別の概況
  衣料品、インナー、宝飾品・時計、化粧品、健康食品、食料品、家具・家庭用品

【商品別市場動向①】
■衣料品市場
  オムニチャネル化に向けた取組みが着実に進行
  1.衣料品市場 全体市場動向と市場規模
  2.通信販売における衣料品の動向
  [アパレル企業EC化率]
  [衣料品専門店の通販事業の状況]
  [小売業のO2Oに関する動き]
  [アパレルメーカーの通販事業の状況]
  ●TSIホールディングス/TSI ECストラテジー ~オムニチャネル化を促進するインフラを構築中~
  ●三陽商会 ~機会損失を最小化する取組み、店頭在庫をECで販売~
  3.アパレルEC企業/事業動向
  ●スタートトゥデイ ~前期、商品取扱高は初の1千億円超え、今期10周年を迎えたZOZOTWN~
  ●マガシーク ~ドコモ「dファッション」で新客を獲得~
  ●丸井グループ ~靴・バッグの雑貨が前期比130%と大幅伸長~
  【有力企業の集客施策と事業戦略】
  株式会社DoCLASSE(ドゥクラッセ)

【商品別市場動向②】
■インナーウェア市場
  既存チャネルが総じて苦戦、ネット通販チャネルは好調
  1.インナーウェア市場 全体市場動向と市場規模
  (1)レディスインナーウェア市場
  (2)メンズインナーウェア市場規模
  (3)レッグウェア市場
  2.通信販売におけるインナーウェアの動向
  (1)レディスインナーの通信販売市場規模の推移
  (2)各社の取組み動向
  ワコール ピーチ・ジョン ディノス・セシール 白鳩

【商品別市場動向③】
■宝飾品・時計市場
  宝飾品、時計とも高額品が好調
  1.宝飾小売市場 全体市場動向と市場規模
  2.通販ルート 市場動向と市場規模
  3.時計小売市場の動向と見通し
  「ウォッチ総小売市場規模推移」
  4.通販ルート 市場動向

【商品別市場動向 ④】
■化粧品市場
  2012年度も低価格帯品の台頭つづく、オールインワンジェル市場は競合激化
  1.化粧品全体市場と通販ルート/市場規模と市場動向
  「化粧品通販売上高上位30社」
  2.市場における有力企業の動向
  オルビス ドクターシーラボ ファンケル
  ・各社直営店舗運営状況
  3.化粧品市場における注目企業
  ティーエージェント ランクアップ

【商品別市場動向⑤】
■健康食品市場
  2012年度は成長の鈍化進む、今後は新たな機能性表示制度による市場活性化に期待
  1.健康食品全体市場と通販ルート/市場規模と市場動向
  「健康食品通販売上高上位30社
  2.市場における有力企業の動向
  サントリーウエルネス えがお 小林製薬 ライオン
  3.健康食品市場における注目企業
  興和 サンスター
  【有力企業の集客施策と事業戦略】
  株式会社世田谷自然食品

【商品別市場動向⑥】
■食品市場
  食品宅配事業への参入つづく
  1.食料品全体市場と通販ルート/市場動向と市場規模
  「食品通販売上高上位30社」
  2.通販市場における有力企業・注目企業
  髙島屋
  【有力企業の集客施策と事業戦略】
  オイシックス株式会社

【商品別市場動向⑦】
■家具・家庭用品市場
  日用品分野で、複数の企業が大幅伸長、シェア争い激化
  1.家庭用家具全体市場 市場動向と市場規模
  2.通販市場における有力企業・注目企業
  ニトリ
  【有力企業の集客施策と事業戦略】
  株式会社カタログハウス

第5編 主要通信販売企業の運営実態

〔調査票A/詳細調査〕
①企業概要(企業名、設立、資本金、所在地、URL、代表者、従業員数、上場取引所)
②業績推移(決算期、総売上高、通信販売売上高、利益高)
③媒体(媒体別売上高構成比、主要自社発行媒体の特徴など)
④利用顧客特性(顧客数、男女別構成比、平均客単価、年齢別構成比、顧客ターゲット・利用顧客の特性、
よく利用する注文方法と決済方法)
⑤商品政策(取扱商品分野、売上高構成比、主要商品の中心上代、取扱いアイテム数、主要仕入先、取扱商品の特徴、売れ筋商品、コールセンター・物流センターについて)
⑥海外事業
⑦前期の主な施策/今後の事業展開について

〔掲載企業/50音順〕
株式会社アイフォーレ、株式会社アイム、アスクル株式会社【ロハコ事業】、株式会社アベルネット、株式会社エニグモ、株式会社オークローンマーケティング、株式会社オージオ、オイシックス株式会社、オルビス株式会社、株式会社カタログハウス、株式会社QVCジャパン、株式会社協和、株式会社グランマルシェ、ケンコーコム株式会社、株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン、株式会社再春館製薬所、株式会社ザッパラス、株式会社白鳩、新日本製薬株式会社、株式会社JALUX、株式会社JFRオンライン、株式会社ジャパネットたかた、ジュピターショップチャンネル株式会社、株式会社スクロール、株式会社スタートトゥデイ、スタイライフ株式会社、株式会社ストリーム、セレクチュアー株式会社、株式会社千趣会、株式会社全日空商事、株式会社髙島屋、株式会社ディーエイチシー、株式会社ディノス・セシール【セシール事業】、株式会社ディノス・セシール【ディノス事業】、株式会社DoCLASSE(ドゥクラッセ)、株式会社ドクターシーラボ、ドクターリセラ株式会社、株式会社ニッセンホールディングス、株式会社ハーバー研究所、ヒラキ株式会社、株式会社ピーチ・ジョン、株式会社ファンケル、株式会社フェリシモ、株式会社ベガコーポレーション、株式会社ベルーナ、マガシーク株式会社、株式会社ムラウチドットコム、株式会社ヤマサキ、株式会社山田養蜂場、八幡物産株式会社、株式会社優生活、株式会社ユナイテッドアローズ、夢展望株式会社、らでぃっしゅぼーや株式会社、株式会社良品計画、株式会社ロコンド

〔調査票B/簡易調査〕
①企業概要(企業名、設立、資本金、所在地、URL、代表者、従業員数)
②業績推移(決算期、総売上高、通信販売売上高)
③媒体(自社媒体の有無、売上高構成比、自社発行媒体の特徴など)
④顧客リスト数(顧客数、顧客ターゲット、顧客の特性、平均受注単価)
⑤取扱商品の特徴・主な取扱商品・取扱商材に関する今後の予定

〔掲載企業/50音順〕
いきいき株式会社、株式会社えがお、株式会社エスシー・カードビジネス、株式会社オニザキコーポレーションセールス、オルト株式会社、カルピス株式会社、株式会社関西テレビハッズ、株式会社学文社、キューサイ株式会社、株式会社京都通販、銀座ステファニー化粧品株式会社、小豆島ヘルシーランド株式会社、株式会社ジャパンスコープ、宝ヘルスケア株式会社、東京オートマック株式会社、ハマ株式会社、株式会社ビューティ・ミッション、フェアトレードカンパニー株式会社、株式会社ふくや、フジッコ株式会社、株式会社マイウェイ・ファミリークラブ、株式会社ミキハウストレード、株式会社ムジカインドウ、株式会社やまやの食卓、株式会社ワコール

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

118,800
110,000
8,800
118,800
110,000
8,800
151,200
140,000
11,200
237,600
220,000
17,600
270,000
250,000
20,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています