2014年版 3Dプリンタ市場の現状と展望

3Dプリンタの本格的導入が進む中、3Dプリンタメーカー、販社の動向の他、素材やソフトウェア、3D造形サービスの市場にも言及することで3Dプリンタ市場の現状と展望が網羅的に把握できるレポートとして発刊した。

発刊日
2014/10/30
体裁
A4 / 184頁
資料コード
C56116600
PDFサイズ
4.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内の3Dプリンタの実態を調査・分析することで、当該市場関連企業および関係者のマーケティング活動に資することを目的とする。
調査対象:弊社が独自に選定した3Dプリンタメーカー、3Dプリントサービス業者等合計15社
調査方法:直接面談を中心に、電話・メールを併用
調査期間:2014年7月~2014年10月

資料ポイント
Close

  • 3Dプリンタ市場規模(国内/世界)出荷台数ベース、売上高ベースを掲載(2013年~2017年予測)
  • 方式別3Dプリンタ市場規模(国内)を掲載(2013年~2017年予測)
  • 需要分野別3Dプリンタ市場規模(国内)を掲載(2013年~2017年予測)
  • 各国の3Dプリンタに対する取り組み(アメリカ、ドイツ、中国、日本、その他)を分析
  • 3D造形サービス市場規模(2013年~2017年予測)を掲載

資料概要
Close

Ⅰ 調査結果のポイント
Ⅱ 3Dプリンタ市場の現状と展望
Ⅲ 3Dプリンタ関連市場の現状と展望
Ⅳ 企業個票

リサーチ内容

■掲載内容

Ⅰ 調査結果のポイント

1.3Dプリンタ市場
  1.1.市場規模
    図表1 国内国外別3Dプリンタの売上高(2013~2017年予測)
    図表2 国内国外別3Dプリンタの出荷台数(2013~2017年予測)
  1.2.企業動向
  1.3.展望と課題
    3Dプリンタについて
    素材について
    ソフトウェアについて
    3D造形サービスについて

Ⅱ 3Dプリンタ市場の現状と展望

2.3Dプリンタ市場の歴史と発展
  2.1.3Dプリンタとは
  2.2.3Dプリンタの歴史
    個人の手に戻るモノづくり
    日本人が生み出した3Dプリンタ
    3Dプリンタの発展
    図表3 3Dプリンタの歴史
  2.3.3Dプリンタ市場活況の三要因
    2.3.1.製品の小型化・低価格化
    図表4 3Dプリンタの急速な価格低下
    2.3.2.アメリカ政府による位置付け
    2.3.3.装置・素材品質の向上
  2.4.3Dプリンタの主な方式
    図表5 3Dプリンタの主な方式
    熱溶解積層方式(FDM)
    光造形方式(STL)
    粉末焼結方式(SLS)
    インクジェット方式
    2.4.1.ASTM規格
    図表6 ASTMによる3Dプリンタの方式
    2.4.2.複合装置
  2.5.3Dプリンタの活用状況
    図表7 3Dプリンタの活用状況(2014年1月調査)
  2.6.増加する最終製品の造形
    図表8 3Dプリンタを本格的に活用している企業の活用目的(2014年1月調査)
  2.7.3Dプリンタ市場の最新動向
    2.7.1.3Dプリンタ市場に起こる好循環
    図表9 3Dプリンタを取り巻く主要マーケット
    図表10 3Dプリンタに起こる好循環
    2.7.2.モノづくりのイノベーション
    製造業者にもたらすもの
    図表11 3Dプリンタにおける造形個数と造形時間の関係
    Rapid Manufacturing
    図表12 3Dプリンタによる生産が適する分野
    2.7.3.二分化する装置
    2.7.4.参入する2Dプリンタメーカー
    HP(ヒューレット・パッカード)
    キヤノンマーケティングジャパン
    セイコーエプソン
    ゼロックス
    リコー
    2.7.5.市場急伸による課題と市場拡大のための課題
    2.7.6.コンシューマ向け3Dプリンタの市場動向
    BtoBで進むコンシューマ向け3Dプリンタの導入
    増加するファブ施設
3.3Dプリンタ市場規模
  3.1.国内の3Dプリンタ市場規模
    図表13 3Dプリンタの出荷台数/売上高(2013~2017年予測/国内)
  3.2.方式別市場規模
    図表14 3Dプリンタの方式別出荷台数推移(2013~2015年予測/国内)
  3.3.世界の3Dプリンタ市場規模
    図表15 3Dプリンタの出荷台数/売上高(2013~2017年予測/世界)
    図表16 国内/国外別3Dプリンタの売上高(2013~2017年予測)
    図表17 国内/国外別3Dプリンタの出荷台数(2013~2017年予測)
  3.4.3Dプリンタのシェア
    コンシューマ向けにも強みを持つStratasys
    ラインアップを拡充する3D Systems
    奮闘する日本メーカー
  3.5.需要分野別市場規模
    3.5.1.伸長する医療分野
    図表18 3Dプリンタの需要分野別出荷台数推移(2013~2015年予測/国内)
    図表19 3Dプリンタの主な需要分野
    工業・研究分野
    建築分野
    医療・福祉分野
    教育分野
    コンシューマ・SOHO
    3.5.2.マーケティングツールとしての活用
4.各国の3Dプリンタに対する取り組み
  4.1.国際競争力の向上
    図表20 主要国の3Dプリンタに対する取り組み
  4.2.日本の取り組み
    4.2.1.ものづくり補助金
    図表21 補助対象経費
    図表22 直近過去5回の申請件数/申請通過件数/申請通過割合
    4.2.2.教育機関に対する補助
    4.2.3.メイドインジャパンへの取組み
    図表23 TRAFAM組合員
  4.3.各国の取り組み
    アメリカ
    図表24 アメリカを拠点とする主な3Dプリンタメーカー
    ドイツ
    図表25 ドイツを拠点とする主な3Dプリンタメーカー
    中国
    図表26 中国を拠点とする主な3Dプリンタメーカー
    その他
    図表27 その他の国を拠点とする主な3Dプリンタメーカー

Ⅲ 3Dプリンタ関連市場の現状と展望

5.素材
  5.1.方式ごとに異なる素材
    図表28 3Dプリンタの方式と主な素材
  5.2.稼働率の向上
  5.3.囲い込み戦略の適否
  5.4.ノウハウが求めらる後処理
6.ソフトウェア
  6.1.造形に関わるソフトウェア
    6.1.1.複数のソフトウェア
    図表29 3Dデータ作成から造形に至るまでの過程(ソフトウェア)
    6.1.2.3Dデータの作成
    6.1.3.STL形式以外への広がり
    6.1.4.フロントエンドソフトとスライサーソフト
    図表30 スライサーソフトの比較
    6.1.5.その他造形に関わるソフトウェア
  6.2.セキュリティ対策用ソフトウェア
    6.2.1.広がりつつあるネガティブイメージ
    6.2.2.世界に高まるセキュリティ意識
    図表31 知的財産侵害事犯(著作権法違反)の検挙状況の推移(2008~2012年)
    6.2.3.大日本印刷の取組み
    図表32 大日本印刷の3Dプリンタでの危険物製造や著作権侵害を抑えるセキュリティプログラム概要図
7.3D造形サービス
  7.1.花開く3D造形サービス
    7.1.1.3D造形サービス市場規模
    図表33 3D造形サービス売上高(2013~2017年予測/国内)
    図表34 3D造形サービス事業者
  7.2.3D造形サービスとは
    図表35 3D造形サービス利用の流れ
    7.2.1.サービスビューロー
    7.2.2.3Dプリントサービス
  7.3.マーケットプレイス
    7.3.1.マーケットプレイスとは
    7.3.2.米Shapeways
8.クラウドファンディング
  8.1.クラウドファンディングで拡大するモノづくり
    クラウドファンディングとは
    図表36 世界のクラウドファンディング市場規模(2009~2012年)
    3Dプリンタとクラウドファンディング
    日本のクラウドファンディング事情
    図表37 日本の主要10プラットフォームの類型支援額(2012~2013年)
    図表38 日本の主なクラウドファンディングプラットフォーム

Ⅳ 企業個票

9.個票一覧
  9.1.株式会社アスペクト
    図表39 RaFaEl®で使用できる材料
  9.2.シーメット株式会社
    図表40 サポートサービス
    図表41 シーメットの素材(物性値一覧)
  9.3.株式会社スリーディー・システムズ・ジャパン
    図表42 スリーディー・システムズの主な3Dプリンタ(カテゴリ別)
  9.4.ボンサイラボ株式会社
    図表43 Storeで販売されているリペアパーツ例
  9.5.株式会社ムトーエンジニアリング
    図表44 Value 3D Magixの主な仕様
  9.6.株式会社イグアス
    図表45 ProJet7000HD(株式会社イグアス川崎ショールーム内展示装置のひとつ)
  9.7.株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ
    図表46 製品ラインアップ
    図表47 材料ラインアップ(プラスチック材料向け)
    図表48 材料ラインアップ(金属材料向け)
    図表49 材料ラインアップ(鋳砂材料向け)
  9.8.丸紅情報システムズ株式会社
    図表50 MSYSオンデマンドサービス概要図
    図表51 3Dプリンタレンタルサービス
  9.9.株式会社オフィス24
    図表52 3D精密モデル出力料金(2014年7月末現在)
    図表53 3Dフルカラー出力料金(2014年7月末現在)
    図表54 3D出力料金/セルフサービス(2014年7月末現在)
  9.10.株式会社カブク
    図表55 rinkak使用できる素材例
  9.11.キンコーズ・ジャパン株式会社
    図表56 樹脂タイプ(アクリル)料金体系(2014年7月末現在)
    図表57 石膏タイプ(カラー)料金体系(2014年7月末現在)
  9.12.株式会社DMM.com
    図表58 サービス連携API概要図
    図表59 クリエイターズマーケット概要図
  9.13.東京リスマチック株式会社
    図表60 価格算出方法(樹脂出力サービス)
    図表61 価格算出方法(石膏出力サービス)
  9.14.マテリアライズジャパン株式会社
    図表62 主な製品およびサービス
  9.15.大日本印刷株式会社
    図表63 大日本印刷の3Dプリンタでの危険物製造や著作権侵害を抑えるセキュリティプログラム概要図

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。