2015 新世代アイドルストップシステム市場の徹底分析

環境規制や低燃費化への対応からHEV/EVが注目を集める一方で、依然として世界の新車販売の大半は内燃機関車が占めている。こうした内燃機関車の燃費向上策として、アイドルストップシステムは重要な技術である。近年では、サブバッテリを搭載することで積極的な回生制御やモータアシストを行うシステムも登場しているほか、欧州を中心に48Vシステムの導入も控えている。本調査レポートでは、こうした多様化するアイドルストップシステムについて、地域別、機能別およびコンポーネント別での市場動向を明らかにするとともに、最新動向の調査分析を行うことで今後の予測を行った。

発刊日: 2015/09/30 体裁: A4 / 156頁
資料コード: C57116100 PDFサイズ: 15.0MB
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円 )
定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円 )
定価 313,200円 (本体 290,000円 消費税 23,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:下記に記載するアイドルストップシステム、およびその延長線上に位置するマイクロ/マイルドハイブリッドシステムを構成するシステム・コンポーネントの技術/市場動向
①アイドルストップシステム搭載車両
②高効率回生システムを備えるマイクロハイブリッド車
③モータアシスト機能を備えるマイルドハイブリッド車
(ホンダ「IMA」やFord「eAssist」等の従来型のマイルドハイブリッド車は含まない)
調査方法:面接取材、電話取材、文献調査等
調査期間:2015年7月~2015年9月

調査結果サマリー
Close

アイドルストップシステム世界市場に関する調査結果2015
 ~回生技術やモータアシストも本格化、48V化も見据えハイブリッド車に迫る~
・アイドルストップシステム搭載車両の2014年世界販売台数は約1,433万台、北米・中国が市場を牽引し、
 2020年で3,970万台、2025年で5,370万台まで拡大すると予測
・機能別では高付加価値化が進む日・欧を中心に、2電源式が大きく伸長
・48Vシステムは2020年で238万台、2025年で895万台までの拡大を予測

資料ポイント
Close

  • 2014年~2020年および2025年の市場規模を数量ベースで予測
  • アイドルストップシステム市場を地域、機能、コンポーネント別に分析
  • 延長線上にあるマイルドハイブリッドシステムや48Vシステムについても市場動向を予測
  • 主要自動車メーカ18社および主要サプライヤ12社の最新動向を記載

資料概要
Close

第1章 アイドルストップシステム市場の概要
第2章 アイドルストップシステム車の地域別市場予測
第3章 構成システム別詳細分析と市場予測
第4章 自動車メーカ別投入状況と戦略
第5章 主要サプライヤの最新動向

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 アイドルストップシステム市場の概要

1-1. アイドルストップシステムの概要
1-2. アイドルストップシステムの課題
1-3. アイドルストップシステムの進化における3つのトレンド

第2章 アイドルストップシステム車の地域別市場予測

2-1. 世界市場
  2-1-1. 各国で進む燃費規制
  2-1-2. WLTP導入による影響
  2-1-3. 自動車市場とISS車市場の予測
  2-1-4. 地域別ISS車市場規模予測
  2-1-5. 機能別ISS車市場規模予測
2-2. 欧州市場
  2-2-1. 環境規制・低CO2に向けた政策の動向
  2-2-2. アイドルストップシステムの導入状況
  2-2-3. 自動車市場とISS市場の予測
  2-2-4. 機能別ISS車の市場予測
2-3. 北米市場
  2-3-1. 環境規制・低CO2に向けた政策の動向
  2-3-2. アイドルストップシステムの導入状況
  2-3-3. 自動車市場とISS車市場の予測
  2-3-4. 機能別ISS車の市場予測
2-4. 中国市場
  2-4-1. 環境規制・低CO2に向けた政策の動向
  2-4-2. アイドルストップシステムの導入状況
  2-4-3. 自動車市場とISS市場の予測
  2-4-4. 機能別ISS車の市場予測
2-5. 日本市場
  2-5-1. 環境規制・低CO2に向けた政策の動向
  2-5-2. アイドルストップシステムの導入状況
  2-5-3. 自動車市場とISS市場の予測
  2-5-4. 機能別ISS車の市場予測
2-6. その他地域市場
  2-6-1. アイドルストップシステムの導入状況
  2-6-2. 自動車市場とISS市場の予測
  2-6-3. 機能別ISS車の市場予測

第3章 構成システム別詳細分析と市場予測

3-1. パワーマネジメントシステム
  3-1-1. パワーマネジメントシステムの種類と採用状況
  3-1-2. パワーマネジメントシステムの課題と今後の可能性
  3-1-3. パワーマネジメントシステムのタイプ別市場予測
  3-1-4. 納入マトリックス(2014年)
  3-1-5. メーカシェア(2014年)
3-2. エンジン再始動システム
  3-2-1. エンジン再始動システムの種類と採用状況
  3-2-2. 各エンジン再始動システムの課題と今後の可能性
  3-2-3. エンジン再始動システムのタイプ別市場予測
  3-2-4. 納入マトリックス
  3-2-5. メーカシェア(2014年)
  3-2-6. ISSに用いられるオルタネータ
3-3. 48Vマイルドハイブリッドシステム
  3-3-1. 48Vマイルドハイブリッドシステムの概要
  3-3-2. 欧州自動車メーカの取り組み
  3-3-3. システムサプライヤの開発動向
  3-3-4. 48Vマイルドハイブリッドシステムの普及台数予測
3-4. ISS車向け空調システム
  3-4-1. ISS車向け空調システムの種類と採用状況
  3-4-2. 各種温度センサによるアイドルストップ制御
  3-4-3. 蓄冷システム

第4章 自動車メーカ別投入状況と戦略

4-1. トヨタ自動車
4-2. 本田技研工業
4-3. 日産自動車
4-4. マツダ
4-5. スバル
4-6. 三菱自動車
4-7. スズキ
4-8. ダイハツ
4-9. Volkswagen Gr. (VW/Audi/Skoda/SEAT)
4-10. BMW
4-11. Daimler
4-12. Porche
4-13. PSA
4-14. Volvo
4-15. GM
4-16. Ford
4-17. Chrysler
4-18. Hyundai / Kia

第5章 主要サプライヤの最新動向

5-1. Bosch
5-2. デンソー
5-3. Continental Automotive
5-4. Valeo
5-5. 三菱電機
5-6. Hella
5-7. パナソニック オートモーティブ & インダストリアルシステムズ社
5-8. 豊田自動織機
5-9. 大星電機
5-10. 東芝
5-11. 日本ケミコン
5-12. カルソニックカンセイ

図表

第1章 アイドルストップシステム市場の概要

表1-1 エンジン停止/再始動時に発生する課題
表1-2 多様化するISS
表1-3 現在実用化されているパワーマネジメントシステムおよびサブバッテリ
図1-1 ISS車販売台数の推移
図1-2 各システムの機能と位置づけ
図1-3 システム別コストと燃費削減効果
図1-4 Valeoが提案する48Vシステム

第2章 アイドルストップシステム車の地域別市場予測

表2-1 各国の自動車燃費規制(km/L換算)
表2-2 JC08モードとWLTPの比較
表2-3 世界の自動車販売台数とISS車の販売予測(2014年~2020年、2025年)
表2-4 ISS車の地域別販売予測(2014年~2020年、2025年)
表2-5 ISS車の地域別販売予測構成比(2014年~2020年、2025年)
表2-6 ISS車の機能別販売予測(2014年~2020年、2025年)
表2-7 CO2排出量別制裁金(2012年~2018年)
表2-8 欧州CO2規制の比較
表2-9 エコイノベーションとして認定された技術
表2-10 欧州CO2規制対象メーカの平均CO2排出量の推移
表2-11 欧州市場の自動車販売台数とISS車の販売予測(2014年~2020年、2025年)
表2-12 欧州市場のISS車の機能別販売予測(2014年~2020年、2025年)
表2-13 米国の新燃費規制(2012MY~2025MY)
表2-14 米国CO2規制の比較
表2-15 米国オフサイクルクレジット対象技術
表2-16 米国2016MYにおけるメーカ別燃費向上技術の採用率予測(EPA/NHTSA)
表2-17 北米の自動車販売台数とISS車の販売予測(2014年~2020年、2025年)
表2-18 北米市場のISS車の機能別販売予測(2014年~2020年、2025年)
表2-19 中国の燃費規制
表2-20 中国市場の自動車販売台数とISS車の販売予測(2014年~2020年、2025年)
表2-21 中国市場のISS車の機能別販売予測(2014年~2020年、2025年)
表2-22 日本の燃費規制
表2-23 日本市場の自動車販売台数とISS車の販売予測(2014年~2020年、2025年)
表2-24 日本市場のISS車の機能別販売予測(2014年~2020年、2025年)
表2-25 その他地域の自動車販売台数とISS車の販売予測(2014年~2020年、2025年)
表2-26 その他地域のISS車の機能別販売予測(2014年~2020年、2025年)
図2-1 WLTP燃費値とJC08燃費値の比較(軽乗用車とHEVを除く)
図2-2 世界の自動車販売台数とISS車の販売予測(2014年~2020年、2025年)
図2-3 システム別新車販売台数と搭載率(2015年/2020年/2025年)
図2-4 ISS車の地域別販売予測(2014年~2020年、2025年)
図2-5 ISS車の地域別販売予測構成比(2014年~2020年、2025年)
図2-6 ISS車の機能別販売予測(2014年~2020年、2025年)
図2-7 各目標値と現状の距離(2014年)
図2-8 欧州市場の自動車販売台数とISS車の販売予測(2014年~2020年、2025年)
図2-9 欧州市場のISS車の機能別販売予測(2014年~2020年、2025年)
図2-10 米国FordのAuto-Start-Stopシステム
図2-11 北米の自動車販売台数とISS車の販売予測(2014年~2020年、2025年)
図2-12 北米市場のISS車の機能別販売予測(2014年~2020年、2025年)
図2-13 中国市場の自動車販売台数とISS車の販売予測(2014年~2020年、2025年)
図2-14 中国市場のISS車の機能別販売予測(2014年~2020年、2025年)
図2-15 国内のガソリン乗用車における燃費改善技術の普及拡大
図2-16 日本市場の自動車販売台数とISS車の販売予測(2014年~2020年、2025年)
図2-17 日本市場のISS車の機能別販売予測(2014年~2020年、2025年)
図2-18 その他地域の自動車販売台数とISS車の販売予測(2014年~2020年、2025年)
図2-19 その他地域のISS車の機能別販売予測(2014年~2020年、2025年)

第3章 構成システム別詳細分析と市場予測

表3-1 パワーマネジメントシステムの比較
表3-2 各バッテリの特性
表3-3 主なEDLC搭載モデル一覧
表3-4 パワーマネジメントシステムのタイプ別市場規模予測(2014年~2020年、2025年)
表3-5 パワーマネジメントシステムの主な納入マトリックス(2014年)
表3-6 パワーマネジメントシステムのメーカシェア(2014年)
表3-7 エンジン再始動システムの比較
表3-8 直噴燃焼+スタータアシストタイプの違い(BMW・マツダ)
表3-9 エンジン再始動システムのタイプ別採用予測(2014年~2020年、2025年)
表3-10 主なエンジン再始動システムの納入マトリックス
表3-11 エンジン再始動システムのメーカシェア(2014年)
表3-12 48Vシステムへの移行が検討されるコンポーネント
表3-13 自動車メーカ各社の主な48Vシステムの実証/コンセプトモデル
表3-14 サプライヤ各社のシステム概要
表3-15 各社のモータジェネレータ概要
表3-16 48V M-HEVの普及台数予測(2014年~2020年、2025年)
表3-17 ISS車向け空調システムの比較
表3-18 主な蓄冷エバポレータ搭載車種
図3-1 エンジン再始動による電圧降下とDC-DCコンバータによる対策(イメージ)
図3-2 DC-DCコンバータのシステム事例
図3-3 日産「セレナ」のサブバッテリシステム
図3-4 各社の鉛サブバッテリ搭載例(Volvo:エンジンルーム、Daimler:トランクルーム)
図3-5 ニッケル水素電池を用いたシステムのコンセプト
図3-6 「エネチャージ」のシステム構成
図3-7 「S-エネチャージ」のシステム構成
図3-8 e-Boosterのキャパシタモジュールとパワーエレクトロニクスユニット
図3-9 「i-ELOOP」のシステム構成
図3-10 ホンダのキャパシタシステムの電源構成
図3-11 パワーマネジメントシステムのタイプ別市場規模予測(2014年~2020年、2025年)
図3-12 パワーマネジメントシステムのタイプ別市場規模予測(2014年~2020年、2025年)
図3-13 パワーマネジメントシステムのメーカシェア(2014年)
図3-14 ISS用高耐久性スタータ(Bosch)
図3-15 「i-stop」のエンジン停止・再始動のしくみ(マツダ)
図3-16 常時噛合いギア式スタータの仕組み
図3-17 常時噛合いギア式スタータ(左)とTSスタータ(右)
図3-18 ISS用スタータ(左:Bosch、右:三菱電機)
図3-19 モータジェネレータによるエンジン再始動工程
図3-20 モータジェネレータ(左:Valeo、右:三菱電機)
図3-21 エンジン再始動システムのタイプ別採用予測(2014年~2020年、2025年)
図3-22 エンジン再始動システムのタイプ別採用予測(2014年~2020年、2025年)
図3-23 エンジン再始動システムのメーカシェア(2014年)
図3-24 整流器をツェナーダイオード(左)からMOSFET(右)に変換
図3-25 各社の高効率オルタネータ
図3-26 三菱電機のオルタネータkgあたりの出力の推移
図3-27 48Vマイルドハイブリッドシステムのコストと年間生産量の関係
図3-28 一般的な48V/12Vシステム例
図3-29 「48V Eco Drive」のシステムと燃費改善効果
図3-30 48V用LiBモジュール(左:Saft、右:Johnson Controls)
図3-31 48V/12V DC-DCコンバータ(左:Hella、右:Eberspacher)
図3-32 48V M-HEVの普及台数予測(2014年~2020年、2025年)
図3-33 温度センサによる空調・アイドルストップ制御フローチャート
図3-34 蓄冷エバポレータの仕組み(デンソー)
図3-35 蓄冷エバポレータ(左:ケーヒン、右:カルソニックカンセイ)

第4章 自動車メーカ別投入状況と戦略

図4-1 DC-DCコンバータ式の電源構成(左)とキャパシタ式の電源構成(右)
図4-2 「ノート」、「マーチ」等に搭載されたISS機構
図4-3 S-HYBRIDシステム図
図4-4 「SUBARU XV HYBRID」のレイアウト
図4-5 「S-エネチャージ」のシステム図
図4-6 蓄冷エバポレータとエコクールの仕組み
図4-7 新「eco IDLE」のシステム構成
図4-8 「e:Sテクノロジー」による燃費改善イメージ
図4-9 「RS5 TDI Concept」の48Vシステム図
図4-10 48V化への移行が検討される部品
図4-11 ISGを用いたISSの仕組み
図4-12 強化スタータを用いたISSの仕組み
図4-13 e-HDiのシステム構成
図4-14 「Hybrid Eco」のシステム構成
図4-15 鉛サブバッテリの搭載位置とバッテリ概要(「V60」)
図4-16 「Chevrolet Malibu 2014」のISS構成
図4-17 FordのAuto Start-Stopシステム
図4-18 「RAM 1500 HFE」に搭載されたAuto Start-Stopシステム
図4-19 「Tucson」コンセプトモデル(左)と「Oprima T-Hybrid」の構成(右)

第5章 主要サプライヤの最新動向

図5-1 Boschの高耐久性スタータ(左)と改良スタータ「SSM3」(右)
図5-2 BoschのDC-DCコンバータ
図5-3 BRSとその開発コンポーネント
図5-4 デンソーのアイドルストップ向けスタータのラインナップ
図5-5 LiBパックのシステム構成と内部構成
図5-6 Continental Automotive のDC-DCコンバータ
図5-7 e-Boosterのキャパシタモジュールとパワーエレクトロニクスユニット
図5-8 Continental Automotiveの48Vハイブリッドシステム
図5-9 「Restart」と「i-StARS」
図5-10 Valeo「Hybrid4All」
図5-11 高耐久性スタータの主要技術
図5-12 改良スタータのピニオンバネ構造
図5-13 三菱電機製ISS用スタータとISG
図5-14 HellaのDCDCコンバータ(電圧安定器と開発品)
図5-15 ISS用ニッケル水素電池モジュール
図5-16 豊田自動車織機のDC-DCコンバータ
図5-17 大星電機のDC-DCコンバータ
図5-18 SCiBとリチウムイオン電池パック
図5-19 「DLCAP」セル(左)とホンダで採用されたEDLCモジュール(右)
図5-20 カルソニックカンセイ製の蓄冷エバポレータ

 

 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円 )
定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円 )
定価 313,200円 (本体 290,000円 消費税 23,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C58107500 2016 車載モータ市場の最新動向と将来展望
C58110800 2016 車載パワーマネジメントシステム&関連デバイス市場
C57120900 2016 電動パワーステアリングシステム市場の最新動向と将来展望
C57108900 2015 車載用センサデバイスのマーケット分析
C54109400 2012年版 産業用熱交換器市場の現状と展望