2015 情報システム子会社の経営環境と戦略展望

クラウド化やオフショア化の進展などにより、情報システム子会社の存在意義が改めて問われ始めている。情報システムのあり方に変化が起こりつつある今、情報システム子会社にとってどのような経営戦略が望ましいのか。情報システム子会社18社を取材し、各社の戦略を分析。また親会社11社も取材し、親会社から見た情報システム子会社のあるべき姿も調査した。さらに情報システム子会社の社数、情報システム子会社の市場規模(売上高規模)などの推計も実施した。

発刊日
2015/03/10
体裁
A4 / 332頁
資料コード
C57101400
PDFサイズ
11.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

99,000
90,000
9,000
99,000
90,000
9,000
132,000
120,000
12,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本レポートでは情報システム子会社に関する調査を行い、下記を明らかにすることを目的としている。
(1)情報システム子会社経営の課題及びその解決策
(2)情報システム子会社数の推移
(3)情報システム子会社の市場規模推移
(4)親会社における情報システム子会社経営の動向
調査対象:情報システム子会社、情報システム子会社を有する親会社
調査対象エリア:日本
調査対象企業数:情報システム子会社 18社/情報システム子会社を有する親会社 11社
調査方法:直接面接取材、電話によるアンケート調査、文献調査その他データ収集
調査期間:2014年11月~2015年2月

調査結果サマリー
Close

情報システム子会社の市場規模に関する調査結果2015
 ~親会社の海外システム統合案件等により、市場は微増推移~
・IT投資の増加、マイナンバー対応のシステム改修需要で、2014年度の情報システム子会社の市場規模は前年度比1.2%増の1兆9,400億円の見込
・2017年度の情報システム子会社の市場規模は2兆30億円、東京オリンピックやマイナンバーの官民連携などの需要に期待

資料ポイント
Close

  • 情報システム子会社の定量データ
    親会社と子会社の売上高の関係、子会社の売上高年平均成長率、子会社の営業利益、内販・外販の売上高、 内販・外販の比率、業務内容別売上高内訳、顧客別売上高内訳、内販・外販別人員体制内訳、開発・運用別人員体制内訳、親会社及びSIベンダとの出向状況 など
  • 情報システム子会社、親会社の分析
    情報システム子会社18社、親会社11社を取材 
    情報システム子会社と親会社の見解に相違は?
  • 情報システム子会社のアンケート結果分析
    価格、業務量、外販、企画力、技術力、人材の採用・育成といった各課題に関する有効な解決策をアンケート結果から分析
  • 情報システム子会社の課題と戦略
    情報システム子会社数の推移(2010年度~2017年度予測)
    情報システム子会社の市場規模の推移(2013年度~2017年度予測)
    内販・外販別情報システム子会社の市場規模の推移(2013年度~2017年度予測)
  • 情報システム子会社の動向
    市場概況、内販・外販への取り組み政策、クラウド化への対応、グローバル化への対応、事業継続対策、人材不足による影響と対策、企業体質の強化策、今後の事業展開 など
  • 情報システム子会社を持つ親会社の動向
    子会社との連携、子会社を持つメリット、子会社経営の課題、今後の方向性など

資料概要
Close

1 情報システム子会社の課題と戦略
2 情報システム子会社アンケート結果の分析
3 調査対象企業の定量データ
4 情報システム子会社の動向と分析
5 情報システム子会社の個別企業実態調査票
6 情報システム子会社を持つ親会社の動向
7 情報システム子会社を持つ親会社の個別企業実態調査票

リサーチ内容

■掲載内容

~調査要領~
1.調査目的
2.調査対象
3.調査対象企業数
4.調査方法
5.調査期間
6.調査担当

~調査結果のポイント~
1.市場の動向
2.企業動向
3.展望と課題

1 情報システム子会社の課題と戦略

1.情報システム子会社の課題と戦略
  1.1.本レポートにおける定義
    (1)情報システム子会社に関する定義
    (2)その他の定義
  1.2.情報システム子会社の状況
    (1)情報システム子会社の変遷
    (2)情報システム子会社の成長プロセス
  1.3.情報システム子会社の課題
    (1)価格に関する課題
    (2)業務量に関する課題
    (3)外販拡大方法に関する課題(外販に関する課題)
    (4)内販とのバランスに関する課題(外販に関する課題)
    (5)企画力・技術力に関する課題
    (6)人材の採用・定着に関する課題
  1.4.内販における課題と対策例
    (1)「親会社との関係の見直し」が価格と業務量の課題解決の第一歩
    (2)「業務効率化」が価格と業務量の課題を解決する
  1.5.外販における課題と対策例
    (1)「内販とのバランス」が外販拡大の第一歩
    (2)「内販ノウハウ」と「グループ会社ネットワーク」の活用が外販拡大に有効
  1.6.企業体質の強化における課題と対策例
    (1)「人材の採用」が企業体質強化の鍵
    (2)「外部との連携」で人材不足に対応
    (3)「外販拡大」で企業体質を強化
  1.7.クラウド化への取り組み
    (1)「内販システムのクラウド化」と「外販向け付加価値クラウドサービス」が重要
  1.8.グローバル化への取り組み
    (1)「グル―バル対応力の強化」は喫緊の課題
  1.9.事業継続対策への取り組み
    (1)「事業継続対策」は内販拡大のビジネスチャンス
  1.10.情報システム子会社に関する今後の予測
    (1)情報システム子会社数の推移
    (2)情報システム子会社の市場規模推移予測
    (3)内販・外販別の市場規模推移予測
  1.11.情報システムの今後の方向性
    (1)情報システム子会社の今後

2 情報システム子会社アンケート結果の分析

2.情報システム子会社アンケート結果の分析
  2.1.アンケート実施内容
  2.2.価格に関する課題解決方法アンケート
    (1)アンケート内容
    (2)アンケート集計結果
    (3)価格に関する課題解決方法に関して
  2.3.業務量に関する課題解決方法アンケート
    (1)アンケート内容
    (2)アンケート集計結果
    (3)業務量に関する課題解決方法に関して
  2.4.外販に関する課題解決方法アンケート
    (1)アンケート内容
    (2)アンケート集計結果
    (3)外販に関する課題解決方法に関して
  2.5.企画力に関する課題解決方法アンケート
    (1)アンケート内容
    (2)アンケート集計結果
    (3)企画力に関する課題解決方法に関して
  2.6.技術力に関する課題解決方法に関して
    (1)アンケート内容
    (2)アンケート集計結果
    (3)技術力に関する課題解決方法に関して
  2.7.人材の採用・育成に関する課題解決方法アンケート
    (1)アンケート内容
    (2)アンケート集計結果
    (3)人材の採用・育成に関する課題解決方法に関して

3 調査対象企業の定量データ

3.情報システム子会社の動向と分析
  3.1.調査対象企業の定量データ
    (1)親会社の売上高
    (2)親会社売上高と子会社売上高の関係
    (3)親会社の営業利益
    (4)子会社の売上高
    (5)子会社の売上高年平均成長率
    (6)子会社の営業利益
    (7)子会社の営業利益率
    (8)内販の売上高
    (9)内販の比率
    (10)外販の売上高
    (11)外販比率
    (12)業務内容別売上高内訳(内販)
    (13)業務内容別売上高内訳(外販)
    (14)業務内容別売上高内訳構成比(内販+外販)
    (15)顧客別売上高内訳(内販)
    (16)顧客別売上高内訳(外販)
    (17)人員体制内訳
    (18)開発・運用要員別の内訳
    (19)親会社およびSIベンダとの出向状況

4 情報システム子会社の動向と分析

4.情報システム子会社の動向と分析
  4.1.内販への取り組み政策
    (1)内販における情報システム子会社の7大戦略ポイント
  4.2.サービス提供対象(内販)
  4.3.サービス提供内容(内販)
  4.4.企画プロセスへの参加
  4.5.親会社に与えているメリット
  4.6.業務量の調整
  4.7.親会社とのSLA締結
  4.8.内販における価格設定基準
  4.9.内販におけるコンペ実施の有無
  4.10.値引き要請への対応とコスト削減
  4.11.外販への取り組み政策
    (1)外販における情報システム子会社の4大戦略ポイント
  4.12.外販比率
  4.13.サービス提供内容(外販)
  4.14.サービス提供先(外販)
  4.15.内販ノウハウの活用
  4.16.外販価格
  4.17.外販拡大策
  4.18.クラウド化への対応
  4.19.グローバル化への対応
  4.20.事業継続対策
  4.21.人材不足の影響と対策
  4.22.企業体質の強化策
  4.23.今後の事業展開

5 情報システム子会社の個別企業実態調査票

5.情報システム子会社個別票
  5.1.株式会社IHIエスキューブ
    (1)市場の概況
    (2)内販への取り組み政策
    (3)外販への取り組み政策
    (4)クラウド化への対応
    (5)グローバル化への対応
    (6)事業継続対策
    (7)人材不足による影響と対策
    (8)企業体質の強化策
    (9)今後の事業展開
  5.2.アビームシステムズ株式会社
    (1)内販への取り組み政策
    (2)外販への取り組み政策
    (3)グローバル化への対応
    (4)企業体質の強化策
    (5)今後の事業展開
  5.3.株式会社エクサ
    (1)市場の概況
    (2)内販への取り組み政策
    (3)外販への取り組み政策
    (4)クラウド化への対応
    (5)グローバル化への対応
    (6)事業継続対策
    (7)人材不足による影響と対策
    (8)企業体質の強化策
    (9)今後の事業展開
  5.4.株式会社エヌワーク
    (1)市場の概況
    (2)内販への取り組み政策
    (3)外販への取り組み政策
    (4)クラウド化への対応
    (5)グローバル化への対応
    (6)事業継続対策
    (7)人材不足による影響と対策
    (8)企業体質の強化策
    (9)今後の事業展開
  5.5.クオリカ株式会社
    (1)市場の概況
    (2)内販への取り組み政策
    (3)外販への取り組み政策
    (4)クラウド化への対応
    (5)グローバル化への対応
    (6)人材不足による影響と対策
    (7)企業体質の強化策
    (8)今後の事業展開
  5.6.住友セメントシステム開発株式会社
    (1)市場の概況
    (2)内販への取り組み政策
    (3)外販への取り組み政策
    (4)クラウド化への対応
    (5)グローバル化への対応
    (6)事業継続対策
    (7)人材不足による影響と対策
    (8)企業体質の強化策
    (9)今後の事業展開
  5.7.データリンクス株式会社
    (1)市場の概況
    (2)内販への取り組み政策
    (3)外販への取り組み政策
    (4)クラウド化への対応
    (5)グローバル化への対応
    (6)人材不足による影響と対策
    (7)事業継続対策
    (8)企業体質の強化策
    (9)今後の事業展開
  5.8.株式会社デンサン
    (1)市場の概況
    (2)内販への取り組み政策
    (3)外販への取り組み政策
    (4)クラウド化への対応
    (5)グローバル化への対応
    (6)事業継続対策
    (7)人材不足による影響と対策
    (8)企業体質の強化策
    (9)今後の事業展開
  5.9.株式会社電通国際情報サービス
    (1)市場の概況
    (2)内販への取り組み政策
    (3)外販への取り組み政策
    (4)クラウド化への対応
    (5)グローバル化への対応
    (6)事業継続対策
    (7)人材不足による影響と対策
    (8)企業体質の強化策
    (9)今後の事業展開
  5.10.富士電機ITセンター株式会社
    (1)市場の概況
    (2)内販への取り組み政策
    (3)外販への取り組み政策
    (4)クラウド化への対応
    (5)グローバル化への対応
    (6)事業継続対策
    (7)人材不足による影響と対策
    (8)企業体質の強化策
    (9)今後の事業展開
  5.11.古河インフォメーション・テクノロジー株式会社
    (1)市場の概況
    (2)内販への取り組み政策
    (3)外販への取り組み政策
    (4)クラウド化への対応
    (5)グローバル化への対応
    (6)事業継続対策
    (7)人材不足による影響と対策
    (8)企業体質の強化策
    (9)今後の事業展開
  5.12.三井情報株式会社
    (1)市場の概況
    (2)内販への取り組み政策
    (3)外販への取り組み政策
    (4)クラウド化への対応
    (5)グローバル化への対応
    (6)事業継続対策
    (7)人材不足による影響と対策
    (8)企業体質の強化策
    (9)今後の事業展開
  5.13.安川情報システム株式会社
    (1)市場の概況
    (2)内販への取り組み政策
    (3)外販への取り組み政策
    (4)クラウド化への対応
    (5)グローバル化への対応
    (6)事業継続対策
    (7)人材不足と対策
    (8)企業体質の強化策
    (9)今後の事業展開
  5.14.ヤマハモーターソリューション株式会社
    (1)市場の概況
    (2)内販への取り組み政策
    (3)外販への取り組み政策
    (4)クラウド化への対応
    (5)グローバル化への対応
    (6)事業継続対策
    (7)人材不足による影響と対策
    (8)企業体質の強化策
    (9)今後の事業展開
  5.15.A株式会社
    (1)市場の概況
    (2)内販への取り組み政策
    (3)外販への取り組み政策
    (4)クラウド化への対応
    (5)グローバル化への対応
    (6)事業継続対策
    (7)人材不足による影響と対策
    (8)企業体質の強化策
    (9)今後の事業展開
  5.16.B株式会社
    (1)市場の概況
    (2)内販への取り組み政策
    (3)外販への取り組み政策
    (4)クラウド化への対応
    (5)グローバル化への対応
    (6)事業継続対策
    (7)人材不足による影響と対策
    (8)企業体質の強化策
    (9)今後の事業展開
  5.17.C株式会社
    (1)市場の概況
    (2)内販への取り組み政策
    (3)外販への取り組み政策
    (4)クラウド化への対応
    (5)グローバル化への対応
    (6)事業継続対策
    (7)人材不足による影響と対策
    (8)企業体質の強化策
    (9)今後の事業展開
  5.18.D株式会社
    (1)市場の概況
    (2)内販への取り組み政策
    (3)外販への取り組み政策
    (4)クラウド化への対応
    (5)グローバル化への対応
    (6)事業継続対策
    (7)人材不足による影響と対策
    (8)企業体質の強化策
    (9)今後の事業展開

6 情報システム子会社を持つ親会社の動向

6.情報システム子会社を持つ親会社の動向
  6.1.概要
  6.2.子会社との連携(現状確認)
  6.3.子会社を持つメリット
  6.4.子会社経営の課題
  6.5.今後の方向性

7 情報システム子会社を持つ親会社の個別企業実態調査票

7.情報システム子会社を持つ親会社個別票
  7.1.食品・医薬品メーカー
    (1)企業概要
    (2)市場の概況
    (3)子会社との連携(現状確認)
    (4)子会社を持つメリット
    (5)子会社経営の課題
    (6)今後の方向性
  7.2.建築材関連メーカー
    (1)企業概要
    (2)市場の概況
    (3)子会社との連携(現状確認)
    (4)子会社を持つメリット
    (5)子会社経営の課題
    (6)今後の方向性
  7.3.総合化学メーカー
    (1)企業概要
    (2)市場の概況
    (3)子会社との連携(現状確認)
    (4)子会社を持つメリット
    (5)子会社経営の課題
    (6)今後の方向性
  7.4.素材メーカー
    (1)企業概要
    (2)市場の概況
    (3)子会社との連携(現状確認)
    (4)子会社を持つメリット
    (5)子会社経営の課題
    (6)今後の方向性
  7.5.加工食品メーカー
    (1)企業概要
    (2)市場の概況
    (3)子会社との連携(現状確認)
    (4)子会社を持つメリット
    (5)子会社経営の課題
    (6)今後の方向性
  7.6.テレビ放送局
    (1)企業概要
    (2)市場の概況
    (3)子会社との連携(現状確認)
    (4)子会社を持つメリット
    (5)子会社経営の課題
    (6)今後の方向性
  7.7.建設業
    (1)企業概要
    (2)市場の概況
    (3)子会社との連携(現状確認)
    (4)子会社を持つメリット
    (5)子会社経営の課題
    (6)今後の方向性
  7.8.電気・事務機器メーカー
    (1)企業概要
    (2)市場の概況
    (3)子会社との連携(現状確認)
    (4)子会社を持つメリット
    (5)子会社経営の課題
    (6)今後の方向性
  7.9.小売業
    (1)企業概要
    (2)市場の概況
    (3)子会社との連携(現状確認)
    (4)子会社を持つメリット
    (5)子会社経営の課題
    (6)今後の方向性
  7.10.金融業
    (1)企業概要
    (2)市場の概況
    (3)子会社との連携(現状確認)
    (4)子会社を持つメリット
    (5)子会社経営の課題
    (6)今後の方向性
  7.11.化学製品・車両管理施設メーカー
    (1)企業概要
    (2)市場の概況
    (3)子会社との連携(現状確認)
    (4)子会社を持つメリット
    (5)子会社経営の課題
    (6)今後の方向性

図表目次

図表 1 情報システム子会社の市場規模(2013年度~2017年度予測)
図表 2 情報システム子会社数の推移予測(2010年度~2017年度予測)
図表 3 情報システム子会社の抱える6つの課題
図表 4 情報システム子会社の成長プロセス
図表 5 情報システム子会社の成長プロセス概念図
図表 6 情報システム子会社の抱える6つの課題
図表 7 情報システム子会社数の推移予測(2010年度~2017年度予測)
図表 8 情報システム子会社の市場規模(2013年度~2017年度予測)
図表 9 内販外販別の市場規模推移予測(2013年度~2017年度予測)
図表 10 情報システム子会社の戦略マトリックス
図表 11 価格に関する課題解決方法アンケート
図表 12 価格に関する課題解決方法の比較
図表 13 価格に関する課題解決方法の回答平均値
図表 14 価格に関する課題解決方法の回答構成
図表 15 業務量に関する課題解決方法アンケート
図表 16 業務量に関する課題解決方法の比較
図表 17 業務量に関する課題解決方法の回答平均値
図表 18 業務量に関する課題解決方法の回答構成
図表 19 外販に関する課題解決方法アンケート
図表 20 外販に関する課題解決方法の比較
図表 21 外販に関する課題解決方法の回答平均値
図表 22 外販に関する課題解決方法の回答構成
図表 23 企画力に関する課題解決方法アンケート
図表 24 企画力に関する課題解決方法の比較
図表 25 企画力に関する課題解決方法の回答平均値
図表 26 企画力に関する課題解決方法の回答構成
図表 27 技術力に関する課題解決方法アンケート
図表 28 技術力に関する課題解決方法の比較
図表 29 技術力に関する課題解決方法の回答平均値
図表 30 技術力に関する課題解決方法の回答構成
図表 31 人材の採用・育成に関する課題解決方法アンケート
図表 32 人材の採用・育成に関する課題解決方法の比較
図表 33 人材の採用・育成に関する課題解決方法の回答平均値
図表 34 人材の採用・育成に関する課題解決方法の回答構成
図表 35 親会社売上高(2012~2014年度)
図表 36 親会社売上高(2013年度)
図表 37 親会社売上高と子会社売上高の関係(2013年度)
図表 38 親会社売上高と子会社売上高の関係(2013年度)
図表 39 親会社の営業利益(2012~2014年度)
図表 40 親会社の営業利益(2013年度)
図表 41 子会社の売上高(2012~2014年度)
図表 42 子会社の売上高(2013年度)
図表 43 子会社の売上高年平均成長率(2012~2014年度)
図表 44 子会社の売上高年平均成長率(2012~2014年度)
図表 45 子会社の営業利益(2012~2014年度)
図表 46 子会社の営業利益(2013年度)
図表 47 子会社の営業利益率(2012~2014年度)
図表 48 子会社の営業利益率(2013年度)
図表 49 内販売上高(2013年度)
図表 50 内販売上高(2013年度)
図表 51 内販比率(2013年度)
図表 52 内販比率(2013年度)
図表 53 外販売上高(2013年度)
図表 54 外販売上高(2013年度)
図表 55 外販比率(2013年度)
図表 56 外販比率(2013年度)
図表 57 業務内容別売上高内訳(内販、2013年度)
図表 58 業務内容別売上高内訳(内販、2013年度)
図表 59 業務内容別売上高内訳(外販、2013年度)
図表 60 業務内容別売上高内訳(外販、2013年度)
図表 61 業務内容別売上高内訳構成比(内販+外販、2013年度)
図表 62 業務内容別売上高内訳構成比(内販+外販、2013年度)
図表 63 顧客別売上高内訳(内販、2013年度)
図表 64 顧客別売上高内訳(内販、2013年度)
図表 65 顧客別売上高内訳(外販、2013年度)
図表 66 顧客別売上高内訳(外販、2013年度)
図表 67 人員体制内訳
図表 68 人員体制内訳の構成比
図表 69 開発・運用要員別内訳
図表 70 開発・運用要員別内訳の構成比
図表 71 親会社およびSIベンダとの出向状況
図表 72 親会社本体とその他グループ企業の構成比
図表 73 その他グループ企業比率と内販売上高の関係(売上高が大きい順)
図表 74 その他グループ企業比率と内販比率の関係(内販比率が大きい順)
図表 75 親会社:その他グループ企業の構成比平均値
図表 76 サービス提供対象(内販)
図表 77 業務内容別売上高内訳(内販)
図表 78 内販売上高における業務内容別構成比平均値
図表 79 サービス提供内容(内販)
図表 80 企画プロセスへの参加
図表 81 親会社に与えている主なメリット
図表 82 親会社に与えているメリット
図表 83 主な業務量の調整方法
図表 84 業務量の調整
図表 85 SLA締結
図表 86 内販における価格設定基準
図表 87 内販におけるコンペ実施の有無
図表 88 値引き要請への主な対応
図表 89 値引き要請への対応とコスト削減
図表 90 外販比率
図表 91 サービス提供内容(外販)
図表 92 サービス提供先(外販)
図表 93 内販におけるノウハウの活用
図表 94 外販価格
図表 95 外販拡大策
図表 96 クラウド化への対応
図表 97 グローバル化への対応
図表 98 事業継続対策
図表 99 人材不足の影響と対策
図表 100 企業体質の強化における主な課題
図表 101 企業体質の強化策
図表 102 今後の事業展開
図表 103 「レンタサイクル・コミュニティサイクルシステム」の内容
図表 104 「Smart Plase」イメージ図
図表 105 株式会社エヌワークのサービスメニュー
図表 106 CSS-Netによる修理プロセス
図表 107 住友セメントシステム開発の事業部
図表 108 データリンクス株式会社のサービスメニュー
図表 109 システム基盤intra-martの概念
図表 110 株式会社デンサンのサービスメニュー
図表 111 株式会社電通国際情報サービスが提供するソリューション一覧
図表 112 株式会社電通国際情報サービスが提供するBCP対応サービスの一例
図表 113 富士電機ITセンター株式会社の位置づけ
図表 114 富士電機ITセンター株式会社の提供するサービスメニュー
図表 115 クラウドサービスの例
図表 116 富士電機の海外営業拠点
図表 117 IT人材教育・育成体系
図表 118 三井情報株式会社の事業セグメント
図表 119 三井情報が提供するBCP対策の例
図表 120 トータルソリューションを担う事業
図表 121 子会社との連携(現状)の要約
図表 122 子会社を持つメリット(要約)
図表 123 子会社経営の課題(要約)
図表 124 子会社の方向性(要約)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

99,000
90,000
9,000
99,000
90,000
9,000
132,000
120,000
12,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。