2015年版 シニア関連市場マーケティング年鑑

本年版では、シニア世代を主力ターゲットとするマーケット、もしくはシニア世代の需要を積極的に取り込もうとしている企業などに焦点をあて、その市場動向を分析し、参入の取り組み等を広く紹介する。少子高齢化が進み、団塊世代の大量定年が本格化するなど、消費購買層としてシニア層に対する注目度が高まっている。従来の若者向けやファミリー向けの消費が縮小する中で、使えるお金や時間に余裕があるとされているシニア層の消費を、どのようにして取り込んでいくかが、今後のマーケティング活動や集客戦略のポイントになると見られている。本調査レポートでは、多くの分野にわたるシニア関連マーケットを取り上げ、その市場動向や消費の実態等のほか、実際にシニア層をターゲットとしている企業の動向についてもまとめる。特に、介護・リハビリや老人ホームなどといった、従来から取り上げられてきた高齢者向けのマーケットだけでなく、レジャー、スポーツ、趣味、習い事といった新しいカテゴリーや、シニア取り込みに向けて動き出した小売事業者の動向等、新たな視点でもシニアマーケットを捉えた総合的資料として企画した。

発刊日
2015/03/25
体裁
A4 / 483頁
資料コード
C57105600
PDFサイズ
3.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査方法:主要関連企業へのヒアリングのほか、関連する統計データ・関連情報の収集などを行い、それに基づき編集している。
調査期間:2015年1月~2015年3月

資料ポイント
Close

  • 各種シニア関連マーケットの市場動向と消費のトレンドを探る。注目の市場・業態は。企業の取り組みは。新たな試みなども次々と登場
  • すでに市場拡大傾向にある介護・リハビリ、高齢者住宅、高齢者向け宅配などの分野から、今後注目される旅行、スポーツ、娯楽、趣味・習い事などまで、関連市場の動向を網羅する
  • シニア層を主力ターゲットとして事業展開を行う企業のほか、新たにシニア層の需要の取り込みを狙う企業等、主要事業者の29社の詳細調査個表を掲載

資料概要
Close

Ⅰ.シニア関連マーケットの動向
Ⅱ.シニア関連マーケット分野別の動向
Ⅲ.主要シニア関連企業の動向
Ⅳ.シニア関連企業リスト

リサーチ内容

■掲載内容

本書のポイント

Ⅰ.シニア関連マーケットの動向

1.シニア関連マーケットの動向
  (1)シニア関連主要マーケットの市場規模
  (2)シニア関連マーケットの動向
    ・消費の主役として注目、加速するシニアシフト
    ・消費には慎重な側面も、求められる要求満たす商品開発
    ・若い世代にも通用するデザインへ、変化するシニア向け商品
    ・あえてシニア向けで訴求する商品も
  (3)シニア世代の意識と消費動向の変化
  (4)シニアの取り込み狙う企業戦略
    ・各業界、企業で加速するシニアシフトの動き
    ・シニア家電で1,000億円、介護関連事業で2,000億円目指すパナソニック
    ・「おひつ御膳」が牽引、少量炊きの高級炊飯器が売れる
    ・「金の食パン」が新たな市場を開拓
    ・高級ハムなど、シニア向けプレミアム食品次々登場
    ・コーヒーがシニア層を吸引、フルサービス型喫茶店も復権
    ・高額商品中心に好調に推移、シニアが旅行市場を牽引
    ・カラオケでシニア取り込み目指す第一興商
    ・GGモールに加え、葬祭事業なども展開強化するイオン
    ・介護コンビニも展開、シニア向け業態次々開設するローソン
2.シニア関連マーケットの市場背景
  (1)高齢者人口の推移と今後の予測
    ・団塊世代の到達により3,000万人突破へ
    ・2060年には高齢者の人口割合が39.9%に
  (2)高齢者がいる世帯の状況
    ・高齢者がいる世帯は2,000万世帯を、高齢者のみの世帯は1,000万世帯を突破
  (3)団塊世代の動向
    ・突出する団塊世代の人口
    ・団塊退職特需は不発、それでも消費の牽引役に
  (4)シニア世代の金融資産の動向
  (5)シニア世代の消費支出の動向
  (6)シニア世代の就業状況
  (7)介護保険の需給動向
  (8)シニア世代のインターネット利用動向

Ⅱ.シニア関連マーケット分野別の動向

1.介護・リハビリ市場
  (1)市場概要
    ・用途に応じて細分化進む、民間参入も加速
  (2)分野別の動向
    ①訪問サービス
    ②通所サービス
    ③短期入所サービス
    ④施設サービス
    ⑤介護福祉用品
    ⑥介護ロボット
    ⑦介護食
2.住宅市場
  (1)市場概要
    ・民間は有料老人ホームとサ高住へと2本化へ
  (2)分野別の動向
    ①有料老人ホーム
    ②サービス付き高齢者向け住宅
    ③グループホーム
    ④シニア向け分譲マンション
3.宅配市場
  (1)市場概要
    ・成長続くシニア向け宅配サービス
  (2)分野別の動向
    ①在宅配食サービス・宅配弁当
    ②生協食品個配
    ③ネットスーパー宅配
    ④コンビニエンスストア宅配
    ⑤外食チェーン宅配
4.各種支援サービス市場
  (1)市場概要
    ・多彩な分野に底辺広がるシニア向け支援サービス
  (2)分野別の動向
    ①見守りサービス
    ②家事代行サービス
    ③シニア人材派遣・シニア向け起業支援
    ④シニア向け婚活支援・マッチングサービス
    ⑤終活支援サービス
    ⑥金融サービス
5.旅行市場
  (1)市場概要
    ・シニア層の高い旅行需要が市場を牽引
  (2)分野別の動向
    ①シニア向けツアー
    ②介護旅行・バリアフリー旅行
    ③クルーズツアー
    ④バスツアー
    ⑤鉄道旅行
6.スポーツ市場
  (1)市場概要
    ・アクティブシニアが支えるスポーツ市場
  (2)分野別の動向
    ①フィットネスクラブ
    ②ゴルフ
    ③登山・アウトドア
    ④ボウリング
    ⑤卓球
    ⑥ダンス
7.娯楽市場
  (1)市場概要
    ・若者からシニア層へと移行進む娯楽市場
  (2)分野別の動向
    ①音楽
    ②映画
    ③カラオケ
    ④ゲームセンター
    ⑤テーマパーク・遊園地
    ⑥温浴施設
8.趣味・習い事市場
  (1)市場概要
    ・健康系、趣味系などが中高年に人気
  (2)分野別の動向
    ①カルチャースクール
    ②大学公開講座
    ③日本文化教室
    ④アート教室
    ⑤資格取得教室
    ⑥パソコンスクール
    ⑦音楽教室
9.食品・外食市場
  (1)市場概要
    ・シニア層をターゲットとした商品開発、業態開発に移行
  (2)分野別の動向
    ①食品
    プレミアム食パン
    ハム・ソーセージ
    冷凍食品・チルド食品
    カット野菜
    総菜調味料
    フリーズドライ食品
    大人向け菓子
    その他
    ②健康食品・サプリメント
    ③総菜
    ④飲食店
    ⑤コーヒー・カフェ
10.衣料品・日用品市場
  (1)市場概要
    ・ファッション性、機能性強化でアクティブシニアをサポート
  (2)分野別の動向
    ①アパレル
    ②化粧品
    ③大人用紙むおつ
    ④毛髪業(かつら・増毛)
    ⑤杖
    ⑥眼鏡
    ⑦補聴器
11.家電・情報機器市場
  (1)市場概要
    ・シニア仕様で活路見出す、シニア家電・シニアスマホなどが成長
  (2)分野別の動向
    ①生活家電
    ②音響機器
    ③シニア向け携帯電話・スマートフォン
12.流通
  (1)市場概要
    ・シニア取り込み目指し、新たなビジネスモデル構築目指す
  (2)分野別の動向
    ①スーパー
    総合スーパー
    食品スーパー
    ミニスーパー
    移動スーパー
    ②コンビニエンスストア
    ③百貨店
    ④ドラッグストア・薬局

Ⅲ.主要シニア関連企業の動向

1.介護サービス・住宅・機器

ワタミ
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・4大ゼロと食事へのこだわりが特徴、ワタミの介護
    ・全国展開に向け拠点拡大図る業界最大手、ワタミタクショク
    ・外食事業でもシニア向け居酒屋が好調に推移
  4.今後の展開

ベッネセホールディングス
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・有料老人ホーム業界最大手、価格帯異なる6ブランド展開
    ・トータルシニアリビングの実現目指し、配食サービスにも参入
  4.今後の展開

ニチイ学館
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・フルライン化で全国展開、在宅系介護サービス最大手
    ・居住系介護サービスでもトップ企業へと躍進
    ・介護大手では初となる巨大市場中国に進出
  4.今後の展開

セントケア・ホールディング
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・フルラインサービスでハイグレードなサービス提供目指す
    ・介護ロボットなど、新技術開発にも注力
  4.今後の展開

メッセージ
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・業容急拡大、新たなサービスや高付加価値住宅も
    ・人材確保を重視、定年廃止などの取り組みも
  4.今後の展開

パナソニック
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・パナソニックとパナホームのブランドを統一
    ・介護施設を全国展開、2018年度に200拠点に
    ・介護関連事業の売上高を8倍の2,000億円に
    ・シニア家電「Jコンセプト」を創設、自立支援ロボットも開発
  4.今後の展開

フランスベッドホールディングス
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・アクティブシニア向けに、商品開発やレンタルサービスなどを展開
  4.今後の展開

綜合警備保障(ALSOK)
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・警備業務との親和性高い見守りサービスを展開
    ・訪問介護サービス、有料老人ホーム事業にも参入
  4.今後の展開

2.旅行・観光

ジェイティービー
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・ブランド力の安心感でシニア層取り込み強化へ
    ・JTBグランドツアー&サービスが10周年を迎え商品拡充
    ・「ロイヤルロード銀座」で新商品を積極展開
  4.今後の展開

クラブツーリズム
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・「クラブ1000構想」を掲げテーマ性ある旅を提案
    ・シニア向けに特化した旅が引き続き好調を維持
    ・バリアフリーツアー、介護支援事業、家事代行業なども展開
    ・顧客の事業参画で活性化図る
  4.今後の展開

阪急交通社
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・ツアーブランドの拡大で幅広い客層をカバー
    ・シニア層に向けHPリニューアル、日経カルチャー共同運営も
  4.今後の展開

ANAセールス
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・アクティブシニア向けの「ANAワンダーアース」が好調維持
    ・ハローツアー「大人のゆとり旅」も好調でコース拡充
  4.今後の展開

東日本旅客鉄道(JR東日本)
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・「大人の休日倶楽部」でシニア層の利用を活性化
    ・「趣味の会」の講座を拡充させ会員数拡大狙う
  4.今後の展開

はとバス
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・時代に沿った独自の企画でシニアを引き付ける
    ・他社に先駆け話題性ある車両を導入
    ・「スカイツリー」等の東京観光、富士山世界遺産登録が追い風に
  4.今後の展開

郵船クルーズ
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・日本船籍の安心感で富裕シニア層中心に安定した集客
    ・就航25周年を控え「飛鳥」ブランドを確立
    ・2015年には20回目となる世界一周クルーズ就航
  4.今後の展開

リゾートトラスト
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・2016年春に「エクシブ鳥羽別邸」、2017年春に「エクシブ湯河原離宮」開業予定
    ・飽和するリゾートクラブ市場打開に様々な新戦略
    ・介護付き有料老人ホーム運営にも進出
  4.今後の展開

3.スポーツ施設

コナミスポーツ&ライフ
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・高齢者向けプログラム「OyZ(オイズ)」が順調に拡大
    ・介護予防プログラムの外販のほか、多様な健康関連事業を展開
  4.今後の展開

ルネサンス
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・エビデンスに基づく介護予防やリハビリ特化型デイサービス施設を展開
    ・訪問看護事業や認知症予防プログラム開発などにも参入
  4.今後の展開

カーブスジャパン
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・シニアをターゲットとしたプログラムとスタッフ対応
    ・自治体と連携した介護予防事業を強化
  4.今後の展開

4.娯楽・趣味・習い事

第一興商
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・介護施設や自治体向けに「DKエルダーシステム」が着実に拡大
    ・高齢者向け拠点「DAM倶楽部」開設、元気高齢者への取り組み
  4.今後の展開

コシダカ
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・カラオケ事業では「すきっと」導入でシニア層も取り込む
    ・朝から営業、カラオケ大会などイベントでシニアの集客目指す
    ・苦戦中の温浴事業はさらなるサービス向上図る
  4.今後の展開

JEUGIA
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・大人のための教室でシニア開拓
  4.今後の展開

セブンカルチャーネットワーク
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・大人向けプログラムの充実でシニア集客目指す
  4.今後の展開

イオンカルチャー
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・未来屋書店から事業継承、イオンのシニアシフトに合わせた戦略に
  4.今後の展開

5.流通

イオン
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・「シニアシフト」を強化、葬祭関連サービスもワンストップで提供
    ・「G.Gモール」2ヵ所目開設、店内カフェも広げる
    ・都心の小商圏型「まいばすけっと」や、ネットスーパーの展開も
  4.今後の展開

セブン‐イレブン・ジャパン
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・宅配事業「セブンミール」をさらに強化
    ・PBでシニアを意識した商品開発を加速
    ・入れたてコーヒー「セブンカフェ」年間販売7億杯へ
  4.今後の展開

ローソン
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・シニアをターゲットに多様な業態を展開、介護コンビニも出店開始
    ・「スマートキッチン」に続き、アマゾンとも提携
  4.今後の展開

ココカラファイン
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・ドラッグ・調剤事業のほか、多様な高齢者向けサービスを提供
    ・サ高住「あおぞら」を拠点とした介護事業を展開
    ・介護施設や高齢者の自宅に調剤薬を届ける試みも
  4.今後の展開

クリエイトSDホールディングス
  1.企業概要
  2.業績推移
  3.シニア関連事業への取り組み
    ・ユニークな特長打ち出す介護付き有料老人ホーム
    ・機能訓練型のデイサービス施設を展開、ドラッグストア併設型も拡充
  4.今後の展開

Ⅳ.シニア関連企業リスト

1.介護サービス・住宅
2.介護福祉機器
3.介護食・治療食
4.宅配
5.生活支援・見守りサービス
6.老人施設給食
7.健康食品
8.旅行・レジャー
9.フィットネス・習い事

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。