数量シェア80%時代のジェネリック医薬品市場の概況レポート

本調査レポートは、ジェネリック医薬品市場の調査を行い、ジェネリック医薬品の企業別の動向、ジェネリック市場の実態と課題、ジェネリック市場の将来展望を明らかにすることを目的としている。

発刊日
2018/11/15
体裁
A4 / 143頁
資料コード
C59111220
PDFサイズ
9.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

86,400
80,000
6,400
172,800
160,000
12,800
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象市場:ジェネリック医薬品
調査対象エリア:日本
調査対象企業:ジェネリック医薬品事業会社、医薬品卸
調査方法:直接面接取材、郵送式アンケート調査、文献調査その他データ収集
調査期間:2018年4月~2018年10月

資料ポイント
Close

  • ジェネリック医薬品市場を徹底調査
  • 主要ジェネリック医薬品参入メーカーの現状と将来展望を徹底分析

資料概要
Close

第1章 わが国ジェネリック医薬品市場の実態
第2章 製薬企業ジェネリック戦略の実態と展望
第3章 主要ジェネリック医薬品参入企業

リサーチ内容

第1章 わが国ジェネリック医薬品市場の実態

新たな目標値、数量シェア 80%が打ち出される
数量シェア 80%の到達は間近も、先行き不透明なジェネリック医薬品市場
数量シェア 80%に向けジェネリック医薬品使用促進策を推進
  2020年9月までにジェネリック医薬品数量シェア 80%以上達成が目標に
  後発医薬品調剤体制加算等の見直し
  重点地域使用促進強化事業
  ジェネリック医薬品の使用促進に向けた保険者の取り組み
  ユーザーである医師、薬剤師、患者も使用に前向き
  “ポスト 80%”に向けて~ジェネリック医薬品産業ビジョン~

第2章 製薬企業ジェネリック戦略の実態と展望

数量シェア80%の目標が打ち出されるものの、先行き不透明なジェネリック医薬品市場
成長幅の減少が見え始めたジェネリック医薬品メーカー
  ジェネリック医薬品専業メーカーランキング
  上位 3 社の事業戦略は多様化し、競争は激化
  市場全体での成長鈍化がみられるなかで一部企業の大幅伸長もみられる
日本市場の特異性に苦戦する外資系ジェネリックファーマ
  グローバルでの再編に伴い国内ジェネリック医薬品業界も変化
  大手グローバルファーマのBS参入により、BS市場は活発化
ジェネリック医薬品市場の成長は鈍化し、事業成長には新たな取り組みが必要
  長期収載品依存の体制から脱却し、リスク分散型経営へ移行
  新薬系メーカーのジェネリック医薬品事業の位置づけが問われる
  ジェネリック医薬品市場の成長は鈍化する中で、事業成長に向けた新たな取り組み
  新薬メーカーのジェネリック医薬品事業が転換期を迎えている
ジェネリック医薬品の需要増を睨み、研究開発費と設備投資は増加傾向
  追補収載品の増加や製剤工夫への取り組みにより研究開発費は増加傾向
  2020 年 9 月の数量シェア 80%を見据え、生産体制を構築
ジェネリック医薬品企業の流通戦略
ジェネリック医薬品の浸透により、MR数は横ばいまたは微減
  営業体制は効率化や情報提供の質が求められる
  一部企業では専門性を追求したジェネリック医薬品の情報提供活動を展開
  MR数は横ばい、情報提供活動に新しい取り組みがみられる
進化するジェネリック医薬品メーカーのアライアンス戦略
  薬価制度改定により長期収載品の承継が再燃
  新たな局面を迎えた長期収載品の承継
  オーソライズド・ジェネリックやバイオシミラーなどアライアンスの幅は拡大
  事業の選択と集中から戦略的提携が活発化
ジェネリック医薬品市場で存在感を増すオーソライズド・ジェネリック
  相次ぐ大型医薬品のオーソライズド・ジェネリック
  「後追い発売」のオーソライズド・ジェネリック医薬品が大きくシェアを獲得
  AG参入の企業動向にも変化の兆し
ジェネリック医薬品メーカーの差別化戦略
  特定の剤型や領域への専門性を高めることで他社との差別化を図る
  循環器、中枢神経、アレルギー、泌尿生殖器の 4 領域において成分数が大きく拡大
活発化するバイオシミラー事業
  メガファーマの参入により認知度向上や市場の拡大が見込まれる
  抗体医薬品のバイオシミラーが進められている
  バイオシミラーの普及には課題が山積している
国内市場の成長鈍化が顕在化し海外事業での成長を図る
  海外市場、コストオペレーション体制の構築などを目的に海外展開を図る
  大手ジェネリック医薬品専業 2 社が米国市場へ進出
フォーミュラリーの普及はジェネリック医薬品市場拡大の切り札となるのか
  (図表)主要ジェネリック医薬品メーカー売上高推移(個別)
  (図表)主要ジェネリック医薬品メーカー売上高推移(個別)2014~2017 年度
  (図表)主要ジェネリック医薬品メーカー上位占有率推移(個別)
  (図表)診療報酬における後発医薬品-企業別規格数ランキング
  (図表)診療報酬における後発医薬品-企業別成分数ランキング
  (図表)診療報酬における後発医薬品-企業別成分数ランキング[薬効分類別]
  (図表)診療報酬における後発医薬品-主要企業における薬効分類別成分数
  (図表)日本ジェネリック製薬協会会員一覧
  (図表)日本ジェネリック医薬品販社協会会員一覧

第3章 主要ジェネリック医薬品参入企業

アクティブファーマ(株)、あすか製薬(株)、あゆみ製薬(株)、岩城製薬(株)、Meファルマ(株)、エルメッドエーザイ(株)、大蔵製薬(株)、(株)大塚製薬工場、大原薬品工業(株)、救急薬品工業(株)、共創未来ファーマ(株)、共和クリティケア(株)、共和薬品工業(株)、キョーリン リメディオ(株)、(株)ケミックス、健栄製薬(株)、皇漢堂製薬(株)、コーアイセイ(株)、小堺製薬(株)、壽製薬(株)、小林化工(株)、佐藤製薬(株)、沢井製薬(株)、参天製薬(株)、サンド(株)、サンノーバ(株)、(株)三和化学研究所、ジェイドルフ製薬(株)、シオノケミカル(株)、セオリア ファーマ(株)、千寿製薬(株)、全星薬品工業(株)、第一三共エスファ(株)、大興製薬(株)、ダイト(株)、太陽ファルマ(株)、高田製薬(株)、武田テバファーマ(株)、武田テバ薬品(株)、辰巳化学(株)、長生堂製薬(株)、鶴原製薬(株)、テイカ製薬(株)、帝國製薬(株)、テルモ(株)、東亜薬品(株)、東光薬品工業(株)、同仁医薬化工(株)、東菱薬品工業(株)、東洋カプセル(株)、東洋製薬化成(株)、東和薬品(株)、トーアエイヨー(株)、ナガセ医薬品(株)、日医工(株)、日興製薬(株)、日新製薬(株)(山形)、日東メディック(株)、ニプロ(株)、ニプロESファーマ(株)、ニプロファーマ(株)、日本化薬(株)、日本ケミファ(株)、日本ジェネリック(株)、日本臓器製薬(株)、(株)日本点眼薬研究所、日本薬品工業(株)、(株)ビオメディクス、光製薬(株)、ファイザー(株)、富士製薬工業(株)、富士フイルムファーマ(株)、(株)富士薬品、扶桑薬品工業(株)、(株)ポーラファルマ、マイラン製薬(株)、前田薬品工業(株)、丸石製薬(株)、Meiji Seika ファルマ(株)、メディサ新薬(株)、持田製薬(株)、ヤクハン製薬(株)、山善製薬(株)、(株)陽進堂、吉田製薬(株)、わかもと製薬(株)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

86,400
80,000
6,400
172,800
160,000
12,800

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。