2019年版 ジェネリック医薬品の実態と展望

数量シェア80%の達成を見据え、新たな時代に向けた取り組みが動き出したジェネリック医薬品市場を徹底分析。

発刊日
2019/09/30
体裁
A4 / 154頁
資料コード
C61113600
PDFサイズ
11.4MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本書においてはジェネリック医薬品市場の調査を行い、下記を明らかにすることを目的としている。
(1)ジェネリック医薬品の企業別の動向
(2)ジェネリック市場の実態と課題
(3)ジェネリック市場の将来展望
調査対象市場:ジェネリック医薬品
調査対象エリア:日本
調査対象企業数:行政当局、業界団体、医療機関、製薬企業、医薬品卸、学識経験者
調査方法:直接面接取材、文献調査その他データ収集
調査期間:2019年6月~2019年9月

資料ポイント
Close

  • ジェネリック医薬品市場を徹底調査
  • 主要ジェネリック医薬品参入メーカーの現状と将来展望を徹底分析
  • オーソライズド・ジェネリック、バイオシミラーの登場により、変わるジェネリック医薬品業界を徹底分析
  • 注目されるフォーミュラリーの現状と今後を展望

資料概要
Close

第1章 わが国ジェネリック医薬品市場の実態と将来
第2章 製薬企業ジェネリック戦略の実態と展望
第3章 ジェネリック医薬品参入企業の実態
第4章 フォーミュラリーの現状と今後の展望

リサーチ内容

Executive Summary

調査結果のポイント

第1章 わが国ジェネリック医薬品市場の実態と将来

新たな目標値、数量シェア80%が打ち出される
数量シェア80%の到達は間近も、先行き不透明なジェネリック医薬品市場
“ポスト80%”に向け、日本ジェネリック製薬協会が次世代産業ビジョンを作成
変化を遂げる医療用医薬品市場動向
ジェネリック医薬品市場動向
  (1)ジェネリック医薬品の数量シェア推移
  (2)NDBデータにみるジェネリック医薬品

第2章 製薬企業ジェネリック戦略の実態と展望

数量シェア80%の目標達成は間近。
  不透明なポスト80%時代を見据えた取り組みが始まるジェリック医薬品市場
上位3社の事業戦略は多様化し、競争は激化
日本市場の特異性に苦戦する外資系ジェネリックファーマ
  グローバルでの再編に伴い国内ジェネリック医薬品業界も変化
  大手グローバルファーマのBS参入により、BS市場は活発化
ジェネリック医薬品市場の成長は鈍化し、事業成長には新たな取り組みが必要
  長期収載品依存の体制から脱却し、リスク分散型経営へ移行
  新薬系メーカーのジェネリック医薬品事業の位置づけが問われる
  ジェネリック医薬品市場の成長は鈍化する中で、事業成長に向けた新たな取り組み
  新薬メーカーのジェネリック医薬品事業が転換期を迎えている
追補収載品の増加や製剤工夫への取り組みにより研究開発費は増加傾向
2020年9月の数量シェア80%を見据え、生産体制を構築
ジェネリック医薬品企業の流通戦略
  拡大する医薬品卸ルートも、医薬品卸においては在庫効率の問題が顕在化
日本ジェネリック医薬品販社協会の取り組み
  販売ノウハウや地域に根ざした販売活動を展開
  ジェネリック医薬品専門MS認定資格制度を推進
  新薬メーカーのジェネリック医薬品事業への参入により、
  専業メーカーにおける位置付けは向上
  販社の強みは地域密着、MS教育と今後の地域フォーミュラリーが課題
ジェネリック医薬品の浸透により、MR数は横ばいまたは微減
  営業体制は効率化や情報提供の質が求められる
  専門性を追求したジェネリック医薬品の情報提供活動を展開
  MR数は横ばい。新たな情報提供の取り組みが始まる
  多様化するジェネリック医薬品メーカーのアライアンス戦略
新たな局面を迎えた長期収載品の承継ビジネス
  オーソライズド・ジェネリックやバイオシミラーなどによりアライアンスは多様化
  事業の選択と集中から戦略的提携が活発化
  次世代を見据えた取り組みが始まる
ジェネリック医薬品市場で存在感を増すオーソライズド・ジェネリック
  相次ぐ大型医薬品のオーソライズド・ジェネリック
  「後追い発売」のオーソライズド・ジェネリック医薬品が大きくシェアを獲得
  AG参入の企業動向にも変化の兆し
活発化するバイオシミラー事業
  メガファーマの参入により認知度向上や市場の拡大が見込まれる
  活発化する抗体医薬品のバイオシミラーへの取り組み
  バイオシミラーの普及には課題が山積
国内市場の成長鈍化が顕在化し海外事業での成長を図る
  海外市場、コストオペレーション体制の構築などを目的に海外展開を図る
  大手ジェネリック医薬品専業2社が米国市場へ進出
安定供給の視点から原薬のマルチソース化に取り組む
フォーミュラリーの普及はジェネリック医薬品市場拡大の切り札となるのか
  (図表)日本ジェネリック製薬協会会員一覧
  (図表)日本ジェネリック医薬品販社協会会員一覧

第3章 ジェネリック医薬品参入企業の実態

沢井製薬(株)
新中期経営計画「MI TRUST 2021」を推進。体制・アライアンス強化、米国USL成長で更なる企業価値向上を図る

高田製薬(株)
幸手工場の稼働により生産体制は強化。小児科領域を中心に、抗がん剤や海外事業に取り組む

東和薬品(株)
直販・代理店販売体制から、医薬品卸を加えた東和式販売体制へシフト

日医工(株)
自社の将来像を「グローバル総合ジェネリックメーカー」とし、国内・海外での事業を強化

日本ケミファ(株)
ベトナム工場本格稼動で年20億錠体制へ。ジェネリックと並行して、「高尿酸血症領域」や「自社開発創薬」、「海外展開」などを推進

日本ジェネリック(株)
つくば第二工場が完成し、つくば市に拠点を集約。自社製品の拡充、効率化により収益力を維持しつつ事業拡大を進める

第4章 フォーミュラリーの現状と今後の展望

1.フォーミュラリーとは
2.ファーマシューティカルケアの理念に基づいた医薬品使用の基準
3.フォーミュラリー作成における薬物治療の『質』の担保
4.フォーミュラリーはジェネリック医薬品の有効活用と薬剤費の削減の二面性
5.DPC病院ではフォーミュラリーの作成は必須
  ~院内フォーミュラリーが外来処方せんにも波及~
6.地域フォーミュラリー策定の必要性
7.地域フォーミュラリーのマネジメントは薬局薬剤師
8.地域フォーミュラリー策定のメリット
9.フォーミュラリー策定の今後の課題

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。